ロスチャイルド・イルミナティを洗い出せ

戦争の終焉 終局 6
世界で追い詰められている「ロスチャイルド・イルミナティ」が、韓国イルミナティや在日イルミナティ・それに日本イルミナティを使って、日本たたきをしているのです。
 日本たたきをしているのは、韓国市民ではありませんし、在日韓国・朝鮮市民でもありません。もちろん日本市民ではありません。彼らは、「ロスチャイルド・イルミナティ」の指示で動くグループです。例えば、日本人イルミナティでいえば中曽根とか小泉とか「サリン事件・九州での口蹄疫事件に関わっているものたちです」。周辺におられる世界市民は監視してください。日本たたきをしているものの中にも日本人がいるのです。偏った目で見ないで、正確に冷静に見ましょう。
 そのいずれもの人に言えることは、「ふるさとを失った人々」なのだと思います。もちろんその原因があるはずです。「たたき」に「たたきかえす」では「ロスチャイルド・イルミナティ」の狙い通りになるのですから。
 前にも言いましたが、ドイツ人に「ユダヤ人ホロコースト」をさせた張本人は「ロスチャイルド・イルミナティ」なんです。「ユダヤ人に対する怒りや憎しみをドイツ人に植え付ける過程」があったのです。そして、その前に「ドイツ人に対する怒りや憎しみをユダヤ人に植え付ける過程があったのです。」そういう、相互に反発する作用を積み上げさせ、それを利用して「ユダヤ人ホロコースト」へ誘導していったのです。
 私たちは、「ユダヤ人ホロコースト」のあまりにもひどい惨状に「真相解明」をさせない「思考停止」というフリーズ状態から一歩も出ていなかったのです。真実は実に「9・11」と同じ「偽旗作戦」なのです。
 そして、「ロスチャイルド・イルミナティ」は、保守派にも改革派にも支援して手を替え・品を替えして支配のコントロールをしてきたことは周知のことではないですか。シリアにイギリスとフランスがけしかけ米軍を介入させて、グチャグチャにして混乱させようとしたけれども、イギリス市民が立ち上がりストップさせました。また、アメリカ市民も米軍介入をストップさせました。それで、またぞろ中国イルミナティや韓国イルミナティをけしかけて「反日キャンペーンや領海侵犯・空域侵犯を繰り返させての挑発行動」で、「日中戦争」への誘導と「米軍の韓国基地からの撤退」の時期に発生するであろう「韓国指導部の逃亡と混乱・在日韓国・朝鮮人の混乱」が「日本への侵略に見立てさせることによって、「在日韓国・朝鮮人ホロコースト」へ誘導しようとしていると見るべきであろうと考える。
 ですから、わたしは「ロスチャイルド・イルミナティを洗い出せ」と「世界市民にお願いしている」。
これは、「ロスチャイルド・イルミナティ」という名称に「世界政府」とか「300人委員会」「各国イルミナティ」「各国王室イルミナティ」がふくまれており、ロックフェラーも含まれている。
 いま、「世界市民とロスチャイルド・イルミナティとの闘い=第三次世界戦争」が起きているのです。
 その首根っこの闘いが「ITCCSの裁判闘争」です。

ITCCS報告9月11日付けの一部ですご判読ください
2013年2月25日に、ローマカトリック教会とその最高当局者は合法的に人類とを支援するために国際的な刑事陰謀と教唆の子どもの人身売買に対する罪に従事するの有罪判決を受けた。国際司法裁判所コモンロー裁判所のこの判決は、教会とその統治体、バチカン、株式会社は、国際法の下で刑事の体を構成していることがわかった。(1)

2013年7月11日に、教皇フランシス1、ホルヘBergoglioは、新しい内部教会の方針その弁護士を確立することによって、彼の教会の調査状況を確認し、彼の信奉者、聖職者と従業員の間で犯罪行為を強要。これらのポリシーとBergoglio自身の公式声明は、彼らの教会内の子レイプや人身売買の証拠を抑えるために、すべてのカトリック教徒を指示し、そのような証拠を開示した人々の罰を脅かして子強姦、Crimen Sollicitationisを保護既存の教会法を再確認する。(2)

これらの発言や政策によって、Bergoglioだけ法律を破ることではなく、児童保護法違反と警察機関が弱体化することによって、自分の国で反逆罪をコミットするために彼の信者を命じていない。教皇は、簡単に言えば、単に国際的な児童虐待と人身売買を促進されていませんが、他の国の主権と国家の法律に対する刑事陰謀を見出している。

。国際法、戦争行為にそのような行動量の下では、と責任者が正当に平和を愛する人類の敵であることが宣言されている
、したがって、それは世界に知られるようにすることホルヘBergoglio、ローマ教会の頭、確かに人類のような敵です。したがって、2013年8月1日(木曜日)に、ベンチ御用達順序は、これらの犯罪のホルヘBergoglioの即時逮捕と裁判のためにブリュッセルで国際司法裁判所コモンロー裁判所によって発行された。

それはまた、人身売買、マネーロンダリングと子拷問に従事実績のある国際的な犯罪組織として、ローマ·カトリック教会は人類、その子、その法律との戦いを繰り広げている国際犯罪組織を構成していることを認識されてみましょう。

したがって、ローマカトリック教会は、国際組織犯罪(2000)に対する国連条約が提供する制裁の全てに従うものとします。これらの制裁は、教会のすべての資金、財産や資産の差し押さえ、教会役員の逮捕、と教会が保持しているすべて盗まれた土地や返品を含む。(3)

実際には、バチカンとその教会のように認識される犯罪者の体は存在する権利を没収し、溶解させる文明人類によって考えられている。彼らの富が、その政策、法律及び権限のみならず永遠に破棄されています。そして、このようなdisestablished団体に参加したり、誰が彼らの操作のために支払っている誰もが有罪判決を受けた重罪犯人と共謀で罪を犯している。

教皇フランシス自身から始まるローマ教会の上部役員は、2013年3月5日に、8月1日以前に発行された善意の逮捕状の下、正義から実際の逃亡者にあります。(4)したがって、これらの教会の役員は、もはや誰の忠誠や服従への法的または道徳的な主張を持っていない、と彼らと彼らの組織の両方を積極的に否認し、法律の下で、disestablishedしなければなりません。

より広範なレベルでは、この犯罪の機関の信念とdisestablishmentは、法的、必要ですが、長年の懸案だけではありません。それは何世紀にもわたって、ローマの教会。人道に対する無制限の戦争を繰り広げ略奪外国勢力として行動していることを紛れもない事実であるために
、ローマの教会とそのクライアントの政府は不法、攻撃し占領し、他の国を破壊している、のレイプや排水土地彼らの広大な富と活力は、制限され、それらの権利と自由を打倒、盗まれ、拷問を受け、無数の子供たちを破壊し、他の人々とそれらの殺害数百万人に対する侵略と虐殺の残酷な戦争を繰り広げ、と恐怖の状態で世界を維持し、依存性と貧困。そして、これらの犯罪は、世界各国の政府の助けを借りて、今日続ける。

イングランドの王冠とカナダの政府や教会を含め、これらの共謀の力の一部は、、また、起訴や有罪判決を受けた我々の裁判所によって、このような大量虐殺の罪のために、今disestablishmentとannullment同一の法秩序の下に立ってきた。しかし、ローマとその職員の犯罪的教会を認識したり、補助金を継続し、世界のどの政府や機関が客観的に犯罪に従事しても制裁の対象とされています。

具体的には、イタリア政府は、いわゆるラテラン条約バチカンへの義務を通して、ローマカトリック教会の犯罪に積極的に参加しており、この条約を通じての同じ刑事陰謀と戦争犯罪に従事しているその教会。

イタリア政府とバチカンの資金や認識していることをどのような状態は、したがって、正当に人類への脅威であるならず者テロリスト政権とみなされ、通常は戦争意思国に対して雇用法、制裁と力の全重量の対象とすることができます。

そして、これが問題の核心です:確立された法律がそうすることを拒否するとき歴史は犯罪の政権の判断を発音するために、なぜそれが、主アクトンを引用する必要がある。今日では、歴史はどこにでも法律を再利用し、それら虐げ世紀のために持っていると子供たちを破壊力を廃止するためにそれを使用するために、男性と女性の能力で具現化されています。

正義の私たちの国際的な共通の法裁判所は、この干拓の最初のステップであり、教皇ベネディクトとバチカン昨年2月のその信念は、世界中で聞いたオープニング一斉射撃だった。ローマの教会:今日では、この8月4日宣言は、人間の歴史の中で最も古く、最も暴力的な企業の力を取消の次のステップです。

このように、この宣言は、目的の文と、男性と女性はどこにでも法と正義に固執し、バチカンとその犯罪の政権に対する歴史と、この裁判所の判決を強制することのできる法的手段でもあります。
by kanakin_kimi | 2013-09-13 18:18 | 洗い出せ・そして公開せよ | Comments(0)


<< ナターシャのいま ロスチャイルド・イルミナティを... >>