ロスチャイルドイルミナティを洗い出せ 

エリア52を探せ!!

わたしは、いま・最も・世界に必要な事・世界市民が「一歩踏み出す、自分を守るための方法」を提起している。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
戦争を作り出すメカニズムを事前に崩壊させる事

 「戦争の終焉」とは、戦争を作り出そうとする者の行動やその情報を素早く見抜き、それを把握して世界市民に公開する事によって「戦争を工作する意図をくじき、事後に戦争責任を裁判で問うため、損害賠償を負担させる事が出来る状態にする事である。そして、何よりも人身災害にいたる戦争を起こさせない、戦争を作り出すメカニズムを事前に崩壊させる事である。」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そのためにする確実な方法はみんなが賢くなる事

いま、「戦争を作り出そうとしているものは、人を支配したがっているものであり、人口を減らしたがっているものであり、武器を作り、売りたがっているものである。」そして、「その企業を経営し支配している者である。」
 それを見抜き、それを把握する力をもち、それを多くの人に伝える能力を持つ事である。それに必要な事を知る事・学ぶ事である。その基本となる事を知る事・学ぶ事である。そして、社会的にみんなが賢くなる事を支援するシステムを作る事である。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そのために心得るべきは「日常避難思想である」

いつも災害にあったときを、日常と思う事である。そうすれば、災害に勝てる。そうすれば、日常に災害時の助け合いをしているから、改めて何かを作る事をしなくてすむのである。いつも災害にあった時の住処にしておれば、改めて避難場所を作らなくてすむ。日常の住処を、避難場所としての機能を持たせ、効果を持つものにしておけば、被害を出さずにすみ、損害はなくなるのである。それが、「究極の環境都市」であり「究極のコミニティ住宅」である。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「究極のコミニティ住宅」は、「P 100 システム」

 災害は、雨・風・雪・地震などが量的に拡大した時に生じる。また、災害に弱い地盤に居住しているところが被害に遭っている。これらを地政学的にとらえ、土地を有効に活用する方法を個人でなく社会的に考える事である。個人の所有資産を前提に災害対策を作る事は既に破綻しているのである。個人の所有資産で災害対策をいくら構築しても被害の発生は止められず、損害ばかりが無駄に繰り返されるのである。50所帯から100所帯ぐらいで「1コミニティ」「1環境都市」と考えた、巨大集合住宅とすればよいのではないだろうか。そして、日常にサバイバル、日常にライフラインを自家生産・自家消費を基本にしたコミニティシステムにするのである。社会の基本システムを全て自給するシステムとするのである。その一つの「案」が、「 P 100 システム」である。一辺が100メートルの三角形の4面で囲まれたピラミッドの形状が外観のイメージである。高さは約70メートル程で、1階の高さを5メートルとすれば、14階になり、最上階は「太陽光の取り入れシステムのサンルーム」と最下階を結ぶ乗降システム(階段とエレベーター)である。1・2・3階くらいは、食料生産の菜園・養鶏・養魚・養豚などと、ライフラインメンテナンスシステムを配置する。13階は、浄水タンクで、発電は当面壁面での太陽光発電と風力発電を使用するが、緊急用としてジーゼル発電を数機設置する。将来的にはフリーエネルギー活用システムを目指す。したがって、4階から12階までを生活居住空間とする。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ロスチャイルド・イルミナティと対峙する世界市民の結束・結集の時
117・320・911・311と、日本に関わるものを上げただけでも「ロスチャイルド・イルミナティの悪行」はかずしれない。アメリカのオバマの頭越しで、ヌーランドラがウクライナの火種を大きくしようとしたのだ。そして、ドイツの独自外交を許さないぞ・日本の独自外交を許さないぞとしているロスチャイルド・イルミナティの悪行なのだ。だから、ロシアがクリミアを押さえたのは戦争を拡大させないぎりぎりの選択であり、ロシアとしてもやむを得ない独自外交の発露であるのだ。その陰で、マレーシア航空機を拉致させている。ーーー ここから引用始まり「 マレーシア航空機(370便)が消息を絶ったお蔭で、億万長者のジェイコブ・ロスチャイルドは重要な半導体の特許権を独占することができました。これは単なる偶然ではないようです。
イルミナティのロスチャイルドはマレーシア航空機に手を出して、重要なKL03マイクロチップの特許権を独占しました。
アメリカ、テキサス州オースチンにある米半導体会社(フリースケール・セミコンダクターズ社 Freescale Semiconductor)はロスチャイルドと特許権を共有していますが、飛行機が消息を絶つ前日に、軍のレーダーシステムに使う新型の電子戦用装置を開発した20人の社員(フリースケール社)がこの飛行機に乗っていました。
フリースケール社はマイクロプロセッサー、センサー、独立型半導体などの装置を開発している会社です。
ではなぜ、この会社の社員20人が共にこの飛行機に乗っていたのでしょうか。
この飛行機の乗客239人のうちの殆どが中国やマレーシアの半導体工場で製造されるチップを開発していた人たちです。
彼らはこの分野に関して経験豊かで専門的知識が豊富なエンジニアです。彼らを失うということは会社にとって大きな損失となります。
フリースケール社のウェブサイトでは、会社が創設されたのは1972年であり、8ヘクタールの広さのある工場でマイクロプロセッサー、デジタルシグナルプロセッサー、統合RF回路などを検査、製造していると説明しています。さらに、航空宇宙と防衛関連のFR装置(戦場コミュニケーション、航空電子装置、HFレーダー、L&Sバンド、ミサイル誘導制御装置、電子専用装置、IFF)を独自に開発していると記されています。ーーーーー

まあ、そういうわけで、飛行機乗っ取りにみせたハイテク企業乗っ取り劇であったというのことが一番ありそうなところというわけですナ。それも英王室のロスチャイルド家のジェーコブ・ロスチャイルドが仕組んだようである。」ーーーまで引用


これは52エリアを探せ

 ということだとおもう。小保方問題を考えても、どうも理研に圧力がかかって、ips 細胞をとられて、これもとられたらという危機意識は、ひょっとしたらロスチャイルド・イルミナティの連中が非情に強いのではないか。ハイテク企業乗っ取り劇で、飛行機丸ごと入れられるところと云えば、エリア52でしょうし、彼らの考えている事は「神戸の坂本広志」さんが云っていた「細胞再生装置」を出来るだけ早く作りたいのだろうよ。みんな年取っているから、himikoさんが3500歳と聞けばそれを早く作りたいのだろう。万能細胞技術は3Dプリンター技術と連携して「細胞再生装置」が出来るのだろうから、それらが連動しているのだろう。

エリア52を探せ!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
by kanakin_kimi | 2014-04-02 13:26 | 洗い出せ・そして公開せよ | Comments(0)


<< 検察官の仕事は、秋霜烈日か 袴田事件の報道特集 >>