イルミナティを洗い出せ 42

イルミナティは終焉した
そのはじまり 20
イルミナティ名簿 3

イルミナティ名簿4 集団ストーカー 腐敗組織 内輪 国際刑事裁判所に提訴された被告の関係者一覧
テーマ:世界保健機構 2011-11-11 02:40:54

…イーライリリー社、IBM、国連、国務長官、陸軍、救世軍、ローマクラブ、J・P・モルガン、
共産主義、欧米英仏露、ドルイド、ハロウィーン、ケミカル、リサーチ、酪農、金融業、メロン…
http://ja.wikipedia.org/wiki/ アンドリュー・メロン
より引用
アンドリュー・ウィリアム・メロン(Andrew William Mellon, 1855年3月24日 - 1937年8月27日)
は、アメリカ合衆国の銀行家、実業家、慈善家、美術品収集家。..生涯...青年期...
...1913年、1908年に死去した父親トマス・メロンを追悼するため、弟のリチャード・メロンとともに
メロン工業研究所(現在のカーネギー・メロン大学)を設立した。
第一次世界大戦中、アメリカ赤十字などの募金活動や、キリスト教青年会、ワシントン学術研究
会議に積極的に参加した。
財務長官時代...
...メロンは財務長官退任後、駐イギリス大使として渡英した。そして1年間の大使生活を送った後、第一線を退いた。
引退後...退職後、メロンは積極的に慈善活動に参加し、教育・文化・研究活動に対する資金援助を行った。生涯を通じて、メロンは可能性を秘めた人物や考えに対して、躊躇うことなく援助を投じた。
アルミニウムなどの製造で名を成したアルコア社もメロンの支援によって成長した企業の1つ
であり、炭化ケイ素の将来性を感じたメロンが大規模な投資を行った。
1937年、メロンは自己の所有する美術品と現金1000万ドルを寄贈し、ワシントンD.C.に
ナショナル・ギャラリーを建設した。
1937年8月27日、メロンはニューヨーク州ロング・アイランドのサウサンプトンで死去した。
その後メロンの子供たちの手により、メロンの功績を称えて、アンドリュー・メロン財団が設立された。
(引用終わり)

-イルミナティ名簿3(http://ameblo.jp/mst9/entry-11071188011.html )より続き-
イルミナティ 悪魔の13血流 (著:フリッツ・スプリングマイヤー 監訳:太田龍 発行:KKべストセラーズ)(P610,611 より引用)
ジョン・R・キンバリー―― (キンバリー・クラーク・コーポレーション)
ドナルド・P・キルチャー―(シンガー重役、クラーク基金管財人、レーマン・コーポレーション取締役、モルガン・ギャランティー・トラスト取締役)
グレイソン・カーク――(CFR副会長、ピルグリム・ソサエティ副会長、コロンビア大学学長、アジア基金管財人)
ヘンリー・キッシンジャー―(国務長官、ナショナル・セキュリティー会頭、ユダヤ系、 ルシス基金会員)
フィリップ・M・クルツニック――(いくつかのユダヤ系グループのリーダー、ロスチャイルドの代理人、国連協会全長、世界ユダヤ人会議議長、アメリカ・ボーイ・スカウト国内会議メンバー)
ロバート・H・ナイト――(ニューヨーク・連邦準備銀行頭取、ホイットニー家の資産相続人)
アルヴィン・W・クレッチ――(エクイタブル・トラスト・カンパニー会長、およそ40の企業の取役、共産主義者に資金援助)
アルフレッド・グストフ・エティエンヌ・ド・リアグレJr――(エール大卒、救世軍諮問委員会、劇『ドルイド・サークル」をプロデュース)
ゴードン・ラモント――(国際酪農協会理事長、べリリアム・コーポレーション会長)
トーマス・S・ラモント――(J・P・モルガン&カンパニー共同出資者、兄弟の一人がアメリカ国内での共産主義重要人物)
ウィリアム・ラポート――(アメリカン・ホーム・プロダクツ会長、この企業はバッハ・キャンデイを
世に出し、バッハ・キャンディはハロウィーンを盛んにした。ハノーヴァ一・トラスト理事、)
R・ヒース・ラリー――(全国製造業者達合理事長、ニューヨークCFR、外交政策協会理事長、テクストロン・グループ・オブ・コーポレーション取締役)
T・ヴィンセント・リアソン――(キャタピラー・トラクター・カンパニー重役、エクソン重役、IBM重役、ニューヨーク・ケミカル・バンク重役)
マーティン・ルブーティリィエ――(投資会社ペイン、ウェーバー、ジャクソン&カーティス)
ラッセル・レッフィングウェルー――(CFR会長)
バリー・T・ライトヘッド――(セント・ローレンス大学管財人、B・F・グッドリッチ取締役、クラフトカンパニー取締役、TWA取締役)
ジョン・E・レズリ――(バッチ・ハルゼイ・スチュアート&カンパニー会長、CFR、ニューコーメン・
ソサエティ、フランス・アメリカ・ソサエティ理事長)
ヘンリー・D・リンズレイ――(ダラス市長(1913~17年)米国在郷軍人会理事長、オメガ基金理事長)
ジョン・ローブJr――(父親がCFRでチェース・マンハッタン取締役)
ヘンリー・ルース――(スカル&ポーンズ、『タイムズ・マガジン』創立者、マサチューセッツ工科大学教授、イーライリリー取締役)
ヘンリー・ルース3世――(エール大卒、キリスト教教育連合評議会、プリンストン科学技術セミナー、キリスト教教育長老派教会 アジア連合評議会)
マルコム・マッキンタイア――(20世紀フォックス取締役、この映画会社は悪魔にとりつかれたような映画を製作している)
ジョン・D・マコーマー―(エール大卒、セラニーズ・コーポレーション会頭、チェース・マンハッタン銀行取締役)
ロバート・A・マゴウワン――(デル・モンテ重役、監督派教会信徒、セイフウェイ・ストアズ取締役会会長)
セオドア・マーバーク――(リーグ・オブ・ネイションズ・ユニオン会長、アンドリュー・カーネギー
と親交)
ジョージ・C・マーシャル――(国務長官、陸軍大将、マーシャルプランは彼の名にちなんで命名された)
アラステア・ブラッドリー・マーチン―(富豪のフイップス・ファミリーの一員、ラジオ局ネットワーク
の重役、フイップス・ゲスト・エージェンシー取締役フィップス家は聖杯を受け継ぐ血筋のグレイス・ファミリーと縁戚関係にある)
ウィリアム・マクチェズ二ー・マーティンJr――(エール大卒、連邦準備銀行頭取、R・ カーネギー・インスティテューション管財人、イーライリリー社取締役、ソビエト典礼委員会代表、父親は高位のメーソン、リッグズ・ナショナル・バンク顧問)
ミュレイ(ウォルター)・サンズ・マーヴィン
バーニー・メイソンJr――(全回安全評議会、メトロポリタン生命保険、ユニオン・カーバイド)
(引用終わり)
(P609,610 より引用)
ジョン・アントン・メイヤー――(ジェネラル・モーターズ重役、メロン銀行取締役)
ハワード・W・マッコールJr――(ニューヨーク・ケミカル・バンク顧問、マサチューセッツ相互所得投資・相互生命保険取締役、テキシコ取締役)
トーマス・マッキャンス――(狼の頭、ブラウン・ブラザース・ハリマン共同出資者、監督派教会海外教区管財人)
ジョン・ジェイ・マクロイ――(世界銀行総裁、チェース・マンハッタン取締役、アトランティック・インスティテュート理事)
サミュエル・W・ミーク――(監督派教会教会基金)
アンドリュー・メロン――(財務省長官、駐英大使、大億万長者、51社にのぼる企業の重役を歴任、300以上の企業体の議決権行使株を所有、連邦準備金理事)
ポール・メロン――(OSS、ナショナル・ギャラリー・オブ・アートを動かす、ガルフ石油社社主、「巻物と錘」、家族は高位のメーソン)
クラレンス・F・ミカリス――(ニューヨーク海員教会組合(イルミナティのルートの一つで、プロテスタント各宗派をコントロールする)、ブリストル・マイヤーズ)
サミュエル・R・ミルバンク――(ロザリオ・リソーセズ・コーポレーション会長)
ジョセフ・アーウィン・ミラー―(ローマクラブ貧困問題準会員、カミンズ・エンジン社会長、CFR、ビルダーズ・オブ・ブリッジ、フォード財団管財人、1960~63年全国教会評議会会長、AT&T重役)
ウイリアム・C・ミラー
ヘンリー・A・モウ――(グッゲンハイム財団理事長、アメリカ・ロードス・スカラーズ協会理事長,
アメリカン・アカデミー管財人)
ジョージ・S・ムーア――(ホワイト・ウェルド&カンパニー上級共同出資者、オリンピック・エアウェイズ重役、USステイール・コーポレーション重役)
モーリス・T・ムーア――(ルース・ファミリーと縁組し、タイム・コーポレーション(『タイム・
マガジン』)の実権掌握に援肋を受ける)
ヘンリー・S・モーガン――(父親J・P・モルガン所有の企業を経営、アダムス・ファミリーと縁組)
ハワード・J・モーゲンス――(アメリカ自然史博物館管財人、アメリカ最強の進化論推進者)
グリネル・モリス――(CFR、エール大卒、資産家ケロッグ・ファミリーと縁戚関係、アメリカン・ジェネラル保険グループ重役)
ウィリアム・H・モートン――(A・W・メロン財団管財人、ダートマス大学管財人、シンガー社取締役、アメリカン・エクスプレス、ランド・マクナリー&カンパニー取締役、クロッカー銀行取締役)
ポール・ヘンリー・ミューラー――(インターナショナル・バンキング・コーポレーション会長、クレジット・ポリシー・コミッティー・オブ・シティコープ理事長、リベリアバンク・オブ・モンロヴィア取締役、マーカス・ウォレンバーグ(キングのリスト参照)代理人)
ロバート・マーフィーー(ビルダーズ・オブ・ブリッジ、コーニング・グラス・インターナショナル会長、キリスト・ユダヤ両教徒急進派全国会議共同司会者、CFR)
ロバート・ダニエル・マーフィー―(駐ベルギー・日本大使、モルガン・ギャランティー・トラスト理事、ビルダーズ・オブ・ブリッジ、CFR)
トルーマン・H・ニューベリー――(エール大卒)
ジョージ・シーリー・ニューウェル――(エール大卒、ジョージ・F・ベーカー信託理事)
J・ウィルソン・ニューマン――(アトランティック相互保険重役、ダン&ブラッドストリート重役)
チャールズ・ウォルター・ニコルスJr――(ニューヨーク大学雇用部長、アライド・ケミカル・コーポレーション取締役、ケミカル・バンク・オブ・ニューヨーク取締役、ニコルス・エンジニアリング・アイド・リサーチ・コーポレーション取締役)
リチャード・M・ニクソン――(ピルグリム・ソサエティ名誉会員)
フロイド・オドラム――(ラヴレイス財団終身管財人)
ロバート・S・オールマン――(フォード・モーター取締役、ニューヨーク・ロックフェラー系列ファースト・ナショナル銀行取締役)
(引用終わり)
-イルミナティ名簿5(http://ameblo.jp/mst9/entry-11072413662.html )へ続く-
by kanakin_kimi | 2013-05-22 11:23 | 洗い出せ・そして公開せよ | Comments(0)


<< イルミナティを洗い出せ 43 イルミナティを洗い出せ 41 >>