<   2009年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

写楽 鎮魂 5

寛政6年5月から寛政7年1月の間10ヶ月の歌舞伎に関わった役者の肖像画を描いたということはおぼろげながら理解できても、どのような内容で、写楽がその中からどうしてあの部分を切り取ったのか、さっぱりわからなかったのである。

いつもの古書店で探していて見つけた。表紙に写楽と書いていたらすぐ手にとってしまう癖がいつの間にか出来ている。
昭和62年5月20日第一刷発行の渡辺保著「東洲斎写楽」は、著者が「演劇評論家」だけあって、歌舞伎に対する造詣が深く、大変貴重な資料となった。

この著者の「写楽像」は、結論は「狂言作家・篠田金治」としているが、私には何故そうなるのかよくわからない。というのは、指摘されている「過程」と「結論」に大きな落差と言うか乖離を感じるのである。

「写楽絵」は、「役者のブロマイド」ではなくて、「芝居の内容を描く絵」「一人一人の役者の姿よりも作品の内容を描こうとした」のだとしている。さらに、「写楽絵」の作者は、「芝居絵の世界のよそものである」、そして、「芝居を見ることができない人間のために、芝居の内容を伝えようとした」といっている。

この貴重な的を射た指摘にも関わらず、何故その目的の対象を「狂言作家・篠田金治」という市井の「一般芝居観劇者」に視点がいっているのか合点がいかないのである。

私は、「写楽絵」を書いた目的は渡辺氏が言われているところとほぼ同じであるが、「上方文化・京文化の錦絵や芝居作品とは違う坂東文化・江戸文化・徳川文化を象徴する錦絵や芝居作品」を創らせたかったのではないかと考えるのである。
 従って、作者の名も上方の錦絵の創始者である「西川祐信」に対抗して、坂東・江戸の「東洲斎写楽」としたところにその目的を象徴しているのではなかろうか。そして、それをみせたい対象は「松平定信ら」支配階級のものであったのであろうと思う。
 だから、「大谷広次」も「団十郎」も勿論描いているはずだと思うのである。それなのに、なぜ「黒キラ刷り」の方に回ってこなかったのかというところには別の重要な意味合いがあるはずである。
おそらく、それは「黒きら刷」の原本の「黒きら」を洗浄した時に浮かび上がってくるのではないかと思うのである。
by kanakin_kimi | 2009-03-18 18:09 | 写楽鎮魂 | Comments(0)

写楽 鎮魂 4

「秘密にする強い必要性」とは何か。

近所の「古書店」でいつものように手頃な古文書はないかと特別何の目的というものもなく探していた。ふと手にとった和本に「星月夜萬八実録 四(巻7/8)(天明六年)」と読める写本があった。

見てみると、田沼意次やその子意知に関するずいぶん執拗な、誹謗・中傷するもののように思われ、これはなんだ!と、すぐ購入した。著者は「林泰教(はやしやすのり)」とある。この著者の名で検索しても「星月夜萬八実録」の翻刻本が売られている事がでるだけで、「著者/林泰教」氏の事についてはわからなかった。そこでとにかく全体像を知りたいと思い「翻刻本/星月夜萬八実録/翻刻者棚橋宗馬」を購入した。
翻刻者によれば、翻刻するに際し、自分の所蔵する写本だけでなく、東京大学図書館、天理大学図書館の所蔵する写本で校訂して、翻刻作業を行ったとしている。

私の斜め読みしたところでは、「田沼政権失脚を狙って」「水戸治保卿によって意次罷免を成し遂げ」た「松平定信」が、特定できないが松平につながる林述斎を連想させる人名「林泰教」をもって限定出版したものであろうと思われる。

この「星月夜萬八実録」は全部で十巻になる。棚橋宗馬氏の翻刻活字本は、現代文を含めて193頁である。

何故このことを「写楽 鎮魂」に書くのかというと「秘密にする強い必要性」が「松平定信」と関係するからである。それに「星月夜萬八実録」等という命名も洒落た事をするではないですか。
by kanakin_kimi | 2009-03-13 17:53 | 写楽鎮魂 | Comments(0)

みんなが賢くなるためのシステムづくり 1

犯罪被害であり、自然災害被害であり、医療事故被害であり、その他様々の災害・事故被害が発生しています。
「闇サイトで連絡しあった3人が、全く関係のない一人の女性を金槌で殴り殺して現金等を強奪した事件があった」
 その判決が近いうちに出されるという事で、鳥越・長野キャスターがこれの報道をしているのを見た。
 長野さんが犯人たちに接見取材しているのを見てふと思ったのだが、「犯人達の一つ一つの言葉には、何の反省も見られない、それどころか、人の命を何と軽々しく考えている事か腹立たしさを通り越して、唖然としてしまったのか、インタビューの質問の言葉を見失ってしまっているように見られた。」
 彼らが吐いた言葉は、「自分自身を捨ててしまっている人の言葉」であった。
 彼らが吐いた言葉は、「自分の人格を失った所からの言葉」であった。

これでは「闇サイト」をいくらなくしても解決するものではないと思った。彼らを死刑にしたところで何の見せしめにもならないだろう。悪循環の「闇」を深めるだけだ。

彼らが、何故自分を捨ててしまったのか、何故自分を大切に出来なくなったのか、自分の頭で考えられるようにしなければ、「彼等自身の反省を見つける事は出来なかろう」とおもうのだ。
戦争状態では大量殺人が国家的に許されているのに、その国家が非戦争状態では殺人を許さないという、この矛盾を解決できない人に国家は何を言えるのか。

戦争状態と非戦争状態は、何を以て区別するのか、”それがわからなくなってしまった者”に国家は何を言えるのか。

この矛盾を解決するには、何故「自分を捨ててしまっているのか」、何故「自分の人格を失ってしまったのか」、そこからみんなが学ぶしかあるまい。



 
 
by kanakin_kimi | 2009-03-08 18:16 | 世界革命 | Comments(0)

写楽 鎮魂3

しかし、上方浮世絵師が蔦屋で仕事をしていたというはなしは聞かない。
あるとすれば、寛政五年十月頃上方から十年ぶりに江戸に帰ってきた重田市九(十返舎一九)が並木五瓶
の紹介で山東京伝に、また京伝の紹介で蔦屋で仕事する事になったという事実である。
ブログ「求愚庵日記」の草舎人(伊藤公芳)氏による「十返舎一九伝」では、上方で錦絵を創始した流光斎の弟子の松好斎を江戸に呼び寄せ、松好斎を中心に、第一期は松好斎が、それ以降は一九が担当して「写楽絵」が版行されたとしている。
わたしは、上方の錦絵も「写楽絵」につながる要素があることをはじめて知りました。
しかし、私には腑に落ちない「オリ」がのこりました。それは、強力に「秘密」にしなければならない要素です。
「写楽」の正体を秘密にしなければならない「強力な要素」とは何なのか。それを明らかにしなければ、「写楽」も浮かばれないだろう。
WBCの日本:韓国戦で、14:2の7回コールド勝ちという凄みを見せてしまった。見ていると政治的指示に従っていたものとガチンコ勝負に力を発揮したものとの色分けが見えてしまった。オリンピックで見せたそれにこの政治的指示の混乱があの結果を生んでしまった事に合点がいったのである。「なべつね」の権力に屈してその「政治的指示」を受け入れた「星野J」があの結果になるのは当然だったのだと納得したのである。本当に「野球を面白く」し、本当に「韓国」との「友好」を大切にするならば「ガチンコ勝負」をしなければいけない。
「写楽」を本当にその「芸術性」を大切にするならば、外国の評価によってみ直されるようなていたらくをくり返してはいけないと思う。外国の研究者によって「写楽の謎」が解明されて、初めて見直される何ぞはやめてほしいのだ。このことと一緒なのだ。もう、いいかげん「写楽」は卒業しなけりゃあと、ため息が出るのだ。
知っているくせにひた隠しにしている専門家の奴らに腹が立っている。「目垢がつくから」とか「値段が下がる」とかいって、「真実を隠す奴ら」にいい加減頭にきている。
「お遊びだよ」ってすましているようだが、もう許される事ではないと思う。秘密にしている事が多くの無駄をつくっているからだ。見てみるがいい、著作権も切れているのに公開しない美術品のたくさんある事。「國華」だって中身をITで公開すればいいではないか。
小沢問題でも、いずれ三すくみになって収拾がつかなくなるのではないか。
アメリカは、軍事費削減を徹底して行わなければ「経済改革」にならないのだ。その支援の一つとして海外派兵している軍隊の撤退は当然であり、小沢発言を圧殺する等ハ見当違いも甚だしいのだ。いわんや、政治資金規正法関連で小沢氏の秘書を逮捕するなら、自民党関係についても徹底してやらなければおかしい事になるわけで、それをやらずに曖昧な事をすると「三すくみ」になるのだ。
真実を明らかにしないで、いると「アメリカの改革」もできなくなるのではないか。
オバマさんもこの問題は、きちっとしないといけない。従来どうリの圧力がけでねじれをつくっている場合か。
by kanakin_kimi | 2009-03-08 00:20 | 写楽鎮魂 | Comments(1)