<   2013年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

新年への「特殊相対場論」

柱の日めくり暦のように
 巡りくる時間は、とどまる事は無い。続いている、その場所がたとえ途切れているスペースでも。海で繋がり、エーテルで繋がる。宇宙のスペース。
 いま、いきているここに地球があり、月が寄り添い、太陽を回る惑星がある。通わす心に隔たりはいらない。巡り来る時間は、とどまる事は無い。
 いまいきている星々の人々とともに築いていく事が出来る、エーテルで繋がる宇宙のスペース。
そんな時が来た。そんなときがたとえタイムラグの重層的進化であろうと、それがたとえ三億年の隔たりがあろうと、それをつなげてきた人々がいる。通わす心に隔たりは無い。
by kanakin_kimi | 2013-12-31 23:12 | 八百万の神々 | Comments(0)

土地所有シンドローム

戦争の終焉
 土地の所有が支配の拡大のメルクマールである事は古代から実践されてきた。しかし、それを理論に整理したのは二三百年ぐらい前ではないかと思う。一般的に知られるものは、マルクス・エンゲルスの著作によるものと私は認識している。一人当たりの人間が生活する上で必要最小限の土地専有面積はどれほどであろうか。生活環境にもよるであろうから一概にはいえないけれども、採集生活をしているものには土地所有の概念そのものが無い。だから、今日までの「世界支配のルーツに見る土地所有の拡大」は、極論すれば採集生活者が営む自然と一体になった環境を掠奪する形で進んできたのである。
 では、それが何故「所有権」として成立するのであろうか。暴力によって掠奪する事が正当化されてきた概念はいまだに「世界中に厳然と存在している。」他方では、土地所有の概念そのものが無い採集生活者は移動を繰り返してきた。日本列島に移動してきた「縄文人」の移動要因の一つにそれがあったように思われる。そして、海で隔てられた日本列島で「定住生活」が始まった。今までの経験を記録し伝える事の大切さを学んでいった。
 中国では、いまだに天動説である。何の根拠も無く、世界の中心であると思わせたくて仕方が無いようである。地球が太陽の周りを回っている事は認めるけれども、地球上の世界は中国の周りを回っている国々であると思っており、そのように思わせなければ気に入らないようだ。ところが、東インド会社やイエズス会には頭が上がらないようである。東インド会社やイエズス会は事実上「ロスチャイルド・イルミナティ」の支配下にあるのだけれど、どう考えてもこの構造の原因を理解できないのである。この調子だと、いずれまた国の破綻を免れないのではないだろうか。
 その事のケジメをつけさせておきたいと思っている。そうしなければ、中国国民・わたしは「中国市民」といっておきたい。中国市民は幸せになれないからである。人としての自立が、いつまでたっても支配構造の大衆の位置に置き換えられているからである。
 中国は、世界に先駆けて大航海をした国である。また、その持てる技術や文化は世界が見習ってきた歴史があるのである。それなのに自らそれを貶めるような懐の浅さを露呈してしまう原因は何だろうか。その自信の無さは何が原因になっているのであろうか。何故、日本の安倍総理が神社の参拝をした事に「アレルギー症状のように示すのか」これらは、「ロスチャイルド・イルミナティ」が行っている「戦争作りの謀略」から発している現象だといって過言ではない。
 おそらく、「ロスチャイルド・イルミナティ」による「借金コントロール」だろう。日本の指導者も同じように「日本人・イルミナティ」をつかってこんにちまで「借金・コントロール」をしてきたのだ。そんな借金は気にする事は無い、踏み倒せ。やつらは、それが支配の手づるでやってきたのだ。それに引きずられて大切な事を見失っているのが「日本人・イルミナティ」であり、「中国人・イルミナティ」なのだ。
それでなければ、「ロスチャイルド・イルミナティ」に今までの損害賠償請求を徹底的にやればよい。
おそらく、これからその損害賠償請求訴訟が、世界のあちこちから持ち上がる事になるだろう。中国市民も、東インド会社やイエズス会のやってきた事をしっかり整理して訴訟準備をこそするべきだろう。
いかに謀略をしてきたかという事は、今まで分裂させられてきた事で浮かび上がらなかっただけなのだ。仲間内で仲違いして本当の敵「ロスチャイルド・イルミナティ」にコントロールされてきたのだ。 もういい加減に、中国指導部は中国市民を大切にしろ。
by kanakin_kimi | 2013-12-31 11:16 | シンドローム | Comments(0)

災害は、「超法規的」

戦争の終焉
 災害は、「自然災害」と「社会災害」に分けられる。
 「自然災害」は、「森羅万象の精霊」が司り、「社会災害」は、「八百万の神々」が司る。それらは、いわば「楕円態運動の二つ以上の焦点」に位置しているという事ができる。それは、奇妙な事であるが「認識する事が出来るものによって初めて表に取り上げられるようになった」。実態真実である全ての自然界であり、全宇宙の事物・事象もそれを認識し表現する事が出来るものが無ければそれは「有」であり「実態真実」であるのに「無」でしかない。
 人類が「実態真実」に働きかけて、「仮想真実」を形成し、「仮想真実領域」を拡大してきた。
 それは、奇妙な事であるが「認識する事が出来るものによってはじめて表に取り上げられる。」そこに、「未知との遭遇」という「森羅万象の精霊と八百万の神々」を配する「知恵」がある。
 日本人は、それを「敬い・尊崇」するけれども、決して「自立・自助」を放棄しない。そういう考えと覚悟を伝えている。それが伝統の民俗芸能の中に伝えられている。それが「俳句・短歌・連歌」の中に伝えられている。「もののあわれ」であり「風雅の誠」であると私は受け取っている。
 だから、「自然災害」と「社会災害」に対する「戦略的災害対策」というものは、
1)、みんなが賢くなるようにする事。
2)、みんなが賢くなる為に、必要な事を統べてやる事。
これだけである。あとはこれの後についてくるからである。
by kanakin_kimi | 2013-12-26 14:45 | 戦略的災害対策 | Comments(0)

ロスチャイルド・イルミナティシンドローム

戦争の終焉・各分野で起きている全てのシンドロームの原因はロスチャイルド・イルミナティとその配下となっていた全てのイルミナティによる混乱によるものである。そしてそれは利益追求を優先する経済主義に起因している。
 
by kanakin_kimi | 2013-12-23 23:08 | シンドローム | Comments(0)

森羅万象の精霊とともに、八百万の神々達で守る日本

戦争の終焉・お互いを認め合う
 お互いを認め合うという関係に、『戦争は生まれない』。支配しようとする者は「金力・暴力でねじ伏せようとする」から、それから『身を守る為に必要な事を準備せざるを得ない』。
 日本の「縄文文化」は、これまで「森羅万象の精霊を敬い、死にとし死ぬるもの・生きとし生くるものを八百万の神々として尊崇し、お互いを認め合う生き方とその覚悟」を文字列の行間に・言葉の奥にある、意味合いにしたためてきた。それが『日本文化の軸』をなしている。それが、「もののあはれ」と表現されたり、「風雅の誠」と表現されたりしていると私は受け取っている。
 これは、実は日本だけの専売特許ではない。自然崇拝を軸にした文化を継承している原住民族のほとんどはそれを理解できるはずである。長い時間の経過から、蘇らせている原住民族文化がそれを証明してきている。
 支配の論理の継承者達は、「絶対神と生け贄」を継承している。人として「自立できない人々」なのであろうか。しかし、「生け贄」を「代わりのもの=紙や木の札」「美作の国の神、猟師の謀によりて、生け贄を止むること」(今昔物語巻二十六第七)に置き換える愛と知恵が生まれた時、「絶対神から解放された」。それが『人としての自立の契機』であろう。
 今日において、なおも「絶対神と生け贄」を継続しているものには、「愛と知恵が生まれなかった」哀れな人々であろう。人工削減計画で大量の殺戮を繰り返し、そして企てている。
 それが、『ヴァチカン』の教皇であり、世界の支配者・王室継承者らがとなえる「世界政府」であるらしい。
by kanakin_kimi | 2013-12-19 15:10 | 八百万の神々 | Comments(0)

権力力学シンドローム

戦争の終焉・2020年の東京医師会・池田イルミナティ・電通イルミナティ・東京都イルミナティの東京オリンピック乗っ取り作戦が動いている
同床異夢プロジェクト
 「判地紋」だ。東京に大量の土地を買い、軒並みに建てられたビルを買いあさっている輩がいる。東京オリンピックに向けてざわざわと動き出した。その一つが、猪瀬東京都知事引き下ろし作戦である。そのやりかたは、小沢おろしにそっくりだ。おそらく同床異夢プロジェクトだろう。その一角に東京医師会もいるようだ。東電病院を買おうとしている徳洲会に横やりをぶつけている。そして池田イルミナティは国土交通省の権力を握っている。在日孫イルミナティは東京の広大な土地を手当てした。サリン事件の前段状況を呈しているような事態を見抜け。警察権力の浄化を急げ、そうでないと安倍が急いで作り上げているものは諸刃の剣となるのだ。東京オリンピック乗っ取り作戦は動いている。
今何が乗っ取られているかが見えてくる
 NHKが乗っ取られ、自民党が乗っ取られ、民主党が乗っ取られ、大阪が乗っ取られ、と、こうみていくと、東京都が乗っ取られ、天皇制乗っ取りを策してきた者達が、東京オリンピックを乗っ取る事で、日本を乗っ取る気分に浸りたいのだろう。
 ほしいならあげるが、そこにはもう日本は無い。そういう事を知ることになるだろう。中韓イルミナティが日本イルミナティと連合し、池田イルミナティ・孫イルミナティ等の在日イルミナティを総動員している「ロスチャイルド・イルミナティ」の最後のあがきがそこに集約されるようだ。
その時、東京は大津波を防げるか、東京暴動が始まっているのではないのか
 西日本を支配下に置いたという考えにあるようだ。だから、東京乗っ取りに走り始めたのだろうか。どうです西日本の日本人の皆さん「支配されていますか」。失礼しました。でもそう考えると合点がいくのですから不思議ですね。
 藤原鎌足が天智をたらし込み利用して、藤原系天皇体制を作り上げた時代がめぐりめぐってあったのです。それが今日まで引きずっているのです。あれこれいっても、今頃になって乗っ取られたの、どおのといっているのも不思議なものです。何故でしょうね。
くりかえし支配したがる愚かしさ

 そして、また「くりかえし、くりかえし」何故こうも、日本の地にこだわるのであろうか。何故こうも自分のものにしたがるのであろうか。お互いに、認め合う事・相互に助け合う事が何故出来ないのか。何故に上からの目線が欲しいのであろうか。嘆かわしく・愚かしく思われる。
賢くなると、お互いに認め合うし、お互いに助け合う。そして、その関係を持続できるようにお互いにその関係を、どのような環境変化においても再生産する事につとめようとする。
by kanakin_kimi | 2013-12-19 09:31 | シンドローム | Comments(2)

歴史学シンドローム

世界の歴史学が独立していないわけ
 不思議な事があるものである。日本の事だけかと思っていたら、世界のどこにおいても「歴史学」が独立した学問になっていなかった。「学問」として独立していない結果なのであろう。
 アインシュタインの間違いを引きずっている原因と症状を「アインシュタインシンドローム」とわたしはいっているのだが、それと同じように、ある権力構造を維持する為にとられた間違った史観を引きずっている原因と症状を「史観のアインシュタインシンドローム」という事にした。そして、それにともなって実は「歴史学」が学問として独立していないという事に気づかされた。「史観のアインシュタインシンドローム」というのは「歴史学が学問として自立していない」事に引きづられている症状に気づいたのである。しかし、それをそれぞれの学問の歴史に踏み込んでいくととてつもない巨大なジャングルに迷い込んでしまう。
 これもまた原因になっているようだ。つまり、このように混乱させておいた方がよいという権力構造の目的意識やそれを実現しようとする意図と、それぞれの学問分野での歴史に対する認識の未熟があり、そこに至る以前に察知して自己規制するという問題に立ち往生しているように思われた。
 そういう意味では、日本の方がもっとシンプルに「歴史学」を独立させる端緒を見いだせるのかもしれない。図書分類法の「歴史」をまとめるようなものでいいのではないのか。
 歴史学が学問として独立していない理由は、「権力構造」に帰趨していると私は考えている。この要因は、およそ全ての問題に関係してくる最後の砦みたいなところが「歴史学」に収斂されている。
 それは、遡行してみれば他の学問分野に影響を与えている「権力」の「敷衍性」なのだと考えられる。したがって、その『他の学問分野に影響を与えている「権力」の「敷衍性」』というものがどういう意味を社会にもたらしているかという事なのである。時代の変化に即応して切り替える準備はできているようなのである。何故かというと、「権力」の「敷衍性」は権力構造内部での「組織維持装置」が独立性を保とうとして常に二つ以上の案を準備する習慣があるからである。
 それは、国家という枠組みの、国民から委託されている「官僚制」組織の一つは権力の望む案、二つは国民一般の望む案、三つは自分たちの望む案である。三つ目の案は、国家の枠組みを守る為の案であり自己防衛であるが、未来への準備の案である事が多い。しかし、官僚組織は権力構造が「ロスチャイルド・イルミナティ」という「世界政府」に一元化されようとする時、どのような行動をとるであろうか。彼らの自己防衛としての限界を超えてまで「ロスチャイルド・イルミナティ」の言いなりになるわけにはいかないだろう。そしてその限界に、既にきているはずだ。もはや、「ロスチャイルド・イルミナティ」の言いなりになっている「日本人・イルミナティ」を排除しなければならないときであろう。
 「日本人・イルミナティ」が誰であり、今何をしようとしているかを国民に明らかにする事である。
小泉純一郎が立ち上がり、脱原発を鮮明にした。一方で、「猪瀬都知事を引き摺り落とそうとしている動きはどこからの発信か」、池田イルミナティ・孫イルミナティの動きがある事を国民に明らかにするときだ。 
by kanakin_kimi | 2013-12-17 11:31 | 歴史学シンドローム | Comments(0)

ロスチャイルド・イルミナティを洗い出せ

戦争の終焉・ITCCS報告
(グーグル翻訳です。ご判読ください。)
ノーベル平和賞ノミネート牧師ケビンアネットとITCCSバチカンの世俗の権力を廃止するための新しいキャンペーンを開始 - アネットは2014年1月15日にアメリカの東海岸にグローバル話すツアーを開始します

掲示された 2013年12月17日
メディア諮問 - 2013年12月17日

ケビン·アネット

ニューヨーク:

大量虐殺のためにカナダとその教会を起訴前者教皇ベネディクトを解任することだけでなく、助けた人が2014年1月15日にニューヨーク市の世界的なスピ​​ーキングツアーを開始します。

ケビンアネットは、その証拠と法廷アクション1教皇を退位さに貢献し、現在は第1を脅かしている、2010年には教会と国家(ITCCS)の罪に21の国国際裁判所を確立に貢献し、国際的に高い評価を受け内部告発者やノーベル賞候補者である。と新年に、アネットのネットワークは永久に「公然と子供たちをトラフィックと子強姦を保護有罪判決を受けた多国籍犯罪者の体」とバチカンを廃止するために、そのキャンペーンをラチェットされる。

ケビンアネットは、ローカルのコモンロー裁判所で裁判にカトリックの司祭を強姦既知の子供を持って来る、との外交状態を取り消すには、政府や国連に圧力をかけるための努力を支援するために1月と2月の間にアメリカ全土のグループとの会議となりますローマカトリック教会のイミュニティ。

彼の米国を話すツアーの最初の区間は、ニューヨーク、ボストン、ワシントンD.C.、フィラデルフィア、ナッシュビル、セントルイス、シカゴ、フロリダ州の会談が含まれます。アネットは、後でこの春西部の州と西海岸を見学します。2月には、彼は話し、9さまざまな国で整理するためにヨーロッパに旅行し、政治家、メディア、ローマなど、虐待の生存者、に会うために。

伝記とケビンアネットとITCCSに関連したリンクは従ってください。

情報と彼の特定の会場についての詳細については、次の改訂アネットに連絡hiddenfromhistory1@gmail.com、またはpH:米国386-323-5774。

ITCCSのウェブサイトはあるwww.itccs.org。

1。YouTubeのインタビューで牧師ケビンアネットの伝記:http://itccs.org/2013/01/01/biography-rev-kevin-daniel-annett-mam-div/

2。2013訴訟のためにケビンアネットによって文書カナダの虐殺の証拠のサンプル:https://www.youtube.com/watch?v=RBUd3UXt6fI

3。ケビンアネットの本もはや隠れた(2010年)と賞を受賞したドキュメンタリー映画悔い改めない(2007):www.hiddennolonger.com

で掲示される 未分類
ケビンアネット:教皇Bergoglioは紀元前ネイティブ住宅、学校で発見された30の子スケルトンとして子どケビンアネット:教皇Bergoglioは紀元前ネイティブ住宅、学校で発見された30の子スケルトンとして子どもの人身売買に関する国連期限を誇示掲示された 2013年12月13日
バンクーバー、BC - インタビューで、今日アルフレッドLambremontウェブレ、ケビンアネット、国際裁判所の分野秘書と教会と国家の犯罪は、教皇Bergoglioバチカンを明らかにするための国連課した期限を誇示にマキャベリが推奨する基本的な方法を使用している方法について説明します子どもの人身売買や児童の30スケルトンはポートアルバーニ、BC州のネイティブの子供たちのための合同教会の住宅、学校の敷地内に大量の墓で発見されたのと同様に、カトリック教会の児童虐待を隠蔽規則を締め上のデータを制御



ケビンアネット:30 BC子骨格が発見されたように、教皇Bergoglioは子どもの人身売買に関する国連を誇示http://www.youtube.com/watch?v=CGmmhk9r3gQ&feature=youtu.be

で掲示される 、カナダ、カトリック教会、カナダでの大量虐殺、ホルヘBergoglio、カナダのミサグレイブス、教皇フランシスまず、子供の儀式殺人、ローマ·カトリック教会、国際司法裁判所コモンロー裁判所、カナダ合同教会、ビデオ| タグ アルフレッドLambremontウェブレ、カナダ、カトリック教会、大量虐殺、カナダの大量虐殺、インド住居学校、ITCCS、ホルヘBergoglio、ケビンアネット、カナダのミサグレイブス、モホーク研究所インドの住宅、学校、教皇Bergoglio、教皇フランシスまず、ポートアルバーニ、牧師 ケビンアネット、ローマ·カトリック教会、カナダ合同教会、バンクーバー
クリーン、ホルヘ·カム:ケビンアネットからローマの司教(別名「教皇フランシス」)への公開書簡
掲示された 2013年12月6日
2013年12月6日に送出されます



あなたは天にある唯一の父を持つために、あなたがたの父地球上の男を呼び出していません。 - マシュー·午後11時09分

すべての上に、任意の成功定規は宗教のように見える必要があります。- ニコロマキャベリ

..................

あなたのそのダム少し作り笑いは本当に私は、バグのホルヘを始めている。

好きなので、あなたが地球上で最も裕福な企業のCEOなら?私は、メディア界の大物はあなたのお尻を崇拝どれだけ気にしない。いくつかの礼儀作法、男を試してみてください。フィールドのユリ、または何かを考えてみましょう。

もちろん、それはあなたがこれらの日を笑顔するためにあらゆる理由を持っていないことではありません。私が意味する、おめでとう、望洋!あなたは本当にそれを取ってきた!他に誰が、イエズス会は、世界は、彼が単にニヤニヤしてカメラに手を振って、人々をレイプしてボロボロ政治的に正しいフレーズを悪口で、イエス·キリストご自身への次善の策だと信じてもらう可能性があるため必死に聞く必要がある?

確かに、101の大学院をドクター任意のスピンは、あなたがローマのあなたのその精神的なスラグのヒープ上に光沢のあるベニヤを広めてきたどれだけのトップの成績を得られます。しかし、それはあなたの頭に行かせないでください。私たちは皆、あなたが喜ばホイールや手をグリース男の人なら知っている:ちょうど彼らの汚れた戦争中に、ブエノスアイレスで一般ガルティエリと彼の仲間の不良少年のためにあなたがした華麗な宣伝の仕事を見下ろす。あなたが彼らの最高よりも良い嘘、ホルヘ、誠実かつ説得力のある:も、あなたの枢機卿が彼の恥ずかしがらず正直な意地の悪さのために「ジョー·ラット」と呼ぶのが好きだったお気の毒前身、君ラッツィンガーとは異なり。

ところで、ジョーに挨拶。私から。私は彼が私に恨みを負うものではありません願っています。

しかし、このゲイの冗談、ホルヘ十分。私はあなたが私のためにいくつかのこと、そして世界をクリアする必要があります。

私はこれまで、あなたを得る。あなたのバチカンバンク番号crunchersはBejingを含め、様々なオフショア手に暴徒お金と戦争マシンの利益を洗濯し、そのすべてを転送しているときは、明らかに、あなたの批評家とあなたの政治的に正しい難解な言葉で湾で召喚状を保有する様々な弁護士を維持している。多分それはあなた自身の内部者の一部が主張するようあなたと中国は、単一通貨で世界の金融市場を支配しようとしていることさえも事実だ。そして、なぜあなたの小さな気晴らしの策略が動作しないですか?これは、包囲下にあるすべての制度の立証済みの方法です。

我々はベルファスト、ホルヘで言うも、、あなたが購入している場合、私はビールがあるでしょうが、あなたのお金は良いことだ場合に限ります。そして、あなたの金色の地平線上に迫り来る性交まではこれです:多分、傲慢のせいが、あなたの "ホルヘ再臨」のパフォーマンスが、最近で判断した場合、あなた自身の嘘のことを説得しているようだ(そしてそこに持っているのは非常に成功あなたが作った多くの)公共のexhortationsなって。

今では、私はあなたが読んで知っマキャベリによれば、良いということはない。教皇への16世紀の街路賢い顧問が長すぎ、彼らは自分の猫かぶりに巻き込まなり、混乱し、自分の裁判を分割してしまうないようにするために彼らの本当の目的を隠すことがないようにあなたのような人に語った。あなたは、祈りと信心深さが大衆の罰金であることを、あなたがそうであるように、それを行うと、明らかにかなり当然知っているいくつかの王の意思イタリアの枢機卿とそのbankstersを怒らし始めたが、その一方、あなたの神のお得な現金でとしているクレジット。

とにかく、ホルヘ、なぜあなただ​​けのクリーン来ない?あなたは完全に良く、グローバル資本主義を改ざんや貧しい人々に正義をもたらすことについてわからないことを知っている - 私はそのキュートな話のようでしたが、メディアの人々は、あなたが、ローマの街を末日聖フランシスコのように徘徊については、最近、循環夜に、ホームレスを供給する。非常に素晴らしい。

しかし、良いたわごとを感じることすべてはあなたが戻って1978年秋に、家の掃除をし、バチカンの富を配ってみました最後の教皇に何が起こったのか忘れさせないようにしてください。どうやら、毒殺 - - ジョン·ポール·ナンバーワンは、オフィスでの28日後に死亡したあなたは、ホルヘは、まだ非常に生きている間。それは確かに私たちに何かを伝えます。

また、より多くのあなたが正義と改革、ダミーについては上の無駄話、より多くのあなたの信頼性は、どこかにあなたのそのきれいな白衣の下に垂れ下がっ開始します。地球上で最大の子どもの人身売買のラケットと刑事陰謀の頭:あなたはすべてのカトリック教徒を思い出させ、あなたの7月11日、 "ローマ教皇の手紙」で確認した犯罪:すべての後に言って行われているので、あなたはまだ、受託者(法的責任を読む)であるで、教会の子レイプについて話誰でもバチカンの地下にあなたのそのじめじめ民間刑務所の内部で、そのロザリオビーズを数え終わることができていること。

今では、より多くのそれのようにホルヘた。マキャベリは、このような率直さを誇りに思うだろう。支配者は、彼によると、彼らの権威を守るために無慈悲に縮小することはありません。あなたの使徒書簡は、単に間違ったに巻き込まれると、ある、マキャベリが規定して何をやっていたと、支配者は、彼がさらに露出させることができるというチャンスを排除しながら、彼の王国を改革するふりをしなければならない。彼はあなたが何をやったかである、という証拠を埋葬し、すべての情報漏えいをプラグインすることがあります。

しかし、神聖なたわごと、ホルヘ!あなたのメンターは、単に改革をふりをした。ふり!実際に愚かな、それをしないでください!あなたは、重要な瞬間に変化水門を開くようにしているよう最後の事のために1がよろめく政権に行います。

イエス、ホルヘは、あなたはそれを知っている必要があります。それは小学校の政治算術だ、と誰もスコアを知らなくても、ローマの獣の最高経営責任者(CEO)であることを取得しません。たぶん、あなたはプロの悪徳弁護士は、私たちすべてがだまされています。ただ過程で自分自身をだまし終わらない:任意の定規のための枢機卿の罪を、マキャベリは述べています。

しかし、ここで最終的な摩擦、ホルヘ、そしてあなたに私の小さな信徒への主な目的は次のとおりです。最終的には、このくそ事項のいずれもが、法的、あなたもあなたのバチカン社のいずれもが、実際にこれ以上存在するという精神的なことを考慮しない。

最後の8月4日には、あなたの全体の教会はその日付以降、あなたがnullの正当なまたは合法的動力として無効であることを意味し、国際法の下で国境を越えた犯罪組織であると宣言した。

今、それはクリスマスシーズンとすべてのもの、それは誰もが子供たちのためにサンタクロース神話に従事していることは事実です。、より大きなものをサンタクロースの寓話があり、古い聖人ニックのほかに、(申し訳ありませんが、女の子)サポートできないよりバチカンには独自の法律や権限を持つ「主権国家」であるという信念。しかし、王の装飾品信者百万ものは、彼の実際の裸を隠しません。

私が意味する、ではないだろう、選挙の時には100万ドルのために:確かに、世界中の政治家や裁判官は、この大きな教皇の嘘と一緒に演奏?しかし、すべてこの人間二枚舌の後ろ法の不変の真実、ホルヘ立っ:あなたは、その資産、財産犯罪者の体であるようには定規、どこでも、正義の上にあり、その制度化子どもの人身売買やマネーロンダリングの教会だということ法律を合法的に押収し、その役員が逮捕されていない···明日は、今日することができます。

それは望洋、あなたのために悪化します。背後にあるためであっても、その法律がはるかに深く、より最終的には人間裁判所ができるよりもあなたを非難し、神を、立っている。

たぶん、あなたはあなたが無害な象徴的なイメージに神を減らすの言葉で神を参照してどのように強制的に考えると、あまりにも、これを知っている。つまり、殺人が被害者に何をすべきかだし、リップサービスを払って、常に有罪の最初の反応である。しかし、それのどれもホルヘ、もはや機能していません。今、冗談はあなたにしているため。

私はあなたが、私は2009年後半にバチカンの外私たちの最初の悪魔払いの儀式を行った後で、私は最初の日収集した漫画オチ、そして翌朝ローマ中心を襲った竜巻と呼ぶだろうと思います。そしてこれがそうだ。

生ける神はあなたを粉砕するために宗教とレトリックの後ろから強化しているとあなたの血は寺を浸した。そして、あなたの言葉や姿勢のすべてがあなたの全体の腐敗した混乱をダウンさせている大変動を停止する力を持っていません。

私はあなたの宗教集会を軽蔑、憎しみ、それらのこれ以上はありません...私は偽の羊飼い反対ですし、全くそれを破壊します。覚えていますか?

神は、人間の心、ホルヘに書かれず、インタプリタ、すべての偽の教会のうち、その偽の羊飼いが必要とされていません。特に人間の歴史の中で危機的瞬間に、今と同じように、一人で神は私たちを救うことができたとき - あなたのような人造の宗教のための正義の生ける神を持っている必要があります何のため?

だから、ホルヘが白衣を脱ぐ。つまり、コマンドではなく、要求の。それはとにかく、あなたにはなりません。

私たちは、法廷でお会いしましょう​​ - あなたは私が何を意味するどの裁判所を知っています。

ケヴィン

で掲示される ローマ教会、Crimen Solicitationas、イタリア、ホルヘBergoglio、ケビンアネット、教皇フランシスまず、牧師 ケビンアネット、バチカン| タグ カトリック教会、児童殺人、児童レイプ、児童拷問、児童売買、ローマ教会、ホルヘBergoglio、ケビンアネット、教皇フランシス、牧師 ケビンアネット、ローマ·カトリック教会、悪魔主義、バチカン
by kanakin_kimi | 2013-12-16 21:10 | 洗い出せ・そして公開せよ | Comments(2)

デニケンの宇宙論

天文学の終焉・地球からの宇宙ではなく、宇宙の中の地球を見た世界観へ
 天文学が先導的に宇宙への世界観を市民に提供する事が出来なくなっている事態が生じている。それが何故なのかを考えてみた。どの学問分野においても「無限」という言葉が問題にならない事は無いだろう。ところが、その「無限」という言葉の概念についての認識が整理できていない分野で立ち往生しているようである。もちろん、個人の問題としては「卒業できている人」もおれば「卒業できていない人」もいる。「学問分野の定説」として、卒業できていないという事である。だから、いままでは「君子危うきに近寄らず」ですんできたのであろう。
 ところが、時代の趨勢がそれではすまなくなってきたのだ。そこで私自身が卒業したと自認する認識獲得の要領を書いてみようと思う。このブログの出発である「特殊相対場論」の考え方として「私の宇宙論 12章」を書いている。そこに述べているものが全てではあるが、ここではそれらをひっくるめた解説をしたいと思う。そのタイトルとして[「無限」の概念整理]を取り上げる。
 どんな学問分野で研究している人も自分自身の「認識」の整理をしていない人が「矛盾の概念」「無限の概念」を整理できていないようだ。
 私が整理できたのは、高校二年生の時に「国語」の教科書に「潁原退蔵」の「江戸時代語の研究」のなかの「序」文に書かれている内容から「触発」された。という思いがある。
 それは、人が陥る「おとしあな」、認識の落とし穴として「うがち=穿ち」の言葉を借用して命名した。江戸時代の文芸でありジャーナリズムでもある「黄表紙」などが、幕府への痛烈な批判をしたものが、「手ぐさり50日」とか「身代半減」とかのおとがめを食らっている。そういう経験から、「安全地帯」を設けて、そこから「風刺の技術」を使うようになる。ところが、「安全地帯」からながめた「風刺」は「サロンの中では通じていても、多くの人々の認識を高める役割とはならない」という「落とし穴」が生じているのである。「雨垂れ石を穿つ」といい「世相の裏面をえぐり出して表白する」という「穿ち」が「落とし穴になっている」という「パロディ」を感じたのである。
 そして、「真実は一つ」というフレーズの落とし穴を見つける事になった。「文学的表現」では通用しても、「真実か虚偽か」の「追究」には用をなさない事おびただしいのである。そこで、何が真実なのか、真実とは何なのか、人が真実と考えているものは何なのかを追究する事となった。
 大きく区分して、「実態真実」と「仮想真実」がある事である。
「実態真実」は、現実にある極微から極大のすべての事物であり、全ての事象である。これをなんと定義すればよいかと考えてきて、「空間に広がる、質量の連続」と表現定義することにした。
「仮想真実」は、人が「実態真実」を表現する為に、それに働きかけて獲得した「さまざまな情報」である。今日までの世界の学問の業績として蓄積されている全ての情報である。
 しかし、現在の「仮想真実」の総合をもってしても、「実態真実」の全てを表現し得ているとはいえないし、もちろん再構成するところまでいってはいない。それでも、着実に「実態真実の再構成」にむけて、静止画像的には近づけてきてはいる。
 きわめて部分的には、シミュレーション動画の画像として再構成してきている。そういう中で「無限」という概念は「極微の世界」と「極大の世界」の両方に「空間に広がる質量の連続」として「果てがない」というのが、わたしのそれである。
 さて、ここまではたいていの人が整理されている事とそれほど変わりはないと思う。問題は、ここから「それでも・ ・ ・」と「納得できない気持ちが澱のように残ってしまう。」という問題なのだろうと推察している。要するにつかみ所が無いという状態に耐えられないという事なのだろう。これは一種の「死の恐怖」と同じなのだろう。だから、アインシュタインの「相対性理論」が犯した間違いである「光速の絶対化」というように、何かを固定して絶対化しなければ落ち着かないというところにあるようだ。「仮想真実」は、「実態真実」を人間が写し取った情報である。
 個々の人間はこの「仮想真実」の一部を使って、自分の求めている「実態真実」に近づけた再構成をしている。それが、その人間の認識作業なのである。我々人間が認識し人に伝えるという作業が「時間的なずれ」「伝達の不正確さ」「事実認識の不正確さ」などによって「仮想真実のゆがみ」を与えている。そして、我々人間はその「認識のゆがみ」を克服し修正して「より正しい仮想真実」を形成してきたのである。そして、我々人間は果てしなく「より正しい仮想真実」を求めて、誤りを克服・修正して、「実態真実により近い」「仮想真実」を「再構成できるように、時間の壁に挑戦している」のである。





by kanakin_kimi | 2013-12-12 13:46 | なにかがわかる | Comments(0)

ロスチャイルド・イルミナティを洗い出せ

戦争の終焉・エイリアンとの交流





















by kanakin_kimi | 2013-12-12 12:52 | UFO | Comments(0)