ロスチャイルド・イルミナティを洗い出せ

近代戦争の造り手

戦争は、個人の喧嘩ではない。「支配と被支配」という構図を「経済と政治の延長として行われる」「支配と被支配」の「ゲーム」である。
「お互いの存在を認め合い、助け合って生きていく」人々の間には「支配と被支配」はないから「戦争」はない。したがって、世界市民の間に戦争は起こらないはずなのである。
この事をしっかりと見つめ直してほしい。もう一度いう、「世界市民は、お互いの存在を認め合い、助け合って生きていく事を確認できるだろう。だから、世界市民の間に戦争は起こらない。」
では、何故この世界のあちらこちらで「戦争が起きているのだろうか」。
よく・よく目をこすってみてほしい。
戦争で使われるすべての「物資」を売って・儲けているものは誰か。歴史の先生が、授業で生徒と一緒になって徹底的に調べる勉強会を世界の学校で行うべきでしょう。これだけで世界がすべてにわたって認識できる。そんな勉強会になると思う。
ここでは、先を急いで結論を言っておきます。
「地球は、地球に住んでいるすべての生命体の共有の環境である。」言い方を変えれば、「世界は一家、人類は皆兄弟」という言い方も出来ますが、いわゆる人類だけではなく「すべての生命体」という「認識の広がりがあります。」こんにちの科学の進展によって、地球に生息する生物がより広く知られるようになり、地球共有の認識が世界観として広がりを示し、さらに太陽系惑星に居住する生命体との歴史的交流関係が「遺跡の発掘現場から報告され」るにいたっており、「宇宙観」にまで拡張されるに至っています。
このような中で、地球上に生息するものが何を争う事になっているのかをみれば明らかです。
ひとは、「衣食住」が得られれば、争う原因のほとんどはなくなります。
自然災害が発生すれば、世界市民は助け合う事を学びます。
それなのに、何故戦争が
世界を自分の都合にあわせようとする輩がいます
世界市民を自分たちの都合のいいように支配したいと思っている輩(やから)がいます。それが、「ロスチャイルド・イルミナティ」(そのほとんどはユダヤ人であり、にもかかわらずナチィスを使ってユダヤ人ホロコーストをやらせた張本人達)です。『イルミナティ 悪魔の13血流―世界を収奪支配する巨大名家の素顔』を書いたフリッツ・スプリングマイヤーによれば、イルミナティはアスター家、バンデ家、コリンズ家、デュポン家、フリーマン家、ケネディ家、李家、オナシス家、ロックフェラー家、ロスチャイルド家、ラッセル家、ファン・ダイン家と、世界的に有名な超大富豪十二家に、イエスの血を引くと自称する第十三番目の「聖なる」ダビデの血流であるとしています。
ウィリアム・G・カーは『赤い霧がアメリカを覆う』の中で1900年前後のイルミナティ・インターナショナルズのメンバーとして次の名前を挙げています。
英国=ロスチャイルド財閥と彼らの家系
米国=ロックフェラー財閥、シフ家、および彼らの系列(バーナード・バルークが代表者)
ドイツ=ソールブルクとその系列 ロシア=ギンズバーグとその系列
フランス=ロスチャイルド財閥とその系列 日本=三井財閥とその系列
三井は江戸時代に成長した豪商であり、幕末から明治初年、長州藩閥と密接に結託していた政商でした。また、三井物産は植民地化した満州、韓国で莫大な利益をあげていたり、辛亥革命では政府軍と革命軍の両方に武器を売り込んでいたりすることを合わせて考えると、非常に興味深いです。焦点を絞ると「ロスチャイルド・イルミナティ」がすべての中心になっている。世界を支配するために様々な事をしている。以下の事例も参考になるだろう。










by kanakin_kimi | 2013-07-21 16:59 | 洗い出せ・そして公開せよ | Comments(0)


<< 闇NASAの月爆撃 ロスチャイルド・イルミナティを... >>