<   2012年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

世界市民の立ち上がるとき 1

世界の人々が産み出した価値を、世界の人々のために取り戻そう。文化の違い、言葉の違い、歴史の違いを乗り越える努力をしてきた先輩たちに感謝しましょう。そしてそれに応える努力を今、生きている私たちが引き継いで、発展させなければ先輩たちの努力に応える事にならない。
しかも、今私達が立ち往生しているかに見える状態は、先輩たちのお陰で「世界の人々が産み出した価値を横取りしていた者たちを、世界の人々が立ち上がって追い込んでいる」状態のようです。
それがはっきりわかれば、もう彼らが「黒船を見せつけ、大砲を撃ってこようと」恐れることはない。
恐れることが、彼らに付け入る隙を与えることになるのだ。
一番恐れているのは、彼ら自身なのだから。
わたしたち「世界の人々」が悠然と彼らに突き進んでいけばいいのだ。怖がって逃げると「彼らは虐殺してくる」のだ。わたしたちが逃げなければ「彼らは自滅する」だろう。
by kanakin_kimi | 2012-03-21 11:56 | 世界革命 | Comments(0)

UFOはもうない!

Kazumoto Iguchi's blog へ訪問して、YouTubeを経由していただいたものです。
反重力装置が、もう実用化されている。ただ、その実用化を妨害している彼らがいると云う事らしい。
日本の、柴野正吉さんの「反重力装置」の研究や、リチャード・コシミズさんのブログで見た「個体核融合」とかいう素晴らしい無害のエネルギー装置が開発されているそうです。今まで、矢追純一さんがUFO
を追っている類のものと軽視していて申し訳ありません。



これからは、心を入れ替えて学びます。
by kanakin_kimi | 2012-03-17 11:39 | UFO | Comments(1)

3・11をどうする 7

わたしは、彼らが「ゆるやかに、一般市民の位置に軟着陸する平和的移行手段をとるように提言してきた。」平和的に勧めるのに、「もう遅い」ということはない。地球の人口が増えている原因は、貧富の差の拡大とみんなが賢くなる事を妨害している事によるものなのです。先進諸国が人口が減っていくのは、それぞれの先進国の生活が豊かになり、賢くなったからです。これらの事実を認識できない野蛮人が、「ノアの箱舟伝説」を再現して「選ばれた人々」を自分たちの都合のいい範囲に取りまとめて、それ以外を「HAARPと限定核爆弾で、地震・津波・台風・ハリケーンなどで人口災害を発生させて虐殺しているのです。」これらの「謀略」を「世界は一家人類はみな兄弟」といってきた笹川も参加しているのか。
そうだとしたら、それらの「愚か者たち」と一緒に「自滅する事になる。」
今、世界で起きている運動は、「独裁政治や間接民主主義支配政治」から「直接民主主義へ移行する世界革命」なのです。そのために、「みんなが賢くなるシステム」と、「みんなが豊かになるシステム」を造ろうとしている運動なのです。
それを妨害するという事は、「それを妨害するもの」がもはや生きていく場所を自らが失う事になるのです。ですから「自滅するつもりか」といっているのです。ほんの一握りの彼らの周りには大勢の一般市民がいるのですから、「自らが一般市民の位置に軟着陸することです。そして、それを平和的に移行する手段をとる以外に生きていく場所はない事を覚悟すべきです。」この事を再度提言します。
by kanakin_kimi | 2012-03-12 23:26 | 311はアメリカの人工地震説 | Comments(0)

3・11をどうする 6

私の頭の中に、いつの時点の情報か「死亡者と行方不明者の合計人数が、3万余人」となって今もその数字にこだわっている。なぜか知らないけれど、その数字にこだわってしまっている。
それは、きっと9・11の何十倍の「犯罪」だからでしょう。ちょうど一年の節目に「3・11の真実を見据える事ができた」ことに、遅ればせながら「インターネット・ジャーナリストの先輩方に感謝申し上げます。」そして、「3万余の精霊たちに」私の知り得た真実をより多くの人々に伝えていく事を誓います。この犯罪を企てた人類のほんの一握りの「謀略家」どもに「鉄槌を加えるという事は、多くの人々が真実を認識するという事によって、勝利するものであるからです。」その事によってこそ「二度と謀略を繰り返させない、力になる。」からです。
彼ら「謀略家ども」は、わたしたちの「無知」につけ込み、「無知を再生産する仕組み」を世界に広げています。しかし、今、かれら「謀略家ども」は、ますます「窮地に追い込まれている」のです。これから一般市民がたちあがって起きる様々な運動が支配者たちを追いつめていきます。それらの運動が起きる問題の元凶に「謀略家ども」が関わっているからです。ですから、彼らは危機感を強めて、安全な逃げ場所を作ろうとしているのです。その有力候補地が「日本」だったのです。かれら「謀略家ども」は、「金で支配して、暴力で押さえつけるしかのうがありません」。本質的に「一緒に生きる」とか「相互扶助」を嫌うのでしょう。わたしが、無血開城するために「軟着陸策」を提起しておいたのに、自分たちの都合を優先した「謀略策」を実行してしまいました。彼らは、逃げ場の日本を牛耳る策で暴力で押さえ込もうとしてきたのです。しかし、それは「自滅策」に他なりません。いつまでも無知であるはずがないではないか。だまされていた事をあとで知った人の方が「恨み骨髄」の怒りを現すのです。いま知らなくても早晩知る事になるのです。
by kanakin_kimi | 2012-03-11 23:37 | 311はアメリカの人工地震説 | Comments(1)

少女の時は止まった 11

「少女の時は止まった」のシリーズ1〜10を6月29日までの間に再度提起いたします。
6月29日は橋本家のちゑ子・扶示子・雅一郎の三人の方々の命日である。藤雄さんの命日は6月30日だろう。どのように葬られているか確かめてくるつもりだ。命日まで隠されている人がこの中にいるはずだからである。
少女には、あと三ヶ月の猶予を、その「命日」を期限に設定いたします。それ以降は、真実を表明する意味でも責任を示す意味でもすべての人のフルネームを明らかにいたします。
もちろん、6月29日までに、警察へ出頭して真実を述べるという事実が報道されれば、私がこのブログでする必要はないでしょう。
by kanakin_kimi | 2012-03-10 21:07 | 袴田事件 | Comments(0)

新「患者学」 3

ゲーム感覚で政治をしているものは、自分の命を懸けるほどの覚悟をしてはいない。だから、チェイニーもラムズフェルドも記者会見で見せた表情の変化は、おそらくその後のアメリカ市民の追求によって、もっと深刻な事態に身も心もズタズタになって行く運命にあるだろう。当時は、自分の国を信じ、ブッシュ等の云う事も半信半疑ながら信用していた人々は、真実が明らかになるに従い、倍するほどの怒りになっていくのだ。そして、ヒラリー・クリントンはこれからその思いをうけることになる。三千余人の01.9.11と三万余人の11.3.11の大きな違いも含めてである。ヒラリー・クリントンが日本にきて福島などを歴訪して見てはいかがか。平気な顔でいられるものなら、きてみればいい。
さらに、95.1.17の阪神淡路大震災と95.3.20の地下鉄サリン事件などの被害者たちが抱いている想いはその真実を明らかにさせないではいられないだろう。大震災の中で相互に助け合ってきた人々の心を切り裂くような戦慄を浴びせる「A少年事件」が公安調査庁のあるセクションででっち上げられたのも、「311」の真相とつながってきそうだ。
それほどに、「3・11」の真相のインパクトは大きい。C I Aなどと軍部の一部権力を実質的に牛耳ってきた富裕層ロスチャイルド・ロックフェラーなどが計画してきた一部であるそうだ。しかも、日本の謀略家どもがこれに加担していた気配がでてきた。多くの市民の目を「ほかにそらせる仕事を博報堂や電通がしている証拠」の把握活動を市民は行っていてほしい。311当時の情報が抹殺されないように議会議事録などを入手しておいてほしい。議会でやっている、「処理作業」のほかは「茶番」に見えてくる「無政府状態なのだ。」首都東京の崩壊を見込んで大阪首都構想を打ち上げたロックフェラーとつながる維新の会と橋下やそれになびいていく国会議員自民党・公明党などなど、それを大々的に宣伝する新聞・テレビの報道は、いっぽうでは311の真実を市民にヒタ隠くしにしたままでいいと思っているのか。これはもはや国会議員と報道機関の犯罪で、無政府状態という所以である。報道関係の市民は取材した証拠を確保してもらいたいそして、wikiリークスへ流してほしい。多くの人の目に見えるようにするのだ・
wikiリークスの情報は、刻一刻と世界の動きが伝わってくる。ロスチャイルドやロックフェラーが日本に逃げてくるのではないか。そう思わせるほどの動きがでてきそうだ。追記、そして今、グリーンランドへの逃げ込み準備が進んでいる可能性が見えてきた。世界の市民のそれに対する監視を行ってください。
by kanakin_kimi | 2012-03-10 18:04 | 患者学 | Comments(0)

新「患者学」 2

「患者学」は、「病気」は医者や看護師が治すものではなく、患者自身が治すものである、ということを言ってきた。その基本は、自分の本来もっている「自己治癒能力の活性化」である。そのために、自分の体を自分で健康にする事。それができる環境を作り、作らせる事なのである。
日本列島は、「八百万(やおよろず)の神々が座(いま)す」ところである。「八百万の神々とは、森羅万象の精霊と、縄文の人々、弥生の人々、中国に攻めたてられて逃げてきた突厥・新羅・百済・渤海国など様々な人々」が文化をもたらし、指導し指導されながら、今日の日本を形成してきたのである。そして面白い事に、北海道は頭・青森は首・そして東北の肩と背・北陸と東海と近畿の腰・臀・駿河湾の子宮と能登半島の男根・中国・四国・九州・沖縄の手脚というように人体になぞらえられ、その地政と機能まで附会する事ができる。まあ取ってつけたものだが面白い。この人体の自己治癒能力を活性化したい。
イスラエルの民たちも心広くして、雨にも負けずを一緒に作り上げていくチャンスは、謙虚さを示せば必ずある。宮沢賢次の好きな東北人も3万余人の精霊と日本も必ず役に立つ仕事をするだろう。
時は今 雨がした縷々日の本の 心かよわす 海人の人々 と詠んでみた。
by kanakin_kimi | 2012-03-06 20:54 | 患者学 | Comments(0)

新「患者学」 1

昔、工場の煙突を高くする事によって工場から排出する煙を遠くに放煙して拡散するやり方をした結果、煙公害が広範囲に広がって問題になった。拡散する事によって薄められると考えたのであろうが、実際はそのようにはいかなかった。逆転層で濃度が濃くなる地域がでてきたのだ。それと同じで、放射能を含む瓦礫の処分を全国への広域処分をするという構想が進められているが、それは安易な方法といって過言ではない。何故そのような方法をとるのかという事の背景が隠されているようだ。
公式には、なぜか発表されない事がどんどん膨らんできている。何が真実なのか、自分自身で裏付け調査をしなければ納得いかない事実が増えてきているのだ。それは、いよいよ、政府が把握した情報がうかつに発表できない代物になって判断不能を来しているという事なのだろう。
しかし、これは行政機能の自然凍結状態(無政府状態)が近づいているという事だろう。そうだとすれば、まさしく市民・国民自身が独立した「直接民主主義」を実現する以外にないのだ。
私たち一人一人が、仕事をしている。そのポジションから「直接民主主義の行政行動をしていく事なのだ。」また、「行政機能の自然凍結状態」を悪用させない監視チェックと、「直接民主主義の行政機能を作り出す作業」を、今そのポジションで仕事をしている市民自身が行ってもらいたい。そして、国会周辺業務に携わっている市民や司法関係業務に携わっている市民は「直接民主主義の司法機能・立法システムについての創造的作業」を準備してもらいたい。
従来型の権力移動の観点から行われている、さまざまな「工作=謀略といってもよい」は、幕末の「黒船」を模した「東日本大震災」とさらなる「東京首都の崩壊」を描いて「大阪首都構想」に結びつけるやり方が「日米合作」で進行しているように思われる。
軍事同盟を結んでいる日米関係ですら、核爆弾とHAARP電磁操作によって人工地震と片道大津波を、御見舞したのだという「ヒラリー・クリントンの脅しは、北朝鮮にはきわめて有効に働いたのだ」
これは、もう日米軍事同盟をアメリカが一方的に破棄したようなものなのだが、「行政機能の自然凍結状態」が進行している今、もはや日本の国家そのものを現在の政党政治による国会は放り投げたに等しい。この事態を、各政党の人々には「自覚もなく認識も」がないようである。「状況証拠がこれほど積み上げられてきたのだ。」自民党・公明党はいわば「日米合作」の一員としてやってきたのである。もちろん、全員が知っているわけではなく特定の「党」を牛耳れるメンバーがそれを行ってきたわけである。そして、民主党は「菅総理包囲網」の時にそれが形成されたのだと思う。「福岡」が菅総理さえ引き摺り下ろせば、後は誰でもいいと言い置いてどこかへ雲隠れしている。
by kanakin_kimi | 2012-03-06 12:31 | 患者学 | Comments(0)

悪女よ 3万余人の、この恨み・怒りの想いを知れ!!



3・11の東日本大震災と大津波は、掘削船「ちきゅう」の掘削した穴に、そして片道の津波にするためにぶち込んだ3連発の核爆弾だと云う。そしてその引き金を引いたのは「ヒラリー・クリントン」という、世界的な「悪女」である。

file://localhost/Users/kanazawakinji/Desktop/%E3%83%92%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3.html

上は3・11大津波を映した映像です。下はヒラリーの悪女ぶりが書かれています。
by kanakin_kimi | 2012-03-02 15:00 | 311はアメリカの人工地震説 | Comments(0)

3・11をどうする 5

「支配の論理」が「階級社会」「差別」を生み出す。その根底にあるのは「貧富」である。それは、土地・食料・資源・芸術にいたるものの「横領」であり「収奪」であり「強盗」である。
「支配の論理」は、次第に巧妙にそれをカモフラージュしなければ許されないところへと追い込まれている。それの逃げ道が、「法治主義」という「合法であれば何をやっても許される、仕組みである。」従って、それに対応した「法体系」を作らせるのである。その法をつくる「国会」をコントロールできれば、「支配の論理」に都合のいい法律を作らせる事ができる。それが「指導者原理」で「組織の指導者を支配下に置けば、その組織を支配できる。」ので、「政党という組織を支配下に置き」それらで「政党政治を行わせればいい。」のである。それが「政党政治」であり、「二大政党制」でコントロールするというものである。他方には「一党支配」という、政党政治にすらいかないところもある。
そして、それを実行する機関・機構をつくる。「行政機関」であり、「司法機関」の仕組みであるし、それを都合のいい情報でコントロールすることによって「思い込み」を利用する「刷り込み」で、報道する新聞・ラジオ・テレビなどの「報道機関」である。I Tだけが、「個人の人権が有効な機能」を持たせているのである。
どれだけ、「支配の論理の網の目を作っているか」
どれだけ、「支配の論理と資本の論理が組み合わされているか」
どれだけ、「支配の論理と社会の論理が組み合わされているか」
これらが「ないまぜになって、それぞれの今を構築している」
チュニジアから始まった「世界革命」は、「余地を残さず、進められる。」
「支配の論理は、マイクロソフトを飲み込んだ。」そして今「GOOGLEを飲み込もうとしているようだ。」 「政党政治が終焉」したように、「いずれの社会における支配の論理も終焉」した時代にあるのだ。
「マイクロソフトの時代は、コンピュータ普及の時代」であった。「GOOGLEの時代は、情報共有の時代」なのである。その共有を制限したり、規制する事は一時的にできたとしてもその時「GOOGLEという企業が終焉するだけの事である」
ビルゲイツがおわったように。
by kanakin_kimi | 2012-03-01 10:01 | 311はアメリカの人工地震説 | Comments(1)