カテゴリ:未分類( 15 )

ロスチャイルドイルミナティの悪行 再録

超法規的措置に超法規的対処するほかない

編集 | 削除

戦争終焉のマニュアル

       2017年8月8日     金 澤 忻 ニ

戦争を起こして利益を上げてきたものを絞り込んでいくと『ロスチャイルド・イルミナティ』になる。

そして、彼らが創ろうとしている・・・・

未來プランの一つが『現在の世界人口70億人を10億人に削減する』

もう一つが、『統一政府=NWO・・の支配の下で、向こう400年間戦争を起こさない』

というものであるらしい。今、日本で繰り広げられている『安倍首相引きずりおろし劇』は、『ロスチャイルド・イルミナティ』が次期首相に小泉進次郎を擁立させる約束で『安倍首相』擁立を許したが安倍が譲ろうとしないで、しかも『ロスチャイルド・イルミナティ』と縁切りしたプーチンやトランプと連携をとっていることに業を煮やしたのだ。

だから、今、『安倍首相引きずりおろし劇』を展開している政党や議員・マスコミはまず『ロスチャイルド・イルミナティ』の息のかかったものばかりだと考えて間違いない。

トランプ大統領引きずりおろし劇を演じている輩も同じである。『ロスチャイルド・イルミナティ』が、アメリカを支配するためにアメリカの中央銀行=FRB、を乗っ取り際限もなくドルを発行して借金大国にしてしまったのである。

アメリカを愛する国民は、『ロスチャイルド・イルミナティ』の支配から独立するために体を張って戦うトランプを大統領に選んだのである。

他方では、『ロスチャイルド・イルミナティ』に支配されている報道企業などは今までの悪行が白日の下にさらされることを嫌って抵抗しているのだ。70億人から10億人に減らそうとしている『ロスチャイルド・イルミナティ』の意図がわかっていないらしい。自分たちが削減の対象になっていないと思っているようだ。

このことは、日本でも同じで『安倍引きずりおろし劇』に合従連衡して追随している輩は、『ロスチャイルド・イルミナティ』の日本支配に協力しているが、いずれお払い箱なのだ。

安倍首相は、体を張って『日本の独立を樹立』するために戦っているのだ。

私も、国民の一人として『ロスチャイルド・イルミナティ』の支配と闘い、日本の独立を樹立するつもりだ。

そのために、『ロスチャイルド・イルミナティ』があらゆる手段を使って『世界人口を70億人から10億人に削減』するために、超法規的な殺人ホロコーストを実施させてきたのである。もう、何億人が殺されたであろうか。


その殺されてきた人々の『かたき討ち』をすることにした。


いままでは、合法的な民間防衛の方法を考えてきたが、『ロスチャイルド・イルミナティ』は、世界のすべての銀行を牛耳り、世界のメディア報道機関を牛耳り、ロシアを除く世界の国家機能を牛耳るところまで来ているのであれば、もはや日本国家の権能や警察権力すらもが『ロスチャイルド・イルミナティ』に対しては、制止・抑止する力がはたらいていない。


『911がそもそもその一つであり、117・311もその一つである』世界に人工災害を起こして大量殺人をしている。


また、『ジョージ・ソロスがオランダの王子を連れ立って「人間狩り」をし、殺した少年の陰茎を切り取って雄たけびを上げていることすら国際裁判所に訴えられているのにいまだに逮捕されていない。』


カナダの原住民の子供が5万人以上教会などで殺され・生血を吸われ・食われてきた事件も、ヴァチカンや英国王室のエリザベス女王らは未だに逃げ回っている。このエリザベス女王が統一政府=NWOのトップなのである。


ピザのなかに人肉を入れたものを食わせて、サタニズムの結束や引き締めをして、NWOの権威を不動のものにしようとして、世界の指導者や王室関係者を招待しているのである。レセプションでは、人体まるごとを料理した姿焼き・姿煮を陳列しているし、それを切り分けて皿に盛り、食いまわしているのである。まさに、人肉食の解体ショーをやっているのだ。

e0011938_10142723.jpg
上の写真にもある魔女集団の頭目が右の女性で、左は薬物で侵されたガガさんのようである。料理された女性は下の写真の右の女性ではないかと思われる。
<iframe width="394" height="270" src="https://www.youtube.com/embed/akVZARWNNjo" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

e0011938_10135960.jpg

e0011938_10134714.png

e0011938_10133456.jpg

e0011938_10132218.jpg

こんな悲惨・非業な犯罪事実を見過ごしていて、放置していいのか!

これらの犯罪事実の証明を尽くし、民主的に裁くという当然の手続きが妨害されて、元凶である犯人たちの裁判すら行うことができずにいる。このような状態では、もはや彼らの『金力・権力の発動による世界的超法規的措置』が講じられている事態が継続するのみである。


だとするならば、『『ロスチャイルド・イルミナティ』が削減する予定の60億人が、一人ひとりの自覚にもとずいて自己防衛として行う、民間防衛としての超法規的対処で身を守り、殺された人々のかたき討ちをするほかはない。』


それは、『ロスチャイルド・イルミナティ』のトップに当たる『300人委員会』を対象にすることで解決できるのだ。


もはや、予知予測の時代は過ぎた。

世界に戦争を起こさせないためには、その戦争を作っている元凶の者たち『ロスチャイルド・イルミナティ』を『超法規的対処で削除する』方法しかないのだ。

そこで、『ロスチャイルド・イルミナティ』の中心、300人委員会がその責任を負うことになる。

次に、300人委員会のメンバーの名簿を照会する。ここに照会したメンバー自身が『300人委員会』のメンバーではないとか、その趣旨に賛成しているわけではないとか、勝手に強引に名簿に連ねられているとかの理由があるならばそれを公開してもらいたい。

―――――――――――――――――――――――――

Illuminati Leak: Current Membership of ‘Committee of 300’  http://worldtruth.tv/illuminati-leak-current-membership-of-committee-of-300/

An ex-Illuminati member who is vowing to tell the world everything about the secret society has posted a list of the elite members of the Illuminati and the Committee Of 300 leadership.

秘密の社会について世界にすべてを伝えることを誓っている元イルミナティメンバーは、イルミナティのエリートメンバーと300人のリーダーシップ委員会のリストを掲示しています。

After spending 47 years as a high-ranking illuminati member, the anonymous insider says that he wants to reveal everything about the secret society’s plans after it all became “too much to bear” for him.

匿名の内部関係者は、47年間高等教育機関の一員として過ごした

後、秘密結社の計画が「負担が大きすぎる」とのことを明らかにしたかったという。

In his first post the insider revealed the process you have to go through in order to become a member, as well as in-depth information about the ‘Space flights’ program, and shocking revelations about who Obama really is – he is much more evil than anyone realizes apparently.

彼の最初の記事では、インサイダーはあなたがメンバーになるために必要なプロセスと、「宇宙飛行」プログラムに関する深い情報、そしてオバマが本当に誰であるかについての衝撃的な啓示を明らかにした - 彼ははるかに悪い 誰もが明らかに実現するよりも。

Now, in his highly anticipated second post the ex-Illuminati member continues to lift the lid on the secret society by revealing the names of the senior leadership.

今度は、非常に予期された2番目の記事で、元イルミナティメンバーはシニアリーダーシップの名前を明らかにして秘密結社の蓋を引き上げています。

THE BRITISH MONARCHY AND THE COMMITTEE OF 300 (AS OF SEPTEMBER 2016)         ブリティッシュ・モナークと300の委員会       (2016年9月現在)――――――――――――――――

1. CURRENT MONARCH AND SUPREME LEADER OF THE NWO: Queen Elizabeth II          現在のモナークとNWOの最高指導者:エリザベス2世

2. Abdullah II of Jordan         アブドゥッラー2世 ヨルダン国王

3. Kerry, John Forbes

4. Abramovich, Roman Arkadyevich         ロマン・アブラモヴィッチ オリガルヒ

5. King, Mervyn

6. Ackermann, Josef

7. Kinnock, Glenys

8. Adeane, Edward

9. Kissinger, Henry

10. Agius, Marcus Ambrose Paul

11. Knight, Malcolm

12. Ahtisaari, Martti Oiva Kalevi

13. Koon, William H. II

14. Akerson, Daniel

15. Krugman, Paul

16. Albert II of Belgium        アルベール2世 元ベルギー国王

17. Kufuor, John

18. Alexander –                      Crown Prince of Yugoslavia          ユーゴスラビア王国最後の王太子

19. Lajolo, Giovanni

20. Alexandra (Princess) – The Honourable Lady Ogilvy            アレクサンドラ王女 イギリスの王族

21. Lake, Anthony

22. Alphonse, Louis –                   Duke of Anjou                  フランスの王位請求者

23. Lambert, Richard

24. Amato, Giuliano

25. Lamy, Pascal

26. Anderson, Carl A.

27. Landau, Jean-Pierre

28. Andreotti, Giulio

29. Laurence, Timothy James Hamilton

30. Andrew (Prince) –                     Duke of York                  ヨーク公爵(英国王室チャールズの弟)

31. Leigh-Pemberton, James

32. Anne –                        Princess Royal                   アン王女(英国王室チャールズの妹)

33. Leka, Crown Prince of Albania

34. Anstee, Nick

35 Leonard, Mark

36. Ash, Timothy Garton

37. Levene, Peter –   Baron Levene of Portsoken

38. Astor, William Waldorf –     4th Viscount Astor

39. Leviev, Lev

40. August, Ernst –     Prince of Hanover

41. Levitt, Arthur

42. Aven, Pyotr

43. Levy, Michael – Baron Levy

44. Balkenende, Jan Peter

45. Lieberman, Joe

46. Ballmer, Steve

47. Livingston, Ian

48. Balls, Ed

49. Loong, Lee Hsien

50. Barroso, José Manuel

51. Lorenz (Prince) of Belgium,    Archduke of Austria-Este            ベルギーの王族 最後のオーストリア皇帝

52. Beatrix (Queen)    オランダ女王

53. Louis-Dreyfus, Gérard

54. Belka, Marek

55. Mabel (Princess) of Orange-Nassau

56. Bergsten, C. Fred

57.  Mandelson, Peter Benjamin

58. Berlusconi, Silvio

59. Manning, Sir David Geoffrey

60. Bernake, Ben

61. Margherita – Archduchess of Austria-Este

62. Bernhard (Prince) of Lippe-Biesterfeld

63. Margrethe II Denmark    デンマーク女王

64. Bernstein, Nils

65. Martínez, Guillermo Ortiz

66. Berwick, Donald

67. Mashkevitch, Alexander          

68. Bildt, Carl

69. Massimo, Stefano (Prince) –             Prince of Roccasecca dei Volsci

70. Bischoff, Sir Winfried Franz Wilhen “Win”

71. McDonough, William Joseph

72. Blair, Tony(トニー・ブレア)

73. McLarty, Mack

74. Blankfein, Lloyd

75. Mersch, Yves

76. Blavatnik, Leonard

77.  Michael (Prince) of Kent              エリザベス2世の従弟(英国王室)

78. Bloomberg, Michael

79. Michael of Romania                 ミハイ1世 ルーマニア王

80. Bolkestein, Frits

81. Miliband, David

82. Bolkiah, Hassanal                  ブルネイ国王

83. Miliband, Ed

84. Bonello, Michael C

85. Mittal, Lakshmi

86. Bonino, Emma

87. Moreno, Glen

88. Boren, David L.

89. Moritz –                       Prince and Landgrave of Hesse-Kassel

90. Borwin – Duke of Mecklenburg           ドイツの旧諸侯メクレンブルク家の家長

91. Murdoch, Rupert

92. Bronfman, Charles Rosner

93. Napoléon, Charles

94. Bronfman, Edgar Jr. 

95. Nasser, Jacques

96. Bruton, John

97. Niblett, Robin

98. Brzezinski, Zbigniew

99. Nichols, Vincent

100. Budenberg, Robin

101. Nicolás, Adolfo

102. Buffet, Warren

103. Noyer, Christian

104. Bush, George HW                 (ジョージ・H・W・ブッシュ)

105. Ofer, Sammy

106. Cameron, David William Donald

107. Ogilvy, David – 13th Earl of Airlie

108. Camilla – Duchess of Cornwall            チャールズの元愛人で後妻(英国王室)

109. Ollila, Jorma Jaakko

110. Cardoso, Fernando Henrique

111. Oppenheimer, Nicky

112. Carington, Peter –                   6th Baron Carrington

113. Osborne, George

114. Carlos – Duke of Parma               イタリアの旧諸侯パルマ公爵家の家長

115. Oudea, Frederic

116. Carlos, Juan – King of Spain             フアン・カルロス1世 スペイン国王

117. Parker, Sir John

118. Carney, Mark J.

119. Patten, Chris

120. Carroll, Cynthia

121. Pébereau, Michel

122. Caruana, Jaime

123. Penny, Gareth

124. Castell, Sir William

125. Peres, Shimon

126. Chan, Anson(中国人)

127. Philip (Prince) – Duke of Edinburgh         エディンバラ公フィリップ(英国王室)

128. Chan, Margaret(中国人‐オランダ王室か)

129. Pio, Dom Duarte – Duke of Braganza

130. Chan, Norman

131. Pöhl, Karl Otto

132. Charles – Prince of Wales              チャールズ皇太子(英国王室)

133. Powell, Colin

134. Chartres, Richard

135. Prokhorov, Mikhail

136. Chiaie, Stefano Delle

137. Quaden, Guy Baron

138. Chipman, Dr John

139. Rasmussen, Anders Fogh

140. Chodiev, Patokh

141. Ratzinger, Joseph Alois               (Pope Benedict XVI)                 第265代ローマ教皇ベネディクト16世        

142. 第266代ローマ教皇(フランシスコ)

143. Christoph, Prince of Schleswig-Holstein

144. Reuben, David

145. Cicchitto, Fabrizio

146. Reuben, Simon

147. Clark, Wesley Kanne Sr. (General)          ウェスリー・クラーク元アメリカ陸軍大将

148. Rhodes, William R. “Bill”

149. Clarke, Kenneth

150. Rice, Susan

151. Clegg, Nick

152. Richard (Prince) – Duke of Gloucester

153. Clinton, Bill(ビル・クリントン)

154. Rifkind, Sir Malcolm Leslie

155. Cohen, Abby Joseph

156. Ritblat, Sir John

157. Cohen, Ronald

158. Roach, Stephen S.

Cohn, Gary D.

Robinson, Mary

Colonna, Marcantonio (di Paliano) – Prince and Duke of Paliano

Rockefeller, David Jr.

Constantijn (Prince) of the Netherlands   オランダ王子

Rockefeller, David Sr.

Constantine II Greece      ギリシャ最後の国王

Rockefeller, Nicholas

Cooksey, David

Rodríguez, Javier Echevarría

Cowen, Brian

Rogoff, Kenneth Saul “Ken”

Craven, Sir John

Roth, Jean-Pierre

Crockett, Andrew

Rothschild, Jacob – 4th Baron Rothschild

Dadush, Uri

Rubenstein, David

D’Aloisio, Tony

Rubin, Robert

Darling, Alistair

Ruspoli, Francesco – 10th Prince of Cerveteri

Davies, Sir Howard

Safra, Joseph

Davignon, Étienne

Safra, Moises

Davis, David

Sands, Peter A.

De Rothschild, Benjamin

Sarkozy, Nicolas

De Rothschild, David René James

Sassoon, Isaac S.D.

De Rothschild, Evelyn Robert

Sassoon, James Meyer – Baron Sassoon

De Rothschild, Leopold David

Sawers, Sir Robert John

Deiss, Joseph

Scardino, Marjorie

Deripaska, Oleg

Schwab, Klaus

Dobson, Michael

Schwarzenberg, Karel

Draghi, Mario

Schwarzman, Stephen A.

Du Plessis, Jan

Shapiro, Sidney

Dudley, William C.

Sheinwald, Nigel

Duisenberg, Wim

Sigismund (Archduke) – Grand Duke of Tuscany                   ハプスブルク=トスカーナ家の現在の家長

Edward (Prince) – Duke of Kent                           エリザベス2世の従弟(英国王室)

Simeon of Saxe-Coburg and Gotha  ブルガリア王国最後の国王

Edward (The Prince) – Earl of Wessex                         エドワード王子(英国王室チャールズの弟)

Snowe, Olympia

Elkann, John

Sofía (Queen) of Spain                               スペインの前国王フアン・カルロス1世の王妃

Emanuele, Vittorio – Prince of Naples, Crown Prince of Italy

Soros, George   (ジョージ・ソロス)

Fabrizio (Prince) – Massimo-Brancaccio

Specter, Arlen

Feldstein, Martin Stuart “Marty”

Stern, Ernest

Festing, Matthew

Stevenson, Dennis – Baron Stevenson of Coddenham

Fillon, François

Steyer, Tom

Fischer, Heinz

Stiglitz, Joseph E.

Fischer, Joseph Martin

Strauss-Kahn, Dominique

Fischer, Stanley

Straw, Jack

FitzGerald, Niall

Sutherland, Peter

Franz, Duke of Bavaria    バイエルン王家の家長

Tanner, Mary

Fridman, Mikhail

Tedeschi, Ettore Gotti

Friedrich, Georg – Prince of Prussia

Thompson, Mark

Friso (Prince) of Orange-Nassau

Thomson, Dr. James A.

Gates, Bill

Tietmeyer, Hans

Geidt, Christopher

Trichet, Jean-Claude

Geithner, Timothy

Tucker, Paul

Gibson-Smith, Dr Chris

Van Rompuy, Herman

Gorbachev, Mikhail

Vélez, Álvaro Uribe

Gore, Al

Verplaetse, Alfons Vicomte

Gotlieb, Allan

Villiger, Kaspar

Green, Stephen

Vladimirovna, Maria – Grand Duchess of Russia                         ロシア大公ロシア帝位請求者

Greenspan, Alan

Volcker, Paul

Grosvenor, Gerald – 6th Duke of Westminster

Von Habsburg, Otto

Gurría, José Ángel

Waddaulah, Hassanal Bolkiah Mu’izzaddin

Gustaf, Carl XVI of Sweden                               カール16世グスタフ スウェーデン国王

Walker, Sir David Alan

Hague, William

Wallenberg, Jacob

Hampton, Sir Philip Roy

Walsh, John

Hans-Adam II – Prince of Liechtenstein                          リヒテンシュタイン公

Warburg, Max

Harald V Norway

Weber, Axel Alfred

Harper, Stephen

Weill, Michael David

Heisbourg, François

Wellink, Nout

Henri – Grand Duke of Luxembourg  現ルクセンブルク大公

Whitman, Marina von Neumann                              ジョン・フォン・ノイマンの娘

Hildebrand, Philipp

Willem-Alexander – Prince of Orange   オランダ国王

Hills, Carla Anderson

William (Prince) of Wales    ウィリアム王子(英国王室)

Holbrooke, Richard

Williams, Dr Rowan

Honohan, Patrick

Williams, Shirley – Baroness Williams of Crosby

Howard, Alan

Wilson, David – Baron Wilson of Tillyorn

Ibragimov, Alijan

Wolfensohn, James David

Ingves, Stefan Nils Magnus

Wolin, Neal S.

Isaacson, Walter

Woolf, Harry – Baron Woolf

Jacobs, Kenneth M.

Woolsey, R. James Jr.

Julius, DeAnne

Worcester, Sir Robert Milton

Juncker, Jean-Claude

Wu, Sarah

Kenen, Peter

Zoellick, Robert Bruce

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー――――

source: yournewswire.com       以上

この名簿には既に死亡しているものが存在する。300人委員会のメンバーからすでに離れた者も存在し、新たにメンバーに就任した者もいるだろう。世界から注目される『犯罪者』であることに自信や覚悟があるならば公開に名乗り出よ。



by kanakin_kimi | 2017-08-08 10:22 | Comments(0)

一万人の悪魔とロスチャイルド・イルミナティを洗い出せ

 戦争終焉のマニュアル
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
I T C C S 報告
(Google翻訳です。ご判読ください。)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
バンクーバーベースの子どもの人身売買 - 殺人リングの検閲証拠が利用可能になりました
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
上の投稿 2014年11月18日
ITCCSニュースブレイク:2014年11月18日
バンクーバークラブ・子どもの人身売買センター
:バンクーバークラブ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
https://www.youtube.com/watch?V = Mu3uszs77Ak&機能= youtu.be
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
バンクーバー:名前バンクーバーベースの子どもの人身売買 - 殺人カルトに関わる人々は、YouTubeから削除された後、行になっていることをケビン·アネットと破壊のインタビュー。証拠はバンクーバー「十二マイルクラブ」とバチカンの第九サークルの儀式の犠牲カルト間の直接リンクを示唆している。広く共有してください。
www.itccs.org

で掲示される 「真実和解委員会」、アクション:の対処、カナダ、カトリック教会、追加料金が発生公報、児童売買、イングランドのChuch、ローマ教会、コモンロー、イングランドの王冠、CSIS、ディーン·クリフォード、デニス·ルベル、イングランド、民族浄化、ゲーリー·パターソン、ジェノサイド、カナダのジェノサイド、ジェラルド·ラクロワ、歴史的背景、ローマ法王庁、イエズス会、ジョニービンゴドーソン、ホルヘBergoglio、ケビン·アネット、法的背景、カナダのマスグレイブス、メディア、モホーク·ネーション、Ndrangheta、第九サークル、占拠バチカン、オタワ、小児性愛、警察国家、教皇ベネディクト、フランシスコまず、ハーパー首相、司法公共国際司法裁判所、公共召喚状、エリザベス女王、レイモンドルサン、カナタの共和国、牧師 ケビン·アネット、子供の儀式殺人、儀式レイプ、儀式レイプと子どもの拷問、ローマカトリック教会、悪魔の儀式拷問、スカーミッシュネイション、スティーブン·ハーパー、生存者や目撃者の証言、国際司法裁判所コモンロー裁判所、TOOS Nijenhuis、拷問、十二マイルクラブ、カナダ合同教会、バンクーバークラブ、バチカン、ウィリアム·コンブ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
教皇ベネディクト辞任をを余儀なくされた証拠が利用可能になりました
上の投稿 2014年11月15日
ローマ法王刑務所・教会と国家の犯罪への国際裁判所(ITCCS)からグローバルコミュニケ

11月 15日2014年

国際司法裁判所コモン·ロー裁判所の裁判所の記録、ブリュッセルから発行
-ジェノサイドとカナダの児童殺人のドキュメンテーション(事例整理番号02252013、人々 Vジョセフラッツィンガー、エリザベスウィンザーら)

バンクーバー:

ITCCSだけコミットし、人道に対する罪を隠し、証言と計画のため、政府とカナダ、バチカンと英国の王冠の教会、およびその役員有罪判決を受けた文書の完全なセットをリリースしました。

これらの150の展示は仮釈放なしで刑務所で25年に教皇ベネディクト、エリザベス女王、首相スティーブン·ハーパーなどを言い渡さ2013年2月25日の判決の基礎を形成し、そして自分のオフィスと権威を彼らにリッピングした。

この歴史的な評決は、合法的に。合法的な団体としてイングランドとバチカンの王冠をdisestablishes、およびコモンローと新憲法共和国の権威の下にあるすべての教会とクラウン財産、土地や資産の差し押さえを許可
、これらの歴史的な記録を投稿し、共有してくださいそして私たちの共通の法則保安官がこれらの犯罪者の個人や機関に対してこれらの判決を執行助ける。

ITCCSセントラルオフィス、ブリュッセルによって2014年11月15日に発行された - www.itccs.org
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
https://www.youtube.com/watch?v=UvhfXAd08TE

コモン·ロー訴訟手続
- カナダのジェノサイド(第一部) - 1時間。46分秒。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
https://www.youtube.com/watch?v=OPKFk_L7y9g

コモン·ロー訴訟手続
- カナダのジェノサイド(第二部) - 1時間。47分。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
https://www.youtube.com/watch?v=ormOIlOi4Vc
裁判所の最終評決と量刑 - 8分。30秒。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
先住民族の目撃者によるITCCS /ケビン·アネットの権限と裏書
https://www.youtube.com/watch?v=IylfBxm3sMg
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
https://www.youtube.com/watch?v=CReISnQDbBE
アイリーンFavel、Muscoweganカトリックインドの学校で司祭による新生児の焼却に目撃、
サスカチュワン州、1944
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
https://www.youtube.com/watch?
カナダでの虐殺に対する我々裁判所のケースから
V = RBUd3UXt6fIその他の主な証言
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
で掲示される 「真実和解委員会」、何をすべきか:アクション、APTN、市民検察協会、カナダ、カトリック教会、特料、児童売買、イングランドのChuch、ローマ教会、コモンロー、Crimen Solicitationas、イングランドの王冠、CSIS、デニス·ルベル、イングランド、ゲーリー·パターソン、カナダのジェノサイド、ジェラルド·ラクロワ、歴史的背景、ローマ法王庁、イエズス会、ジョニービンゴドーソン、ホルヘBergoglio、ジョセフ·ラッツィンガー、ケビン·アネット、法的背景、カナダのマスグレイブス、メディア、モホーク国家、バチカン占拠、オタワ、教皇の欺瞞、小児性愛を、教皇ベネディクト、フランシスコまず、プレス、テレビ、ハーパー首相、司法公共国際司法裁判所、公共召喚状、エリザベス女王、レイモンドルサン、カナタの共和国、牧師 ケビン·アネット、子供の儀式殺人、儀式レイプ、儀式レイプと子どもの拷問、ローマカトリック教会、悪魔の儀式拷問、スカーミッシュネイション、スティーブン·ハーパー、スティーブ·フィニー、生存者や目撃者の証言、国際司法裁判所コモンロー裁判所、拷問、十二マイルクラブ、カナダ合同教会、バンクーバークラブ、バチカン、ビデオ、ウィリアム·コンブ
by kanakin_kimi | 2014-11-28 09:30 | Comments(0)

ムーンシンドローム

月は宇宙船
1960年代から、専門家の間ではすでに常識となっていることが、いまだに天文学の基本情報の中でも言われていないという不思議は「アインシュタインの一般相対性理論が間違っているのにいまだにそれがごまかしごまかし使われているのと同じである。だから、アインシュタインシンドロームと名づけたのと同じように、ムーンシンドロームといわなければならないのだろう。」
 ナサNASAが観測してきたデータがどのような扱いになっているのだろう。アポロ計画に関してのデータはおそらく”NSA"という「ロスチャイルド・イルミナティ」の影響下にある民間諜報機関に流れているのだろう。グーグルがその一部を購入している。もちろんコピーだろうが、それが「グーグルアース」になっているから、制限はあるものの無料で見ることができる。それでも、月の北極と南極を見ると実にいろいろなことを教えてくれる。
 グーグルアースで静岡の町にズームアップすると、地上に降り立つと90度回転して道路を車で走るような感じで町々を見ていくことができるようになっている。これを月の北極や南極でやると、あるポイントでズーっと地下に入っていくのである。マイナス3000メーターとか時にはマイナス5000メーターというときもあった。そして、地下の地上に降り立つと90度回転して、真っ暗な中に円形の建物のような側面が見える。これはなんだろうと思いながら360度回転させるのだが回りは真っ暗で何も見えない、以前は星座のようなものが見えていて、あれは巨大UFOなのだろうかと思いながら見ていた。今はずいぶんと変わってきて、穴に入りにくくなっているように思える。それに、直径200キロメーターほどの地域がきのこのひだのような白色半透明の結晶状の構造物があり、それぞれのひだが何でできているのかわからないが、おそらくセラミックでできているのだろうと思われた。そうだとすれば驚嘆すべきセラミック技術だと感心していた。しかも、そのヒダ状のものはだんだん層を深く、密に層の段数が増えていき、月面状は閉じていくようなのである。これが、グーグルアース上のCG映像でないならば時間的推移に応じた映像がリアルなものとしてあると受け取っても良さそうである。
 UFOにしろ建物にしろ、このようなセラミック技術で作られているのだろうと考えられた。そう考えると、土星の輪に地球の直径の三倍から四倍もの大きさの葉巻型宇宙船がいたり、太陽の中に触手を伸ばして何かを吸い出している月ほどの巨大宇宙船らしきものが太陽観測映像にとらえられていたのも合点の行く話しになってきたりしていた。
 そんな時、デイビッド・アイクの「ハイジャックされた地球を99㌫の人が知らない 上」が2014年8月31日に出された。今面白く読ませてもらっている。

 
by kanakin_kimi | 2014-09-08 16:24 | Comments(0)

世界市民の闘い方・戦争責任の証拠固めを進めよう 9

戦争の終焉
世界市民政府を I T に創造し、その統計調査員制度をつくり、世界の統計を世界市民に公開しよう
 「世界市民政府」は、世界市民によって樹立される「インターネット」に存在するものである。世界市民が、必要と認めた時、「実在」させればいい。
「ロスチャイルド・イルミナティ」は「支配の論理と経済の論理で世界の国々の支配を貫徹してきた」。その先に、世界の巨大宗教・王立国家・独裁国家を世界政府に統合しているつもりのようだ。日本の政治学会で神島二郎が書いている「帰嚮原理」とか「指導者原理」とかいうものは、いまから考えるとロスチャイルド・イルミナティが支配している構造を云ったものなのだろう、と合点した。
 創価学会や統一教会などはヴァチカンのもとに統合しているつもりらしいし、王立・王制国家は英国王立国家のもとに統合しているから、日本もその中の一つぐらいに考えているつもりのようだ。そう考えると、朝日や読売・産経・毎日など大手報道機関は全くその手足になっていて、世界市民にとって大切な真相報道は全くと云っていい程やらない。内部で抵抗して真相報道をやるとすぐに処分されるという始末である。政党支配と云ったら、従来なら「政党が何かを支配する」意味に取られていたがいまは違う。「政党に献金している巨大資本参加企業や巨大宗教団体」で、テレビの番組でもコマーシャルに多額の金を出しているから縛りが効いているのだろう。
 このように、全てに支配の網を張っている事が目に見える程明らかになってきた。それを早く世界市民が認識して対応しないといつまでも利用される事になる。世界市民のあなたは、その事を自覚して「ロスチャイルド・イルミナティ」と対峙する事を決意してください。
 オーム心理教問題などの不可思議な裁判状況も、この事態を認識すれば合点いくだろう。先の「ロンドンオリンピックの開会式や閉会式がサタニズムの儀式で行われていたのですよ。」「しかも、その儀式の生け贄に少女が殺されていたのです。」参加している選手団も少しは認識を新たにしてもらいたいものです。ソチオリンピックの開会式や閉会式と比較しても明らかでしょう。
 ロンドンオリンピックでは、日本選手団の入場行進を妨害して、途中から場外に誘導されていたり、韓国選手の異常な日本選手たたき、反日批判をやらしていたのも韓国上層部がロスチャイルド・イルミナティの下僕だからである。何回も書いておく必要があるが、世界の米軍撤退をしないとアメリカの経済改革は出来ないのだ。アメリカを食い物にしてきたロスチャイルド・イルミナティはうまみがなくなるとさっさと他へ移動するのだ。ほぼ全世界に展開しているからどこにでも隠れるところを作っているのだ。しかし彼らは、私たち世界市民と違って贅沢にしてきているから、くうものキルもの住む家のいずれにも人目に立ってしまう。人目に立たなくしようとすると行動半径が固定化され、いずれは月の基地や火星の基地にでも移動しようと考えているのだろう。エイリアンを支配できると思っているのだろうが、の話だ。それにしても、「ロスチャイルド・イルミナティ」の連中の認識程度の低さにはあきれるね。エイリアンもびっくりしているだろう。彼らを基準にして地球人類を評価したら、もう地球をあきらめるかもしれないところまで云っているのじゃあないかと思う。もし、そうだとしたらエイリアン達も対した事はないなと思ってしまう。
 地球の年齢を46億年として推考すると、現存するエイリアンの世代でいく世代の歴史を経てきたのだろうか。ゼカリア・シッチン博士のシュメール粘度板解読によるアヌンナキの以前からシュメール文明までと以後の地球でいく世代の人類が「放射能汚染」を繰り返してきたのか。原爆実験汚染・広島長崎原爆汚染・スリーマイル島汚染・チェルノブイリ汚染・福島原発汚染・世界の原発汚染など、地球全体の放射能汚染はエイリアンの体質ではもはや限界に近づいているのかもしれない。
 それ以上に、地球人類の染色体異常が始まってしまったのかもしれない。彼ら自身の染色体異常を彼らの細胞再生装置の技術でもってしても克服できずにきたのである。
 何れにしても、エイリアン達の技術のお陰で「奇跡の地球」を維持し得てきたのだと考えると、彼らが人類にあきらめにもにたものを抱き始めているかもしれない、と思うのである。月がエイリアンの宇宙船だとすれば、その月が地球の営みに及ぼしてきたさまざまな「環境影響力」は絶大で、一年間に3センチメートル遠のいていく事だけでも恐怖の材料なのである。
 「ロスチャイルド・イルミナティ」の世界人口削減計画は、自分たちの御都合主義で考えられており、人口が増えている事と放射能汚染との関係はないからである。真実をみんなが共有して地球上での人類のあり方生き方を共有できるようにすればいいのだ。


 
by kanakin_kimi | 2014-03-02 17:51 | Comments(0)

ロスチャイルドイルミナティを洗い出せ

ITCCS 報告
グーグル翻訳ですのでご判読ください。
ローマカトリック教会は、国境を越えた犯罪組織宣言されています
itccsによって2013年8月3日に投稿されました
2013年8月4日のブリュッセル宣言
国際司法裁判所コモンロー裁判所が発行した法律上の注意事項とインストゥルメント




私は、教皇と王が他の男性のように判断できないことをあなたの前提に同意するか、間違ったことができないません。任意の推定がある場合は、それが権力の保有者に対して、他の方法です...事務所はそれのホルダーを神聖よりも異端も悪くありません。電源は絶対に破壊され、絶対的な力を破壊する傾向がある。歴史的な責任は、したがって、法的責任に望んでの埋め合わせをしなければならない。
主アクトン、1887
.............................

2013年2月25日に、ローマカトリック教会とその最高当局者は合法的に人類とを支援するために国際的な刑事陰謀と教唆の子どもの人身売買に対する罪に従事するの有罪判決を受けた。国際司法裁判所コモンロー裁判所のこの判決は、教会とその統治体、バチカン、株式会社は、国際法の下で刑事の体を構成していることがわかった。(1)

2013年7月11日に、教皇フランシス1、ホルヘBergoglioは、新しい内部教会の方針その弁護士を確立することによって、彼の教会の調査状況を確認し、彼の信奉者、聖職者と従業員の間で犯罪行為を強要。これらのポリシーとBergoglio自身の公式声明は、彼らの教会内の子レイプや人身売買の証拠を抑えるために、すべてのカトリック教徒を指示し、そのような証拠を開示した人々の罰を脅かして子強姦、Crimen Sollicitationisを保護既存の教会法を再確認する。(2)

これらの発言や政策によって、Bergoglioだけ法律を破ることではなく、児童保護法違反と警察機関が弱体化することによって、自分の国で反逆罪をコミットするために彼の信者を命じていない。教皇は、簡単に言えば、単に国際的な児童虐待と人身売買を促進されていませんが、他の国の主権と国家の法律に対する刑事陰謀を見出している。

。国際法、戦争行為にそのような行動量の下では、と責任者が正当に平和を愛する人類の敵であることが宣言されている
、したがって、それは世界に知られるようにすることホルヘBergoglio、ローマ教会の頭、確かに人類のような敵です。したがって、2013年8月1日(木曜日)に、ベンチ御用達順序は、これらの犯罪のホルヘBergoglioの即時逮捕と裁判のためにブリュッセルで国際司法裁判所コモンロー裁判所によって発行された。

それはまた、人身売買、マネーロンダリングと子拷問に従事実績のある国際的な犯罪組織として、ローマ·カトリック教会は人類、その子、その法律との戦いを繰り広げている国際犯罪組織を構成していることを認識されてみましょう。

したがって、ローマカトリック教会は、国際組織犯罪(2000)に対する国連条約が提供する制裁の全てに従うものとします。これらの制裁は、教会のすべての資金、財産や資産の差し押さえ、教会役員の逮捕、と教会が保持しているすべて盗まれた土地や返品を含む。(3)

実際には、バチカンとその教会のように認識される犯罪者の体は存在する権利を没収し、溶解させる文明人類によって考えられている。彼らの富が、その政策、法律及び権限のみならず永遠に破棄されています。そして、このようなdisestablished団体に参加したり、誰が彼らの操作のために支払っている誰もが有罪判決を受けた重罪犯人と共謀で罪を犯している。

教皇フランシス自身から始まるローマ教会の上部役員は、2013年3月5日に、8月1日およびそれ以前に発行された善意の逮捕状の下、正義から実際の逃亡者にあります。(4)したがって、これらの教会の役員は、もはや誰の忠誠や服従への法的または道徳的な主張を持っていない、と彼らと彼らの組織の両方を積極的に否認し、法律の下で、disestablishedしなければなりません。

より広範なレベルでは、この犯罪の機関の信念とdisestablishmentは、法的、必要ですが、長年の懸案だけではありません。それは何世紀にもわたって、ローマの教会。人道に対する無制限の戦争を繰り広げ略奪外国勢力として行動していることを紛れもない事実であるために
、ローマの教会とそのクライアントの政府は不法、攻撃し占領し、他の国を破壊している、のレイプや排水土地彼らの広大な富と活力は、制限され、それらの権利と自由を打倒、盗まれ、拷問を受け、無数の子供たちを破壊し、他の人々とそれらの殺害数百万人に対する侵略と虐殺の残酷な戦争を繰り広げ、と恐怖の状態で世界を維持し、依存性と貧困。そして、これらの犯罪は、世界各国の政府の助けを借りて、今日続ける。

イングランドの王冠とカナダの政府や教会を含め、これらの共謀の力の一部は、、また、起訴や有罪判決を受けた我々の裁判所によって、このような大量虐殺の罪のために、今disestablishmentとannullment同一の法秩序の下に立ってきた。しかし、ローマとその職員の犯罪的教会を認識したり、補助金を継続し、世界のどの政府や機関が客観的に犯罪に従事しても制裁の対象とされています。

具体的には、イタリア政府は、いわゆるラテラン条約バチカンへの義務を通して、ローマカトリック教会の犯罪に積極的に参加しており、この条約を通じての同じ刑事陰謀と戦争犯罪に従事しているその教会。

イタリア政府とバチカンの資金や認識していることをどのような状態は、したがって、正当に人類への脅威であるならず者テロリスト政権とみなされ、通常は戦争意思国に対して雇用法、制裁と力の全重量の対象とすることができます。

そして、これが問題の核心です:確立された法律がそうすることを拒否するとき歴史は犯罪の政権の判断を発音するために、なぜそれが、主アクトンを引用する必要がある。今日では、歴史はどこにでも法律を再利用し、それら虐げ世紀のために持っていると子供たちを破壊力を廃止するためにそれを使用するために、男性と女性の能力で具現化されています。

正義の私たちの国際的な共通の法裁判所は、この干拓の最初のステップであり、教皇ベネディクトとバチカン昨年2月のその信念は、世界中で聞いたオープニング一斉射撃だった。ローマの教会:今日では、この8月4日宣言は、人間の歴史の中で最も古く、最も暴力的な企業の力を取消の次のステップです。

このように、この宣言は、目的の文と、男性と女性はどこにでも法と正義に固執し、バチカンとその犯罪の政権に対する歴史と、この裁判所の判決を強制することのできる法的手段でもあります。

したがって、それが知られ、その制定されてみましょう:

1。ホルヘBergoglio、ローマ教会のいわゆる教皇は、国際法の下で指名手配犯罪者です。すべての男性と女性はBergoglioを逮捕し、裁判と判決のために我々の共通の裁判所に彼を持って来ることで、この裁判所の保安官と代理としてエージェントを支援するために余儀なくされています。

2。この日付の時点では、ローマカトリック教会は、その富、財産と権限、企業体として存在する権利を放棄している国境を越えた犯罪組織であることが宣言されています。これは、直ちに組織として溶解し、その政策や法律は破棄されています。すべての人は罰金と懲役の痛みで、関連付けるもこの犯罪の身体に資金を供給するためにも強要されています。

3。すべての国のすべての国民は、特に、平和的にこの法人の資産、財産と富を押収し、ローマカトリック教会関係者や聖職者の市民の逮捕を行うことで、ローマカトリック教会とバチカン、インコーポレーテッドのアクティブdisestablishmentを支援するために認可されている知られているか、または疑われる児童強姦。

2013年8月1日に私たちの裁判所によって隣接ベンチ御用達注文を発行しますので、この宣言には、署名し、ユーザーによって付け、これらの訴訟の法的認可を構成する。

これらの事実及び裁判所の権限は、ここに宣言し、この宣言のベアラによって批准されています。

国際司法裁判所コモンロー裁判所の権限の下で、ベルギーのブリュッセル市で年2013年8月4日に発行された
この宣言は、9カ国語で発行されており、21カ国で公に宣言し、かつ全体にされています世界

ジョージDufort、法学部、裁判所の長官
2013年8月4日
ICLCJ - 04/08/13

脚注

1。国際法の下では、犯罪組織は、 "彼らの主な目的や活動として、コミットまたは助言した場合、可能性が高いの領収書につながる一つ以上の重大な犯罪の促進や手数料を持つ全国でまたは外で3人以上であるグループまたはグループ内の任意の人物...犯罪の促進により、材料の利点は、直接または間接的に、コミットまたは促進されている犯罪の知識を必要としたり、犯罪が実際にコミットされることはありません。 " (ブラックの法則辞典、また見www.itccs.org / ICLCJを、それが一般的な法裁判所によって有罪とされたためにバチカンによって犯罪の証拠のために)。

2。参照ニューヨーク·タイムズ、2013年7月11日:
Crimen Sollicitationisのコピーを参照してくださいwww.hiddennolonger.com、付録9。



3。を参照して、国連国際組織犯罪とプロトコルそこ禁止条約(2000年11月15日)、特に第5条、6および12。


4。参照www.itccs.org / ICLCJと2013年8月1日の付加ベンチ御用達オーダー。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
カテゴリ 文献手数料、イタリア、国際司法裁判所コモンロー裁判所、バチカン

ローマカトリック教会は、国境を越えた犯罪組織と宣言され
itccsによって2013年7月11日に投稿されました
犯罪行為と反逆を扇動するための教皇フランシス/ホルヘBergoglioに対して発行される国際逮捕令状
教会と国家の犯罪に国際法廷(ITCCS)から諮問グローバルメディア - 中央事務所

ブリュッセル:

7月11日に、教皇フランシスは、正式に公すべてローマカトリック教徒の間で犯罪行為を煽動彼の教会内で児童虐待の報告を禁止し、そのような虐待について話す人たちに対して破門を脅かすことで。

彼の行動によって、ローマ、ホルヘBergoglio、司教は、国境を越えた犯罪組織(2000)に対する国連条約の条件の下で、犯罪組織の長として逮捕·起訴に直面している。

"教皇フランシスは、自分の国の法律を破ると子強姦への援助と快適さを与えるために、世界のすべてのカトリック教徒を語って​​いる。それは単にひどく不道徳な行為が、戦争犯罪ではないが、彼は他の国の法律や主権を攻撃しているので、とそれらの人々の安全を脅かすことは、 "成功した昨年2月、旧ベネディクトや他のバチカン高官を起訴ジョージDufort、国際司法裁判所コモンロー裁判所のベルギーベースの事務を、コメントしています。

Bergoglioの声明を受けて、ITCCSは今日イタリアなど21カ国における関連会社への行動の次のプランをリリースしました:

1。ITCCS中央事務所は大逆罪、戦争犯罪と人道に対する犯罪的陰謀との充電でホルヘBergoglioと彼の仲間の即時逮捕のために、国際司法裁判所コモンロー裁判所の検察庁からベンチ令状を申請している国連の法則。ホルヘBergoglioと彼の仲間はすぐに国連の法律と正義の国際慣習法裁判所の後援と権限の下で、これらの犯罪のために拘留されたと公開裁判にかけなければならない。

2。2013年8月4日(日曜日)に、グローバル宣言は、ローマ·カトリック教会は、法の下で国境を越えた犯罪組織であることを宣言し、そのアクティブdisestablishmentを注文、その資金や財産を押収を含めて、その役員と聖職者を逮捕、発行されます:前述の国連条約によって犯罪者団体に対して認可されたアクション。

3。ローマカトリック教会のメンバーと聖職者は、ここに犯罪組織の仲間として逮捕の痛みに、資金調達やローマの教会への参加を控えるよう命じている。国民は、国際法に従って、ローマカトリック教会の富や財産の差し押さえを支援するために奨励されています。

このステートメントは、12の言語で発行され、21カ国で制定され、ジェノア、ローマ9月20-22、2013に計画国際コンバージェンスおよび埋め立ての一環として、イタリア、バチカン市国で含む。

ITCCS中央、ブリュッセルによって発行された

2013年7月11日




カテゴリ アクション:何をすべきか、イタリア、マスコミ、バチカン

米国およびカナダからのアップデート
itccsによって2013年7月10日に投稿されました
1。アメリカの虐待の生存者ネットワークはITCCSで団結 - ケビンアネットとの共同記者会見は、ニューヨーク市で9月2日に開催される
ニューヨーク:

3000人以上を受け入れ、米国で儀式虐待の生存者団体は、国内および国際的な子どもの人身売買ネットワークを公開するITCCSのノーベル平和賞ノミネートケビンアネットと力を合わせてきた。

著者と引退したセラピストジュディByingtonとニールブリック、ストップマインドコントロールと儀式虐待今日(SMART)の創設を含め、これらのグループの取締役は、ITCCSと提携しています。彼らは人身売買ネットワークと児童搾取、拷問と殺人の彼らの練習を点灯し、起訴に出すために他の国における牧師ケビンアネットとITCCSメンバーと積極的に取り組んでいます。

9月2日(月曜日)に、取締役はカルト虐待の生存者を団結し、公開し、有罪の人や機関を起訴するための共同キャンペーンのために彼らの計画を開示するためにニューヨーク市でケビンアネットとの共同記者会見を開催します。(時間と場所は、このサイト上で発表される)。

取締役は儀式乱用、悪魔的儀式虐待(SRA)と政府のマインドコントロールの生存者、そしてセラピストの数千人を表しています。ITCCSは米国、カナダ、イギリス、アイルランド、オーストラリア、南アフリカ、イタリア、フランス、スペイン、オランダなど、21カ国で50以上の生存者グループを表しています。

"我々は、彼らが国際的に資金、よく保護された虐待に直面しているので、生存者が国境を越えて団結することの必要性を認識しています、それは意志と裁判にこれらの犯罪者を置くために法的権限を持つ唯一の国際機関であるので、我々はITCCSに参加している、彼らのように'VEすでに完了 "Byingtonは言った。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2013年2月23日に、ブリュッセルに拠点を置く司法ITCCS系コモンロー裁判所は、前者教皇ベネディクトと人類と子どもの人身売買に対する罪を犯し、教会と国家の他の頭を発見し、それらに対して国際市民逮捕令状を発行した。教皇ベネディクトと枢機卿Tarciscioベルトーネのような他の起訴トップバチカン高官はその後彼らのオフィスから辞任した。

2007年には、児童レイプ、拷問、殺人や人身売買のグローバルな性質はに答え、20カ国から1,471虐待の生存者によって検証されたエクストリーム·迷惑行為の調査。

これらの未解決の犯罪の一つがジュディByingtonの本 "二十二つの顔、"ジェニー·ヒルの伝記に描かれている。
by kanakin_kimi | 2013-08-04 22:31 | Comments(0)

宇宙飛行の歴史

宇宙へ










by kanakin_kimi | 2013-06-30 22:19 | Comments(0)

イルミナティを洗い出せ 35

イルミナティは終焉する
そのはじまり 14

イルミナティが慌てふためき始めた。彼らの支配を直接受けてきた「世界市民の皆さん、彼らからはなれましょう」あなた達がいなければ、彼らは何も出来ないのですから。
いままで、あなた達が受けてきた理不尽ときっぱりたもとを分けましょう。あなたのためにも、世界の市民のためにも。





















http://www.youtube.com/watch?v=fLz6s38JNs0
















by kanakin_kimi | 2013-05-16 23:19 | Comments(0)

日本イルミナティ工作員 1

イルミナティは終焉する
そのはじまり 12

正倉院御物の中におさめられている宝物は、シルクロードを旅してきたユダヤ人商人によってもたらされているものがある。聖武天皇が奈良の東大寺大仏殿造隆を祈願し開眼法要が行われたとき、その商人達も列席していたのであろうか。全国から集まった護国神社からの宗派をこえた人々が般若心経を唱和しながら大仏殿に入り大仏の周りを回っていくのである。大仏殿の昭和大修築が完成して、聖武祭大仏開眼大法要が行われた時は、私もその行列に並んだ。自分の目で見、体で感じるのが一番だと常々思っている。あの時は、シルクロウドを通ってきたユダヤの隊商たちは大きな鼻の高い面を着けた人々であった。あの人達の日本に居残った人たちの中から「天狗」として敬われた人もいたようだ。
日本におけるユダヤ10支族伝説はその頃が起点ではなかろうか。




























by kanakin_kimi | 2013-05-11 13:27 | Comments(0)

宇宙の果てに、みんなの「念」でぶっ飛ばそう

イルミナティの終焉
そのはじまり 1

私は、金澤忻二です。真っ正面から向き合う事にします。
自分に自信があるならでてきてください。日本のイルミナティの関係者・中曽根康弘・小泉純一郎・私が知っているのはこれだけです。他にいるなら、名を名乗って見てはいかが。
イルミナティを
洗い出せ 22


芸能関係で、利用され・利用しつくされて殺された人々を明らかにしてください。
その仕組みを明らかにしてください。
政治関係で抵抗して殺された人々がいますね。すべてを明らかにしてください。
自然の災害や小さな集団オーム教などにすり替えていますが、阪神淡路大震災(117)・地下鉄サリン事件(320)・ 9 1 1 ・東日本大震災(311) など大量に殺されてきたのもすべて、イルミナティのしわざと云う事なのです。警察司法関係の市民の皆さん、腹をくくって明らかにしてください。
みなさん、ご存知ですよね。かれら「イルミナティの犯罪」予告である「人口削減計画」はこのようにして実施されているのですよ。このような大きな犯罪を見過ごしていては、どんどん犯罪は増えてくるのは当たり前なのです。
カナダの原住民の子供達が「イルミナティによって殺されてきたのが、今の調査だけでも50000人だということで、イルミナティの総本山ヴァチカン市国の教皇だったヴェネディクトほか枢機卿、カナダの大司教、イギリス王室のエリザベス女王ら30人に逮捕状が出されていますが、辞任劇を演じて逃げています。」
5月4日に裁判所へ呼び出しが発せられているはずです。 I T C C S の活動に注目しましょう。


by kanakin_kimi | 2013-05-02 21:10 | Comments(0)

火星の生物









http://youtu.be/RR656R7duuM
by kanakin_kimi | 2013-04-24 11:21 | Comments(0)