イルミナティを洗い出せ 36

イルミナティは終焉した
イルミナティの首謀者の名前を公開させよう。
イルミナティの歴史
日本が知らない恐るべき真実(http://d.hatena.ne.jp/rainbowring-abe/20060106)より引用
歴史をたどると、フランス革命、アメリカ独立戦争、第一次世界大戦、ロシア革命、スペイン内戦、第二次世界大戦と重要な転換点で「イルミナティ」という秘密結社の影が見え隠れしています。イルミナティについては諸説あり、何が事実だかサッパリわかりません。
「イルミナティ」という言葉は、サタン(ルシファー)に由来し、「光を掲げる者」という意味を持ち、古くから多くの宗派に用いられてきたものです。
イルミナティのキーワードは「知」ですが、この「知」を執拗に追い求めたのは、古代において、プラトンであり、ピタゴラス、あるいはグノーシス派(グノーシスとは「知識」という意味)の神秘家、哲学者でした。旧約聖書に見られるとおり、「知」はイブをそそのかした蛇(=悪魔の化身)と見なされて、キリスト教から、一貫して悪徳とみられ、迫害され続けてきました。聖書はサタンがこの世の王子となって私たちの最初の祖先を神から離反させた経緯について書かれた歴史物語であり、サタンのシナゴーグがこの世に打ち立てられ、神の計画を妨げようと、どのように作用してきたかを伝えるものす。
キリスト教では、イエスは、高位の人々がすべてサタンに支配されようとした時に救世主として降臨したとされ、銀行家、律法学者、パリサイ派(現代のユダヤ教の諸派もほとんどがパリサイ派に由来している)をイルミナティであるとみなしました。(ただし、ユダヤ教では、イエスを救世主として認めていないので、最終戦争のあとに降臨する救世主を待ち望んでいます。)
秘密結社としてのイルミナティ(啓明結社)を創設したのは、アダム・ヴァイスハウプト(1748~1830年)でした。アダム・ヴァイスハウプトは、わずか24歳でバヴァリア(現在のドイツ・バイエルン州)のインゴルシュタット大学法学部教授の地位をつかんだ早熟の天才ユダヤ人です。
かの『シオンの議定書』は、ロスチャイルドの依頼を受けて、1776年、ヴァイスハウプトが完成させたものという説もあります。
イルミナティが結成されたのが、同年5月1日であることから、イルミナティが『シオンの議定書』を実行するために組織された可能性も考えられます。
イルミナティの目的は、知的能力を実証された人々が世界を治める「世界単一政府」を生み出すこととされ、文学・教育・美術・科学・財政・産業の分野でもっとも聡明な人々を含む二千人もの信奉者を集めたようです。
急速にヨーロッパに広がっていったイルミナティは、沈滞状況にあったフリーメーソン団員の多く獲得し、学者、弁護士、裁判官、学生、薬剤師、貴族らの知的エリートも、イルミナティに集まりました。その中には、ゲーテや、哲学者のヘルダー、ベートーベンの師クリスチャン・ネーフェ、モーツァルト、そして後の米国大統領トマス・ジェファーソンもいたといわれています。
しかし、イルミナティの勢いは長く続かず、その反体制性ゆえ、わずか10年で弾圧され、以降、結社員は地下に潜ります。
その後、ヴァイスハウプトはフリー・メーソンのロッジに潜入し、最高位に昇りつめ、結社員にも秘密結社(フリー・メーソン)内に秘密結社(イルミナティ)を組織するよう指示を与えたとされています。
1829年、イルミナティの集会がニューヨークで開かれ、そこで「イルミナティがあらゆる破壊分子組織とニヒリストおよび無神論者を総合し、共産主義として知られるひとつの国際組織とするつもりである」と公表されました。この新たな企てのために基金を募る委員に指名された一人が、フランクリン・ D ・ルーズべルトの直系の先祖クリントン・ルーズべルトで、集められた基金は、カール・マルクスとエンゲルスが『資本論』『共産党宣言』を書くために提供されたそうです。
また、この時期、イルミナティのもうひとつのグループが、フランクフルト大学のカール・リッター教授に、共産主義のアンチテーゼを執筆させ、リッターの仕事はニーチェに引き継がれ、ニーチェ哲学はファシズムに、そしてナチズムに進展し、世界大戦を生じされることに貢献したとされています。

『イルミナティ 悪魔の13血流―世界を収奪支配する巨大名家の素顔』を書いたフリッツ・スプリングマイヤーによれば、イルミナティはアスター家、バンデ家、コリンズ家、デュポン家、フリーマン家、ケネディ家、李家、オナシス家、ロックフェラー家、ロスチャイルド家、ラッセル家、ファン・ダイン家と、世界的に有名な超大富豪十二家に、イエスの血を引くと自称する第十三番目の「聖なる」ダビデの血流であるとしています。
ウィリアム・G・カーは『赤い霧がアメリカを覆う』の中で1900年前後のイルミナティ・インターナショナルズのメンバーとして次の名前を挙げています。
英国=ロスチャイルド財閥と彼らの家系
米国=ロックフェラー財閥、シフ家、および彼らの系列(バーナード・バルークが代表者)
ドイツ=ソールブルクとその系列 ロシア=ギンズバーグとその系列
フランス=ロスチャイルド財閥とその系列 日本=三井財閥とその系列
三井は江戸時代に成長した豪商であり、幕末から明治初年、長州藩閥と密接に結託していた政商でした。また、三井物産は植民地化した満州、韓国で莫大な利益をあげていたり、辛亥革命では政府軍と革命軍の両方に武器を売り込んでいたりすることを合わせて考えると、非常に興味深いです。
米国で、イルミナティの陰謀についてもっとも激しく言及したのは、「赤狩り」で悪名高いジョセフ・R・マッカーシー上院議員でした。
マッカーシーは議会で、イルミナティが「アメリカ合衆国に存在し、何年間も存続しつづけてきたという完全、かつ疑う余地のない証拠を握っております。みなさん、私の手許に『イルミナティ』の幹部ならびに団員の氏名、年齢、生誕地、職業などを記入した本物のリストがあるのであります」と演説しています。※マッカーシーの主張については『共産中国はアメリカがつくった-G・マーシャルの背信外交』をご参照ください。
ちなみに、アイゼンハワー政権でCIAの心理戦争局の幹部であったC・D・ジャクソンは、ビルダーバーグ会議に出席したあと「マッカーシーが暗殺の銃弾に倒れようと、生体から腫瘍を切除する通常のアメリカ式手続きで排除されようと、ここに予言します。次回のビルダーバーグ会議までには彼はアメリカ政治の表舞台から消えているでありましょう」と発言しました。その予言通り、マッカーシーは議会から排除され、失意のうちに、1957年、死因不明のまま死亡しています。
こうしたイルミナティ陰謀論は、今日まで続いています。
たとえば、9.11事件のあと、私のところに「ピースアクション広島」なるところから『9.11事件の真相』という研究レポートが送られてきました。テロ事件を捏造したのは米国政府であり、その証拠を集めたものということです。(http://www.anti-rothschild.net/report_911_v4j_prt.pdf)
このレポートの結論も、テロを仕掛けた真犯人は、実はイルミナティであるとしています。
このように、あらゆることがイルミナティの仕組んだことなのか、秘密結社だけにハッキリしないことが多く、確証はありません。
最後に、イルミナティの創設者アダム・ヴァイスハウプトは、臨終の枕に集まった弟子たちに、ため息まじりにこう語ったそうです。
「我々の理想を歪め、世間に悪評をばらまき、世のあらゆる陰謀をイルミナティになすりつけようとする黒魔術団がある。注意するのだ…闇のイルミナティに!」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
先ず、ひた隠しにしている世界を支配する「世界政府」を構成しているイルミナティとい
うのは誰か、その名前を明らかにする事である。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(イルミナティのモグラ) 普通のユダヤ人をスケープゴートにすることで、自分でも気づか
ないうちにイルミナティの計画に協力している・させられている人の事である。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
彼らの犯罪行為の歴史的事実や犯罪行為を行った事実とその証拠を準備する事。
彼らの犯罪によって損失を被った各国別金額の算出。
彼らの所有しているとされる、資産の各国別動産不動産資産の帳簿を押収する事。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
300人委員会名簿 フリーメーソンロッジ管理者名簿  各国銀行資本名簿
イルミナティー各国別名簿
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
イルミナティ名簿
イルミナティ 悪魔の13血流 
(著:フリッツ・スプリングマイヤー 監訳:太田龍 発行:KKべストセラーズ)
本書は1995年、私家版としてアメリカで刊行された
『THE TOP 13 ILLUMINATI BLOODLINES』 の邦訳である。
日本語版刊行に際しては、
著者フリッツ・スプリングマイヤーによる詳細な増補、加筆が施され、質量ともに原書を大幅に
上回るものとなっている。
●会員名簿/スカル&ボーンズの黒皮の会員名簿は単に「カタログ」または「住所録」と
呼ばれ、以下が掲載されている。
-イルミナティ名簿1(http://ameblo.jp/mst9/entry-11065500007.html )
ベイツ、サミュエル・ヘンショウ――第一会員
クラーク、ウィリアム・B――教授
クロクストン、ジョン・T――将軍
ダヴィソン、ダニエル・P――CFR会員、U・Sトラスト・カンパニー会長
ダヴィソン、エンディコット・ピーボディー――ユニオン神学校理事
フェリー、オラス・S――上院議員
ハドリー、アーサー・トワイニング
マクリーシュ、アーチボールド・マイルズー――ゲイ活動家連合代表
パーソンズ、ヘンリー――海兵隊連合
ラッセル、ウィリアム・ハンティントン――コネチカット州議員
スカイラー、ユージーン――駐ソ米国領事
スポフォード、チャールズ――ユニオン神学校学長
ヴァンダーホフ、ジョージ――名誉会員
ヴァン・ネイム、アディソン――ネイムの家名でも収録
ヤング、メイソン
(前出の関連組織では以下の名があがる)「狼の頭(Wolf's Head)」「巻物と鏡(Scroll & Key)」
ダニエル・C・イートン――教授
ゴードン・ホール――尊師、医学博士
セオドア・ラニョン――将軍
ジョン・W・スウェイン――将軍
ジョン・E・トッド――尊師 「聖書と蛇(Book & Snake)」
【ピルグリム・ソサエティ】
●会員/いよいよ次にあげるのがイルミナティ会員の極秘の名簿である。どこで入手した
かは聞かないでいただきたいが、正真正銘の本物である。そしておそらく今後再びこれほ
ど有力な人々の秘密のリストを眼にすること
(P616,617 より引用)
はないだろう。ここには325名以上のイルミナティの中枢メンバーと、29名のイルミナティ
と思われる人々の名があげられている。
〔イルミナティ・キングの一部〕
デヴィッド・アスター
ジョージ・W・ボール――世界連邦主義者会議議長、血盟兄弟団(Blood Brothers)最高責任者、
               リーマン兄弟商会、クーン・ロエブ商会の重役
サー・フレデリック・ベネット――父親と親戚が熱心なフリーメイソン
ヴィクター・キャヴェンディッシュ・ベントニック
マクジョージ・バンディ――(MJ12、スカル&ボーンズ、CFR、フォード財団会長(フォード財団は
ワシントンDCまたは別な筋の要請に応えて動く国民警察軍設立のため、1060万ドルを警察基金に寄付している))
ゲイロード・フリーマン――(プリユール・ド・シオン(Prieure de Sion)最高幹部、シカゴ・ファースト・ナショナル・バンク社長、ファースト・シカゴ・コーポレーション重役、アトランティック・リッチフィールド重役、バンカーズ・ライフ&カジュアルティ重役、アスペン・インスティテューション管財人)
J・ピーター・グレイス――(マルタの騎士団の非常な有力者、CIA、カトリックおよびその他の大規模な諸組織の首長、ケネコット・カパー・コーポレーション(モルモン教の企業)理事)
ジョセフ・ケネディ――(マフィアと協力、酒類の密輸密売)
ジョセフ・H・レティンガー
デヴィッド・ロックフェラー――(OSS運営委員、ビルダーズ・オブ・ブリッジ(Bldr‐brg)、ルシス信託会員)
ジョン・D・ロックフェラー
ネルソン・オールドリッチ・ロックフェラー――(MJ12会長、ブラジリアン・コーヒー産業の主要オーナー)
ウォルター・ベデル・スミス将軍-(MJ12運営委員、ビルダーズ・オブ・ブリッジ、諜報機関員)
アーネスト・H・ヴァン・デル・ビューゲル
ニコラス・ミュレイ・バトラー――(ピルグリム・ソサエティ会長(1928~46年)、コロンビア大学学長、カーネギー財団の設立に寄与・した社会学者)
アンドリュー・カーネギー――(大富豪、鉄鋼産業を独占)
エミリオ・G・コラード――(ビルダーズ・オブ・ブリッジ運営委員)
ガーディナー・カウルズ――(ビルダーズ・オブ・ブリッジ運営委員)
アーサー・H・ディーン――(ビルダーズ・オブ・ブリッジ運営委員)
ラモット・デュポン・コープランド――(ビルダーズ・オブ・ブリッジ、デュポン重役、ケミカル・バンク重役、デュポン・ファミリー代表)
W・アヴェレル、ハリマン――(MJ12、スカル&ボーンズ、家族が熱心なフリーメーソン会員、スターリンと個人的な親交あり)
デニス・W・ヒーリー――(ユナイテッド・キングダム) 
J・P・モルガン――(カーネギーからカーネギー・スティールを得る。本人所有のJ・P・モルガン&カンパニーは世界のトップ100企業のうち96社と銀行業務を行なっている。)
ジョン・モーティマー・シフ――(ピルグリム・ソサエティ財務担当、ロスチャイルド代理人、ボーイ・スカウト・オブ・アメリカ管財人、多くの企業の重役)
ロバート・ヴィンセント・ルーザ――(国連協会の重要人物、CFR理事、ブラウン・ハリマンおよびアメリカン・エクスプレス重役、ビルダーズ・オブ・ブリッジ、ロードス・スカラー
ピエール・ポール・シュヴァイツァー――(国際通貨基金総裁、ビルダーズ・オブ・ブリッジ。アルバート・シュヴァイツァーの親戚)
〔イルミナティ・プリンスの一部〕
次からのイルミナティのリストは最高度に重要なものである。読者の方々が、以下のイルミナティ会員名簿の重要性を100パーセント理解してくださるかどうかも危ぶまれるくらいである。「イルミナテのプリンス」たちは極秘の会員であり、このようなリストが白日の下にさらされるのは、これが初めてのことかもしれない。ついでながら前掲のピルグリム・ソサエティも極秘の結社なので、そのリストも同様である。ピルグリム・ソサエティに入会を許されるのはごく限られた数の人々だけだ。ちなみにアメリカには現在約1000名、イギリスには750-800名の会員がいる。終身会員制で、新会員の年齢はおよそ48歳から50歳である。会員それぞれが、各自に関係した条項が特に詳しく記された何ページにも及ぶ
資格認定証を持っている。「スカル&ボーンズ」や「巻物と鍵」のようなイルミナティの分会は、低い階級の新規会員を獲得するための組織のようである。ロビソンが彼のリポートで発表したが、フリーメーソンのロッジが新会員獲得の場であるのと、ちょうど同じだ。
しかし、メーソンの場合には、新会員がふるいにかけられ、選ばれたメイソンのうちでもさらに選りすぐりの者だけがイルミナティの階梯を上っていける点に注意を払ってほしい。
スカル&ボーンズ(あるいは他の秘密結社でもよいが)のような分会に参入して初めて、イルミナティはやがてピルグリム・ソサエティへと昇格してゆけるのである。一部前述したが、エール大学には新イルミナティ会員を獲得するための分会が五つある。スカル&ポーンズが最も古くかつ特権的であり、近年の陰謀を暴く出版物に特に頻繁に取りあげられている。これ以外でイルミナティの会員獲得の場となって、新規参入の儀式や誓いが行なわれている分会は、おそらくブラウン大学、コロンビア大学、シカゴ大学、ダートマス・カレッジ、ハーバード大学、ジョン・ホプキンズ大学、そしてイギリスではオクスフォード大学などであろう。オクスフォード大学には「グループ」という分会の存在が確認されている。メーソンのうち誰がイルミナティ入会の勧誘を受けたかは秘密にされることが多い。
イルミナティへ入会した者たちには、「世界一国家政府」(One World Government)への入会の義務が生じる……。
チャールズ・F・アダムス――(大陸入植以来のサタン崇拝の旧家アダムス・ファミリー出身、保険会社数社の重役、レイセオン重役)
チャールズ・ビーティー・アレクサンダー・――エクイタブル生命保険重役、法律家
ハルバート・ストラットン・アルドリッヒ・――(エール大卒、(進歩の促進に熟心な)アメリカ自然史
博物館管財人、ケミカル・バンク相談役)
ウィンスロップ・W・アルドリッヒ――(ピルグリム・ソサエティ副会長、ロックフェラーのチェース・
マンハッタン銀行に関与、ローマ法王より顕彰)
フランク・アルチュール――(MJ12、CFR名誉書記) ホイト・アミドン――(富豪、パーキン・エルマー重役、ニューヨーク・US信託重役、アスター家代理人)
アーネスト・エンジェル――(米市民的自由連盟会長、家族が熱心なフリーメーソン )
-イルミナティ名簿2(http://ameblo.jp/mst9/entry-11065501574.html )へ続く-
ウォルター・H・アネンバーグ――(駐英アメリカ大使、トライアングル放送)
ジョン・ジェイコブ・アスター8世――(不動産業に熱心)
ウィリアム・ウォルドーフ・アスター3世――(子爵、製造業数社の社長)
クレメント・アトリー――ーー(イギリス首相)
ウィリス・コウバーグ・アームストロング――(国務省副長官、CFRの各地域支部担当の重鎮)
バーハード・マクホウルド・アウアー―(国立社会科学研究所副所長)
ユリウス・S・ベーチ――ーーー(ベーチ&カンパニー創立者)
ジョージ・F・ベーカーJr――ーー(大富豪) バレンタイン――アーサーーーー(・Aの父)
フレデリック・H・バンディ――ー(カナダ・フラコンブリッジ・ニッケル鉱業社長)
アーノールド・バラック――ーー(メンタル・ヘルス協会米国理事長、世界未来協会理事、『チェンジ ング・タイムズ』編集発行人、ワシントン・スクール・オブ・サイカイアトリー最高評議員、ディストリクト・オブ・コロンビア・メンタル・ヘルス協会会長)
ジェイムズ・W・バーコ――(ヴァージニア大学スペイン開発プロジェクト代表、国連大西洋会議)
エドワード・ウェア・バレット――(フランクリン・ブック・プログラム、コロンビア大学デュポン・
ジャーナリズム賞の決定に影響力大、大西洋会議理事、家族が熱心なフリーメイソン)
スチュアート・タフト・ビーチ ーー( ) エリオット・Ⅴ・べル――ーー(ニューヨーク生命保険重役)
ロバート・W・ビンガム――(銀行家、出版社主、駐英大使、息子がビルダーズ・オブ・ブリッジ)
ユージーン・ロバート・ブラック――(世界銀行総裁、ワーナー・コミュニケイションズ社の共同出資
者、家族計画および世界人口問題協会会長) H・ローレンス・ボガート――(投資会社ブリス・イーストマン・ディロン&カンパニーの重鎮) ジョン・T・ブース――ーーー(同上、SCMコーポレーション重役、ゲッティ石油重役) フレデリック・H・ブランドル――(ヒューズからトランス・ワールド・エアラインズを取得、ヒューズはのちにネヴァダで密かにカジノを操るオナシスによって誘拐された)
アルフレッド・ブリテン3世――(エール大卒、バンカーズ・トラスト会長、ロンドン・ハリモン・ミッションに関与) サー・ハリー・ブリテン――(イルミナティのプリンス階級会員の対外組織、現ピルグリム・ソサエティの設立を援助) ハーバート・ブラウネル――(エール大卒、連邦司法長官、オランダ・ヘイグ国際裁判所米国代表) デヴィッド・カークパトリック・エステ・ブルース――(CFR、ビルダーズ・オブ・ブリッジ、ピルグリム・ソサエティ副会長、数銀行の頭取、OSS、ポール・メロンの姉妹の一人と結婚) ジェイムス・ブルース――(第32位階メーソン、CFR、アヴコ・コーポレーション、ナショナル・パーク銀行、チェイス・ナショナル銀行、S・クライン百賃店、クラフト食品) ズビグニュー・ブレジンスキー――(MJ12、スカル&ポーンズ、U・S・ナショナル・セクレタリー・カウンシル、CFR理事、国連信託統治理事会理事、ビルダーズ・オブ・ブリッジ、ニューヨーク・センチュリー協会会員)
ヒュー・ブロック――(米国ピルグリム・ソサエティ理事長、国立社会科学研究所所長、カルヴィン・ブロック社会長、カナディアン基金理事長、CFR、監督派教会信徒、イングリッシュ・スピーキング・ユニオン) エルスワース・バンカー―(致命的戦争中のベトナムを含め多数の諸外国への大使を歴任、OAS (秘密軍組織)) C・スターリング・バンネル――(ウィンスロップ信託協会およびキングスレー信託協会会員、ニューヨーク・ファースト・ナショナル・バンククレジット対策委員会理事長、CFR)
エドウィン・S・バーデル――(シアーズ・ローバック)
ウィリアム・アーミステッド・モウル・バーデン――(メトロポリタン美術館理事長、ヴァンダービルト家の縁戚) アーサー・フランク・バーンズ――(カーネギー・インスティチュート管財人、連邦準備金理事長、ルシス基金会員) コールマン・バーク――(アメリカン・バイブル・ソサエティ運営委員会理事長、クリスチャン・ヘラルド・マガジン社会長、法律家、ライフ・コーポレーション重役)
ジョージ・ブッシュ――(MJ12、スカル&ボーンズ、第33位階メーソン、数銀行頭取、CIA長官、石油関連企業役員、イーライリリー社出資人、合衆国大統領) ジェイムズ・フランシス・カルバートーー(コンパスチョン・エンジニアリング社社長) ウィリアム・D・キャンベル――(ボーイ・スカウト・オブ・アメリカの高位貴任者) カール・カーマー――ーー(ホラー小説作家)  ジョン・M・ケイツJr――(メーソン、「狼の頭」運営委員、全米交流センター(ロックフェラーの対外組織)代表、OAS設立に積極的に関与、国際ボーイ・スカウト代表の一人) ジョージ・キャトラン――(フェビアン協会運営委員、労働党指導者の相談役、H・G・ウェルズとの共著あり) トーマス・チェンバレン――(メーソン、フリーメーソンのサミュエル・L・クレメンツ(マーク・トゥエインズ)の遺産を管理)
ジョージ・チャンピオン――(ニューヨーク・経済振興会会長、チェース・マンハッタン銀行頭取)
G・ラッセル・クラーク――(クラーク&カンパニー社主、P・ブラッドレ一・クラークと協働(P・ブラッドレーの項参照)) ( 容量超過により次回に続く)
by kanakin_kimi | 2013-05-17 23:20 | 洗い出せ・そして公開せよ | Comments(3)
Commented by Robertnics at 2014-09-08 01:04 x
oakley prescription sports sunglasses <a href=http://modafinilachat.monfairepart.com/>acheter modafinil online</a> st alphonsus regional medical center
Commented by fitflop sa at 2015-12-07 03:11 x
fitflop flora
Commented by christian at 2016-01-04 13:25 x
womens christian louboutin flats


<< イルミナティを洗い出せ 37 イルミナティを洗い出せ 35 >>