イルミナティを洗い出せ 28

イルミナティは終焉
そのはじまり 7

イルミナティが恐れているのは、「日本の安定性」であるらしい。日本の安定性というのは、質素倹約を旨とする、健康食・ラジオ体操・なによりも森羅万象の精霊を敬い、生きとし生けるもの死にとし死ぬるものすべてが神であるという八百万の神々を尊崇する人生観死生観を生活習慣の中で獲得している。それが時として「曖昧さ」に見え「平和ぼけ」に見えるらしい。
それは、「縄文時代」からの贈り物であり、賜物なのだと私は考えている。
したがって、海流に乗って様々の文化と人的流入があっても、それらに左右される事のない基軸が連綿と活きてきたのである。
イルミナティが「東日本大震災」を起こして「東北地域を削除した地図の狙いは」まさに「日本の安定性を崩壊させる狙い」を持っていたのである。日本の安定性の根源が「東北と琉球にある」とみたからであろう。たしかにそれはそうなのであるが、しかしもはやそれは全体に浸透しており、どこか一部を崩壊させたところで日本の安定性というものは亡くなる事はない。
「日本人イルミナティ」はその事を知らないらしいーー中曽根康弘・小泉純一郎・森喜朗・など。
アメリカ経済は既に破綻しており、アメリカイルミナティが逃げ始めている。CIA・FBI・米軍のアメリカ市民は彼らの資産を押収しておくように。
経済改革・構造改革のためには「世界に展開している軍隊を撤退させることになる」国家運営の苦しみが始まるのだ。そうするとどうなるか、米軍が主力になっているところでは「対峙している力関係のバランスが崩れる」韓国軍だけでは北朝鮮軍に対応できないのである。今はそれが見え見えだから、米軍が撤退する時に「韓国軍内部の反乱が発生する」今の静けさはそれを現し始める前兆なのだろう。
おそらく、持ちこたえられないだろう。韓国の歴史が示しているように指導部が最も逃げ足が速いもので、オスプレイへの先陣争いをしないように歯止めをかけておくべきだ。
日本が終戦時に韓国進駐軍が各地の主要な土地を強奪した歴史がある、パチンコ屋があるところがそれであるらしい。中曽根康弘らはそれに便乗していたのだ。自民公明日本政府はどのようにするかみものである。国土交通大臣をとった池田の狙いがよく分かる、状況把握に監視をつけろ。 
by kanakin_kimi | 2013-05-06 23:52 | 洗い出せ・そして公開せよ | Comments(0)


<< イルミナティを洗い出せ 29 イルミナティを洗い出せ 27 >>