カテゴリ:惑星二ビル・シリーズ( 13 )

月は巨大宇宙船




















by kanakin_kimi | 2013-06-16 11:03 | 惑星二ビル・シリーズ | Comments(0)

巨大フレアとよもぎ(二ビル)

再接近か


























by kanakin_kimi | 2013-05-20 09:58 | 惑星二ビル・シリーズ | Comments(0)

古代都市

発掘アヌンナキ都市






by kanakin_kimi | 2013-03-30 22:35 | 惑星二ビル・シリーズ | Comments(0)

最新 情報を求めて

どこにいる
飛鳥昭雄氏の話を聞いていてもやもやしていたものが消えた。「生き物」という中に「地球」がある事に抵抗がなければ、「太陽」だって同じだという発想になる事に抵抗はなくなる。「エアーズロック」にのみこまれ「地球の子」を受胎して「太平洋」に浮かんだ。漫画「バロン」に「ガイア学」があった。あそこまではいかなくても、地球の磁場が弱くなって太陽風に人類がさらされる危険が増してくる恐怖は説得力がある。恒星や惑星が「生き物」としての「振る舞い」を見せることに「抵抗」がなくなった。
















by kanakin_kimi | 2013-03-30 21:08 | 惑星二ビル・シリーズ | Comments(0)

巨人伝説の考古学

ジャイアンツシンドローム

by kanakin_kimi | 2013-03-25 09:50 | 惑星二ビル・シリーズ | Comments(0)

アヌンナキ

アヌンナキ



富士山噴火

西日本に前兆か

放射能被害が鳥たちに現れた

フエークランディング




911WTC

by kanakin_kimi | 2013-03-21 21:34 | 惑星二ビル・シリーズ | Comments(0)

二ビルの軌道

二ビルは3600年周期で太陽を周回
しているのは本当か、プラネット-Xは二ビルなのか

















by kanakin_kimi | 2013-03-20 14:51 | 惑星二ビル・シリーズ | Comments(0)

二ビルにはじまる

宇野正美氏のおはなし






























by kanakin_kimi | 2013-03-18 14:23 | 惑星二ビル・シリーズ | Comments(0)

スコットランドの二つの太陽

二ビルは










by kanakin_kimi | 2013-03-14 10:58 | 惑星二ビル・シリーズ | Comments(0)

DA14惑星ライブ


by kanakin_kimi | 2013-03-04 13:49 | 惑星二ビル・シリーズ | Comments(0)