9・23~26 サタニズムの儀式子殺しやめろ!! 世界市民が注目

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
I T C C S 報告
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(グーグル翻訳です)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
インターポールのPope面逮捕今週のだろうか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
上の投稿 2015年9月21日
ホルヘBergoglioに対する立ち逮捕状はブリュッセルでインターポール事務所が米国国務省に配信されます - 同様の令状は、教皇ベネディクトの辞任を余儀なくさ
ブレイキングITCCSニュースフラッシュ:2015年9月21日
(ラジオ・フリー・カナタにし、グローバル配線サービスを通じて報告されるように)

ワシントンDC:
フランシスコ、ホルヘBergoglioの米国への到着の危機に瀕して、アメリカ政府は、インターポールから受信した、2014年7月18日に司法省(ICLCJ)の国際慣習法裁判所が発行したBergoglioに対して顕著な逮捕状の写し子どもの人身売買など、人道に対する罪を犯し及び支援または教唆の2つのカウント、上の裁判所によって充電され、宣告のように。その日に、Bergoglioが有罪判決を受けた不在のまま 25年以上の懲役に。

インターポールソースによると、逮捕令状のコピーは逮捕令状の条件を遵守し、留置するアメリカ政府に正式な要求に沿って、9月18日(金曜日)に特別な宅配便で米国国務省に配信されました名前の犯罪者、ホルヘBergoglio。

月初め、2013年にバチカン欧州政府による同様の令状の発行は、同様同月ことICLCJにより有罪判決を受けた元教皇ベネディクトの突然の辞任を強要しました。
フランシスコ- Bergoglioはすでに大量虐殺カトリック布教」を美化する」と評判の社内カトリック子どもの人身売買ネットワークにリンクフィラデルフィアの集まりに出席するために彼の論争の決定を受け、彼の5日間のアメリカツアーの抗議と混乱に直面している。(参照www.itccs.ORG、2015 年9月12日)

「オバマ政権は、単に国際手配と立って逮捕状を無視するため、これらの論争は、それが困難になります」と彼とITCCSの代表団はBergoglioの訪問に関する国連職員と会談しているニューヨーク市から今日ケビンアネットはコメントしました。
「ホルヘBergoglioは正式に有罪判決を受けた重罪犯で、ICLCJ令状はそれと国際法の力を運びます。それを無視して米国が正当に指名手配犯罪者に援助と快適さを与え、戦争犯罪」に共謀で充電することができます。
教会と国家の犯罪への国際法廷のセントラルオフィス(ITCCS)によって発行
2015年9月21日
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
www.itccs.org
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
裁判所にホルヘBergoglioを召喚元の逮捕令状のコピー: img246
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
で掲示される 第九円、アクション:何をすべきか、カトリック教会、料金は特、児童売買、ローマの教会、コモンロー、Crimen Solicitationas、大量虐殺、歴史的背景、バチカン、イタリア 、ITCCS、イエズス会、ホルヘBergoglio、ジョセフ・ラッツィンガー、ケビンアネット、法的背景、メディア、第九サークル、教皇の欺瞞、小児性愛、教皇ベネディクト、フランシスコまず、プレステレビ、正義の公共国際裁判所、公共召喚状、ラジオ無料カナタ、カナタの共和国、牧師 ケビンアネット、子供の儀式殺人、儀式レイプや児童の拷問、ローマカトリック教会、悪魔の儀式拷問、生存者や目撃者の証言、国際慣習法裁判所、拷問、アメリカ合衆国、バチカン
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ヴァチカン教皇フランシスコの行動日程予定
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 教皇は、22日に米国を訪問する。□

――――――――
◎教皇のキューバ・米国・国連本部訪問の詳細日程

 【CJC=東京】教皇フランシスコは、9月19日、キューバと米国への司牧訪問を開始した。28日まで10日間にわたるもので、教皇フランシスコにとって10回目の海外司牧訪問(イタリアは除く)となる。

 バチカン放送(日本語電子版)が明らかにした、教皇訪問日程は次の通り。

▽9月19日(土)午前、教皇はローマを特別機で出発、最初の訪問国キューバに向かい、同日、現地時間午後ハバナに到着、空港で歓迎式。
▽20日(日)午前、ハバナ市内の革命広場で教皇は市民参加のミサを捧げる。午後、ラウル・カストロ国家評議会議長を革命宮殿に表敬訪問。続いて、ハバナ司教座大聖堂で教会関係者と夕べの祈りをとり行い、夜からは、文化センターで若者たちとの集いを持たれる。
▽21日(月)午前、ハバナからオルギンへ移動、市内の広場でミサ。午後、サンティアゴ・デ・クーバへ。神学院でキューバ司教団との出会い。夜、コブレの慈愛の聖母巡礼聖堂を訪問。
▽22日(火)午前、コブレの慈愛の聖母巡礼聖堂で教皇ミサ。サンティアゴの司教座聖堂で家族たちとの集いを経た後、キューバを離れ、次の訪問国・米国に向け出発。同日夕方、ワシントン到着。
▽23日(水)午前、ホワイトハウスでの歓迎式典の後、バラク・オバマ大統領と会見。次いで、使徒聖マタイ司教座大聖堂で米国司教団と会見。午後から、無原罪の御宿りの聖母大聖堂で福者フニペロ・セラ神父(1713~84)の列聖ミサを司式。夜、聖ヨハネ・パウロ2世神学院を訪問。
▽24日(木)午前、ワシントンの米連邦議会で演説。この後、市内の聖パトリック教会でホームレスの人々と会見。午後、ニューヨークに移動。夜、聖パトリック司教座大聖堂で教会関係者と夕べの祈りに参加。
▽25日(金)午前、教皇はニューヨークの国連本部を訪問、演説。グラウンドゼロ・9/11メモリアルで諸宗教関係者と会見。午後、カトリック系学校で移民の子どもたちとその家族らと交流。夜、マディソン・スクエア・ガーデンでミサを行う。
▽26日(土)午前、フィラデルフィアへ。司教座大聖堂でペンシルベニアの教会関係者とミサ。午後、インディペンデンス国立歴史公園で中南米系信者たちとの出会い。夜、ベンジャミン・フランクリン・パークウェイでカトリック教会の第8回世界家庭大会の前夜の祈りを主宰。
▽27日(日)午前、フィラデルフィアの神学院で世界家庭大会の出席司教らと会見。この後、刑務所訪問。午後、ベンジャミン・フランクリン・パークウェイで第8回世界家庭大会閉会ミサ。夜、フィラデルフィア空港での送別式を経て、帰途に。
▽28日(月)イタリア時間午前、ローマに帰着。□
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
by kanakin_kimi | 2015-09-22 14:59 | 洗い出せ・そして公開せよ | Comments(0)


<< 9・23~26 サタニズムの儀... 広島・長崎に原爆を落とし、70... >>