米軍撤退の時期が早くなる

ロスチャイルド・イルミナティがどうしてもやるという ー それとも日本人・イルミナティが利用する番か

日本・イルミナティに「ホロコースト」をどうしてもやらせようというのか。
日本に海外派兵や軍事的侵攻をやりやすくするための法的手続きをやらせる環境づくりを、「韓国・在日朝鮮人」にやらせようとしている。とう人達は、そんなつもりではないだろう。自分たちの居場所をよくするための環境づくりと思っているようだ。
そして、あわよくば日本を支配して、という事のようだが、どう考えたらそんな事が考えられるのだろうか。いつも思う事だが、自分で自分の頭がいいと思っている連中は一つの目標を与えられたらそれだけしか見えないようだ。
日本が平和で安定していると、そういう連中は「平和ぼけ」という言葉を使って、「平和な日本人」を揶揄する傾向がある。
うちのかみさんは、そういう連中にいつも怒りを感じるそうだ。「平和で何が悪い、平和であればのどかになり、誰にも親切になる。それのどこが悪いというのだ。」というのです。

平和で・のどかで・そして自分の事は自分で守るという事だ。
この事に反対するものはいないだろう。自分で自分の事を守れないで「護憲」が成り立つわけではない。謀略で国民をごまかして、「改憲」が聞いて笑わせるな。
いつまでも、国民を馬鹿にしている点では両方とも同じレベルといえよう。そういう隙間に「韓国・在日」が入り込んでいるのだという事を刮目しなさい。
彼ら進駐軍を利用してきたのは戦後の自民党だし、中曽根たちだった。改革の面でも同じ進駐軍の中にいた。だから、日本には韓国と北朝鮮の窓口事務所があったのだ。
韓国は、自分たちで自立する事を忘れてしまったのだろうか。中国やアメリカの覇権主義に「自己確立」を忘れて、手練手管の「たかり」だけで、生きてきた文化だったのだろうか。自分たちが生み出したものが文化がない事をごまかすすべだけが、「韓国文化」になってしまったのだろうか。
そうでないなら、米軍が撤退する事に慌てるはずはないのだ。
今、また「たかり」をはじめたのか、日本人の「怒りを買う」役割をはじめたのか。それが、いままで「ロスチャイルド・イルミナティ」が狙っていた「日本人イルミナティ」による「韓国・在日ホロコースト」だということを。
日本にやらせる事によって「ドイツ」のように、「日本の安定性を破壊」させる事だという事を。
あるいは、「日本人・イルミナティ」のねらいは、この事態を利用して「ロスチャイルド・イルミナティ」の逃げ場でも造ってやろうというのであろうか。
by kanakin_kimi | 2013-07-10 20:09 | 洗い出せ・そして公開せよ | Comments(0)


<< へリューム 3 月面の古代都市が示すもの >>