ロスチャイルド・イルミナティを洗い出せ

戦争の終焉序曲 4、
ITCCS 報告について
ホーム 約 歴史 連絡 裁判所メンバー スポンサー 何をすべきか 国際 ICLCJ ITCCS.TV
itccs.org より(グーグル翻訳ですのでご判読ください)

ローマと21カ国で9月22日招集する "精神的なアセンブリ"
itccsによって2013年8月26日に投稿されました
バチカン "脱世俗に包括的なキャンペーン"を計画するケビンアネットとITCCSに会うためにイタリアの政治家・ローマ -イタリアの2つの政党は、9月にITCCS当局者と会うことに合意したときにローマカトリック教会の被害者で正義のためのキャンペーンは、この過去の週末の大きな一歩を取った。
会議では、内部の文は "教会を脱世俗法と民主的な​​コントロールの支配下にそれを持って来るための包括的な政治的、法的なキャンペーン"と呼ぶものを計画します。
このキャンペーンでは、その目的として、人道に対するその犯罪の訴追から教会を保護し、イタリアとバチカンの間のいわゆるラテラノ条約の廃止が含まれます。
ローマカトリック教会は、国際法の下で国境を越えた犯罪の体であることが宣言ITCCSの8月4日ブリュッセル宣言に触発され、イタリアの当事者は、時間のすべての犠牲者に代わってイタリアの決定的な政治的行動"のために到着したことに合意したローマ教皇"。(参照www.itccs.orgを、8月3日)

問題の当事者は、現在下院と上院のイタリア商工会議所に立っています。ITCCSフィールド長官牧師ケビンアネット含むITCCSの代表、と非公式協議に従事する彼らの契約は、それぞれの指導機関の合同会議で、8月24日(土曜日)に行われました。

これらの事実は、その偽名の下に2つの当事者 "マッシモ"と "マリア"の広報担当者が署名した共同声明を通じて、その同じ日にブリュッセルでITCCSセントラルオフィスに伝えていた。

今日はワシントンDCから言えば、牧師アネットは、 "我々はすべてのために待っていたブレーク"として動きを歓迎した。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------ ウィキペディアより
ラテラノ条約
ラテラノ条約(ラテラノじょうやく、イタリア語: Patti lateranensi)は、1929年2月11日にローマ教皇庁がムッソリーニ政権下のイタリア王国と締結した政教条約である。ラテラノという名称は、条約の調印がローマ市内のサン・ジョバンニ・イン・ラテラノ大聖堂に隣接した宮殿(ラテラノ宮殿)で行われたことにちなむ。
ムッソリーニは、イタリア政府とローマ教皇庁との緊張関係を改善することで自らの国際的地位を高めることを狙って、この条約を締結した。

経 緯

1870年のイタリア王国成立後、政府は時のローマ教皇ピウス9世に対して、バチカンおよびラテラノ宮殿の占有を認めることと引き換えに政府に年額32万5千リラを支払うことを求めた。教皇庁側はカトリック教会が特定の政治権力の影響を受けないことを理由にこれを拒絶したため、イタリア政府と教皇庁の関係は断絶し、教皇は自らを「バチカンの囚人」と称した。こうして、ピウス9世と彼以降の教皇がバチカンとローマ市内の限られた区域以外に足を運ぶことはなくなった。これは「ローマ問題」と呼ばれ、政府と教会の互いにとって頭の痛い問題となった。
1926年、ムッソリーニはバチカンに歩み寄る姿勢を示した。これを受けてバチカンはイタリア政府との交渉を開始、3年の交渉を経て1929年に政教条約が結ばれる運びとなった。イタリア王国はヴィットーリオ・エマヌエーレ3世の全権代理であるムッソリーニ首相が、教皇庁は教皇ピウス11世の代理として国務長官のガスパッリ枢機卿が条約の調印に臨んだ。

内 容

ラテラノ条約では、まず教皇庁のあるバチカン一帯が「バチカン市国」としてイタリア政府から政治的に独立した区域となることが認められた。イタリア政府は教皇庁に対し、対外的に永世中立であることと、イタリア国内の政党間の争いにおいて特定の政党に与しないことを求めた。一方でイタリア政府は、カトリックがイタリアの宗教において特別な地位を有することを約束し、1870年の教皇領の没収への補償として、教皇庁への資金調達を行った。またバチカンに駅を作り、イタリア国鉄と接続する路線を作ることも確認された(バチカン市国の鉄道)。
1984年にはラテラノ条約の改定が行われ、カトリック教会が国家に承認された特別な宗教であるという旨の部分が削除された。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日本人が知らない恐るべき真実のブログより
■バチカンのユダヤ化① 09:19Add Star

1830年、それまでカトリックでは「金貸しは破門」とされていたのですが、ラテラノ公会議の規定が改められ、「高利貸しでない限り許される」ことになりました。
この頃からローマ・カトリック教会は、ロスチャイルド家と金融取引を始めています。
1870年、イタリアの統一によって教皇領を奪われたローマ・カトリック教会は、それまで領地からの得ていた収入を絶たれ、深刻な財政難に陥りました。
それを救ったのが1929年にムッソリーニ政権とピウス(ピオ)11世との間で結ばれたラテラノ条約です。
このラテラノ条約の取り決めにより、バチカンは「原資」を持つようになりました。
第1条:イタリアは条約調印とともに法王庁に対して7億5000万リラを支払うと共に額面10億リラの整理国債を法王庁に対して交付するものとする。
バチカンが獲得した金銭は当時のレートで8500万ドル、現時価に換算しておよそ10億ドル、1200億円にあたります。
この大金を管理するため、ピウス11世(在位1922~39)は1929年6月7日に財産管理局を設け、聖職者ではない「カトリックに改宗したユダヤ人」ベルナルディーノ・ノガーラを局長に任命し、その運用を任せるさせるようにしました。
ノガーラは、任務を引き受けるにあたり、教皇に一つのことをお願いしました。
それは、彼が“普通の銀行家”としてこの資産を運用することを許してほしいということでした。
つまり、キリストや神の教えに囚われることなく、そして良心の呵責に囚われることなく、自由に運用させてほしいということです。
教皇は、この条件を呑みました。「このユダヤ人に罪を負わせないでおこう!」
以後、ノガーラは、その「原資」をさまざまな投機に回して、バチカンの経済的基盤を支えることとなります。
ベルナルディーノ・ノガーラは「金融の天才」と呼ばれました。
ニューヨークのスペルマン枢機卿は、ノガーラを讃えて次のように話しています。
「カトリック教会に今まで起こったことのうちで、イエス・キリストに次ぐものは、ベルナルディーノ・ノガーラである。」
ヨーロッパが戦争に向かうに先立って、ノガーラは軍需産業に投資し、その多くを買い取りました。
これにより、1935年にムッソリーニがアビシニアに侵略した時、また第二次世界大戦の時、バチカンは莫大な利益を手に入れ、金融大国となっていったのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さてこのように、ヴァティカンがいつからそのようになったかについては、他の方の研究にお任せするとして、ITCCSの報告は、ケビン・アネット氏等の現在進めている裁判闘争が世界的な闘いでもある事を示しており、わたしはこれを「第三次世界戦争」が「世界市民」と「ロスチャイルド・イルミナティ」との闘争である事から、その先端の闘いをしているのだと思っている。ですから、世界市民のこの闘いへの参加は急務だと思います。ムッソリーニが苦肉の策で、和解した「ラテラノ条約」はイタリア市民にとって大赤字の原因なのだろう。ケビン・アネットが英王室エリザベスとヴァチカン新旧教皇や枢機卿・大司教等に言い渡されている25年の刑罰と損害賠償請求のための英王室とヴァチカンの債権差し押さえをイタリア政府がラテラノ条約を廃止しても、賠償責任を実行するようにさせよ。
by kanakin_kimi | 2013-09-02 14:46 | 洗い出せ・そして公開せよ | Comments(0)


<< ロスチャイルド・イルミナティを... ロスチャイルド・イルミナティを... >>