中曽根政府が国民を暗殺した事件

戦争終焉のマニュアル
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
戦争を作り出すメカニズムを事前に崩壊させる事
「戦争の終焉」とは、戦争を作り出そうとする者の行動やその情報を素早く見抜き、それを把握して世界市民に公開する事によって「戦争を工作する意図をくじき、事後に戦争責任を裁判で問うため、損害賠償を負担させる事が出来る状態にする事である。そして、何よりも人身災害にいたる戦争を起こさせない、戦争を作り出すメカニズムを事前に崩壊させる事である。」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日航機123便事件・・・・告発の目的
 1985年8月12日に発生した日本航空123便乗員乗客あわせて524+1人(母胎児)に対する「墜落事故」と見せかけた「殺人及び殺人未遂事件」とこの事件に対する人命救助活動をしていた自衛隊員2人を殺した事件、その事実の証拠を保管した自衛官を真実を隠蔽するために「自殺」に見せかけた「殺人事件」などを I T 世界に設置されるであろう「世界市民裁判所」に告発する事にした。
 それは、近年[公的機関や政府などが民間人の無防備につけ込んで「事故」や「自殺」と見せかけた「謀略的殺人」を「無政府的に行使」している事例が増加している] 。それは、I T の進展によって、真相が速やかに知られるようになった事から事例の増大が認識されており、その反射として謀略の事例となる状態に対する抑止力が生じる一方で従来の報道機関や公的機関が権力構造に取り込まれて、情報を公開するべき仕事をしないために見えなくしている状態と見られる。それらの全てを顕現させた「85・8・12日航機123便事件」が発生したのである。従って、[この事件の真実を誰にでもわかるものに明らかにして、その犯罪責任を当時の総理大臣中曽根康弘らに取らせ、処罰することこそが「民間防衛」の実現とその証明である]事を認識させられたからである。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
真相解明の手法と序破急 
 出来るだけシンプルにする事であり、争点を絞り込む事だと考える。したがって、「安定飛行機能を喪失させた事件」が第一の「序の事件の問題」である。その「原因を明らかにせず、ねつ造した事件」が第二の「破の事件の問題」である。そして「真実を隠蔽するために工作した口封じ事件」が、第三の「急の事件の問題」である。
 この三つの事件が重層的にあり、上記の三つの問題に対応する三つの「真実の流れと虚構の流れの分かれ目となる分水嶺」があると考えた。
 通常の「事件」は「一定の狭い場所」に限られた狭い範囲での「隠蔽」「ねつ造」が行われるが、「航空機事件」の犯行現場が「多国籍が混在する」事にともなう広域な権力構造が支配する、重層的な「隠蔽」「ねつ造」が行われるためにそれに対応する多様重層的な事件が発生している。他方、国際権力(ロスチャイルドイルミナティ)が強引に介入して起きている事件であるのに自虐的に国内問題として処理するために訳の分からない問題となっているのである。その混乱を・経緯の絡み合いと捉えて、それを解きほぐしていく事なのです。これほど大きな事件なのに、警察の基礎捜査がされていないのはどうしてか、何故群馬県警に一元化しているのかという事に現れている。当時の群馬県警本部長河村一男氏の「日航機123便事故処理の真相・遺体収容」を見てよくわかりました。山口県出身で外務大臣の安倍晋太郎氏と同郷であり、群馬県出身の中曽根康弘総理大臣なのである。
 この著書には「日本航空株式会社」批判が盛りだくさんであるが、基礎捜査をさせない警察の自己批判は全くないのである。はなから、事故原因の真実を明らかにするつもりがないのである。
 本当は、事故ではなく「事件」なのである。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
中曽根政府が国民を暗殺した事件それが日航機123便事件である 
 911 事件はブッシュ政府が行った目的は省略するが3000人以上の米国国民と外国人を暗殺した事件であった。また、311事件はロスチャイルド・イルミナティが中国支配を進めるために日本への恫喝と暗殺で、楔を打ちつけた20000人にも及ぶ暗殺事件である。
by kanakin_kimi | 2014-06-26 23:15 | 告発・日航機123便事件 | Comments(0)


<< 告発・日航機123便事件 11 中曽根政府が国民を暗殺した事件 >>