<   2013年 04月 ( 43 )   > この月の画像一覧

私は無神論者です 1

「絶対神」はない
ということです


生きとし生けるもの、死にとし死ぬるものすべてのことを「八百万の神々」と云います。

小賢しくも、自分の力で、世界を支配しようとしたものが「サタニズムに陥っているのです」
自分の力と云ったって、「自分一人の力」などたかが痴れているのです。
それすらも知らない輩が「痴れ者」「愚か者」なのです。
世界を支配するために、「ピラミッドの頂上の目」の「演出」や「威信効果」、「ピラミッドの目の下の構造部」の「差別と階級効果」を植え付けられ虐げられてきた事による、まさに「虚像だらけの階級差別」が「普遍のものだと思わせる事」によって成立している世界を押し付けられてきたのです。
その「虚像だらけの階級差別」をものの見事に終わらせてくれる事態が発生しました。
それが、世界の王族をまとめて傘下に置こうとした、ヴァチカンとイギリス王室が中心になって統一会議がもたれる事となり、そこに「サタニズムの儀式」を取り入れたのでしょう。
「サタニズムの儀式」には生け贄が使われます。








「生け贄」を調達するのに、いろいろな方法が使われてきました。はじめのころは、「人柱」でした。本人が納得づくで、みんなのためになる事と理解して人柱にたっていました。百姓一揆の首謀者の責任の取り方も、逆説すれば権力への「生け贄」であり「人柱」だったのです。
市民が、そんな「生け贄」を認めなくなり、社会が儀式そのものを認めなくなりました。



ところが、財力を持ち、資産を独占しているものが求める先には、「権威というステータスが残されていました」。それも、先述した【「演出」や「威信効果」、「差別と階級効果」を植え付けられ虐げられてきた事による、「支配とたかりの構造」、まさに「虚像だらけの階級差別」によって成立している世界】を「ステータス」だと思い込まされているのでしょう。「裸の王様」という童話がそれをよく表現してくれています。そういう社会と隔絶した閉鎖的なグループの中で、「サタニズムの儀式」は行われていた。
ですから、社会から認められない事を承知の上で、超法規的な立場だと自認している「ヴァチカンと英国王室、そしてそこに参加を許された会員たち」が主導し、開催されてきた。
そこに供された「生け贄」がどこから調達されたかを証明している。
それが、「ITCCS 報告」だ。
「イルミナティを洗い出せ」のシリーズに転載している。
by kanakin_kimi | 2013-04-30 09:32 | 八百万の神々 | Comments(0)

世界の市民が怒るとき 13

イルミナティを
洗い出せ 20

-- いままでもそうですが、これらはグーグル翻訳によるものですので、ご了承のうえご判読ください。ーーー なぜ、ボストンマラソン爆破事件が起きたか、ボストンの枢機卿ショーンオマリーに聞いてみたら。
信じてみるのも一興です。みんなでイルミナティを宇宙の果てにぶっ飛ばす波動を念じてみましょう。次のメロディにあわせるとよいとの事です。さーやってみましょうか。


ITCCS 報告
このアップデートで:私たちは5月4日陪審放送 - ローマのデスパレートな詐欺
-ローマカトリック当局によって国内テロと反逆-ボストン枢機卿ショーンオマリー
へのオープンレター ...........................


1。私たちの今後の私たちは、陪審員のブログラジオ番組は、オランダ、アメリカ、カナダから第一線のゲストと一般法の戦いに運びます。
カトリックの聖職者があるため、ローマからの命令の自国の児童保護法を破壊することで起訴反逆罪を犯している。国際法の下で大量虐殺の行為 - ヨーロッパとアメリカにおける家庭裁判所は、既知の児童強姦の家庭に体系的に人身売買の子供たちです。

方法我々の新しく形成された共通法裁判所は、これらの悪と戦って、教会と国家の有罪判決を受けた役員を追求していますか?

に調整し、この土曜日調べる、4 EST午後5月4日で、午後9時GMT www.blogtalkradio.com / wethejury。

...........................

2。解説-だまされないが
ケビンアネットで
以上のことに彼のカトリック教会のイメージを改造するためのローマ、ホルヘ·フランシス、天皇によって予測が、とんでもないジェスチャー "謙虚な、単に"体が毎年恒例の "エコを後援無道ストリップマイニング法人限り理にかなっているフレンドリーデー "。笑顔表看板と改築は獣の性質を変更しないでください。

しかし、群衆は気まぐれであり、その脳に有線そのマスターの力を美徳を見つけるために絶望的な必要性である。そうであってもそうしないとセージのオブザーバーは、ローマから前後 "フランシスフレンジー"嘔吐で最近巻き込まれている、と私は新しい法王の発言によって "奨励"していた場合、私の良き友人が私を求めている。

いや、まあ。笑顔フランシスが存在しなかった場合のために、彼は今、でっち上げされなければならないと思います。教皇フランクBergoglio彼はシカゴのチャリティー写真オプスで提起として笑顔アルカポネがあったように彼の善行のように正当なものである。

教皇の改革?いまいち。一つは、地球上で最も古く、最も鉄壁法人 "改革"はありません。

予想通り、バチカン全く話マフィアのお金のロンダリングを停止するか、聖職者の児童強姦を守る教会の法律を廃止するのは、これらの日はありません。彼らは虐殺、これらすべてのアボリジニの子供たちが埋葬されている場所、彼らはまだ言っていない。またカトリック主催の虐殺、盗まれた土地と略奪富の世紀を償うために作られて賠償です。

この新しい教皇、資金を供給され、支えアルゼンチンの軍事政権が、その女性は、完全な人間ではないと考えて、彼の滑らかなレトリックにもかかわらず、真実で改として貧しい候補者であります。ホルヘBergoglioは結局、イエズス会士である:自分の第四の誓いでするために、すべての人々にすべてのもののふりをするためにある欺瞞のもの巨匠 "潜入は、偽る、ローマのすべての敵を破壊する"。

そして、まだブレークアップ基本、ローマの教会は、これらの日にスピン·ドクターに必要なすべての下にあっても君ジョセフ·ラッツィンガーの明らかな犯罪せずに起こったであろうことをカトリックで展開されています。

老化マフィアのドンのように、ローマ教皇は、あまりにも多くの敵を作ったあまりに多くの詐欺を行って、あまりにも多くの死者を命じた。しかし、さらにポイントに、バチカン株式会社は、独自の危機を管理する能力を失ってしまった。

自分の直接の部下の信頼を保持する力を維持するための鍵であるため、ニコロマキャベリによると、合法的に支配するような無能は、任意の定規の弔鐘を綴る。そしてそれはダブリン、ボストンとニューヨークのインサイダーによると、アイルランドとアメリカの司教は、すでにローマとの結びつきを緩め、さらには国家の教会に完全に断つことが計画を工夫していることを小さな不思議。

バチカン銀行は、金融破綻の波の下にスライドされ、教皇ラットの複数が低迷容器から泳いでいるように、これらの地元のカトリックhierarchsは、かなり明らかに、彼らの資産を保護しています。そして、私たちの残りの部分のようでなく、何か良い反乱は王は完全に彼の手を持っており、彼の副官がdisunitedされたときバスティーユを襲撃するための時間があることを知っている。

適切に浸した建物にドロップ小さな試合のように、バチカン階層の我々の最近の一般的な裁判所の有罪判決は、右の時にだけ来ている。より多くの国に今広がっている炎を点火、私たちの行動は、直接1法王の辞任を余儀なくされ、国内外の司教とさえ枢機卿は、ローマへの忠誠を再考することを奨励しています。

次の公開書簡は、この延焼に追加多くの燃料です。それは、ほとんどの教皇選挙でホルヘBergoglioを破っ枢機卿のいずれかに、今日発行されました:バチカン教皇庁で "自治"派閥の一部であるボストンのショーン·オマリー、およびBergoglioのいわゆる "改革のメンバーである委員会 "。

すべてのカトリック枢機卿のように、ショーン·オマリーは、積極的に主権とアメリカ合衆国の法律を打倒している。

...........................

3。裏切り者への公開書簡
枢機卿ショーンオマリー親愛なる、

私は、あなたが政治的には、これらの日はどのように没頭考えると、あなたの時間を感謝しています。

あなた自身のマサチューセッツ州議会は、ちょうどあなたの多くの子-強姦司祭がより容易にしようとしたことを可能にする制限法の新しい広範な法律を可決した。この法律がないとして史上初の有罪判決の直後に続き、フィラデルフィアの彼の司祭の中で子どもの人身売買を隠蔽するためのアメリカのカトリック司教、ウィリアム·リン、の投獄、私はあなたがあなた自身の足元にラッピング水を感じると確信しています。

あなたとカトリックの階層の他のメンバーがquandry以上に今ある、あなたが積極的に主権とアメリカ合衆国の法律に打倒されていないという理由だけで。

あなたの教会関係者は、現在しっかりと土地の神の律法と教会法の間に挟まれている。後者の受注はあなたの教区内の子レイプを隠すために、そしてこの犯罪の警察に言ってないことで、強姦を保護する。このような犯罪の共謀に参加していない場合は、即時破門に直面しています。

単独でその事実は、あなたが子強姦を支援していなかった場合は、あなたの立場で、今日ではないことを意味します。

もちろん、その教皇の法則 - CrimenのSolicitationasは - 1929年から出回っている、そしてあなたのどれも今までそれによって気ということであったように見えるん - ウィリアム·リンの懲役まで、つまり。彼らはボストンの南側で言うようにしかし、今、ショーン·オマリーは、多分教会法に従うと子どもの拷問と魂殺人を助けるために刑務所に行くことができること、それは、異なる色のポン引きだ。

だから私は、あなたがローマでフランクBergoglioの "改革委員会"の一部になっている理由を理解し、適切な言葉やジェスチャーで現在地雷フィールドをつま先にしようとしている。しかし、あなたのために運悪いことに、私はいくつかのより多くの悪いニュースとあなたのパレードにはほんの少し、ショーンを、小便する必要があります。

バチカン市国にお金を送って、その法律に従うことによって、あなたの、ショーン·オマリー、既に人道に対する犯罪、とアメリカの弁護士は "司法の国際的な妨害"と呼ぶものに否定できないアクセサリーです:1、政府の犯罪的干渉を法律と別の内部の主権を持つ。

もちろん、カトリック教会は、他の政府を打倒すると転覆の古い手で​​すが、しかし、そうするために彼らの司教は、今まで投獄されていない。しかし、今、オフィスやアクションのあなたの誓いは、非常に単純にバチカンは、アメリカ合衆国の法律と主権を覆す支援しています。それは国内法の下で、起訴裏切り者やテロリストになる。

2月25日上のコモンロー裁判所の判決は、これらの犯罪の有罪ローマであなたの上司を発見し、懲役刑や公共追放にそれらを宣告特に今いる - 一人でいるという事実は、あなたがいつでも逮捕され、裁判に置くことができることを意味します。(www.itccs.org)

だからショーンは、聞いて:あなたは求められていないのではなく、すぐに傷つけたか、子どもたちに害を与えているあなたの教区内のすべての聖職者を特定し、defrockingによって教会法CrimenのSolictationasを強制停止するように国連の法律の下で要求される、または誰だ持っている人を助けた。

国際刑事裁判所のローマ規程第25条の下で、あなたはまた、資金や、この犯罪に共謀すること命じたようバチカンなどの機関に助成金を支給しないことを義務付けられている。

最終的に、私はあなたのボトムラインを知っている、そしてどのように関係するすべての市民の逮捕、カトリック教会の財産の職業、そしてあなたの教会とその役員の富に対して発行されたコマーシャル·先取特権についてです。これらの同じアクションは、聖職者の拷問の生存者が率いる独自のボストン教区ですぐに開始する予定です。

最近、あなたは部下にコメントしているので、私は、あなたは、このすべての心配している知っている

"私はそれらのできそこないのいずれかが我々の大聖堂を占有させて前に私が公にたわごとを食べるよ"

まあ、私はcoprophiliac、ショーンの状態にローマの枢機卿を減少させた一つであることが嫌いだろうが、人生は難しいです。私はあなたが竜巻と雷10月にローマ、2009年のあなたの教会の私たちの最初の公共の厄払いの翌日バチカンを襲って以来、知られてきたと確信しているとして、これらの問題は、もはや私の手ではありません。

しかし、あなたは、ショーンの方法を持っている:あなたの、そしてあなたの手でそんなに血と犯罪とあなたの仲間の枢機卿および他。これは簡単です:

あなたと、あなたの司教とボストン教区の司祭は、すべての神の下で、あなたは無条件に次のことを誓約することにより地域社会とその子供たちに保護の公共宣誓をすることに同意する必要があります。

1。無視して公にCrimen Solicitationasとして知られるカトリック教会法を否認し、任意の同様の教会法の制定とともに、バチカンによってその直接の廃止を求める;

2。すぐに傷つけているか、子どもたちに害を与えているすべての聖職者や他の従業員を追放しdefrocking条件なしで積極的にあなたの教区の子どもたちを守るために、そして

3。基金に拒否したり、商業的にローマのバチカンや教会として知られている会社と係合する。

このような手順を取ることは間違いなくあなた自身のdefrocking、ショーンの原因となりますが、予約が言うように、あなたは神とマモンに仕えることはできません。覚えていますか?

あなたはもう非表示にするためにどこにもありません、ショーン:ではない民事司法から、確かではない、神とあなたの犠牲者の視力や判断から。しかし、あなたはしない別の子を宿すとそのランクのアクティブな子強姦を保護するあなたの教会の立っているポリシーによって破壊されるように、迅速に行動しなければなりません。

当社のネットワークの干拓アクションがあなたのこの手紙への応答、またはその欠如に応じて、ボストン教区の教会で始まります。選択はあなた次第です。私達はあなたの返事を待っています。

敬具

ケビンD.アネット、教会と国家の犯罪国際法廷へのフィールド長官

ローマカトリック教会ボストン教区の事務所に2013年4月28日を発行した
by kanakin_kimi | 2013-04-29 20:31 | 洗い出せ・そして公開せよ | Comments(0)

18−20アポロ素材集

素材


















































































by kanakin_kimi | 2013-04-29 10:29 | UFO | Comments(0)

UFO 6

イルミナティを
洗い出せ 19


イルミナティが作ったUFOに対して、透明のUFOがなにかをしている。



by kanakin_kimi | 2013-04-29 09:31 | UFO | Comments(0)

世界市民が怒るときー日本市民が動くとき 2

イルミナティを
洗い出せ 18


原発戦略は、日本に借金を背負わせる事だ。!!


by kanakin_kimi | 2013-04-28 20:44 | 洗い出せ・そして公開せよ | Comments(0)

世界の市民が怒るときー日本の市民は動くとき

イルミナティを
洗い出せ 17


「イルミナティ」に所属している日本人がいる。これを洗い出す事が急がれる。117・320・311
にいずれも関連するイルミナティ日本人協力者が中曽根康弘だと云われている。
日本列島住民は、いつも彼らによって「支配非支配の構造を再生産」する仕組みに組み入れられてきた。表面上、代議制民主主義=間接民主主義は、いかにも自分たちの持つ「選挙権」によって国会をつくる仕組みだから、「民主主義」だと思っていたら、「代議制間接支配国家」であったのだ。
自分たちの国を自分たちで支配する国家というのはどういう仕組みになるかというと、国民一人一人が直接「政治に参加する事、つまり、司法・行政・立法の三権に直接関わる事」なのです。
いままで、国民一人一人がそれに関わる事がなぜできなかったのか、それは権力をにぎっているものたちが「国民をいつも何も知らない状態」に繰り返し繰り返し再生産していたからなのです。
わたしたちには、ちゃんと能力があります。生活にゆとりがあれば、政治に参加できる時間があれば、政治に参加できる教養があれば、参加できる力はあるのです。
逆に言えば、私たち国民一人一人が「政治に参加する・参加できるゆとりある環境を持てる」ようにすればいい事なのです。それが出来ないようにしている者達が、いたのです。それが「イルミナティ」たちなのです。今その分かりやすい事実が表面化しました。
カナダの先住民の子供達50000人に及ぶ子供達を、イギリスのエリザベス女王・ヴァチカン市国のヴェネディクト旧教皇・枢機卿他30人以上の人々に逮捕状が発行されています。彼らは逃げ惑い、それに応じていません。ですからかれらは「辞任」しているのです。
この事をしっかり見つめ、注目して真実を知れば、世界を支配している「イルミナティ」の半分はわかるでしょう。
青い目の侍「ベンジャミン・フルフォード氏」は、日本のイルミナティ中曽根康弘や小泉純一郎・石原慎太郎の事について、私たち日本人に叫んでいます。愛の叫びです。






「イルミナティ」の儀式「サタニズム」これに世界の王族や政府の代表が参加しているのです。そしてこれに、子供達の生け贄が使われてきました。生き血はワインに入れられ、肉や脳・内臓は料理に使われていた事でしょう。


by kanakin_kimi | 2013-04-28 17:19 | 洗い出せ・そして公開せよ | Comments(0)

カナダの先住民の子供たちをジェノサイト

イルミナティを
洗い出せ 16











by kanakin_kimi | 2013-04-28 15:53 | 洗い出せ・そして公開せよ | Comments(0)

世界の市民が怒るとき 12

イルミナティを
洗い出せ 15


世界の「王国・王立、王制国家」は意外と多い。日本もその一つである。1975年は、「世界史が社会主義となった記念すべき年である。」社会主義という定義に抵抗のある人には、「社会保障の確立の年」と言い換えてもよい。「揺り籠から墓場まで」という言葉を編み出したのはイギリスであったと記憶している。私は、そこからみんなでプールし合って、相互扶助する理念を教えてもらった。
しかし、日本の奥州では既に勉強会では講議されていたようである。安藤昌益の「直耕」がそれである。日本の歴史をしっかりと振り返ってみれば、とうの昔から実行されてきていたのである。
日本列島の原住民のものの考え方は、「森羅万象の精霊・山海滝洞窟河川森林草木土砂岩石太陽月星風雨嵐雪霧氷などの動いているそれにある私たちとの通合う心、それと、生きとし生けるもの死にとし死ぬるものすべての八百万の神々として尊崇するが故に、お互いの存在を認め合い、助け合うのが当たり前の考え方なのです」この考え方に勝るものはありませんでした。
ところが、この考え方を理解しない、「暴力集団・新しい技術・新しい文化を武器に、経済的暴力でせめたてて、支配非支配の考え方を新しい世界観として注入したのです。」
つまり、「注入されて狼狽える欠陥があったのです。」
直接的支配非支配の関係から間接的支配非支配の関係に歴史が動き、間接的民主主義の理念がもたらされて、やっと直接民主主義の時代へと歴史が動いてきました。
日本列島住民の縄文時代以来持ち続けている考え方は、「森羅万象の精霊と八百万の神々を尊崇する」ということですが、その原型を持ち続けているのが「アイヌ民族と琉球民族」なのです。そのおかげで、がいぶからの「支配非支配の論理の文化」が持ち込まれても、それらを吸収消化して基本に戻っていく力を維持しているのです。
by kanakin_kimi | 2013-04-26 22:25 | 洗い出せ・そして公開せよ | Comments(0)

ITCCS ブログよりつづく 2

イルミナティを
洗い出せ 13


教会と国家の犯罪に国際法廷からの特別報告 2

カナダの子どもたちの集団墓地:
旧インディアン居住学校で子どもたちの埋葬の最初の文書化された証拠
九年間アボリジニホロコースト記念ウィークITCCSセントラルオフィスとケビンD.アネットによって発行された - 2013年4月25日


疑惑の地下トンネルに炉室の接続が死亡していたまたは施設で殺されて子供や新生児の遺体を焼却インドの全寮制学校で一般的な方法に関連している可能性が。

粥穴の敷地のGPRの調査では、建物の北と北東に合計4グリッド分野に包含。調査グリッドの合計サイズが400平方メートルだった。

GPR調査(10月4日)の6日目に、デールBomberry、非伝統的な、政府出資シックスネーションズ連合のために事業の頭は、突然ITCCSチームにGPR装置のさらなる使用を否定した。Clyntキングは、彼の活動を中止し、GPR調査からのすべてのデータがBomberryによって押収されたBomberryによって命じられた。

8日目(10月6日)に、シックスネーションズ連合チーフビルモンツアーは、政府との "協議"のオタワに呼ばれていました。

トムPowless、ショーントゥールーズとデールBomberryのいとこ - 同日、物理的暴力の脅威は連合の3人の従業員によってケビンアネットに対して発行された。その日の夕方には、地下の貯水槽は、未知の人で開けて調べた。

9日目(10月7日)では、メンズ火、ITCCSチームと密接に協力しモホーク治安部隊のメンバーはすぐに上記の見かけサブ地下室の上に地下に住宅、学校のファイルの多くのボックスを発見した。分以内、メンズ火災メンバーは連合のスタッフによって停止し、ビデオカメラで撮影。

同日、チーフモンツアーはモンツアーが調査を承認したにもかかわらず、粥穴の照会のためのそれ以上のサポートは連合によって提供されないことを発表したと2日前掘る(別紙第4号、Tekawennake新聞2011年10月5日、Pを参照してください。 2)。

したがって、照会の最初のフェーズはスポンサーモホーク族長老とITCCSチームイベントを評価し、政府出資 "チーフと協議"によって成長サボタージュと抵抗に直面し続ける方法を計画する機会を可能にするために10月11日に中断された。

粥穴掘る:空位(2011年10月11日から11月21日まで)
ITCCSチームとスポンサーモヒカン長老と同様、メンズ火災グループの間で協議の一連の後、それは満場一致でそれまで発見されたものに基づいて、粥穴問い合わせや発掘調査を継続することが決定された。

GPR技術Clynt王に連絡して、マッシュ穴会場からGPR調査のデータを取得するために多くの試みが失敗した。王は、南部連合は、GPRの調査データをリリースすることを拒否したシックスネーションズ "長期休暇の"伝えていた。

したがって、GPR調査と目撃者の証言に基づいて埋葬サイトを、含まれている可能性が最も高い地域での試験掘削を直接進めることになりました。

7人から成る発掘チームは、男子消防がサイトのセキュリティを提供することで、設立されました。発掘チームはケビンアネット(考古学の訓練を受けた学生)、シェリル·スクワイア(後援年長者を表す)は、ニコールとウォーレン·スクワイア、ジョンHenhawk、フランク·ミラー(ビデオ撮影)とイヴォンヌファンタンだった。

掘削の周りセキュリティの必要性は月ロング、地域住民が率いる政府に支払わ先住民協同の一部にお問い合わせを妨害するために継続的な努力によって高まった。ロングボートはケビンアネットについてスメアとスポンサーモホーク長老に近づいて開始してもお金を提供しています。

そのため、可能な限り国際的及び公的支援として構築するために、発掘チームは、それらを共有することによって含め、単にマッシュ穴の理由で遺骨を回収していないことではなく、調査結果を公表するためにスポンサーモヒカン長老によって絶対的な権威と権限を与えられたメディア。

この重要な権限は、公然と宣言しITCCSチームの任務の一部であると認識された。

モホーク研究所建物の近く発掘調査は2011年11月21日に開始。

粥穴掘る:第二段階 - 11月21-24、2011
発掘チームは、証人ジェロニモヘンリーとロベルタヒル子供たちが埋葬さ見ていた軽く森林の地面に、古い学校の建物の東約50ヤードのため30 30による足掘削グリッドをレイアウト。グリッドは3フィート単位でマークされ、配置され、GPSロケータに揃えました。

掘るの一日目に、サイトの左上にある最初のグリッドは、グリッドA1を指定したすべての下草と表土がクリアされ、片方の足の深さに発掘。

この最初のトップ層、レベル1の中では、2かなりの骨片、ガラス、石炭やレンガの多くの部分と関連して、ほとんどすぐに発見された。長さおよびそれらのいずれか2つの三インチの間であった骨は、動物またはヒト起源で、背骨の一部であるように思われた。他の、より長い骨がはっきりカットまたは切り刻まれていた。(図表5参照)

第二のレベルは12と24インチの深さとの間で開かれたとして、二日目(11月22日)で、新しい、重要な証拠が得られた。明らかに前1950ヴィンテージ:この証拠はプラスチックではなく、骨や木で作られた多くの小さな白と茶色のボタンを含んだ。

これらのボタンは、後で、正に1940年代の間に学校で女子の制服から来るようにマッシュ穴生存ジェロニモヘンリー、ロベルタ·ヒルとローナ·マクノートンによって同定した。

ボタンの同じスタイルは、継続的に以上の骨片は、4つの長さはインチ、およびいくつかの歯と同じ大き一部に関連して見出された。これらの骨や歯は、レンガや木炭のかなり多くのビットと一緒に、増殖深いチームは22インチの最終深さまで掘った。骨の一つが明らかに火傷の跡があったが、他のいくつかの骨がカットアップされたの兆候を産んだ。

また、衣類の他の記事は、早期ヴィンテージシューと遺族ロベルタヒル粥穴寮において使用する種類として確認した緑色のウールの毛布の部分からソールを含め、このレベル2で発掘された。サイズは毛布いくつ平方フィートの一つ大きいピースはさび色の染みと変色した。

日3〜4(11月23-24)は掘削が22インチの深さにレベル2のベースに延長としてさらに重要な証拠を発掘、およびグリッドA2に最初のグリッドA1外8​​フィート6インチの長さに。

この証拠は多くの骨とグリッドA1-A2に根こそぎだった小さな木の根元に巻き込ま学校ボタン断片から成っていた。木の根に絡まっ学校のボタンを見つけることの重要性はマッシュ穴遺族ロベルタヒルの文で示されます。

"子供たちは私たちの寮に死亡するたびに、彼らは、学校の東に埋葬された、と木は、その墓の上に植えられた。スタッフが自分たちの中であることをすることについて話していました。"

A1-A2サイトで出土し、これらの重要なボタンアーティファクトのサンプルは別紙6に含まれています。

掘るの4日後、それは一時的に専門家の分析と特定の成果物を、我々が発掘していたかについて公式声明を発行する機会を可能にするために掘削を停止することが決定された。

ポスト掘削分析および応答:お問い合わせは脱線さ
2011年12月1日に、発掘チームの会議は、スポンサーモホーク年長者や2法医学の専門家は、近くのカナタセンター、粥穴の建物と発掘サイトから半マイルで開催されました。シックスネーションズ連合と対立して、伝統的な、非政府モホーク族長老が運営するセンターでは、お問い合わせのための操作のポストを務めた。

2法医学の専門家、トレント大学と地方の検死官の事務所のグレッグ·オルソンの考古学者クリスNahrgangは、慎重にA1-A2サイトから出土骨を調べ、骨については、次の結論に達した:

1。オルソンとNahrgangは両方の出土骨の一つが(オルソン) "は、おそらく四、五歳の小さな子供とは何か"から小さな膝ソケットの一部であったことに合意した。(図表7参照)オルソンは "個人的に、私は、これは人間の骨であることを95%確信していると私はそれで私の評判を賭けるだろう"と述べた。

2。両方の男性は、発掘サイトが発掘追加の証拠に多くを発掘し、彼らは地面が融解した後、春までにマッシュ穴根拠に発売される本格的なプロの発掘のために "それが不可欠である"ことが推奨されるべきであることに合意した。

3。グレッグ·オルソンは、地方検死のワラントを徹底的に証拠を確証するためのすべての聖公会教会の記録や建物を探索するために、人間の遺体は、この可能性の発見に照らして求められることをお勧め。オルソンが公に支持し、そのような行動に参加する彼の意欲を表明した。

粥穴照会で参加者をのために、彼はしないように命じられた - おそらく省検死官のオフィス - しかし、未満一週間後、12月6日に、グレッグ·オルソンは、彼が彼の "雇用者"で叱責されたことを電話でケビンアネットを知らせ"オフ·勤務時間中であっても、"もう一度行ってください。その後、彼もクリスNahrgangどちらも - 誰が電話や電子メールメッセージに答えることを拒否した - DIGまたはITCCS問い合わせの彼らの関与を続けた。(粥穴調査と発掘から元のフィールドノートのコピーの展示第8号を参照してください)​​。

応答で、かつスポンサーモホーク長老の指示に従って、2011年12月8日に、ケビンアネット博士ドナルドオルトナーに "おそらく人間"としてグレッグ·オルソンとクリスNahrgangによって識別膝ソケット含む13骨のサンプルを、郵送ワシントンD.C.のスミソニアン研究所のシニア法医学病理。

追加のサンプルは2012年1月10日に博士オルトナーに送られた。

博士オルトナーは、1月30日にケビンに電話で伝え、彼はその後、発言と彼の文を修飾していますが、 "私は動物が残っているとして、サンプルを見た方に傾く傾向がある"と述べた。

"そのうちのいくつかは、簡単に人間かもしれないが、彼らは言うにはあまりにも小さいです。私は確かに知っているより高価なテストを実施する必要があると思います"。

博士オルトナーは、それが明確に、彼は表面的にしかサンプルをちらっと見たことが行われたが、彼はより徹底的にそれらを勉強することを約束し、彼は将来的にマッシュ穴掘るでITCCSチームと協力することに合意した。

2012年4月29日に、博士はドン·オルトナーは見かけ心臓発作で突然亡くなった、彼は73歳で、優れた健康状態であった。彼の死の直前に、オルトナー電話でケビンアネットに話さ月上旬の間にモヒカン長老たちに話すことによって、マッシュ穴を掘るの次の段階に関与することで合意した。

このようなマッシュ穴の子どもたちが意図的に露出しており、住宅、学校の生徒数千人を殺されたされたこと結核など - 博士ドナルドオルトナーは人骨における疾患の同定に世界有数の専門家だった。

博士オルトナーの死と1月と2012年5月の間に粥穴を掘る、の妨害行為に至るまでの同じ期間に、恐怖と偽情報の継続的なキャンペーンはITCCS照会とケビンに対してインターネット上とモホークコミュニティで開始されましたアネット。

このサボタージュキャンペーンはロングボートは、彼女自身の入場によって、お金の支払いを募集していたかつての発掘チームメンバーフランクミラー、を含めて、ロングボートの給与で政府手術ヤンボート、シックスネーションズ連合チーフビルモンツアーなどが主導した。このキャンペーンは効果的に粥穴掘ると照会を停止した。

それにもかかわらず、3聖公会教会のインサイダーはこのサイレンと隠蔽のキャンペーンに関する重要な情報だけでなく、マッシュ穴における犯罪の多くの証拠との同じ期間にITCCSチームに近づいた。

レオナモーセ
2011年12月2日に、ケビンアネットと長老シェリルスクワイアは、モホーク族の居住者とOshwekenで彼女の家にかつての英国国教会研究レオナモーセによって招待された。モーセはその日彼女の自発的に前にシェリルスクワイアに連絡をしていた。彼らは彼女の家に入った彼女は、ケヴィンとシェリルの両方に明記

"私は世界に出るための真実を知りたい。教会はあまりにも長い道のりのために、その上に座ってました。"

これらの事実は、次の数時間にわたってケビンとシェリルとレオナモーセによって共有されていました:

1。見つかっブラント、レオナモーゼス(LM)でその教会のモホーク研究所 "マッシュの穴"学校から彼らの公文書記録を調べるためにカナダの英国国教会のヒューロン教区によって1998年の間に使用しながらその子供を示した文書は学校で継続的に死にかけた長年にわたって、そして教会と政府がこれらの死を知っていたし、停止したりも、それらを調査するために何もしなかった。

2。これらのレコードは当時ヒューロン教区司教ブルースハウの権限の下、ロンドン、オンタリオ州のヒューロン大学アーカイブに開催された指定され、 "G 12コレクション"の一部であった。レコードは今現在ビショップボブ·ベネット下パブリックアクセスから密閉されている。

3。LMは個人的に彼らの病気に状態の無知な親を維持し、一時的にのみ、政府の医療検査官の公式訪問時に学校で食べ物を改善する、マッシュ穴の子供たちに食糧や医療援助を否定するの定期的な練習を記述したドキュメントを読む。これらの文書はコピーされ、オタワのインドの総務部門に送られた。

4。1998年にオタワのインドの出来事と好奇後、LMは、部門の弁護士に言われました、 "G 12は、公衆に閉じられて、議論することはできません"。LMはその後、レコードが彼女のアクセスを助けるために彼女の共同研究者ウェンディフレッチャー(神学のバンクーバーshoolののWF /最近引退した頭を)聞くと、WFと言われた

"密封されている教区アーカイブに30,000文書以上ありますし、それらの多くは、教会をダウンさせることができる"。

5。年1870の日付から "公式探しもの、署名と封印"(LM):LMは、彼女が "決定的証拠"と呼ばれるアーカイブ内の1つの "特に手厳しい文書"を見た。それは粥ホール、イギリス/英国国教会のクラウン、と国営シックスネーションズ連合の非モホーク族の首長を設立ニューイングランド会社間の正式合意しました。契約は、学校が監禁と退治のためのモホーク族を狙っている提供、同盟に粥穴の学校に対する権限を譲渡。連合の首長は、この計画に協力することに合意した。

6。LMは、一度だけこの大量虐殺のドキュメントを見た "とし、それは行方不明になった、ウェンディはG 12コレクションに述べています"。定期的な教区のアーキビストは、その後解雇された。LMは、作業を継続することを、彼女は当時の司教ブルース·ハウ、10年のための "沈黙の誓い"と呼ばれる自主的なギャグの順序や何の下に置かれることに同意しなければならないでしょう、その後言われた。LMは拒否し、辞任した。WFは、このような順番で猿轡されることに合意し、その後教区の "公式な研究者"を務めた。

7。ビショップブルース·ハウは、すべての教区社員や聖職者には、この "沈黙の誓い"を拡張した。一部の聖職者は、辞任または教区から転送。後者は彼女がG 12コレクションには何も開示されている場合、彼女、WFは、訴訟と脅されていたことを辞任していた数ヶ月後にWFは、LMに語った。LMは、リコール

"ウェンディフレッチャーは、イングランド、彼女の秘書の一つは、彼らはロンドンにいたときウェンディは教会アーカイブに粥穴の歴史に深く掘る助けた後、急死した、特に後に、私は彼女の聖域を提供した...彼女の人生のために恐れていた"(LM、2011年12月2日)

8。彼女は教区研究委員会から辞任する前に、LMが穴校長ジョン·ジマーマンは、(1936年から1948年を務めた)定期的に学校から裕福なブラント住民の個人宅へのレイプやトラフィック彼らに女の子を取った方法粥記述手紙を見た。LMは、そのような犠牲者だった少なくとも1つのローカル女性は、ブラントのホームレスモホークに会った。

9。LMはまた、 "当然のこととして、"粥穴の子どもたちが意図的に暖かい衣類やパジャマを与えられなかったことを記述した文書を見て、寒さからその病気や死が一般的でした。これらの死亡との条件は、定期的に任意の応答または改善することなく、モホーク両親が教会に報告された。

10。教区スタッフの彼のサイレンの後、司教ハウは引退し、隠蔽工作とサイレンの政策を続けて現在のビショップボブ·ベネット、に置き換えられました。ベネットはまた、学生や職員の記録を示す学校の記録の破壊を命じた。

11。まもなく11月下旬にITCCS粥穴掘る、2011の開始後、ビショップベネットは彼女の自宅でLMと会い、彼女はスタッフと学生の記録に関する教区アーカイブに発見していたかを知ることを要求した。ベネットは、教会は、すべての犯罪と子供の死を知っていたが、その理由のために証拠へのパブリックアクセスを拒否されたことをLMに確認した。

ベネットは、また、LMに国会議員にある5つのオークス合同教会センターで、2006年に開催された会議を記載合同教会の聖職者と "一部の医師は、"そこに生まれたばかりの子供の殺害を含むマッシュ穴、で、地元での殺人を説明カトリック住宅学校。

12。ビショップベネットも聖公会、カトリックとユナイテッド教会は教会だろうと引き換えに、後者(すなわち、納税者)住宅、学校の犯罪に対する金融負債のすべてを引き受けるでしょうそれによってカナダ政府との合意をしていたことをLMに開示その証拠の全てを開示することを約束します。しかし、(ベネットを引用するために)、

"我々は、それが私たちの約束に手を引くことを意味している場合でも、我々は、情報の特定の種類を解放することができませんでしたことを自分たちの間で合意した"

13。英国国教会は、カナダの人々に意図的な不正行為を犯したことを示したビショップベネットの発言後、LMは、カナダ聖公会霊長フレッドヒルツに行って、G 12アーカイブを開くためにベネットを注文する彼に尋ねた。ヒルツは "私が司教上権限がない"、偽りを言って、主張し、そうすることを拒否した。

14。LMは、資金 "聖公会モホーク"まだ、マッシュ穴創立機関、ロンドンに拠点を置くニューイングランド·カンパニー、イギリスことと、女王の牧師、司教ジョン·ウェインは、G 12コレクションの永久シールを注文に直接的な役割を果たしてきたことを知った。

15。LMは、2008年の早い段階でカナダのメディアにこれらの事実の多くを与えたが、唯一の新聞、ブラントフォードTekawennakeは、彼女の発言の一部を印刷した。彼はLMの話を編集し、LMが要求したように、世界のメディアと物語を共有することを拒否した理由TEKAエディタジムウィンドルは説明しなかった。

彼らは彼女の家を出る前にレオナモーセは、ケビンとシェリル再び繰り返し

"教会は裁判に提起しなければならない...この話を入手してください。私はあなたに話しておけば、私はボブ·ベネットによって脅かされてきた"。

二つの聖公会教会源:2012年春
インターネットを通じて循環粥穴を掘るのシャットダウンのニュースの後、他の二つの聖公会教会のインサイダーは、情報とケビンアネットに近づいた。

これらのインサイダーの一つは、まだ英国国教会の教区トロントのオフィスで働いていた、もう一つは2009年秋まで、カンタベリーのオフィスの大司教との連携能力の教会の従業員だった。

現在の従業員月中旬、2012年には、霊長類フレッドヒルツが教会やの死で "女王陛下"を巻き込む可能性のある証拠 "を永久に葬るまたは破棄する"カンタベリーローワン·ウィリアムズ大主教による直接命令を出していたことをケビンに語ったブラント粥ホールの学校で子供たち。ヒルツは、従業員へと渡された彼の秘書に要求についてコメント。

第二、元教会の従業員は、彼がロンドンと連携辞任する前、彼はインドの学校で "災難"とロイヤルファミリーの名前のメンバーが関与している教会のアーカイブシステムに "重大なリーク"の言われたことをケビンに語ったカナダである。

元従業員は、いずれ後に、これはエリザベス女王とフィリップ殿下が検証状態の訪問中に10月、1964年にカトリックのカムループス住宅学校から10先住民の子供を取って見られていたことを目撃者ウィリアムコンブから申し立て言及するかどうかを知りませんでした子どもたちは二度と見られた。しかし、従業員は言った

"それは個人的に介入するとカナダ、ロンドンのアーカイブのクリーンスイープを注文する大司教のために十分に深刻だった"。
by kanakin_kimi | 2013-04-26 15:33 | 洗い出せ・そして公開せよ | Comments(4)

ITCCS 報告

イルミナティを
洗い出せ 12


ITCCS の報告です

itccsによって2013年4月25日に投稿されました
教会と国家の犯罪に国際法廷からの特別報告
カナダの子どもたちの集団墓地:
旧インディアン居住学校で子どもたちの埋葬の最初の文書化された証拠
九年間アボリジニホロコースト記念ウィークITCCSセントラルオフィスとケビンD.アネットによって発行された -

2013年4月25日


ブラントフォード、オンタリオ州に2011年後半には、歴史はカナダで最も古いインドの住宅、学校での子どもの埋葬の法医学的な証拠の発見で作られた。

彼らの犯罪のこの証拠を信用し、隠すために、イングランドとその先住民エージェントの教会とクラウンによるその後の試みにもかかわらず、集団墓地のこの最初の除幕式では、カナダ全土の虐殺の新たな開示を求めている。

ブラントフォード聖公会ランモホーク研究所の近くに大量の墓の最初の証拠後、オンタリオ州は、9月と2011年11月の間で発掘された、これで子供の死に責任がある、これらの機関は、カナダで最も古い "インドの住宅学校"、マウントされたDIGを停止し、証拠を霧の巨大な破壊のキャンペーン。その隠蔽工作は、最終的にロンドンのカンタベリー大主教、ローワン·ウィリアムズ、カナダ聖公会霊長類、フレッドヒルツ、バッキンガム宮殿を含んだ。

これまでカナダの住宅の学校で行わ最初の独立掘る - このサボタージュを一時モホーク研究所の墓の発掘を停止した。しかし、証拠は、子どもたちが実際にそこに埋葬されていることを確認した明らかに。

このレポートは、モホーク族学校で発見されたものの要約であり、法医学的証拠は今イギリス、バチカンとカナダ政府と教会の王冠がカナダ全土の50,000以上の子供の死に責任があることを立証していることを世界に思い出させる。

このレポートでは、他の裏付け材料と一緒に、オリジナルのモホーク研究所発掘からフィールドノート、掘るのビデオ録画、元学校の敷地内に発見された学校の制服の骨やビットの証拠が含まれています。

背景
4月、2011年、グランドリバーモホーク·ネイションの10の伝統的な長老たちは近くの "マッシュ穴"で行方不明になった子どもたちに自分の土地にお問い合わせを行うことケビンアネットとITCCSに書かれた招待状を発行しました:モホーク研究所自分の名前、レコードは、それが1970年に閉鎖されるまで、平均して子供たちの40%が死亡したことを示し、イングランドの王冠や教会によって1832年に設立された。(以下、付録の別紙第1号を参照してください)

モホーク招待はケビンと彼のチームは古い住宅校庭と目撃者はまだそのままであるモホーク研究所の建物の東に埋葬された主張する子供の遺骨の検索を調査する専門家で動作するように許可された。

調査と旧校舎の敷地に掘削作業は、2011年9月29日に始まり、10月11日まで、二週間のために、その最初の段階で継続した。前述の骨や衣類をもたらした集中的な発掘調査、11月21日と24との間に張ら四日、包括的なが含まれていた第2段階。

プロジェクトのコアチームはケビンアネットとロリO'Rorke ITCCSと、2認可モホーク長老含むモホーク国民の4人のメンバー、シェリルとビルスクワイア、地中レーダ技術、Clyntキング、2コンサルティング法医学、考古学の専門家、クリスが含まれていたオンタリオ州検死官事務所とトレント大学とグレッグ·オルソンのNahrgang、及びシニア法医学病理学者、ワシントンD.C.のスミソニアン研究所の博士ドナルドオルトナー。

この最初のプロジェクトの3番目と最後のフェーズでは、英国国教会のアーカイブへのアクセスを持っていた重要な目撃者のインタビューを含む、2012年01月中に発生した。

モホーク研究所の子供の骨の前のディスカバリー
私たちのプロジェクトがあるため、前者モホーク研究所/ 1982年以前に "マッシュ穴"学校の2008年の建物、そして、近くに子供の骨の発見の一部で開始された。

いつか、2008年4月にケビンアネットに報告し、2011年そのウッドランドセンターの床の再建時に、トムという名前の従業員 - タラFromanの、ウッドランドセンターの学芸員 - まだ立っ前者モホーク研究所の建物に隣接した博物館ヒルは思春期の女性の前腕であることが判明したものを見つけました。

この骨は、地方検死官事務所によって分析した後、バーブハリス、公設シックスネーションズ連合の従業員が "離れてロックされて"いた。

同様の事件はタラFromanのによると、1982年の春にウッドランドセンターの実際の建設中に発生していた。小さなお子様の完全な骨格が前者モホーク研究所の建物の直ぐ西見つかったため、その建設が停止した。

Fromanのは、彼女がその発見について黙らせる就任した、と遺骨がおそらくトロントのロイヤルオンタリオ博物館で "深いストレージ"に、オンタリオ州警察によって "奪われた"と言う。

粥穴掘る:フェーズワン(2011年9月29日から10月11日まで)
プロジェクトのフェーズ1は、粥穴の生存者と旧校舎の敷地地盤の開始地中レーダ(GPR)調査のインタビューを含んだ。GPR操作はClyntキング、地元のシックスネーションズ連合、非伝統的な国家の資金団体で採用され、技術者によって監督された。

マッシュ穴の6生存者のグループは、学校の建物またはその近くの子供たちの可能性墓の場所に手がかりを集め、インタビューを受けた。この情報に基づいて、GPRの調査では、学校生存者ジェロニモヘンリーは、1950年代初期にに埋もれて子供たちを見たと報告丘陵や不整地で、すぐに東の建物の敷地内に始まった。

案の定、GPR調査は直ちにGPR技術Clynt王は東とマッシュ穴の建物に隣接した地域で、 "大規模な土壌脱臼と異常障害"と呼ばれるのかが検出されました。(別紙第2号及び第3号を参照のこと)

キングによると、GPR調査、(2011年9月30日)の二日目に、

"それは土の少なくとも10〜15フィートがずれと校舎の元地形東と南東にわたってカバーされていることをレーダーから表示されますこれはそこにダンプされたそれは、地球を意味し、間違いなく地下の異常である。"

サバイバージェロニモヘンリー(B. 1936)、同じ日に裏付け

"私は、マッシュ穴(注:1944年から1953年)にあったときにそのマウンドのいずれもありませんでした。それは、すべての平らだったこれは、私は彼らが一晩掘り、小さな子供を埋め見右どこにすべて、積み上げられている。"

重要なことは、同じ一般的な領域で、ジェロニモヘンリーはまた、彼は罰として、地下貯水槽内に配置されている仲間のマッシュ穴の学生を見たと主張している。ヘンリー状態、

"これらの子供たちの中には、そこに下って行き、再び出てきたことはありません。私は9か10だった女の子に起こったことを覚えておいてください。"

ジェロニモヘンリーによって参照セメント槽の大きさは16フィートで10フィート程度であり、メインの校舎の東(女子)翼の直ぐ南に立っている。水槽のコンクリート蓋シールは地下室がアクセスできるように、壊れています。

ITCCSチームのメンバーは、2011年10月5日に地下貯水槽を探求し、椅子や他のゴミと一緒に、具体的なインテリアの泥だらけの床に散らばった小さな、明らかに動物の骨を発見した。チームはドリラーとその夜戻り、はるかに緩いと避難土壌や学校から実行して排水管を見つけ、校舎が直面している地下の壁に退屈。

ランダム子供の落書きも、子どもたちが水槽にいたことを確認し、壁に検出された。

校舎の外側に、学校の北側の壁に水槽の反対、アーチの上部にも発見されました。このアーチは、ほぼ完全に生存者ジェロニモヘンリーとロベルタヒル主張は1950年代に存在していなかったムラ、締固め土で覆われていた。これは、アーチ道、土壌の堆積物によって隠された下位サブ地下エリアから先頭埋もれ戸口の上部にあることが表示されます。

このサブ地下エリアの存在は、他の学校の生存者で、重要である "地下室の下の"室への罰のために子供として取られて記述します。このサブ地下室には、壁にリングやシャックルが含まれていたところ、彼女は子供たちが1959または1960年に閉じ込められている見た匿名状態を望む1生存者。

モヒカン長老イヴォンヌヒルのいとこはウッドランド文化センターの敷地内に密閉された地下トンネルが学校の炉室を介して同じサブ地下室から旧温室に実行されることを2011年10月6日に記載し、 "彼らは埋葬ところです亡くなった子供たち "。

(注:子どもたちの遺骨は1982年と2008年に発掘された後、隠された場所ウッドランドセンターで同じ場所であって、上記参照)。
by kanakin_kimi | 2013-04-26 09:06 | 洗い出せ・そして公開せよ | Comments(0)