ロスチャイルド・イルミナティの終焉 1

戦争終焉のマニュアル
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
戦争を作り出すメカニズムを事前に崩壊させる事
「戦争の終焉」とは、戦争を作り出そうとする者の行動やその情報を素早く見抜き、それを把握して世界市民に公開する事によって「戦争を工作する意図をくじき、事後に戦争責任を裁判で問うため、損害賠償を負担させる事が出来る状態にする事である。そして、何よりも人身災害にいたる戦争を起こさせない、戦争を作り出すメカニズムを事前に崩壊させる事である。」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ヴァチカンの終わり
1700年から今日迄の300年余にわたって近現代の全ての戦争に、利益を上げるために関わってきたのが「ロスチャイルド・イルミナティである。」そういう確信をえるまでに、「うっそう」とか「まさかー」とか何回繰り返してきたであろうか。「ロスチャイルド・イルミナティ」というのは、単に「ロスチャイルド一族を」いうのではない。使えるものは何でも使う。そのために投資するのである。学問であろうが、宗教であろうが、王族であろうが、どのような産業でも利益が見込めるものに対する先行投資は「戦争利益」で全て回収してきたのである。戦争での生死の分かれ目をしっかり見極めているのである。だから、戦争を作り出す因果関係を知り尽くしており、それを学問として成立させるところにも投資しているのである。人の金を運用して自分の金にする。人の土地を掠奪させて自分のものにする。人が積み上げてきたものを掠奪させて自分のものにする。「所有権の法律を作る」のである。自分を守るための法律を作る・作らせてきたのである。そのための政府に投資をしてきたし、そのための政党に投資をしてきたのである。対立する政党にそれぞれ目をつけた利用できる人物を育てて、利用できる迄投資してきたのである。
 だから、ヴァチカンも利用できる限りは投資してきたのである。投資効率が悪くなれば簡単に切るのである。
by kanakin_kimi | 2014-07-26 20:46 | 洗い出せ・そして公開せよ | Comments(0)


<< 日航機123便ホロコースト事件 1 ロスチャイルドイルミナティを洗... >>