イルミナティを洗い出せ 24

イルミナティの終焉 
そのはじまり 3

これから、今まで黙っていた人々も「イルミナティについての様々な情報を公開」しています。かれら「イルミナティ」に直接代表として関わっている人々は、「内密規約」に従うものと体を張って、「真実を公開公表」するものとに分かれていくでしょうが、「マーガレット・サッチャーが M I 6 に暗殺」されたというように、おそらくヴァチカンの新教皇の指示であろうが、ボストンマラソン爆破事件もどうやら新教皇となる「はざま」で生じた、ボストン大司教への恫喝を含めていた指示だったのかもしれない。ボストン大司教がかけたストップによって「珍事件」に収まったという見方もある。
何にしても、「イルミナティ」は、世界の人名を明らかにし世界へ暴露する事が大切だ。そうすることで、彼らが計画実施してきた「人口削減計画」とか「世界人間牧場計画」という馬鹿げた計画を各国の政府にいるイルミナティが実施しているとしたら、それを速やかにやめさせる事だ。それは、「人の命を奪う暴動や戦争」を速やかにやめる事が先決だ。
それから、それぞれの国の政府に「イルミナティの会員」がいれば政府の役職からやめさせる事。同時にみんなに明らかにし、公開して監視する事。暴行を加えたり殺すような事をしてはいけない。
市民が直接政治に関与し、実務の詳しい官僚事務方に協力させる事。
みんなで監視して、包囲しながら平和的に「直接民主主義のシステム」へ移行していく事である。
彼らに協力してきたものは、「イルミナティの真実」をしっかり見直し、それぞれ一市民としての行動を行う事を明確にする事だ。
何れにしても、市民が疑心暗鬼にならない事だ





by kanakin_kimi | 2013-05-05 17:44 | 洗い出せ・そして公開せよ | Comments(0)


<< イルミナティを洗い出せ 25 イルミナティを洗い出せ 23 >>