カテゴリ:戦争屋をたたき出す為に( 16 )

世界市民の闘い方・戦争責任の証拠固めを進めよう 16

戦争の終焉

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
戦争を作り出すメカニズムを事前に崩壊させる事

 「戦争の終焉」とは、戦争を作り出そうとする者の行動やその情報を素早く見抜き、それを把握して世界市民に公開する事によって「戦争を工作する意図をくじき、事後に戦争責任を裁判で問うため、損害賠償を負担させる事が出来る状態にする事である。そして、何よりも人身災害にいたる戦争を起こさせない、戦争を作り出すメカニズムを事前に崩壊させる事である。」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 そこで、戦争の本質を認識するために歴史の骨格を見てみようと考えた。
 
掠奪の戦争 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

古代から近世までの戦争は、掠奪の戦争であった

 「掠奪の戦争」は、「他の人または国などの土地及び資産を暴力装置を駆使して掠奪する事によって、その人または国土などの支配を貫徹しようとするのである。」したがって、その国土にすんでいた人々が生き続け、取り返さない限り全ての所有していたものは掠奪されるのである。その掠奪の徹底ぶりは、「英国王室などを見れば一目瞭然である。自国民にさえその掠奪は徹底しているようだ。英国王室の土地の所有権を示すものは、とてつもない程の「英国王室の掠奪ぶり」を示している。
 そして、それを世界に敷衍(ふえん=おしひろげる)したのである。それが現在の「世界政府」への狙いだったのであろうと思われる。


掠奪の歴史と文化
 したがって、掠奪のさまざまな類型を示す歴史があり、そこから形成され残された文化がある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
つぎに、近世の中で育まれ、現在にいたる時代の中で発生したのが「収奪の戦争」である。


収奪の戦争
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

近代現代の戦争は収奪の戦争である

 国家が生まれると法律が生まれる。おおっぴらな掠奪が認められなくなった時代においては、それに変わる方法が発明された。それが「国家の収奪」である。どういう事かというと、「掠奪」には、「国家」という囲い込みの必要がなかったのである。ところが、「掠奪の国際化」がおこり、国家支配の囲い込みが発生して、国家支配間の掠奪戦争という形態になってきた。それにいち早く着目したのが「ロスチャイルド・アムシェル」であった。「国家が生まれた時に国家間戦争が発生する。その国家間戦争を稼ぎの場」としてみたのだ。ドイツ・フランス・イタリア・イギリス・オーストリアなどヨーロッパのみならず兵站となるあらゆる兵站に家族を配置して、国家と国家の戦争をコントロールして、収奪国家から収奪するシステムを作ったのである。あるいは、今日においては、原子力発電を買わせて使わせる事によって使えば使う程、廃棄物処理に金が懸かり、借金漬けにして国家支配をするという事までやるにいたっている。
 放射能コントロールが出来ない国家は全て支配する。という地球上究極の収奪支配システムを作ったのである。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 さて、これらの収奪戦争に対峙するためには、原子力発電のないところは絶対にそれを導入しない事であり、あわてて原子力産業を興す事はなく、フリーエネルギーを活用する技術を開発し、それを普及させる事で、その基礎研究から始めればよいのである。既に原子力発電所を導入した国は、廃炉にして、放射能コントロール技術を研究する事、既に開発しているリニア技術を反重力機関へと転換し、集中させ早急に仕上げることである。
 その技術は、地球を奇跡の地球として守ってくれていた「地場コントロール」につながるものであり、「太陽系軌道の安定化技術」にも繋がる、人類の生命線となるだろう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 



 
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

認識錯誤の反省と追究

 わたしは、いつから自分の中での日本の過去について封印してきたのか。その原因は何なのかを突きつけられ考えてきた。何を言っても自分の不勉強だけが明らかになってしまう。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
by kanakin_kimi | 2014-03-06 21:15 | 戦争屋をたたき出す為に | Comments(0)

世界市民の闘い方・戦争責任の証拠固めを進めよう 15

戦争の終焉
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
戦争を作り出すメカニズムを事前に崩壊させる事

 「戦争の終焉」とは、戦争を作り出そうとする者の行動やその情報を素早く見抜き、それを把握して世界市民に公開する事によって「戦争を工作する意図をくじき、事後に戦争責任を裁判で問うため、損害賠償を負担させる事が出来る状態にする事である。そして、何よりも人身災害にいたる戦争を起こさせない、戦争を作り出すメカニズムを事前に崩壊させる事である。」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
世界市民の闘い
 いままで、自分の国が世界で最も進んでいる国だと思っている人にとっては、今日の状況が信じられないと思うでしょう。日本からアメリカという国を見た場合に、何故いつまでも銃を持たなくては安心できないのかとか、何故国民健康保険が国の法律で決められていないのか、それがやっとオバマ大統領になって立法化された。それも何故議会で7票差という反対の意見を持つ議員が多いのか不思議でなりませんでした。そんな議員は一体誰のために働いているのか常識では考えられない事だからです。
 結局、アメリカという国の実態が「大金持ちに支配されている度合いが日本よりもより大きく、金持ちに支配されている議員が多いという事なのですね。」だとすれば、それを変えるしかありません。いま、警察国家のようにシステムが変えられているという事ですが、考えてみてください。
警察官も、検察官も、一般の人々のほとんどは世界市民ではありませんか。
 マヅ、そこから気づく事です。そして、信頼関係を作っていく事です。皆、大金持ちの「ロスチャイルド・イルミナティ」にいいように振り回され、分断されて、分裂支配されているのです。
 法律なんかは「世界市民が決めればいいのですから、支配機構の大金持ちのために決めた法律なんか無視すればいいのだ。」
 それでなくても、最大多数のアメリカ市民を無視してアメリカを支配するなんて逆さまな事を奴らはしているのですよ。これは、もう無政府状態なのです。圧倒的に少数の大金持ちが最大多数のアメリカ市民を支配するための支配機構なんて無視すればいいのです。
 
by kanakin_kimi | 2014-03-06 12:59 | 戦争屋をたたき出す為に | Comments(0)

世界市民の闘い方・戦争責任の証拠固めを進めよう 14

戦争の終焉

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
戦争を作り出すメカニズムを事前に崩壊させる事

 「戦争の終焉」とは、戦争を作り出そうとする者の行動やその情報を素早く見抜き、それを把握して世界市民に公開する事によって「戦争を工作する意図をくじき、事後に戦争責任を裁判で問うため、損害賠償を負担させる事が出来る状態にする事である。そして、何よりも人身災害にいたる戦争を起こさせない、戦争を作り出すメカニズムを事前に崩壊させる事である。」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
戦争は、経済・政治の延長という経済法則にしたのは、人命無視・利潤追求のロスチャイルド・イルミナティ
 それを最も巧妙に利用し続けた実践者が「ロスチャイルド・イルミナティ」である。支配する為には何でも利用する事だという事を歴史的に世界史の中に残してきたのも「ロスチャイルド・イルミナティ」である。
今回の「ウクライナクーデター側に100億ドルの援助をしたのもロスチャイルド・イルミナティ」である事が分かっている。経済法則の必然だと云っている経済学者は、「ロスチャイルド・イルミナティ」のまわし者の腰巾着だ。そんな奴は世界市民のための学者じゃあない。だから、そんな学者は戦争責任を問う対象にするべきだろう。
by kanakin_kimi | 2014-03-05 09:48 | 戦争屋をたたき出す為に | Comments(1)

世界市民の闘い方・戦争責任の証拠固めを進めよう 13

戦争の終焉
やはり、戦争屋のロスチャイルド・イルミナティがウクライナで戦争をやらせようとクーデター資金を出していたようだ
 なんだか、唐突にイスラエル大使館が「アンネの日記の本を破る事件」について問題化してきたと思ったら、やはりロスチャイルド・イルミナティの腰巾着だから、ウクライナ問題と連動して日本への牽制球と恫喝をあわせてほおってきたという事のようだ。イスラエルの諜報機関モサドを作ったのがロンドン5代目頭首のヴィクターというロスチャイルド・イルミナティで、現在の頭首はナサニエル・フィリップという。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ネットのニュースを拾い読みで示す

アメリカのオバマ政権で、重要な位置に居るヌーランド国務長官補の通話記録が暴露されました。この暴露された通話記録にはウクライナに関する情報が入っており、その中で政府指導者などをアメリカ側が事前に選出していたとのことです。

海外メディアの報道した記事によると、ヌーランド国務長官補らは「ヤツェニュクが将来の政府のトップとして最適だ。クリチコとチャグニボクは蚊帳の外にいるほうがよい。国連がまとめ役であるのはよいことだ」等と話していたようで、これは非常に重要な情報だと言えるでしょう。

この通話記録が公開されたのは2月上旬なので、ウクライナの政権が転覆する前の時期ということになります。ちなみに、ジェニファー・プサーキ国務省報道官らは、この通話記録を本物だと認めました。また、「ヌーランド長官補はEUの外交官らに対して謝罪をした」とも報道されています。

今回のウクライナ騒動をEUとアメリカが仕組んだと見ていましたが、やはり、それは間違っていなかったようです。ウクライナの議員が「欧米のスパイが反体制派に100億ドルを支援した」と暴露していますし、今回の件でウクライナ騒乱はアメリカとEUによるデッチ上げでほぼ確定です。
↓ユーチューブに投稿された通話記録

☆Марионетки Майдана

☆ヌーランド国務長官補とパイエト大使の会話 ウクライナの綱引き EUから米国へ (ビデオ)

URL http://japanese.ruvr.ru/2014_02_07/128416921/

動画投稿サイト「ユーチューブ」には、米国のヴィクトリア・ヌーランド国務長官補とジェフ・パイエト駐ウクライナ大使の電話会話が投稿され、ロシアとウクライナには不満が、EUには混乱が巻き起こっている。

電話会話のなかでは、「バチキフシナ」のアルセーニー・ヤツェニュク代表や「ウダール」党のヴィターリー・クリチコ党首、「スヴァボーダ」党のオレグ・チャグニボク党首など、ウクライナの野党勢力で活動する政治家らを今後どうしていくかが議論されている。

ヴィクトリア・ヌーランド国務長官補と思われる声が、「クリチコは政府に入る必要はない。良い考えではない。」と話しているのに対して、男性の声は「彼には蚊帳の外にいて、自分の政治的活動をさせて置けば良い。」と答えている。

また彼らはヤツェニュクが将来の政府のトップとして最適だと話しており、クリチコとチャグニボクは「蚊帳の外にいるほうがよい」とも話している。

またパイエト大使はヌーランド長官補に対して、「もし彼らと直接話してもらえれば、三人の役割をはっきりさせることができるだろう。」と進言している。

ヌーランド長官補は、ウクライナ問題担当の国連特使であるロバート・セリ氏がパン・ギ・ムン国連事務総長に対して米国の立場を伝えるはずだ、と指摘しており、「国連がまとめ役であるのはよいことだ。EUは口出ししてくんな(fuck Eurounion)。」と話している。

ジェニファー・プサーキ国務省報道官は、これが本物の会話であることを認めており、AFP通信が伝えたところによれば、ヌーランド長官補はEUの外交官らに対して、失礼な言葉があったことについて謝ったという。

ロシアの政治学者セルゲイ・マルコフ氏は、すでに米国はEUに代わってウクライナの野党勢力を指導しており、ロシアに対する外国からの圧力を増してきていると指摘している。またウクライナのオレグ・ツァレフ上院議員は、米国からの現金輸送箱が外交郵便で届く様子を映したビデオを公開している。マルコフ氏は、「ロシアの隣国で米国の特務機関がクーデターを計画していることをオバマ大統領は知っているのだろうか?」と話している。

またウクライナでも今回の会話をきっかけに憤りがつのっており、ウクライナ人民解放運動のサイト上では、「米国はどの野党がどのような役割を果たすべきかを直接指図している。国務省と米国大使が、ウクライナ政府に入るべき人物を選び、どのような話し合いが行われるかまで決定しているのだ。」と指摘されている。

☆ウクライナ議員:外国のスパイがウクライナのクーデターに100億ドル以上の資金を援助した

URL http://japanese.ruvr.ru/2014_02_23/129063937/

ウクライナのコレスニチェンコ地域党議員は、同国で起こっている出来事について、「外国のスパイ」から資金援助を受けていると述べた。

コレスニチェンコ氏は、「キエフの状況は1年以上かけて準備された。外国のスパイたちは、クーデターを起こすために、最近数年間で100億ドル以上の資金を提供した。スパイたちは、非政府組織を装って最高会議で活動している」と述べた。

コレスニチェンコ氏はこれより先、ウクライナで起こっている出来事は、「欧州と米国が計画したクーデターだ」と述べている。

ウクライナ議員:外国のスパイがウクライナのクーデターに100億ドル以上の資金を援助した

23.02.2014, 10:00
ウクライナのコレスニチェンコ地域党議員は、同国で起こっている出来事について、「外国のスパイ」から資金援助を受けていると述べた。

コレスニチェンコ氏は、「キエフの状況は1年以上かけて準備された。外国のスパイたちは、クーデターを起こすために、最近数年間で100億ドル以上の資金を提供した。スパイたちは、非政府組織を装って最高会議で活動している」と述べた。
コレスニチェンコ氏はこれより先、ウクライナで起こっている出来事は、「欧州と米国が計画したクーデターだ」と述べている。

ウクライナ新政府は勝利の果実を人権と基本的自由を攻撃するために利用する構えだ―露外相
英ヘイグ外相「ウクライナに1千万ポンド緊急援助」
マスコミ:米国政府とeBayの創設者 「ユーロ・マイダン」の準備に資金を提供
プーチン、クリミア問題について独メルケルと合意
ウクライナ軍人3000人、クリミアの民への忠誠を誓う
ロシア外務省:「マイダン政府」は実質的な国内政策に取り組む必要がある
プーチン大統領 ウクライナに関するロシアの措置は適切


7.02.2014, 13:18
© Flickr.com/openDemocracy/cc-by-sa 3.0
動画投稿サイト「ユーチューブ」には、米国のヴィクトリア・ヌーランド国務長官補とジェフ・パイエト駐ウクライナ大使の電話会話が投稿され、ロシアとウクライナには不満が、EUには混乱が巻き起こっている。

電話会話のなかでは、「バチキフシナ」のアルセーニー・ヤツェニュク代表や「ウダール」党のヴィターリー・クリチコ党首、「スヴァボーダ」党のオレグ・チャグニボク党首など、ウクライナの野党勢力で活動する政治家らを今後どうしていくかが議論されている。
ヴィクトリア・ヌーランド国務長官補と思われる声が、「クリチコは政府に入る必要はない。良い考えではない。」と話しているのに対して、男性の声は「彼には蚊帳の外にいて、自分の政治的活動をさせて置けば良い。」と答えている。
また彼らはヤツェニュクが将来の政府のトップとして最適だと話しており、クリチコとチャグニボクは「蚊帳の外にいるほうがよい」とも話している。
またパイエト大使はヌーランド長官補に対して、「もし彼らと直接話してもらえれば、三人の役割をはっきりさせることができるだろう。」と進言している。
ヌーランド長官補は、ウクライナ問題担当の国連特使であるロバート・セリ氏がパン・ギ・ムン国連事務総長に対して米国の立場を伝えるはずだ、と指摘しており、「国連がまとめ役であるのはよいことだ。EUは口出ししてくんな(fuck Eurounion)。」と話している。
ジェニファー・プサーキ国務省報道官は、これが本物の会話であることを認めており、AFP通信が伝えたところによれば、ヌーランド長官補はEUの外交官らに対して、失礼な言葉があったことについて謝ったという。
ロシアの政治学者セルゲイ・マルコフ氏は、すでに米国はEUに代わってウクライナの野党勢力を指導しており、ロシアに対する外国からの圧力を増してきていると指摘している。またウクライナのオレグ・ツァレフ上院議員は、米国からの現金輸送箱が外交郵便で届く様子を映したビデオを公開している。マルコフ氏は、「ロシアの隣国で米国の特務機関がクーデターを計画していることをオバマ大統領は知っているのだろうか?」と話している。
またウクライナでも今回の会話をきっかけに憤りがつのっており、ウクライナ人民解放運動のサイト上では、「米国はどの野党がどのような役割を果たすべきかを直接指図している。国務省と米国大使が、ウクライナ政府に入るべき人物を選び、どのような話し合いが行われるかまで決定しているのだ。」と指摘されている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「ロスチャイルド・イルミナティ」の戦争犯罪の証拠だ
オバマ大統領の頭越しでやられているという事だろうから、それをアメリカというべきでないし、EUの場合も同じであるから私はすべからく「ロスチャイルド・イルミナティ」ということにしている。


by kanakin_kimi | 2014-03-04 12:11 | 戦争屋をたたき出す為に | Comments(0)

世界市民の闘い方・戦争責任の証拠固めを進めよう 12

戦争の終焉
戦争は、暴力による、一方から他方への専横である。そんなやり方が解決方法ではない事が、この繰り返しに示されている。
 私は日本に住んでいるから、ウクライナの積み重ねられた怨(うら)みや辛(つら)み・願いや祈り・希望や祟(たた)り、それらがない交ぜられているだろう事は推測できるけれども、何がみんなの和解に役立つのか知恵を絞り出す事が出来ないでいる。ただ、こういう事は出来る。「絡(から)み合った糸を、解きほぐす為には、引っ張り合ってはいけない。引っ張り合うと、絡み合っているところに絡み瘤(こぶ)ができる。そして、強く引っ張ればその瘤は固くなって、解きほぐす事が困難になる。強引に引っ張って自分の手元に引き寄せても、それは糸が切れてしまったのであって、そこに怨みが残り祟りが残っているだけだ。祟りや怨みは、必ずいつかは吹き出してくる。だから、先ず引っ張り合う事をやめる事だ。解決のむづかしい部分、つまり絡み瘤の固くなっている部分は後回しにして、緩んだ絡みから順番に慌てず、たゆまず解きほぐしていけばいいのだ。その努力こそが解決の宝なのだと、」
by kanakin_kimi | 2014-03-04 09:34 | 戦争屋をたたき出す為に | Comments(0)

世界市民の闘い方・戦争責任の証拠固めをしよう 11

戦争の終焉
ウクライナにしろロシアにしろ、戦争の責任をとれるのか、ロスチャイルド・イルミナティに踊らされているなら、その証拠を掴んでおけ
 もはや戦争という手段による解決などあろうはずがないのだ。それを承知しているのか、ただ感情的に騒いでいるならその責任はそこにあるのだぞ。
by kanakin_kimi | 2014-03-03 22:37 | 戦争屋をたたき出す為に | Comments(3)

世界市民の闘い方・戦争責任の証拠固めを進めよう 10

戦争の終焉 
 「アンネの日記」の本の破損事件に対してイスラエルが反応したようだ。しかし、それをどのような人物がヤッタにせよ、311東北震災大津波事件を自分がやらせたと表明していたネタニヤフとはずいぶんおもむきが違うのではないかと思うのである。
 わたしは、これは「やらせ」であろうと思う。だからすぐに「反応した」のであろう。そもそも、「ユダヤ人ホロコースト」の事件について、世界でその真相が語られた事があったであろうか。「ナチズム」を一体誰が作り上げていったのかという事の真相と戦後のナチの上層部をヴァチカンがかくまったり、ロスチャイルドイルミナティが使っているのである。そういうことがとわれずにきたのである。
 日本人が「アンネの日記」に反発するはずはないのである。「水に溺れた犬をたたく」がごとき諸行は、日本の中で育った人には出来ない。誰がやるかははっきりしている。イスラエルが下僕の韓国人にやらせたのである。何故かというと、戦争をやらせたがっているからである。ユダヤ人の下僕にドイツ人への挑発をやらせ、ナチを作らせ、背後で資金援助し政権党に発展させ、ユダヤ人への恐怖を募らせる。ユダヤ人企業家が一般ドイツ人への企業からの閉め出しをする。金持ちはユダヤ人に多くいたのである。その相互反発を作り出したのはイスラエル建国を進めていた、モサドを作ったヴィクターと云う大金持ちのロスチャイルド・イルミナティだったのだ。これと同じ事をいま韓国人に日本たたきをやらせている反日暴動こそ、ナチズムを日本に誘発する謀略をしているのだ。だから、その一環だろうと云っているのである。
 日本にナチス党を作らせ、在日とKCIAに反日暴動をさせる。在韓米軍の撤退を早め、韓国軍特殊部隊などを日本占領に先導する。日本の自衛隊がそれに対応するとそこで何が起きるか。彼らロスチャイルドイルミナティはホロコーストをさせたがっているのだ。韓国軍に日本を占領させる事などはなから期待しているわけではないのに韓国上層部を挑発しているのである。
 だから、私は日本人にも冷静になって考えるように提起しておきたい。日本に長期に滞在している在日の人々にも「日本を大切にしていく考えを行動で示す事」一緒に日本という国を育てていくという事を示す事だろう。そうでなければ日本という国にすんでいる意味がないからである。日本人も、「森羅万象の精霊を敬い、生きとし生けるもの死にとし死ぬるものの八百万の神々を尊崇する考えと心構えとそれを実践する覚悟を改めて反芻してほしいのである。」
by kanakin_kimi | 2014-03-03 10:43 | 戦争屋をたたき出す為に | Comments(0)

世界市民の闘い方・戦争責任の証拠固めをしよう 8

戦争の終焉
戦争を作っているものがいる。その戦争屋をたたき出す為に、戦争屋が行っている、戦争作りの下ごしらえの証拠を、見つけ出し、証拠を積み上げ、裁判所に提訴しよう。
 世界で、1%以下のものが、世界の半分以上の資産を独占しているという。そのデータや資料は十分あるのだ。地球という環境を共有している地球上の生物が生存しているが、その一部である人類のその1%以下のものによって地球上の半分以上の資産を独占しているというのだ。それを「異常な事実」と社会的に認めていないのであろうか。それを「不法な事実」と社会的に認めていないのであろうか。
 その「異常な事実」「不法な事実」が、今日まで「積み上げられている事実」が社会的に認められていないのである。
 なんということでしょう。どのような「手品」、いかなる「マジック」によるものか、公式の機関は無視し続けているのである。
 そこで、いよいよ「公式とは何なのか」という事がとわれる事になる。「真実が報道されない、ジャーナリズム。」不法な事が「社会の根本的な公的機関が正さないシステムとなっている。」異常な事が「社会の根本的な公的機関が正さないシステムとなっている。」という事実が積み上げられてきた。
 さて、これはもう社会の公的機関を運営する全てのシステムが「無政府状態」である事を示しているという事だ。現実には、それぞれの部署にいる人々の配慮でその異常さに対して、「ホロー」しながらしのいできていると云っていいのだろう。
 そうなのです、もはや従来のシステムは立ち行かなくなってきていると云っていいでしょう。だから、アメリカでは金持ちが逃げ出しているという状況がそれなのです。
 「ドルの崩壊」の隙間を狙って「ビットコイン」を利用したように。「権力の崩壊」のすきまをねらって「資産隠しをしている」のだ。それを、世界市民に見られないようにしようと「戦争を作っている。」
世界市民は冷静に奴らの動きを捕まえてください。チェック・チェック、監視監視・公開公開。これで阻止しよう。そして、裁判は I T C C S 方式でやろう!!
by kanakin_kimi | 2014-02-27 22:39 | 戦争屋をたたき出す為に | Comments(0)

世界市民の闘い方・戦争責任の証拠固めをしよう  7

戦争の終焉
世界市民裁判所で・戦争屋達を裁く準備を進めよう
 ITCCS は世界市民裁判の先駆けだ。カナダの原住民の子供達50000人以上をサタニズムの儀式などで殺してきた。ヴァチカンと英国王室エリザベス女王・教皇フランシス・ヴェネディクト・枢機卿・大司教ら30人以上に対する25年以上の刑で逮捕状が出ている。
 それをバックアップしているのが「世界政府」と自称している300人委員会・「ロスチャイルド・イルミナティ」が全ての権力を総動員して、世界市民の目を外に向けさせる為に「あっちこっちで紛争を起こさせ」全く報道をしない。
 
ITCCSの裁判闘争に注目
by kanakin_kimi | 2014-02-25 21:44 | 戦争屋をたたき出す為に | Comments(0)

世界市民の闘い方・戦争責任の証拠固めをしよう 6

戦争の終焉
世界市民裁判所で・戦争屋達を裁く準備を進めよう
 ITCCS は世界市民裁判の先駆けだ。カナダの原住民の子供達50000人以上をサタニズムの儀式などで殺してきた。ヴァチカンと英国王室エリザベス女王・教皇フランシス・ヴェネディクト・枢機卿・大司教ら30人以上に対する25年以上の刑で逮捕状が出ている。それにもかかわらず、彼らは逃げ回っている。それをバックアップしているのが「世界政府」と自称している300人委員会・「ロスチャイルド・イルミナティ」が全ての権力を総動員して、世界市民の目を外に向けさせる為に「あっちこっちで紛争を起こさせ」全く報道をしない。それもそのはずで、およそそれらの公的機関と云ってきたものは彼らの支配下に組み込まれてきたからである。民間企業のオーナーはかれら「ロスチャイルド・イルミナティ」だからである。これは、まさに彼らが「無政府状態」にしているわけであるから、世界市民は、世界市民の地球に取り戻す事を彼らが示してくれたのだ。さあ、世界市民の為の地球にして、宇宙連合と平和な宇宙を作り上げていく時が来た。
 放射能汚染を早く止め、これ以上染色体を傷つけないようにしなければ、宇宙の人々の悲願を崩壊させる事になる。その悲願の成就こそが、宇宙の人々が「奇跡の地球を維持する為に、月の軌道・惑星の軌道・太陽の活動のコントロールをしてくれていたのだ。それがなければ、地球は存在しなかっただろう。彼ら宇宙の人々の悲願は、私たち世界市民の自分たちを守る為の闘いであるのだ。放射能汚染を生じるものは全て停止させるようにする事だ。河を海を汚染から守る事を研究しよう。
 
ITCCSの裁判闘争に注目
by kanakin_kimi | 2014-02-25 21:44 | 戦争屋をたたき出す為に | Comments(0)