政党政治の終焉 6

「政党政治の終焉」というのは「政党」による「政治」が「終わりを迎えた」という事なのである。つまり、「政党」の「存在価値」の『終焉』を迎えた時代になってきたということなのだ。
これは、「ひとり一人が自立し、賢くなる時代」の「反射としての変化」なのである。
したがって、喜ばしい事なのである。

「封建的支配」から「政党政治による支配」にかわって、今日に至るのだが、「一般大衆」は自分たちの生活に関わる「立法・司法・行政」に直接参加することができませんでした。私たちの代わりに「政党」が「代議員」を派遣して、「立法・司法・行政」を支配下に置き、社会を支配してきたのです。

その「政党」を「金を提供して支配」してきたのが「資本家達大金持ち」だったのです。

自民党政権というのは、正にそのような構造が当たり前のように行われてきていたのです。

ですから、「政治と金」問題というのは、「自民党』の十八番の問題でした。
自民党がこの問題で民主党を批判しても迫力がありません。自らの問題について反省がなく、スポンサーになってきていた経団連からも距離を置かれるに至っているなかで、なおかつ「保守党」を標榜しているようですが、何を保守しようと言うのか全くわからなくなっています。恐らく自民党の人々も「自分たちが、政党として何をしていけばいいのかわからなくなっている」状態なのではないでしょうか。
自民党からはなれて、独自性を示してみせているグループがそれぞれ「政党」名を掲げていますが、その内容たるや惨憺たるものです。「民主党が国民に提示しているマニュフェスト」に対峙して、何を示しているでしょうか。
「政党」としての「指導的役割」について何を提示しているでしょうか。
そして、それはもはや「自民党」や「自民党を離党して別の政党を作った人々」だけの問題ではなく
日本共産党・公明党・社民党など野党にとっても同じ問題を抱えているという事です。
基本的に「政党による支配の論理」は終焉した事を、各政党が認識できているのかどうか、明確に国民に提示する事だろう。
総じて、「間接民主主義の時代」から「直接民主主義の時代」への移行段階であることを認識してその役割を果たしてもらいたいものである。
by kanakin_kimi | 2010-06-14 21:52 | 政党政治の終焉 | Comments(0)


<< 政党政治の終焉 7 すばらしい所信表明 >>