<   2011年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

アンバランスシンドローム 2

生まれついた環境のアンバランスが、いいも悪いも含めて社会現象の軸になっている様に思われる。そして、その生まれついた環境に立ち向かう本人の先天的な資質と後天的な資質とがその時点においてどの様に立ち現れるかによって左右される様である。しかし、基本的には「生まれついた環境」を社会的に保証することによって「いいも悪いも含めて社会現象の軸」をレベルアップすることができる。
by kanakin_kimi | 2011-06-30 15:24 | シンドローム | Comments(0)

アンバランスシンドローム 1

個々の人間の力の差はそれほどちがってはいない。それにもかかわらず大きく見える、あるいは大きなものと思わせられる問題が「アンバランスシンドローム」である。
アインシュタインシンドロームでは、アメリカにおける世界支配謀略の出発としてアインシュタインという人物とその提唱した一般相対性理論に対する学会の混乱を利用され、学会は今日的にもその混乱に対する責任を取らずあいまいなママ放置してしまっている。その結果生じている膨大な原子力被災と無駄遣いと原子力に対する科学界の混乱に対する無責任を世界に放置したままなのだ。そして、そのことが、今日の原子力産業という危険で無駄遣いを世界に拡大を許している事実を権力によって抑え込まれている。はからずも、東北大震災はそれを明らかにしてしまっており、かえってこのときを反省の好機とすべきだ。
by kanakin_kimi | 2011-06-29 19:29 | シンドローム | Comments(0)

アインシュタインシンドローム z

人がひとを裁く事はできない。また、どの様な立派な行いをしてきたひとであっても、それは同じである。それなのに、「法の下に人がひとを裁くという行為が行われている。」これはじつは間違っているのだ。地球の広大な土地を特定の人や一族が所有している事実と同じである。
地球に生息している全ての生物が共有しているのに、何故特定の人や一族が広大な土地をいつまでも占有しているのであろうか。この理不尽な占有という犯罪を許している限り、全ての犯罪は無くなるはずがないのだ。理不尽な占有を許しているものは何か。理不尽な占有を維持するために、法律で所有権を創り出した。多くの人々がそれを認識すれば、理不尽な占有を維持する事はできないだろう。人が人として成り立つのは、助け合いである。そして、伝え、教え蓄積してきたのである。それは、所有権のためでもなく、理不尽な占有を許すためでもない。誰かを特定したものではないのだ。わかった者から賢くなり、それを増やし続けてきたのだ。誰かを特定すると、そこで停滞するからである。
by kanakin_kimi | 2011-06-23 23:34 | シンドローム | Comments(0)

政党政治の終焉と直接民主主義議会への道筋 13

政党政治が終焉し崩壊しているのに、まだその事に気がついていない議員が国会での不毛の手続き運営にご苦労なさっている様だ。国会での論議になんの意義があるのだろうか。立法のための決議機関ということであるなら、もはやあれ程の国会議員が必要であろうか。ボランティアで真摯に活動してくださる人々がたくさんいるのですから、国会議員と議会運営にかける予算は相当削減できるはずだと思う。そして、必要な事はどんどん実施していける様な運営ができるはずです。
党利党略などという無駄な事をさせる余裕はないのです。政党政治は党利党略がつきものですから、そんな政党政治におさらばすることです。国民のみんなが賢くなる事を進めれば、政党はいりません。ですから、国民投票とそれに準じた決議機関をつくればいいのです。それが直接民主主義議会なのです。具体的にどうするかは知恵を出し合いましょう。
by kanakin_kimi | 2011-06-22 18:59 | 政党政治の終焉 | Comments(0)

菅総理を孤立させるな 5

きょうの自民党の石原幹事長の言葉は、いよいよ自民党の断末魔のうめきとして聞こえた。玄葉がこういった、岡田がこういったというのは、菅総理の足下を揺すぶるつもりでいったのかもしれないが、玄葉と岡田との信頼関係すらも放棄したことになるのをご存じないのだろうか。低劣と言わざるを得ない。
菅総理を追い落とそうとして、東北大震災の救援にも協力しないのが、自民党であり、公明党であった。それを菅総理のせいにして逃げ切ろうとしたのだ。国民を愚弄するものだという事が、未だにわかっていない。だから、石原があんなことを言っているのだ。
さて、東北大震災等の国難といわれている大災害の中でなおも円高が続いていて、しかも80円台にドルを買い支えている。海江田が総理大臣になったところで、菅総理程の仕事ができるわけではない事を示している事実が、見えてきた。また、小沢の提灯持ちをしてまで自分を貶める事はないと思うのだが、それが政治だと思い込んでいる節がある人も菅総理程の決断は出来まい。彼もまた政党政治主義の人だ。結局菅総理はいま大統領のような存在なのだ。国民が大合唱をすれば菅総理の仕事がやりやすくなるのだ。だからどんどん菅総理に仕事の決断をさせたいなら、菅総理支持の大合唱をみんながすればいいのだ。
by kanakin_kimi | 2011-06-18 23:45 | 311はアメリカの人工地震説 | Comments(0)

中部電力は包み隠さず事実を県知事に報告せよ 1

いま、全国的な放射線測定が行われていくことになる。県下の茶農家での放射能検出の情報が出ているが、福島原発からだけでない可能性も視野に入れておかなければならない。むしろ浜岡原発からの飛散と見る方が自然だ。過去にきっちりしたデータがない事の方が不自然だし、どうしてそんな事がまかり通っていたのかと思う。速やかに検査体制を作りデータを公開してもらいたい。それにつけても、東電のように中電も国民県民を馬鹿にしている傾向は腹立たしい。
by kanakin_kimi | 2011-06-17 09:08 | 311はアメリカの人工地震説 | Comments(0)

菅総理を孤立させるな 4

直接民主主義議会への道筋

政党政治が終焉している事を認識できていないのはNHKのマスコミ等でも見られるようだ。いままでの政党政治のルールは政治手法であり政治力学でこねくり回されてきた。そこでは、一般国民は蚊帳の外であった。彼らが国民を認識する時は「選挙」の一票として、その時だけ腰を低くして接してきた。それが「政党政治」の世界の常識として認識されてきたようだ。もう、そのような常識は通用しない。政治は国民のものであり、国民のための、国民による政治なのである。「政党政治は支配の論理」で、国民を支配するために行われてきた。支配の論理の最後の形態としての「間接民主主義」の制度が明治維新以降質的変化を伴いながら推移し、「民主主義の進歩」が一般国民の権利の拡大を進めてきた。ところが、民主主義が進歩し、一般国民の権利の拡大がされてきたのに国民のための議会運営が行われず、国会議員のための議会運営が行われるだけで、いわば「間接民主主義が一般国民の権利の拡大を阻止する作用をするようになって」しまっているのだ。すなわち、「間接民主主義の制度」が一般国民の権利を阻害する桎梏となっているのだ。民主主義の量質の転換は必然的に、一人一人の国民の権利の実施である「直接民主主義の制度」への転換になるのである。このことが認識されない「政党政治主義」の人々が浮かび上がってきているのだ。彼らが「直接民主主義」を拒否して、既得権益を「間接民主主
義」の維持でつなぎ止めようとするならば、国民一人一人の権利を行使することができる直接民主主義への移行をかけて選挙を行うことになる。アメリカでオバマが健康保険法を成立させた成果以上の仕事を菅総理がしているという事すら、彼ら政党政治主義の人々にはわからないようであるが、国民ははっきりと認識したのである。だから、政党政治の枠組みを超えて一般国民の支持を菅総理が獲得してい
て、NHKなどのキャスターレベルは支配の論理の枠組みの連中であるためにこれを認識できないか、
もしくわは意図して菅総理追い落としの謀略に加担しているのだ。そんな事を繰り返していていいのか.
by kanakin_kimi | 2011-06-16 23:05 | 311はアメリカの人工地震説 | Comments(0)

菅総理を孤立させるな ! 3

菅総理を孤立させる動きをしている人々は「政党政治の国会」の人々である。国民の多くは、自分の考えを国政に反映したいと思っている。だから、政党政治の国会にはすでに期待をしておらず、自分の意見をいう場が国会なのだ。つまり、これが「直接民主主義の議会」なのである。政党政治の国会の人々は、この事がさっぱり理解できないでいる様だ。その様な人々が理解するのを情勢は待っていてはくれない。だから、直接民主制へと進める理解のある人々を国会議員にする事だ。
by kanakin_kimi | 2011-06-16 11:08 | 311はアメリカの人工地震説 | Comments(0)

菅総理を孤立させるな 2

どこでも、いつでも人のする判断は必然的に自己防衛が先に立つ。しかし、そこに分水嶺がある事も事実だ。つまり、自己防衛のつもりが自己破壊になるのだ。菅総理と一緒に動いているとためにならんぞ。という事がいわれているとする。いった人はそれが脅しとは思っていない。その人のためにいっているつもりなのだ。しかし、それは大きな間違いだ。それは、日本は大きな転換点にきており「社会保障立国」にならなければ、明日はない。というところにきており、社会保障を充実させるための様々な技術のノウハウが商品になってきている時代だからなのだ。自国での社会保障を充実させ得ないで商品になるノウハウを生み出せるはずはないからである。それ故に日本が立ちおくれてきており、フィンランドやスエーデン、デンマークが輸出を伸ばしているのである。菅総理を支えて速く社会保障を充実させる事こそがこれからの日本の将来を左右することになる。
だから、それがわからない議員や国会そのものがもう要らなくなっている社会的転回点なのだ。国民もさすがに唖然としてしまった、「菅総理下ろし国会」のばからしさを見せつけられた。その事を知ってかしらないでか、またもや社会保障の財源のための消費税率のアップにいちゃもんをつけている。彼らは、自分の選挙だけが気になる人達であり、将来の日本への政治理念も信念もないのであろう。
by kanakin_kimi | 2011-06-13 13:12 | 311はアメリカの人工地震説 | Comments(0)

菅総理を孤立させるな 1

時間とともに「謀略」が明らかになる。既に見えてきたものが、「早く菅総理をやめさせる合唱」であった。そのためには、ほめるような方法も駆使する。気をつける事だ。たとえば、菅総理と小泉元総理だけが東電から金をもらっていない。と書けば、どのように受け取られるだろうか。小泉はもう関係がないから菅総理だけを対象にしている事がわかる書き方だ。そして、それは明らかに「菅総理を浮き上がらせる狙いがある」つまり「孤立させる狙い」なのである。原稿を書いた人の気持ちとは裏腹に、なる場合がある。どのような部所でも菅総理を支えられるはずだ。
by kanakin_kimi | 2011-06-13 07:15 | 311はアメリカの人工地震説 | Comments(0)