世界の市民が怒るとき 9

イルミナティを
洗い出せ 9


いま、世界が不思議な静けさの中にある。
ボストンマラソンで「やらせの爆破テロ」を「女王陛下の御庭番=MI6」がやったかと思うと、それを「米イルミナティの御庭番=CIA」がカバーしているかのように見受けられます。

オバマ大統領が、どういう結論を出そうが、世界の「イルミナティ」が「共同戦線を張ろうが」、二人の「兄弟の冤罪」は明白であり、どんなに「ぬれぎぬを塗りたくろうと」もはや「恥の上塗り」でしかありません。

それよりも、「国際司法裁判所・コモンロー裁判所」が発行した「英国エリザベス女王」「ヴァチカン市国旧教皇・枢機卿・大司教ら」「カナダ首相スティーブン ハーバー」等への「拘禁命令の市民逮捕状」に素直に応じるように忠告するべきではないでしょうか。

それから、これは「世界の市民の皆様にお願いします」。それは、「理不尽なぬれぎぬをうけられている兄弟に救援運動を展開し、同時に大変な闘いをしてこられた牧師ケビンアネット氏らへの支援とITCCSグループの活動に注目しましょう。」
by kanakin_kimi | 2013-04-22 16:34 | 洗い出せ・そして公開せよ | Comments(0)


<< ケムトレイル UFO >>