ロスチャイルド・イルミナティと世界市民の対峙 2

戦争の終焉「日本人イルミナティ・中国人イルミナティ・韓国朝鮮人イルミナティと日本市民の対峙」
ロスチャイルドイルミナティ等が日本市民に対して何をしたいのかというと、日本市民を支配したいのだ。ところが、このままだと能力は遥かに日本市民が上回るであろうから、経済的・国民結束力を不安定にしたいようだ。その最も重要なものと見たのが「縄文文化」であり、東北・沖縄に象徴されると見たのであろう。だから、「東北に人工地震を起こし」「沖縄を韓国軍指導部で支配させようとしている」「日本人イルミナティは、韓国軍指導部の逃げ場を提供させようとしている」しかし、かれらは「自分のアイデェンティティを自分で壊している」「愚か者達だ」イスラエルのナタニエフの諸行と同じで、シリアへの軍事行動を起こし得なかったものだから「ケリーを悲鳴を上げるほどに殴る蹴るの暴力を振るったようだ」そして、かれら「イスラエルイルミナティも、もうどこへもいけなくなるだろう。彼らは、自分のふるさとを自分で壊してしまうからだ。」
 みんなが賢くなる事によって、自分の存在が失われると思っている人々は、他の人々を支配している者である。そういう者は、他の人々が賢くならないように、他の人々が賢くなる環境や条件を破壊するのである。
by kanakin_kimi | 2013-09-22 21:43 | 洗い出せ・そして公開せよ | Comments(0)


<< アブダクション ー エイリアンの種類 ロスチャイルド・イルミナティと... >>