世界平和を望むなら、それを追求することだ!!

戦争終焉のマニュアル
戦争は、人間が起こす最大の犯罪であり、最大の災害である。
しかし、その戦争を誰がどのようにして起こしているのか、誰にでもわかるものにしなければならない。つまり、その仕組みをシンプルなものにしたいと考えている。なぜなら、戦争を起こしている張本人たちがだれにでも悟られるようなことをしていないし、二重三重に仕掛けを作っているものだからである。たとえば、圧倒的多数の人々(世界市民)は、誰一人戦争をして殺し合いをしたいと思っている人はいないだろう。その世界市民を戦争に巻き込むためにどうしたらいいかを研究させているのである。そのための研究所がある。タヴィストック研究所がその一つである。

さらに、生活が苦しくなるとどうなるであろうか。一つの国に人種差別があったり、民族差別があったりするとどうなるであろうか。そこにひび割れを起こさせるためにくさびを打ち込むのである。つまり、世界市民を豊かにさせず、生活程度に階層を設けて差別させあうのである。そうするとどうであろうか、世界市民同士の間に憎しみや嫉み・恨みを生み出すシステムになって、本当の敵がだれだかわからなくなるのである。それが分裂支配である。
日本は幕藩体制の中で、教育・地方自治の萌芽をはぐくんでいた
反日暴動や在日問題がある原因は中韓の背後に『ロスチャイルド・イルミナティ』=『一万人の悪魔』がおり、もう一つは階級差別の残渣が残っているからである。日本人の間に階級差別のひび割れがあるから、そのひび割れにくさびが打たれているのである。貴族・金持ち・軍閥階層の一般市民に対する対応はどうであったかを真摯に反省するべきであり、それが桜井らの説得力に限界がある原因なのである。世界的に見れば、日本の役割は大きなものであるのに、様々な付けを一般市民に振り向けてきたのであるという事実を忘れてはなるまい。そして、、そのしわ寄せの貧困が日本の世界史的役割を果たしてきた意味合いを認識するゆとりがもてなかったからに他ならないのである。あたらしくは、安保闘争の中で学生運動をしていた者を『ロスチャイルドイルミナティが目をつけ、それを利用していた残渣も今に引き継がれている。新左翼右翼・宗教団体はいいように利用されてきたから、その桎梏が今噴き出している。
みんなが賢くなると、だましきれなくなるだろう
『ロスチャイルド・イルミナティ』は、常に分裂支配をしてきた。王政権力体制にはそれに対峙する勢力に支援し、それが覆されると、次の支配体制に対峙する勢力に支援するというようにである。世界の王政国家がいまだに残っているのを見れば明らかだろう。利用できる王国を残しておくのである。様々な手法を使い、大金を使い、そして大胆とも思える手段を繰り出してきた。だから、だれもがそんなことをロスチャイルドがやっているとは思われなかったのであろう。今も、デービッド・ロックフェラーは悪い人間だがロスチャイルドは我々に金を貸してくれ、英国の技術を教えてくれ、技術者の派遣すらしてくれた。おかげで、『大和や武蔵ができた』と、思っている人もいるだろう。お人よしもいいとこだ。『大和や武蔵は、金食い虫で、日本を借金漬けにする手段だったのだ』今の原子力発電と同じだから、彼らはいつまでも学習ができていない。
by kanakin_kimi | 2016-08-21 21:14 | 戦争終焉のマニュアル | Comments(0)


<< 人間のいないところに災害は起こ... 災害は自然には起こらない 2 >>