引き取り手のない遺体-遺体の数は多かった - 


524-4=520
引き取られず埋葬された遺体はだれか

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『付図ー5 胴体ステーション及び座席配置図』によると、座席配列ーR10 旅客 528名 となっている。したがって、これによる機体各部位の座席数は次のようになっている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 A部位 1階  48席
 A部位 2階  16席
 B部位    78席
 C部位    126席
 D部位    102席
 E部位    158席
 合 計    528席  である。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ところが、『座席別遺体散乱状況図』に示されている乗客数は次のようになっている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 A部位 1階   48席  48名 差し引き 0
 A部位 2階   16席  16名 差し引き 0
 B部位     78席  81名 差し引き+3
 C部位     126席  127名 差し引き+1
 D部位     102席  89名 差し引き-13
 E部位     158席  148名 差し引き-10
 合 計     528席 509名 差し引き-19   である。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
つまり、座席装着数よりも乗客数が多い、B 部位の+3と C 部位の+1 というのはどのような意味を暗示しているのか。また、『座席別遺体散乱状況図』が示す乗客数509-19=490 という数字がでてくるが、これを後に出てくる数字 497-490=7 という数字が出てくる。これもなんらかの暗示なのであろうか。
さらに、これに加えて空席の存在とその位置が問題になってくる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
A 部位の2階16席と1階48席の合計64席は満席であるから空席はない。
B 部位の、            78席には, 空席は、1席あった。
C 部位の、 126席には、  空席は、 3席あった。
D 部位の、           102席には、  空席は、14席あった。
E 部位の、           158席には、  空席は、13席あった。
空席の合計数は、1+3+14+13=31席 である。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この数字が正しいとすれば、528-31=497 となる。これが本当の乗客数なのであろうか。
そうだとすると、509-497=12 は何を暗示するのか。
そして、乗客数は本当は何人だったのであろうかという問題が浮き彫りにされてくる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
乗客数が示した狙撃事件の核心証拠
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この問題は、私の洞察では、
自衛隊誘導機の1機又は2機・
U 字溝に墜落した高高度偵察機・
ハナシ鶏の頭部に落下または集められた、ミサイル狙撃をしたステルスF117が3機+α
計(5機+α)×2人=10+2α人の遺体を乗客数に紛れ込ませる意図がそこにあると考えられる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そして、生存者4人以外にまだ生存者が3人あったとしても、ひた隠しにする理由はそこにあるのではないかと考えるのである。

by kanakin_kimi | 2016-04-26 19:10 | 告発・日航機123便事件 | Comments(0)


<< 災害は、自然には起こらない 『ロスチャイルド・イルミナティ... >>