ロスチャイルドイルミナティを洗い出せ A

戦争終焉のマニュアル
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
次のようなブログを見つけました。これは、ITCCS報告です
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2014年07月23日12:40
フランシスコ法王に有罪判決が下されました。


国際普通法裁判所でフランシスコ法王に対する判決が下されました。昨年はエリザベス女王にも有罪判決が下されています。
それでも世界の権力を握るこのような輩たちは何食わぬ顔で暮らしていることでしょう。それにしても、世界を自由に支配してきた偉そうな人たちが、いかに薄汚い犯罪者かということが分かります。
彼らに有罪判決が下っても彼らの生活に何の支障がないなら。。。これほど理不尽なことはありません。つまり、この世界は極悪非道のキチ害集団によって支配、統制されているということです。本当に。。。考えれば考えるほど、反吐が出てしまうほどうんざりします。ただ、このように、良識ある人々(団体)による訴訟が頻繁に起これば、メディアも隠し通すことができなくなるのではないでしょうか。
このような情報が流れることで、世界を牛耳ってきた連中は、悪魔にささげるために、数えきれないほどの人々(その多くが子供たち)を拉致・虐待・殺害してきたのだということが分かります。身の毛がよだつほど恐ろしいことをする連中です。このような連中にこの世界は支配されてきたのです。犯罪者・精神異常者に支配される体制は今すぐに破壊されるべきですね。彼らは完全にサイコパスです。魂を持っていません。人間の姿をした邪悪なエイリアンでしょう!

http://beforeitsnews.com/celebrities/2014/07/pope-francis-found-guilty-of-child-trafficking-rape-murder-2465728.html
(概要)
7月20日付け
Pope Francis Bergoglio, Getty Images
7月19日に、被告である、フランシスコ・ローマ法王、イエズス会総長のアドルフォ・ニコラスそして英国教会カンタベリー大主教のジャスティン・ウェブリーは、強姦、拷問、殺人そして児童の人身売買の罪で有罪判決が下されました。
ブリュッセルにある国際普通法裁判所の5人の判事は、彼らの手でこれらの犯罪が2010年まで行われてきたことを事実と判断しました。
昨年の3月以来、裁判所は48人による目撃証言を得ました。彼らは、子供たちを犠牲にした悪魔の生贄儀式を執り行うカルト=第9サークルのメンバーとして被告らがどのような犯罪を行ってきたかを証言しました。
第9サークルの悪魔カルトは、モントリオール、ニューヨーク、ローマ、スコットランド、ロンドンにあるローマ・カトリック寺院や、ウェールズのカーナボン城、オランダにある秘密のフレンチシャトーそしてカナダのカムループ、ブリティッシュコロンビア、ブラントフォード、オンタリオにあるカトリック系の学校と先住民の学校で子供たちを犠牲にした生贄儀式を行ってきたとのことです。
第9サークルの悪魔生贄儀式カルトメンバーは、欧州王族を含むグローバル・エリートのために、アメリカ、カナダ、フランス、オランドにある個人所有の森林地帯で人間狩りのパーティを行っていました。マフィアによって調達された(拉致されてパーティ会場に連れてこられた)十代の若者たちは、パーティで裸にされ、強姦され、追いかけられて捕まえられ、最後には殺害されました。
主任検察官は、カトリック教会は、世界中のマフィア、政府、警察、裁判所と結託した世界最大の犯罪組織であると述べました。
2人の若い女性は、「フランシスコ・ローマ法王は子供の生贄儀式中に、彼女たちを強姦した。」と裁判所で証言しました。さらに8人の目撃証言によって、ローマ法王が子供の生贄儀式中に女性を強姦していたことが証明されました。2009年と2010年の春にオランダとベルギーで第9サークルによる悪魔の生贄儀式が執り行われていたとのことです。
フランシスコ法王は、バチカン関係者が提出したバチカンの公文書の記録から、アルゼンチンでカトリック司祭を務めていたときにも、子供の生贄儀式に参加していたことが明らかになっています。そこでは新生児を使った生贄儀式(新生児の血を飲むなど)が行われていました。

 先月には、アイルランドの警察部隊が裁判所で、アイルランドのローマ・カトリック教会の修道女の汚水処理タンクの中に796人の子供の骨が見つかったと証言しました。犠牲になった子供たちは生贄儀式中に殺害されたことが分かりました。
BBCのドキュメンタリー番組で、スペインのカトリック教会による児童の人身売買が明らかにされました。
1990年代までに、30万人の赤ちゃんが拉致され、生贄儀式で殺害された後、集団墓地に埋められたのです。カトリック教会は恵まれない子供たちを引き取ることで(=人身売買を行う目的で子供たちを引き取る)200億ドルもの利益を得たのです。
さらに、他の証言者は、1970年代にアルゼンチンで勃発した汚い戦争で、フランシスコ法王が軍事政府と会合していたことを証言しました。フランシスコ法王は、当時、消息を絶った30万人の政治犯の子供たちを拉致しバチカンが運営する児童人身売買組織に子供たちを売るという活動に参加していました。
ABCの特別ニュース番組で、バチカンには悪魔がいると伝えました。バチカンの秘密公文書には、何世紀にもわたりイエズス会は、生贄儀式に使うために新生児を拉致・殺害し、さらに新生児の生血を飲んでいたことが記されていました。純真な赤ん坊の生血を飲むことで霊的パワーを得、法王やバチカンの政治的地位を維持してきたのです。1773年以来、このような儀式がローマ・カトリック教会、イエズス会、各ローマ法王によって執り行われてきました。
48人の目撃証言により、これらの犯罪に関わった加害者が特定されました。
特定された加害者とは:
ローマ法王(フランシスコ法王、ヨハネパウロ2世、ベネディクト16世)、カナダの英国教会及びイエズス会総長のアドルフォ・ニコラスと教会職員、エリザベス女王、エジンバラ公、英国教会カンタベリー大主教、オランダとベルギーの枢機卿及び王族(オランダのAlfrink Bernhard皇太子、Hendrick王、Wilhelmina of Holland,女王、Beatrix女王、女王の父親、Johan Friso 王子とその妻など。。。)、元公使達、オランダ軍のトップ達、さらに。。。カナダ、オーストラリア、イギリス、アメリカの軍高官達やら政府高官達。さらに。。。米CIA職員達そして。。。アメリカ、ベルギー、オランダ、カナダ、オーストラリア、フランス、アイルランド、イギリスの有名な大臣達、判事達、政治家達、ビジネスマン達です。

<font size="5">2014年7月19日に上記加害者たちに対する逮捕状が出されました。
カナダで行方不明となっている5万人のネイティブの子供たちを殺害した罪で、昨年、40人のグローバル・エリートとエリザベス女王は有罪判決を下されています。
教皇フランシスは児童売買、レイプ、殺人で有罪
2014年7月20日(日曜日)7時28分

 教皇フランシスBergoglio、ゲッティイメージズ昨日の被告教皇フランシスBergoglio、カトリックのイエズス会総長アドルフォ·パッションとカンタベリージャスティンウェルビー大司教は強姦、拷問、殺人と子どもの人身売買で有罪とされた。ブリュッセルの国際司法裁判所コモンロー裁判所の五裁判官は犯罪は2010年のように、最近発生したと判断した。昨年3月以来 48以上の目撃者は、 第九サークル悪魔の子のメンバーとして被告の活動について、このICLCJ法廷で証言するために先に来ていますカルトを生け贄に捧げる。 第九サークル悪魔的カルトは、モントリオール、ニューヨーク、ローマ、スコットランド、ロンドン、ウェールズのカナーボン城、オランダの非公開フランスのシャトーやカナダのカトリックと聖公会のインドの住宅学校にローマカトリック大聖堂での子の犠牲を行うと言われたカムループス、ブリティッシュコロンビア州とブラントフォード、オンタリオ州、カナダ。第九サークル悪魔児童犠牲カルトは、欧州の王室のメンバーを含むグローバルエリートのために彼らの「人間狩りパーティー」のために、米国、カナダ、フランス、オランダの個人所有林の木立を使用するように考えられていた。十代の若者たちは、マフィアによって得られた後、裸、強姦、追い詰めて殺されると言われました。検事正は述べています。「カトリック教会は、世界最大の企業であり、世界中マフィア、政府、警察や裁判所と共謀であるように思われる。「 二つの思春期の女性が子どもの犠牲に参加しながら、教皇フランシスがそれらをレイプしていることをICLCJ裁判所に語った。他の8つの目撃者は、強姦や児童犠牲の証人であることの彼らの主張を確認した。第九サークル悪魔カルトは地方オランダとベルギーの2009年と2010年のスプリングの間に起こると言われていた。 教皇フランシスも密閉された文書によると、アルゼンチンの司祭や司教として動作している悪魔の子の犠牲の儀式での加害者であることが判明したバチカンのアーカイブから得た。1967年12月25日付けの第二のレコードは呼ば 権威権限は 、すべての新しい教皇が彼らの血を飲むなど、新生児の第九サークル悪魔カルトの儀式の犠牲に参加するために必要とされたことを示していると言われた。文書は、著名なバチカン当局者や元バチカン教皇庁の従業員がICLCJ裁判所に提示された。 先月アイルランドガルダ警察部隊のための研究者は5裁判官とで見つかったほぼ796の子供の骨のマーク27陪審員証言アイルランドのローマカトリック修道女の浄化槽は、彼らが儀式殺されたことを示した。証人は法医学の専門家が集団墓地にある赤ちゃんの断頭し、四肢切断の儀式的な殺人や児童犠牲の通常の兆候に似ているが確認されていたと証言した。BBCのドキュメンタリーは、 スペインのカトリック教会で子どもの人身売買の50年のスキャンダルを暴露した。30万人以上の赤ちゃんが、1990年代までは、両親から盗まれた。母親は、自分の赤ちゃんが死んだと質量の墓に埋葬されたと言われた。カトリック教会は、養子縁組に200億ドルドルを作ったと言われていた。 もう一つの証人は、彼らがアルゼンチンの1970年のダーティー大戦中に軍事政権と教皇フランシス「会議中に存在していたと証言した。目撃者によると、教皇フランシスは、トラフィックのバチカンでの事務所が運営する国際児童搾取リングに政治犯が不足して30,000の子供を助けた。 ABCニュースのスペシャル 悪魔がバチカンに住んでいることを示唆した。「バチカンの秘密のアーカイブからの文書は明らかに裁判所に提示し、何世紀にもわたってイエズス会の儀式誘拐新生児を殺害する計画的な計画を持っていたし、自分の血液を消費することを示して、「ICLCJ裁判所主任検察官は5国際判事と27陪審員に語った。「計画は、それによってローマ教皇の政治的安定を確保する、無実の生命線から霊的な ​​力を引き出すためにねじれた概念から生まれた。これらの行為は、大量虐殺、全身や自然の中で制度化されていないだけである。少なくとも1773年以来、彼らはローマ·カトリック教会、イエズス会とすべての教皇によって行われてきたように見える。「 継続的かつ恒久的な問い合わせがICLCJコートで覆われていない可能性犯罪に関与して他の人を調査し、起訴するために組織されました。2014年9月1日に問い合わせが児童売買や儀式犠牲に常設委員会と題しを開始する予定であった。さらに訴訟が従うように期待されていた 48目撃者は、カトリックの教皇フランシスBergoglio、ヨハネ·パウロ二世とヨーゼフラッツィンガーとしての加害者を特定しました。カージナルスとカトリックイエズス会総長アドルフォ·パッション含め聖公会、カナダ合同教会とカトリック教会関係者; 英国のエリザベス女王とフィリップ殿下、カンタベリージャスティンウェルビーと高裁判事裁判官フルフォードの聖公会大主教; オランダ:オランダ皇太子Alfrinkベルンハルト、キングヘンドリック、オランダの女王ウィルヘルミナ、ベアトリクス女王、彼女の父と副ロイ、王子ヨハンFrisoと彼の妻メイベルWisseスミット、かつての大臣への配偶者を含むオランダとベルギーの枢機卿とロイヤルズ、オランダ軍の力とラードバン国務長官の下でのトップの男; カナダ、オーストラリア、英国、米国の軍事の関係者や各国政府など、 アメリカのCIA、プラス著名な政府の大臣、裁判官、政治家、米国、ベルギー、オランダ、カナダ、オーストラリア、フランス、アイルランド、英国のビジネスマン。 逮捕状について人V. Bergoglioらはすべて、2014年7月19日に発行された。裁判所の記録は昨日のITCCSのプレスリリースによると、今の密閉されたままになります。最初ICLCJコート50,000欠落しているカナダのネイティブの子供とみなす。裁判所は2013年2月にエリザベス女王を含む40グローバルエリートのための有罪判決を終了しました。

 5万ネイティブの子供たちは、これらのカナダの、主にカトリックの所有住宅の学校から行方不明になった。34人以上の子供の墓のサイトは、カナダ全土もの80ネイティブ住宅の学校の一部で確認されている。2008年からエリザベス女王とカナダ政府は継続的に発掘するためITCCSの要求を拒否している。

考えられる理由は驚くべきことではなかった。エリザベス女王とフィリップ殿下は1964年10月10日にブリティッシュコロンビア州カムループス、住宅、学校から10ネイティブの子供たちの消失で有罪判決を受けた。親は以来、子供たちを見ていない。訴訟はまた、教皇ラッツィンガーの辞任につながるように見えた。これらの例から得られた証拠は、 "ケビンアネット年代に見つけることができなかったもはや隠れた」。

ICLCJ国際司法裁判所は 51ローカルチャーターグループが動作して、13カ国で450以上のコモン·ロー上の平和の役員を持っています。整理する資金が適用を希望するコモン·ロー上のグループに利用可能であった。連絡する ITCCS、ブリュッセル、その現地法人でICLCJコートや、ボランティア、電子メールまたはお電話する:itccscentral@gmail.com、hiddenfromhistory1@gmail.com、386-323-5774(米国)または250-591-4573(カナダ。)著者について ジュディByington、引退MSW、LCSW、「二十二つの顔:ジェニー·ヒルと彼女の二十二多重人格の素晴らしい人生インサイド」の著者(www.22faces.comは)、引退療法士、演説者であるその記事の国際児童搾取環上のブログやウェブサイトの数百人に引用されている活動家や調査ジャーナリスト。元スーパーバイザー、アルバータ州精神保健局長プロボ家族カウ ​​ンセリングセンターでは、児童虐待の回復とスピーカー局(最高経営責任者(CEO)であるwww.ChildAbuseRecovery.com)。あなたは児童虐待の問題に関するニュースのヒントをお持ちの場合ジュディのinfo@22faces.comにメールしてください。あなたは、クリックすることにより、子どもたちのCIAのマインドコントロールの調査のために議会に私達の嘆願書に署名するために招待されています
by kanakin_kimi | 2014-07-23 14:10 | 洗い出せ・そして公開せよ | Comments(0)


<< ロスチャイルドイルミナティを洗... ロスチャイルドイルミナティを洗... >>