ロスチャイルド・イルミナティを洗い出せ 2

イルミナティの終焉
世界市民の本当の敵は、ロスチャイルド・イルミナティだ 2
I T 社会というのはたくさんの情報を提供される社会であると同時に、今まで「人任せにしていた」人々にとっては、自分で判断し行動するという事が常識になっていますので、いささか親切味にかける冷たい社会になってきたと感じる高齢者が多いと思います。しかも、一方では「詐欺犯罪が横行すること、その狙いは高齢者」というのですから、やりきれません。
この、「高齢者を標的にした犯罪の多発」というのは、「異常なほどである」。
「ロスチャイルド・イルミナティの手口は、先ず、①支配する相手を借金漬けにする。そして、②頭のあがらない、低俗な自分を自認させる。つまり支配しやすいゴイム(家畜)にするのである。」それは、国でも集団でも同じである。ロスチャイルドは、資本主義を造り、その頂点にいるのであり、その経済システムのすべてに長じ・通じ・それを法体系として利用し活用している訳である。そのシステムに支配の論理が組み込まれている訳である。
ところが、だれだったかが「世界は一家・人類は皆兄弟」ということを言って、拍子木をたたいて・町の中を「火の用心」といいながら練り歩いていたのを思い出す。あれはすごいね、あのひとことで「ロスチャイルド・イルミナティのすべてのシステムは吹っ飛んでしまうのである。
つまり、[ロスチャイルド・イルミナティの造った「資本主義を造り、その経済システムのすべて・それを法体系としてつくった、そのシステムによって人々をがんじがらめにして、支配に組み込まれている、そんなものつぶしてしまえばいいだけなのだ」と云っているのだ]
by kanakin_kimi | 2013-06-20 14:53 | 洗い出せ・そして公開せよ | Comments(0)


<< フォロー・アース 2 フォロー・アース 1 >>