ロスチャイルド・イルミナティを洗い出せ

戦争の終焉・証明と証拠法
 911事件は、いわゆる「自作自演」である。「ロスチャイルド・イルミナティ」のアメリカイルミナティによる「自作自演」である事は明白である。
 そしてその証明は、「ツインタワーの崩落時間」がそれぞれほぼ「自然落下」であった事、で十分である。その他の事実の証明証拠はたくさんあるけれども人間の認識は、証明事実がたくさんあればあるほど認識が深まるというものでもないからである。「証明事実の多様」は「認識の多様」を強いる事になるからである。そして、それは「証明焦点」を多様化して暈してしまう傾向がある。
 だから、誤摩化そうとする者の「証明方法」は「証明事実の多様化」を狙うのである。「証明」というのはどういう事なのか、をその「事件」ごとに「証明構造」を確認して「証明要項」を整理する事である。そうすることで、煩雑を防止し、第三者への認識をしやすくする事である。
 つまり、第三者への事実認識を混乱させようとする手法を最初から排除しておく事である。
 飛行機がビルに突入したのは事実であるかどうか、というのが第一の問題である。次に、ビルが崩壊した原因は何かというのが第二の問題である。
 この二つの問題の「証明要項」こそが明確になれば、この「911事件」の証明は成立するはずである。そうすると、「飛行機の残骸の有無」は第一の証明要項となり、「ビル崩壊時間」は第二の証明要項となる。
 この「911事件」では、ツインタワーに「飛行機の残骸は無かった」のであり、「ビル崩壊時間は自然落下という異常な早さ」であったのである。従って、この事実から想定される事は「ビル解体技術を利用したツインタワーおよび第七ビルの解体作業による崩壊である」ことになる。
 この事は、あらゆる事件についてもいえる事なのである。わざわざ複雑にして、第三者に分かりにくくしている事がたくさんある。これを訴訟指揮する者が、交通整理する事で訴訟時間を短縮できるのである。これこそが「事件」ごとに「証明構造」を確認して「証明要項」を整理する事であるのだ。
 この作業を保証する法律が必要なのであるが、それが無いようである。証明する作業というのは「科学」である。従って、証明する作業を保証する法律は「科学法」としての「証拠法」を制定しなければならない。それにもかかわらず、いつまでも「科学法」としての「証拠法」を制定しない。その原因は誤摩化したいものの存在が力を持っているからである。
by kanakin_kimi | 2013-12-03 23:02 | 洗い出せ・そして公開せよ | Comments(0)


<< ロスチャイルド・イルミナティを... ロスチャイルド・イルミナティを... >>