<   2013年 03月 ( 53 )   > この月の画像一覧

次郎へのレクイエム

鎮魂歌

徳川家康は、生涯を通じて「徹底した学び」を実践した人物である。特に彼は、最初に小さな集団をつくり知恵を出し合う事をその集団から学び、共同体として出発したようである。その「学び」と「共同体」がなければ、後の「家康」も「徳川家臣団」もなかっただろう。
しかも、「状況判断」を正しくするためには「情報収集」の目的意識と収集する機能がなければ成り立たない事は身を以て幼少時代から学んでいたのだろう。これらの「素地」がなければ「徳川時代」は生まれなかったと思うのである。静岡で「徳川家康学会」が設立されると聞き及ぶが、その出発において徳川家康が生まれる「素地」を無視するようではそこに咲く花もまた違ったものになる事は明確だろう。「徳川時代の礎の真実を明確にしてこそ咲く花を咲かせなければ意味がないだろう」と思うのである。その真実は、家康の価値を高めこそすれ、低める事にはならないだろう事は明白だ。
この決断は、真の「歴史学」を確立する意思があるかどうかがとわれる事になるのである。
それは、陰に隠されていた人々を日のあたるところへ引き上げる事に結びつくのである。権力の争奪によって、隠滅されねつ造された歴史をすべて公開してこそ、真の「歴史学」の確立となる。
「徹底した学び」を実践し、戦国動乱の統一を仕上げた「徳川家康と家臣団」の真相こそ、これからの
日本の歴史学独立に衝撃的な貢献を果たす事になるだろう。
そしてそれは、権力の座を守る事だけに汲々としていた硬直した歴史記述が、血の通った交流と非情の弾圧、平和主義が育まれていく森羅万象の精霊・八百万の神々の尊崇昇華へと還流させる精神構造・思考回路が形成されていった事をも浮き上がらせてくれる歴史記述となるだろうと考えるのである。
by kanakin_kimi | 2013-03-31 11:33 | 八百万の神々 | Comments(0)

ギャップヒストリーシンドローム 7

支配の論理サークル













かぐやの映像か

by kanakin_kimi | 2013-03-31 10:02 | シンドローム | Comments(23)

マヤコード

発掘戦線



チベットの宝物



ギリシャの謎





by kanakin_kimi | 2013-03-31 09:43 | なにかがわかる | Comments(0)

アメリカサイエンス

発掘戦線




by kanakin_kimi | 2013-03-31 09:25 | なにかがわかる | Comments(0)

古代都市

発掘アヌンナキ都市






by kanakin_kimi | 2013-03-30 22:35 | 惑星二ビル・シリーズ | Comments(0)

最新 情報を求めて

どこにいる
飛鳥昭雄氏の話を聞いていてもやもやしていたものが消えた。「生き物」という中に「地球」がある事に抵抗がなければ、「太陽」だって同じだという発想になる事に抵抗はなくなる。「エアーズロック」にのみこまれ「地球の子」を受胎して「太平洋」に浮かんだ。漫画「バロン」に「ガイア学」があった。あそこまではいかなくても、地球の磁場が弱くなって太陽風に人類がさらされる危険が増してくる恐怖は説得力がある。恒星や惑星が「生き物」としての「振る舞い」を見せることに「抵抗」がなくなった。
















by kanakin_kimi | 2013-03-30 21:08 | 惑星二ビル・シリーズ | Comments(0)

アダムスキー

宇宙大使











by kanakin_kimi | 2013-03-30 17:21 | UFO | Comments(0)

世界が変わるーそのときを

楽しもう
今世界が非常に静かである。どうしたんだろう、といぶかるほどにサイレントワールドになっている。
私の耳の奥には、しっかりと耳鳴りが続いているのだがしずかである。
世界マフィアとなったヴァチカンに巨大宗教団体を集結させ、世界政府に支配権を集中させるために数億の人々を殺してきた。彼らが恐れているものが近づいている。その世界政府の手足になっている輩たちも自分が助かりたいばっかりに、大多数の八百万の神々である民を、かれらは「生け贄」として供えたつもりらしい。
さてどのように、「評価能力」がはっきされるのか楽しみだ。
 

by kanakin_kimi | 2013-03-30 16:10 | 八百万の神々 | Comments(0)

世界の原発がもたらすもの

私たちは早く気づき
はやくなくさなければ
生き残ったとしても放射能汚染で、人類は「グレイ」になる


ロシアに隕石が、落下しているときUFOが爆破して、できるだけ被害を少なくしているように思った。
そこからいろいろの気づきが起きた。
人間には、悪い奴もいい奴もいるという事。でも、人類の削減が地球を守るのだという考えを持っているものたちがおり、それらが原発推進者たちだという事には「あきれてしまう」のだ。どのような立ち位置からそのような発想が生まれてくるのだろうか。じぶんが「削減」の対象になっているのを承知の上で云っているのだろうか。
それとも、自分は神から選ばれた優秀な「選民」だから「削減対象外」だとでも考えているというのだろうか。
生物が生きるためにその環境に対応した体へと変化させていくのも「進化」であるとすれば、「未知との遭遇」やいろいろなUFO墜落事故「ロズエル」で「エイリアン」の実在を見せてくれる情報が増えている。かれらの「すがた形」は、どのような環境を生きてきて形成されたのかを考えればわかるのではないだろうか。そして、その事を私たちに伝えているのではないだろうか。私はそう思うのである。
by kanakin_kimi | 2013-03-28 22:51 | 世界の大量殺戮をするもの | Comments(0)

ZDF

チェルノブイリ
福島のうそ


by kanakin_kimi | 2013-03-28 22:11 | 世界の大量殺戮をするもの | Comments(0)