ロスチャイルド・イルミナティを洗い出せ 1

イルミナティの終焉

世界市民の本当の敵は「ロスチャイルド・イルミナティだ」

本当の敵が誰であるかをはっきりと指し示さなければ、敵はするりと逃げていく。英国王室もヴァティカンも三百人委員会も、ビルダーバーグクラブもすべての「世界政府関連組織・機関・研究所」も「ロスチャイルド・イルミナティ」の支配下にある。この事をはっきりとさせておかなければならないのだ。このことですら、先輩達は命がけで書き残してきた歴史がつい最近まであったのだ。その脅威が、矛先をロスチャイルド・イルミナティの小間使いである「ロックフェラー」を「敵としてその名前ばかりを使っている」ひとたちがいる。これは「ほんとの敵ロスチャイルド・イルミナティ」を「するりと逃がす手口に見える」。彼らが世界市民からの敵視の焦点を意識的に分散するためにおおくの世界政府関連組織・機関・研究所を造っているのである。だから、私はすべての焦点である「ロスチャイルド・イルミナティ」に「収斂」させて書くのである。そして、徐々にその心臓部が誰にもわかるように洗い出していくべきだと思っている。彼らから資金援助を受けたものがすべて世界市民の敵である訳ではない。カール・マルクスにせよ坂本龍馬にせよ、その時点に置ける「活用の相関図」があるものだ。「ロスチャイルド家」のすべてに収斂させる事がわかりやすいからであり、そして、敵の受ける脅威も大きいからである。世界市民がその事を態度で明確に示せば、周りの取り巻きはどんどん身を隠すように逃げていくもので、本体が浮かび上がりより明確になっていくだろう。
いままでは、「ロスチャイルド・イルミナティの相関図」がどのようになっているかを見るためにどんどん広がっていたはずである。現実の関わりの実態を見やすくする事の意義があったからである。しかし、その反面「本当の敵の姿がどんどん霞の中に隠れてしまうのである。」
これからは、「敵の本体」を浮かび上がらせ、世界市民に見えるように、絞り込んでいく事である。

ロスチャイルド・イルミナティの「世界人口削減計画」のひとつ「ホロコースト」と「日本安定性破壊計画」をセットにして行なってきている
日本の安定性を形成している要因は、「お互いの存在を認め合う事」を基本に逃げてきた人々を受け入れ、その文化を受け入れ、日本列島住民の文化とその歴史を積み重ねてきた事であり、その基軸になっているものは縄文時代以来「森羅万象の精霊を敬い、生きとし生けるもの・死にとし死ぬるものすべての八百万の神々を尊崇する生活文化を維持発展させてきた」事にあるだろう。先輩達が実践してきた「質素倹約・粗食清潔」をモットウに、生活している。この「安定性」の基軸を「天皇制」の維持にあるという誤解をしているらしく、「天皇制」を支配する事で「日本支配」を成し遂げようとするものや、「日本の安定性破壊」を成し遂げようと考えた行動計画を進めているものがある。他方では、「韓流支配」を「経済的にも文化的にも韓流化しようというのであろう」やたらと、韓国の本来の歴史や文化とはかけ離れた偽物文化を押し付けているし、これこそ「元祖韓流」と意識づけたいらしいテレビドラマが多い。いまに、「俳句」や「和歌・短歌」も韓国が元祖と云ってくるのじゃないかと疑われる。また、ソフトバンクを例に経済的にも政治的にも韓国在日朝鮮が牛耳っているぞと思わせ、暴力団・警察・巨大宗教・電通などをセットにしたテレビ報道局の支配を通じて「反日構造」をつくり、日本人の反韓・反在日感情を頂点に押し上げようとしているかのごとくである。この状況をよくよく見ておく事である。これがロスチャイルド・イルミナティの用意周到な仕業である事に気づくだろう。
というのは、これと同じ状況が1930年代のドイツにあったのではないだろうか。「韓国・在日朝鮮人」に対比できるのが「ユダヤ人」であった。そして、1933年に政権をにぎったのが「ナチス党」であり、
1945年1月27日に解放されるまでに400万人がヨーロッパにアウシュビッツを含め1000以上の強制収容所で大虐殺されている。


それ相応の憎しみが増幅されない限り行われ得ない事である。ユダヤ人はドイツ人に何をしたのか。ロスチャイルド・イルミナティが、そのシナリオのすべてに関わっているのだ。オリンピックを悪魔の祭典にしてしまった「ロンドンオリンピック」の開会儀式と閉会儀式は「サタニズムの儀式」なのである
そして、日本選手団はどういう訳か排除されたのである。







しかも、各種目での韓国選手からのイレギュラーな行動を見せつけられたのであるから、憎しみと悪感情はひとにもよるであろうが、2チャンネルに満ちあふれている感がある。
これらすべてが「ロスチャイルド・イルミナティの用意周到なシナリオなのである」。といったら、あなたはどう思うだろうか。
なんのために?、「ユダヤ人ホロコースト」の再現をしようとしているのだ。
ドイツ人の堅実な優秀さに脅威を感じた「ロスチャイルド・イルミナティ」がユダヤ人一般の人々をあおり・利用してドイツ人にユダヤ人にたいする憎悪を膨らませていったのである。と同時に狂信的なナチス党に資金援助しながら後ろからコントロールしていたのである。ーーーーーーーー
どうですか、「韓国・在日朝鮮人ホロコースト」への用意周到なシナリオがどの段階にまできているかあなたには見えませんか。アメリカはもはや国家倒産状態である事は周知の事実です。世界に展開している米軍部隊は金食い虫ですから、経済改革のためには全部撤退しなければ成り立ちません。韓国駐留の米軍の撤退時期はもう決まっています。オスプレイの導入はその撤退にあわせているのです。
そのとき韓国軍部隊は、どうなるでしょう。一緒に逃げ出すような指導部であれば、韓国国民に殺されてしまいますよ。今、そんな状況なのですから、冷静に北朝鮮との話し合いをするべきでしょう。
「ロスチャイルド・イルミナティは、この混乱を利用してホロコーストを日本人にやらせようとして、韓国・在日を煽り立てているのです。」わかりますか。ロスチャイルド・イルミナティのきたない手口にのせられてはいけません。


by kanakin_kimi | 2013-06-19 11:21 | 洗い出せ・そして公開せよ | Comments(2)
Commented by cheapaionkinah at 2013-07-20 14:19 x
when i arrive with an hasty which will special, together with live an extraordinary drenched climate. Typically the cheap aion kinah are perfect for all of us
Commented by Unti rothschild at 2014-01-21 17:32 x
昔の記事へのコメントになりますが、お赦しください。
私もアメのNWOや軍産複合体、イルミナティの存在を逆説的に肯定する立場を取っています。
記事を拝見させて頂き、昨今の対中対韓政策について、恣意的な誘導があると私も考えていますが、ナチのホロコースト並の迫害に至ような事態にまで発展する根拠がはっきりしない感を受けました。

個人的な考察ではありますが、一連の外交や防衛についての脅迫的報道は、朝鮮戦争再開時において、利益無きアメリカ軍の被害縮小の為に穴埋めとして必要となる、日本の軍事力増強と世論作りであろうと思っています。
従って国内の在日や一方的な軍事侵攻による大量虐殺が目的であるとは考えにくいですし、むしろ非合理的であるようにおもいます。
アフガンやイラクのように内部分裂や同族対立による自滅的破壊行為を誘発させた方が、効果はあげられるのでは?
もし可能でしたら、ホロコーストに至ると考えられる現実的な根拠を教えて頂ければと思います。
誤解して頂きたくないのですが、批判的な思いでお聞きしているのではなく、むしろ私の知らない発想があるのではという思いからです。


<< ミステリーサークルの陰謀 49.49投票率の警告 1 >>