広島・長崎に原爆を落とし、70年後の今、サンタクロースがサタンの先導をしている。3

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
やむにやまれず、メール出す
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

金澤忻二
15:38 (10 分前)

To n110
私は、静岡県藤枝市前島3-8-36 054‐635-0396 の金澤忻二ともうします。
唐突な話で申し訳ありません。8月5日だったと記憶していますが、『突然のように、サンタクロースが、長崎に来て、嬉しそうに子供たちがサンタに抱き着いているのをサンタが子供の頭を撫でているというイベントがテレビに放映されていました』
 実は、あれを見ましてぞっとしてしまったのです。『サンタクロース』の受け止め方はいろいろありますが、私は『サタンクロス』と言っています。『サタン=悪魔』の僕=お使い番だと思っています。私は、カナダの原住民の子供が1960年代以降でも50000人以上の数がサタニズムの儀式に『いけにえ』として、『レイプ』されたり、『拷問』されたり、『解体』されて、生血を飲み分け喫食されているという事実を知りました。情報は、 ITCCS.ORG でアクセスすれば得られます。
 公式上では、報道で公開されていませんが、ロンドンオリンピックの開会式や閉会式でも『サタニズムの儀式』をやっており、それに合わせて、要人テロを計画していたことが知られており、難を逃れたのがインド首相でした。そして、別の計画で少女の殺人が行われていたそうでネットでも出ていました。英国の王室エリザベス・ヴァチカンの教皇・枢機卿に対して裁判を行い逮捕状が出されています。エリザベス女王はその頂点にいるそうで、上記50000人の子供の儀式殺人について、ITCCS.ORG はその全貌を明らかにしており、調査検証を続けているようです。それらが逃げ切れないと見たのかヴァチカンではヴェネディクト前教皇の異例の生前退位がおこなわれ、コンクラーベで選出された現教皇フランシスも追及されています。
 そのフランシス現教皇がアメリカへいくについて、 ITCCS の人たちは『行くなと抗議』している。それは、 ITCCS.ORG をみればわかりますが、インドの子供が人身売買で購入されて9月23日と26日に『教皇参加での儀式』がおこなわれ、二人の子供が『儀式殺人』されることが明らかだからです。
 長崎県警も、これには手が出ないでしょうが、長崎に8月5日に突然降り立った『サンタクロース=サタンのしもべ』が何のために来たのかということを申し上げます。
 これも、アメリカで行われる『儀式』と連携していると思われます。アメリカで行われる『儀式』におそらく『中国の総書記・習近平』を同席させるつもりで『オバマとの米中会談』がセットされていると思われる。
 長崎では、浦上教会か大浦教会かあるいは私が知らない教会があるのかもしれませんが、そこで9月23日~26日に儀式が予定されているはずです。その儀式の『いけにえ』を調達するのが『サンタクロース』の役割だからです。
 カトリックがサタニズムに乗っ取られて久しいのです。1960年代以前からですから。したがって、『神隠し=拉致事件=行方不明事件』の大元はここにあるといって間違いなく、日本の神隠し事件は500年前のイエズス会到来の室町時代にさかのぼるのではないかと思っています。日本の人身御供は神隠しではなく公開されていましたから、本人や親族も悲痛のうちに誇りを併せ持っていたという事例でした。
 なんにしましても、なぜ長崎かというと、カトリックの敬虔な歴史と殉教の歴史を併せ持っているところは世界中を探しても『長崎』しかないのです。そして、ローマのヴァチカンは汚れきっていて、金まみれの殿堂と化しているのです。そこでイエズス会はイタリアのマフィアとの縁切り、他の巨大宗教団体(創価学会・モルモン教など)との縁切りをして洗浄しており、目星をつけた移転先に『長崎』を選んでいるからです。
 ですから、ヴァチカンの存立が問われているのである。ところが、
8月5日にサンタクロースが降り立ったというのもすでに儀式の準備作業が始まっていると私は見たのです。子どもが神隠しに会う危険は確実に迫っている。もう、目星をつけているものと思われるので、長崎の教会を検証捜索する必要があると思います。儀式は9月23日~26日ですから、ぜひとも子供たちの命を守ってください。お願いします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
以上の文章をメールで、長崎県警あて送信した。(誤字修正)
by kanakin_kimi | 2015-09-18 21:04 | 洗い出せ・そして公開せよ | Comments(0)


<< 9・23~26 サタニズムの儀... 長崎に原爆を落とし、70年後に... >>