<   2013年 08月 ( 36 )   > この月の画像一覧

ロスチャイルド・イルミナティを洗い出せ

戦争の終焉序曲 ⒊
さて、戦争というのは「侵略」である。
AにBが「侵略」されて、BがAから自分を守る「防衛」という手段をとらせて、この相互の闘いを「戦争」ということにしているが、これは間違いである。
侵略する側に原因責任があるのにそれを同じ土俵にのせ、天秤にのせて計る事自体が間違っているのだ。個人で云えば、何もしていない人に、肘で小突いたり足蹴りを入れたりしておいて、それに手でかばったり避けようとしたりすると、それで喧嘩が成立したように第三者に思わせ喧嘩両成敗に持ち込むやり方なのだ。
 この間違いを峻別しないために、いつまでも「侵略」を見逃してしまっているのだ。クラウゼヴィッツが「戦争論」で、「経済活動の延長に政治活動があり、経済・政治活動の延長に戦争がある。」といっていたと記憶しているが、ここでも「侵略」を包み隠している。侵略の無い戦争はあり得ない。戦争は侵略と同義語である。と明記すべきだろう。
 したがって、「侵略する側」が自らの立場を正当化するために「戦争の概念」を「合理化」し、「戦争の合法化」をしたのである。つまり、「侵略の合法化」である。そして、これも「ロスチャイルド・イルミナティ」が発明したものである。
 人に分かりにくくするのが「ロスチャイルド・イルミナティ」の支配手法の鉄則である。何でも難しくするのである。アインシュタインの「一般相対性理論」がそれであり、空間が歪むとか・時間を次元であるとかいって「間違っている事を、学界の権威を使って正しいと言い含めるのである。」すると大方は訳が分からないから、それで煙に巻き、例えば「原子爆弾」をつくり「原子力発電所」を作らせて、その国を「借金漬けにする事で、言いなりになる国に仕立て上げるというわけである。」しかも、学界を牛耳り・金縛りをかけるのである。これが「アインシュタイン・シンドローム」という「手法」なのである。
 世界市民に対して、「分かりにくくしている事柄」は、すべてそのたぐいであると云って間違いないのだ。世界を平和にするためには、みんなが賢くなり、自立できるように社会環境を整えることなのである。みんなが賢くなれば、一番確実に早く世界が平和になるからである。そして、みんなが健康で、豊かな生活を実現できる。直接民主主義議会や直接投票で決められるから、間接民主主義議会の代議員はいらないしすべてにわたって節約できるのである。家庭でもケチを実践するには賢くなければ実現できないのと同じである。そうなれば、衣食住のすべてにわたって首根っこを握られている値段が市民の決めた値段で購入できるようになる。それを世界市民で共有する事になる時代がすぐそこにあるのだ。
「ロスチャイルド・イルミナティ」はこれが一番怖いわけである。
 だから、これを混乱させる手法を常にとるのである。混乱手法の一つが「階級差別」であり、「所得格差」である。イギリスの王室と一般市民との所得格差、フランス・アメリカなどその所得格差に慄然とする。文化が進んでいると思ったら大間違いで、英国王室の帝国の姿を浮き彫りにしているようだ。
 そして、その背後に「ロスチャイルド・イルミナティ」が新たに発明した「支配の手法」を駆使しているのだろう。
 たとえば、T P P を考えれば分かる事だが、「TPP世界の同一労働同一賃金」の時代なのである。みんなが賢くなるという事は、みんなの労働の質を高めるという事なのである。そうすれば、各国の通貨をT P P世界が同じもので統一できるようになるだろう。「労働の質が均等になれば、価格の質的要因はほぼ均等になってくる。残るのは価格の量的要因で、これは常に需給バランスで決まる事になるから、TPP関連世界の貿易に不当性が入り込む事は無いだろう。」いかに「ロスチャイルド・イルミナティ」が掠め取りを狙ってきても、簡単にはできないことになる。E U 世界でそこまで踏み込んでいるかどうか、それが伴わなければいずれ崩壊する事になる。
 
by kanakin_kimi | 2013-08-31 23:25 | 洗い出せ・そして公開せよ | Comments(0)

ロスチャイルド・イルミナティを洗い出せ

戦争の終焉序曲 2
イギリス市民の皆さんありがとう。
いよいよ世界戦争を終わらせる時代です。
世界の王室・政界要人がサタニズムで子供の生き血をすすっている儀式が
世界の児童拉致事件の元凶です。主催者はエリザベスだ。

 名演説に酔っている時代は過ぎました。中身の伴わない、実現しない名演説は意味が無い。
 オバマを暗殺されはしないかと心配した時代も、もう過ぎた。オバマも覚悟しろ。
 あれほど英王室に貢献したサッチャーですら、 M I 6 に殺させた奴らなのだ。
ヴァチカンの新教皇の悪事をおおかた知っているからだ。
 英国王室御用達の悪魔儀式材料供給公社が御庭番の M I 6 の担当者と連携したヴァチカン担当者・世界各地の担当者がいるはずだ。キリストの名をかたる悪魔どもが「ロスチャイルド・イルミナティ」のしもべなのだ。イエズス会の事なのだ。
 キャメロンがほざいても、イギリス市民は独立の意志を示した。ケリーが待ちきれずにほざいた。
 さて、アメリカ市民は独立の意志を示すか。本当の独立の意志だ。
 リンカーンとキングとケネディの魂を引き継ぐ時だ。
 
by kanakin_kimi | 2013-08-31 12:32 | 洗い出せ・そして公開せよ | Comments(0)

ロスチャイルドイルミナティを洗い出せ

戦争の終焉への序曲
世界市民に牙を剥いた「ロスチャイルド・イルミナティ」をそれぞれの国で・それぞれの持ち場で追いつめよう

 第三次世界戦争という名称をつけるのはそれが終わったあとになるというのが常識であろう。進行中に名称がはじめからあるとは思われない。しかし、過去からの歴史の延長における、位置付けの概念としてはじめから名称が付けられている場合もあると考えられる。たとえば、アポロ計画で「アポロ20号米ソ共同ミッション」という略称で1976年に打ち上げられた非公開の計画があった。I T のおかげで、ユウチュウブで見られるようになった。そこには、巨大都市・プラントが映し出されている。また山陰に横たわる巨大万年筆型U F Oがあり、内部の映像らしいものにアジア系の女性のミイラが横たわっている。みんなに秘密にして隠滅しているものと、みんなに公開してくれるものとどちらが正しいのでしょう。ここにも「秘密遵守の合法化」というものがある。
 国と国との間で行われる戦争というのは、侵略とそれからの防衛という戦争であった。個人と個人・集団と集団・国と国というものの間にある諍いであり・陣取り合戦である。
 
それが「常識」だ、と思われるとその「原理」がとたんに見えなくなるらしい。
その原理の名称は「土地所有の合法化」というもののようだ。
 わたしは、自分の理解できない事を、素直に理解できるまで、その真実を見えるようにいろいろ工夫しながら積み重ねてきた。どうして、「土地所有の差別」が生じたのだろう。どうして、「地球はみんなのものなのに」「土地所有がなぜ個人や法人のものとして合法化されるのか」「そもそも、土地所有とは何なのか」。
 わたしは、日本に漢字使用以前に文字が無いとして、一蹴されてきた事に腹立たしい怒りを感じ、いつも声なき声で「ふざけるな!」と叫んでいた。それと同じなのである。
 大量に人間を殺しても「戦争で殺せば合法化」できるが、個人で殺せば、殺人罪で罰せられる。
これらの「秘密遵守の合法化」「土地所有の合法化」「戦争で殺せば合法化」の発想は「ロスチャイルド・イルミナティ」のものである。
 ところが、さすがに「サタニズムの儀式に使う生け贄の殺人・強姦・拷問等を合法化できなかったのだ」カナダの原住民の子供達5万人以上が殺されてきたが、それがアメリカ・欧州・中国・韓国・日本・東南アジア・アフリカなど世界の児童拉致事件と関係していないだろうか。
頭の切り替えが必要ではないか。
 拉致事件の大本は「ロスチャイルド・イルミナティ」の「儀式の生け贄」と連結していると考えるべきではないのか。
とくに、中国での児童拉致事件は大変な数に上っていると見られるし、インドでも考えられるのである。戦争を起こす狙いは、コマンドの殺し合いだけでなく、巻き込まれる一般市民の子供達が拉致される環境だと云う事である。
 人権の発達していないところでは、昔の日本でもあったように「神隠し」と「天狗」がつきものである。天狗は、鼻の高い赤ら顔に特徴的であるように、絹の道を開拓して交易街道を陸路・海路と広げ、そして今日では空路へと作ってきたユダヤ人の「ロスチャイルド・イルミナティ」なのである。
 これは、敬虔な、ユダヤ教を信仰するユダヤ人一般の事ではまったくないのである。
「サタニズムの儀式を行っているユダヤ人のことなのである。」
金儲けのためには、他人の財産を使って成り上がる知恵と度胸の努力家である事は間違いないのだが、 あちらで戦争を起こさせれば、こちらのものを融通させてさやを儲ける。戦争が起きそうになければ、傭兵を雇って戦争になる火種を作り、今のシリアのように米軍の介入誘導を計るのである。こんな事はお手の物で15年戦争よりも以前から繰り返されてきた事だったのではないか。だから、そこにあるロスチャイルドのモデルとシナリオから「007」やスパイ映画、戦争映画が作られてきたのだ。そして過去と未来を見据えた大量殺人の戦争映画も自分たちが作ったシナリオを現実のものとした上で、それを映画化したに過ぎず、月爆撃の顛末もいずれ映画化してまた儲けるということなのだろう。
 こういう整理の仕方で見ると、まるで宮沢賢治の「雨にも負けず」をサタニズムで描いたような感じがする。そのかれらの「黄昏」(たそがれ)がやってくる。
 わたしが、パリのコンコルド飛行場で、チョットそれらしい人に声をかけた。「イルミナティを知っていますか」(Do you know iluminati?) すると、彼は一瞬「いや しっ 知らない」(No no ! I dont no!) という感じだった。ははあ、知らないわけが無いじゃあないか。それらしいが当たったみたいだなと感じていた。それから、翌日だったかに、ルーブル美術館を目指して歩いていたら地下からわき出したように顔の黒いコマンドが機関銃を持って誰かを探すかのように2人通路を歩いてくる。定期的に歩いてくるのか市民は平気のようである。どこでもこうではないからコマンドが守る何かがあるのだろう。
 それにしても、怖がっているようだ。大量の人間を殺してきた自覚があるようだ。911のチェイニーもラムズフェルドも、311のミセスクリントンも「表情を変えた」。いずれも「ロスチャイルド・イルミナティ」の小物のたぐいなのだろうか。
第33階級のケリーは、いま荒い息を安倍に吹きかけているのだろう。
「たった四杯で夜も寝られず」とうたわれた「黒船事件」。あの当時では、精神的恐怖が先に立っって押さえ込まれたのか。大砲を撃ち込まれたってたいした事は無いし、むこうは補給も無い。決死の覚悟で周りを取り囲んでいけば、向こうが恐怖を感じる事になったろう。
「元寇は無かった」の真説、「高麗と比企の反北条連合軍」だったのだ。あれとそうかわりはしない。
裏舞台があったのだ。
「ロスチャイルド・イルミナティ」というのは「世界政府」「300人委員会」「イルミナティ13血流」「各国王室・イルミナティ」「ヴァティカン・イルミナティ」などさまざまに云われているものを集約する名称として、使っている。
by kanakin_kimi | 2013-08-29 23:02 | 洗い出せ・そして公開せよ | Comments(0)

ロスチャイルド・イルミナティを洗い出せ

気をつけろシリア・ローマそして、トルコ
ロスチャイルド・イルミナティの狙いは、シリアへの米軍軍事介入をさせるだけではない。本命は、ローマ・ヴァチカンのカバーリングだろ。
 よほど、ITCCSのケビン・アネットとカナダ原住民達の法的追求が怖いらしい。おのれのやっている事のおぞましい諸行をよそに裁判所の呼び出しにも応ぜず、法律を無視して、超国家主義の無政府状態を自分たちで作っているのだ。そんな奴らが、世界の戦争を次々と広げている。
そして、英国王室の掠奪の歴史は今も続いており、それを正当化している掠奪史観が崩壊する遺跡が次々と発掘されている。その一つがトルコにある。イスラエルのゴラン高原にシュメールの遺跡がある。
これが、ロスチャイルド・イルミナティが世界市民に仕掛けた「第三次世界戦争」だ。
 悪魔主義の儀式に自信があるなら自ら真実を述べるべきではないのか。世界の祭典、ロンドン・オリンピックですら悪魔主義の儀式に使い、生け贄に少女を殺している。
by kanakin_kimi | 2013-08-29 17:07 | 洗い出せ・そして公開せよ | Comments(0)

ロスチャイルド・イルミナティを洗い出せ

また英仏が、戦争誘導
 いま、押し隠している裁判がある。イギリス王室エリザベス女王とヴァチカン旧・新教皇、枢機卿・大司教等30名以上が犯罪者として25年の刑期が言い渡されて逮捕状が出されているが、それを無視し続けている。カナダ原住民の子供達5万人以上を悪魔主義の生け贄に拷問し、殺してきた大事件である。
 世界の市民の目を、この事件から焦点をはづそうとして躍起になっているようだ。とりわけ、アメリカ市民の目を女王陛下の御庭番 M I 6 の「ボストンマラソン爆破事件が露出」しており、ボストンの枢機卿は改革派である事から、脅しをかけるつもりでもあったのか問題化している。この大事件を隠そうとして、アメリカをシリア軍事介入へ引きずり込もうとしている。
グーグル翻訳ですご判読を
ITCCS 報告
ホーム 約 歴史 連絡 裁判所メンバー スポンサー 何をすべきか 国際 ICLCJ ITCCS.TV
itccs.org

ローマと21カ国で9月22日招集する "精神的なアセンブリ"
itccsによって2013年8月26日に投稿されました
バチカン "脱世俗に包括的なキャンペーン"を計画するケビンアネットとITCCSに会うためにイタリアの政治家
ローマ -

イタリアの2つの政党は、9月にITCCS当局者と会うことに合意したときにローマカトリック教会の被害者で正義のためのキャンペーンは、この過去の週末の大きな一歩を取った。

会議では、内部の文は "教会を脱世俗法と民主的な​​コントロールの支配下にそれを持って来るための包括的な政治的、法的なキャンペーン"と呼ぶものを計画します。

このキャンペーンでは、その目的として、人道に対するその犯罪の訴追から教会を保護し、イタリアとバチカンの間のいわゆるラテラノ条約の廃止が含まれます。

ローマカトリック教会は、国際法の下で国境を越えた犯罪の体であることが宣言ITCCSの8月4日ブリュッセル宣言に触発され、イタリアの当事者は、時間のすべての犠牲者に代わってイタリアの決定的な政治的行動"のために到着したことに合意したローマ教皇"。(参照www.itccs.orgを、8月3日)

問題の当事者は、現在下院と上院のイタリア商工会議所に立っています。ITCCSフィールド長官牧師ケビンアネット含むITCCSの代表、と非公式協議に従事する彼らの契約は、それぞれの指導機関の合同会議で、8月24日(土曜日)に行われました。

これらの事実は、その偽名の下に2つの当事者 "マッシモ"と "マリア"の広報担当者が署名した共同声明を通じて、その同じ日にブリュッセルでITCCSセントラルオフィスに伝えていた。

今日はワシントンDCから言えば、牧師アネットは、 "我々はすべてのために待っていたブレーク"として動きを歓迎した。

"私たちのキャンペーンは常にだから、最終的に、イタリアの政治家は犯罪者機関としてカトリック教会の力を牙を抜くと抑制するための措置を取っていることを満足だから我々は直面している制度的な犯罪の恐ろしさの本質的に政治的な一つとなっている - 。と今までケースアップされた、バチカン市国のお金と影響力は、それらを停止させないために。

"私は彼らの勇敢な例は他の場所で、政治家や政府で失われることはありません知っている"。

セキュリティ上の理由から、両当事者は、イタリアの中で、スイスの非公開の場所で、ひそかITCCSとの9月の会議を行います。

一方、9月22日(日曜日)にバチカンで教会の拷問の精神的な年長者や生存者の計画的なコンバージェンス、新たな活力を進めています。

"スピリチュアル干拓のグローバルアセンブリ"と題され、春分イベントが同時集まり、教会の職業と、その同じ日に21カ国のカトリック教会での "コミュニティ·悪魔払い"を含みます。

私たちの名前ではないから発行された8月20日声明で!(Non!)、協賛国会でアメリカに拠点を置くカトリックとプロテスタントの聖職者の連合は、それが、述べられている

"バチカンはすでに合法disestablishedと人類のコモンロー裁判所で憎むべき犯罪で有罪とされています今、私たちは、精神的にその教会をdisestablishingとキリスト教徒はインペリアルキリスト教、教会で保護された子の強姦の彼らの遺産を終了するための新しい方法を作成していると虐殺。キリストは教会ではありません。

"このアセンブリは、神の意志と神の子供たちのうちを通して行わ悔い改めと厄払いの行為、である。今偽教会を残すためにすべての真のクリスチャンのための時間であり、ローマの死者の魂が自分の死者を埋葬せ。 " *

(*私たちの名前ではありません連絡するために!gmail.comでthecommonlandへの書き込み)

これらのグループやイベントのさらなる発表をお楽しみに。

ITCCSセントラルオフィスによって2013年8月26日、ブリュッセル(G. Dufort、長官)を発行し

gmail.comでitccscentral

by kanakin_kimi | 2013-08-29 00:07 | 洗い出せ・そして公開せよ | Comments(0)

ロスチャイルド・イルミナティを洗い出せ

いつまで英帝国(イルミナティ)に踊らされているんだ。アメリカは真の独立をせよ!!

イギリスの M I 6(女王陛下の御庭番)が仕掛けた、シリアでの化学兵器による戦争誘導、またしてもアメリカ引き出し作戦だ。いい加減しっかりしろよ。
 日本に、中国をけしかけさせ、韓国・在日を使って「ホロコーストと日中戦争を誘導」しようとした作戦が行き詰まりを見せるや、今度はアメリカをシリアへと戦争誘導作戦を進めた。
日本の石油技術者10数人を殺したイギリス・フランスコマンド達もよく考えろ。真実はすぐに露見する、「ロスチャイルド・イルミナティ」による第三次世界戦争は、今までのようにはさせない。
世界市民は、お前達を取り巻いているのだ。
 世界市民よ、それぞれの持ち場で「ロスチャイルド・イルミナティ」を包囲し、絞り込み、動けないように拘引せよ。
それが、「第三次世界戦争をはやく終わらせ、犠牲者を最小限にする最良の方法だ」

by kanakin_kimi | 2013-08-28 08:39 | 洗い出せ・そして公開せよ | Comments(0)

古代文字









by kanakin_kimi | 2013-08-27 15:52 | なにかがわかる | Comments(0)

今井雅之

突撃攻撃隊
真相解明をどこかでとどめるべきではない。今井氏の思いは、そこにあるのか、さらに進んでいくのか、さて。








by kanakin_kimi | 2013-08-27 14:12 | なにかがわかる | Comments(0)

太陽系惑星は空洞化工事をすすめている

ピラミッドから始まる










by kanakin_kimi | 2013-08-27 11:57 | ピラミッド | Comments(0)

HAARP

どうする



by kanakin_kimi | 2013-08-25 21:17 | 洗い出せ・そして公開せよ | Comments(0)