長崎に原爆を落とし、70年後にサンタクロースがサタンの先導をしている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
サタニズムの儀式で子供が殺される
 ITCCS 報告を示す前に、9月13日の井口和基氏のブログから『9月23日から26日』について書かれている部分を引用させてもらいます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

みなさん、こんにちは。

普通、土日はここにメモすることはないのだが、今日は9月13日。今日から10日後の「9月23日」(秋分の日)に何かが起こる。どうやら欧米の陰謀暴露系のインターネット上のサイトでは、しきりにそういう話が飛び交っている。というわけで、この9月23日のことをメモしておこう。

かの2001年9月11日の前には、アメリカハリウッドのSFやら、シンプソンズやら、今では極めて有名になったイルミナティーカード(1993年発行)などで、

911

という数字が出回っていた。そして、現実に2001年9月11日にニューヨークの無差別トゥインタワー爆破事件が起こった。

いまでは、これが米シオニストによる自作自演のテロだった事が証明済みである。要するに、かつてのパールハーバーと同じで、イスラム教の国々を攻撃するための口実作りにアメリカのNWO陣営の富裕層全体で作り上げた架空のテロ事件だった。

それから、10年して、今度は我が国に

2011年3月11日

の東日本大震災が起こされた。これもいまでは、インサイド・ジョブであり、3連発の核爆弾によって起こされた人工巨大津波事件だった。

この事件もまた、イルミナティーカードに、いくつかのカードの中に「311」が印字されていたのである。

最近、その2011年以降、今度は、欧米のさまざまな映画やマンガなどに軒並み出てくる数が

923

なのだというのである。

それで、欧米人のインターネットのマニアとか、陰謀暴露系の連中がいまこぞって何が起こるのかと論議中なのである。

2015年9月23日は、普通には「秋分の日(Autumnal Equinox Day.)」でしかないが、ユダヤ・キリスト教の世界では、極めて重要な日であるらしい。さらには、昨年の2014年4月15日〜2015年9月26日は、神が再臨するという、実に重大な期間であるらしい。(引用終わり)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
詳しくは、井口氏のブログ http://quasimoto.exblog.jp/ を見ていただきたい。
ITCCS 報告は、この9月23日と26日に人身売買で購入されたインドの子供が儀式で殺されることを摘発し救済しようとしているのである。
 そして、実はそのようなことが、日本でも起きている。また起きようとしているのだ。最も大きな儀式として進行しているのは『天皇のロザリオ』という本にも出てくるのが『長崎の教会』だったと思うのだが、つい先ごろ『降ってわいてきたような、サンタクロース』が日本の子供たちの頭を撫でている映像を見たのであるが、正直言って私はぞっとしたのである。『サタンの使いのサンタクロース』をなぜ長崎に連れてきたのか。『ロスチャイルド・イルミナティ』が、使い勝手のいい日本にしようとしているのだ。イタリアのローマにある『ヴァチカン』は汚れすぎて洗濯のしようもないほどになり、どこかえ移そうとしているのだという。そこで白羽の矢といっていいのかどうか困惑するが目星をつけたのが『長崎』なのである。そして、9月23日~26日の儀式の先導役として『サンタクロース』が降ってわいてきたのだ。つまり、儀式のいけにえを物色しているのである。アメリカでやる儀式には、インドの子供を人身売買で入手しているが、日本でやる儀式には日本の子供を使うつもりなのだと思われる。神戸で少女が殺されたバラバラ事件も私は近隣の教会だとみており、埼玉だったか二人の中学生の殺人もその筋だろうとみている。
 ぜひとも、子供たちのことを守ってもらいたい。見守り・監視體になってほしい。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ITCCS 報告
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(グーグル翻訳です)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私たちは危機に瀕している、いま理解と開拓のための時間

上の投稿 2015年9月14日

くつろぐ

ケビンD.アネットによる解説とコール
2015年9月14日
https://youtu.be/YnFvTD7RCSU

9月22日、世界最古の嘘とその最大の犯罪はアメリカの中心地に来ています。

一つの世界政府が、一つのマスターと多くのスレーブのグローバルcorporatocracy:このパワーの目的は人類の上に単一の専制政治を確立する計画で、アメリカ人を参加させることです。
このパワーが着用したマスクは、
ローマの教会とその支配者(ヴァチカンの教皇)ホルヘBergoglioです。



長年にわたり、私は文書化し、バチカン市国と呼ばれるこの電源殺意の性質を公開し、子供や他の多くの人に対して、その罪のためにそれを起訴するために役立っています。そうすることで、我々はその欺瞞マスクを引き戻して、それはその腐敗、儀式の犠牲と殺人のすべてにおいて、あるもののためにそれを示します。それは実際には何の真の力を持っていませんが、それの私達の露出から逃げる、と人類を混同し続けるように、その嘘に隠れ、今私たちができることをどのように:私たちはそうしているように、私たちは、このエンティティがどのように臆病明らかにしましたそれが何であるかのためにそれを参照してください。

だから、人類のこの最も古い敵のエクスポージャーにもかかわらず、多くの人々の心と心の上でホールドが継続されます。そのため、それを暴露すると対峙における当社の成功のため、ローマのこのパワーは、彼が名誉と「聖人」などの名前質量ながら同情を話す白衣で笑って老人の形で新たな、欺瞞的マスクを着用していますインド人の殺人者。誰がGMO会社、大手製薬および武器産業に資金を提供し、オフ利益をしながら、「地球を保存」を呼び出します。誰無実の子供の彼自身の人身売買や殺人を隠しながら、人類のための新たな希望としての地位を提示します。そして非常にすぐに、この虚構の笑顔のフランシスコは人類の上に新しいグローバル専制政治を課すことで彼らの助けを求めるために、米国政府と国連との開談される自分自身を呼び出します。

 我々は、バチカンとその投獄信者の悪魔の性質をもはや説明する必要がありません。
しかし、我々はこのような理解を共有しているかどうかにかかわらず、我々はバチカンの犯罪を停止し、世界にその力を廃止するために私たちの決意で、世界中の多くの男性と女性と一体化されています。そして、我々は、我々が実際の停止にすることができ、ローマの教会と呼ばれるこの事を弱体化させる、その見かけの力のすべてにもかかわらず、ハード勝った経験から学んだ:私たちは、ローマの権限を無効にするために、神と私たち自身の人間性の武器を使用する場合にのみ、その傀儡政府と法律。

先週、私たちは真実の力に立って、私たちのいくつかは、その計画から離れてバックアップするバチカンを強制することができますどのようにしても、再び証明しました。ホルヘBergoglioは、私たちの人々の一部はフィラデルフィアの家族の世界会議として知られている子どもの人身売買のイベントに直面し、停止することを計画していることを知ったとき、彼はそのイベントのほとんどの公共性を避けるために彼の旅程を変更しました。Bergoglioは自分の罪と彼の教会の罪を知っており、その罪悪感は彼が弱いと守備になります。以下のために彼は私たちと同じ努力は彼の前任者、ジョセフ・ラッツィンガーの除去を余儀なくされていますあまりにもどのように、とホルヘBergoglio自身が子供のための彼自身の違反のために立って市民の逮捕令状に直面していることを知っています。

真実自体が神の自身を明らかにした電力であるが、それは男性と女性がそれを振るうする必要があります。私たちは、一人で行動することはできません。それはローマで、このグローバル刑事電源を停止するようになりまし良心のすべての人のための時間です:誰もが、警察で始まり、公然と反対子供たちと私たちの自由を守る必要がありますすることができます裁判官とアメリカの平和キーパーある兵士、特に現在、米国政府が支援し、その犯罪を教唆し、それによって自分の名前にし、あなたの税金で、犯罪そのものを犯しているされていること -

殺意のローマ教会(ヴァチカン)

有罪判決を受けた犯罪者として、また児童強姦犯を保護する政策法律及びアメリカ合衆国の主権、子どもたちへの明確な脅威である、ホルヘBergoglioがアメリカに侵入することを防止する必要があり、強制送還体の長として彼が到着しない場合。それは単に法律です。
 我々は彼がアメリカであるとき子供たちは彼と彼の信者の手で死んでしまうことを知っているためBergoglioは、直面して、公開される必要があります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
儀式殺人が行われようとしています
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 私たちは行動する、と教会のローブでこれらの子殺し屋に直面しない場合は、

少なくとも4つの罪のない子供たちは
9月23日、フィラデルフィアで
9月26.TwoにワシントンDCのカトリック教会で行われます
第九サークル犠牲の儀式に残酷に死んでしまいます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これらの子供たちのアリゾナ州にギラ予約から採取したインド人、男の子と女の子、です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

しかし、我々は、我々の名前を任意の悪魔祓いのようにこれらの子供たちの生活のために戦うと私たちの真っ只中に悪を追放したとしても、このエンティティを超える私たちの本当の力は、それを攻撃ではなく、その権限と正当性の活動的な無効化していないあります。私たちは、新しい権限でその力の交換に:だけでは神の律法。そしてそうであっても、タスクのために選ばれた私たちの一部は取るし、この獣に立ち向かうように、アメリカ人と世界中の人々の大半は、公的ホルヘBergoglioと彼の訪問をボイコットすることによって、それの彼らの否定を示さなければなりません。お使いのテレビやインターネットの電源を切り、彼の旅行のニュース報道を無視します。カトリック教会を取り囲み、それらの外に滞在し、ローマの殺人教会に資金を供給停止するために、その人を呼び出します。アメリカへの彼の訪問の5日の間に何かを行うことを拒否する、と高速と悪が出発するために祈ります。Bergoglioと彼の嘘のことで、このような公共の嘆きとシャニングのために、私たちはその嘘を弱くし、欺くためにその力を無効化し、違反と殺人されています。

しかし、さらに重要なのは、私たちは、我々は我々の力と私たちの希望の源である神の現実を、具現化しているこのように、ローマの実体上の私たちの集団の背中に回して:現実をそのローマとで醜態の顔でその神と人道に対する罪の世紀には、神は偽のローマの教会とそれを提供しています世俗的な権限をすべて無効にしています。ない専制政治がグローバルエリートによってでっち上げされますが、人間との新しい契約として神の律法の統治:私たちは、新しい世界の危機に瀕しているため。

そして今、我々はそれぞれ、我々が配信されますどのようなパワーに関して、簡単な選択を行う必要があります。嘘か真実を。生命や大量殺人。グローバルcorporatocracy、またはすべての政府、すべての法律、およびすべての宗教に渡って、私たちの忠誠の上に立っている自由な人々の新しい、コモン・ロー上の契約。

私たちは日中、この新しい契約と今後への私たちの忠誠を証明します。平等の共和国と主権の人々のように、神のこと、そして私たちの敬虔な良心:唯一の権威の下に人として子どもたちのために、そして私たちの未来-私たちは、あなたが私たちに参加するために招待します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
On the Brink: Stopping the Vatican
https://youtu.be/YnFvTD7RCSU
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

で掲示される 「真実和解委員会」、第9円、何をすべきか:アクション、カナダ、教会法、カトリック教会、料金は特、児童売買、ローマの教会、コモンロー、Crimen Solicitationas、イングランドの王冠、民族浄化、大量虐殺、カナダでの虐殺、歴史的背景、バチカン、イエズス会、ホルヘBergoglio、ケビンアネット、法的背景、カナダのマスグレイブス、メディア、第九サークル、占拠バチカン、ローマ法王の欺瞞、小児性愛、教皇ベネディクト、フランシスコまず、プレステレビ、正義の公共国際裁判所、公共召喚状、ラジオ無料カナタ、リアリティチェック、カナタの共和国、牧師 ケビンアネット、子供の儀式殺人、儀式レイプや児童の拷問、ローマカトリック教会、悪魔の儀式拷問、生存者や目撃者の証言、国際慣習法裁判所、TOOS Nijenhuis、拷問、十二マイルクラブ、カナダ合同教会、アメリカ合衆国、バチカン
「フランシスコ」カトリック児童人身売買のイベントの後に彼のアメリカ訪問を削減するためには、破壊のために標的化されます
上の投稿 2015年9月12日
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ITCCSニュース速報:2015年9月12日


フィラデルフィアの「家族の世界会議」は、社内の子強姦と殺人の出会いのグランドです


(この上で公開の特別放送用でチューンで午後6時東部で9月13日(日曜日)と20の通常のラジオ・フリー・カナタのプログラム、午後11時GMT、www.bbsradio.com/ の radiofreekanata)

フィラデルフィア:

9月26日にフィラデルフィアで悪名高い子どもの人身売買のイベントの計画破壊は、バチカンでの情報源によると、米国への彼の今後の "外交訪問」を短くカットする、「フランシスコ」、ホルヘBergoglioを余儀なくされました。


それが学習された後に児童虐待の生存者と特別ITCCSチームローカルイベントがカトリックオプス・デイと騎士に関連する著名な児童人身売買の秘密集会のためにカバーされることを破壊のためにフィラデルフィアでのイベント「家族の世界会議」を目標としていますコロンバス・グループの。これらの人身売買は、少なくとも一つの枢機卿とフランシスコ「従者に関連するいくつかの司教が含まれます。


少なくとも一日 "1バチカン源によると、イベントの計画混乱の学習の際に、フランシスコは抗議のサイトとの接触を避けるために、彼の旅程の改正を主張し、彼は明らかにローマのためにフィラデルフィアを去ることになります以前の当初の予定よりも "。


彼はフィラデルフィアにある間しかし、教皇は同じソースによると、コロンブスの人身売買ネットワークのオプス・デイ・ナイトに関連するもの聖職者など、地元の司教、との「特別会議」で表示されるように計画しています。


特別ITCCS顧問ケビンアネットは、ニューヨーク市から今日コメント


「これらの「会議」は、多くの場合、教会の中からを含む証人の増加に応じて、子どもたちの儀式レイプや殺害が含まれます。私たちは、ナバホやヒラインディアン居留地から、少なくとも二人の子供が儀式ローマ法王の訪問の間に、彼は会うと「祈る」ことになります誰と非常に男性が、そしておそらくホルヘBergoglio自身が殺されることを学びました。」


彼のアメリカツアー中の教皇に対する他の抗議は9月23日、ワシントンDCで、大量虐殺カリフォルニア宣教師、フニペロ・セラのBergoglioの「列聖」を反対する先住民の収束が含まれます。そして9月25日に国連外ITCCS主催のアクションは、精神的な長老たちはまた、ニューヨークとワシントンでBergoglioのカトリック大衆のサイトでパブリック悪魔払いを実施します。


で午後6時東部で9月13日(日曜日)と20の通常のプログラムでこのニュース速報の詳細な議論のためのラジオ・フリー・カナタので下さいチューニング、午後11時GMT、www.bbsradio.com/radiofreekanata。

ITCCSブリュッセルにより9月12日に発行

で掲示される 第九円、何がある方は、:アクション、カトリック教会、児童売買、ローマの教会、Crimen Solicitationas、大量虐殺、歴史的背景、イタリア 、ITCCS、イエズス会、ホルヘBergoglio、ジョセフ・ラッツィンガー、ケビンアネット、メディア 、Ndrangheta、第九サークル、小児性愛、教皇ベネディクト、フランシスコまず、司法の公共国際裁判所、公共召喚状、カナタの共和国、牧師 ケビンアネット、儀式レイプや児童の拷問、ローマカトリック教会、悪魔の儀式拷問、生存者や目撃者の証言、国際慣習法裁判所、TOOS Nijenhuis、拷問、アメリカ合衆国、バチカン
by kanakin_kimi | 2015-09-16 15:05 | 洗い出せ・そして公開せよ | Comments(0)


<< 広島・長崎に原爆を落とし、70... 戦争終焉のマニュアル >>