すばらしい所信表明

管総理の所信表明はすばらしい、幕開けのシンボルになるだろう
議場でやじっている人々がいるのが見えたが、この人は一体管総理の所信の中身について考えて聞いているのか、おそらく「アキレスの詭弁」についての「時代錯誤」をまだ脱出できていないのではないかと思う。
「評価能力」を自分に問う事を勧める。
わたしは、「政党政治の終焉」であり、「議会制民主主義の終焉」を視野に入れるべきだと考える。つまり、「間接民主主義の終焉」を認識して「直接民主主義の到来」ニ準備する時代である事を「あらゆる問題、あらゆる場面でそれを実行する時代」ナノだと思うのです。政治 - エキサイトニュース
by kanakin_kimi | 2010-06-11 17:56 | 政党政治の終焉 | Comments(0)


<< 政党政治の終焉 6 アインシュタインシンドローム 6 >>