<   2006年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

オーラ・ラインとオーラ・ポイントから何が見えるか 2

前回、オーラは人の思いがなくなると失われる、と書いた。しかし、これは全てではない。どういうことかというと、人間を主にして言えばほぼ正しいが、他の生物を含めて言えば誤りであることが明白になる。
オーラは、人間だけが発しているわけではないからである。とりわけ、日本の寺院・神社・仏閣の基本土台は、「山・岳」「火山」「石・岩」「河川・湖泉・滝・海」のそれぞれの場所とその所に棲息する全ての「生き物」の発する「気」を受け入れる所から出発している。
これらは、天皇制が成立する以前からあるものである。そして、何万年もの時のながれのなかで、連綿と持ち続けているものであり、とりわけ縄文時代の中で成立したといってもいいものである。それは、万世一系というような小さな枠のものではなく、万物の中に宿る精霊を敬うことを旨としたもので、これが今日まで人類が積み重ねてきたものの中で、どれほど平和であるかわかりそうなものである。象徴としての天皇制が「万物の中に宿る精霊を敬う」ことを「司祭」する役割としてのものであるならば全国民に受け入れられるであろう。
世の中には誤解させるものと、誤解させられるものがいる。しかし、物事は「原理」でかんがえればいい。ごかいさせられることもないだろうし、況やだまされたと思うこともないだろう。だから、と言わせてもらうが、漫画「柔道一直線」の主人公の師「車周作」は「万物これ師たらざるはなし」というのである。
つまり「受け取る側がしっかりしろ」といっているのである。発する側は、それなりの根拠を持って云っているつもりなのだ。それが、やたらめったらたくさんいるのである。「受け取る側がしっかりしなければ」、わけがわからなくなるのである。
「情報が氾濫している」と受け取るのは情けない話ではないか。これこそ「受け取る側がしっかりしろ」と突きつけられていることなのである。
自分の中に、全ての事象を、それがどのような原理で生じているかを考える習慣を身につけておけばよいのである。
by kanakin_kimi | 2006-01-30 10:48 | なにかがわかる | Comments(0)

オーララインとオーラポイントから何が見えるか

神社・寺院・仏閣・山岳・古墳・遺跡など人の思いが集中しているところは、オーラが発生している。そう私は感じている。「杜」(もり)にはこのオーラがなければいけない。
オーラは、人の思いがなくなると失われる。
自然の中にあって、ピーンと人の思いを包み込んで、ひんやりとした「清浄な精霊」となしているものなのである。
そして、それを容れる器と結界を形成しているのが神社であり、寺院・仏閣である。
この作用をさらに大きく広げて「結界」を作っている場合が多々みられる。例えば、政事(まつりごと)を行う場所を建築するような時、昔から風水の手法を使って、「縄張」の場所や方位の設定を考え、建築するようである。そこで、「オーラ」が「人のどのような思い」を示しているのかを地図の上に見てみようというのである。
地図に示されている神社・仏閣・寺院を表示するマークを○印で囲む。この○印が三つ以上直線上に並ぶ場合直線を引く。
これが、「オーラ・ライン」である。
二つ以上の「オーラ・ライン」が交わるところが「オーラ・ポイント」である。
一つの「オーラ・ポイント」で交わる「オーラ・ライン」が多くなるほどその「オーラ・ポイント」は強力であり、人の思いを蓄積していることを表している。
写真は、静岡県藤枝市、島田市、焼津市、岡部町、金谷町の一部を含む5万分の一の地図ですが、これで実験をしてみた。(容量が大きくて入れられなかった)
これを見ると、地図の左下にいくつものオーララインが交差するオーラポイントがあるのがわかる。そのひとつで、最も強力なオーラポイントが島田市の静居寺の右下にある「伝心寺」で、駿河十三宿の元締めをしていた桑原家の菩提寺である。その裏山を少し登ったところに墓域が広がり左奥の木の陰に桑原藤泰の墓がある。知る人ぞ知る「駿河記」の著者である。 
                                                
by kanakin_kimi | 2006-01-01 09:38 | なにかがわかる | Comments(0)