<   2014年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

戦争を起こすものは、利益追求者であり、戦場にはいない

利益追求者であり、戦場にいないもの
 「戦争を起こすもの」は、「利益を追求するもの」であり、そのための投資を必要なだけ気前よくするのである。そして、常にその何倍もの利益を得ているものなのである。
 「戦争を起こすもの」は、「利益を追求するもの」であるから、自分が「戦場に行くような事は決してしない」ものである。とりわけ、直接命のやり取りする前線部隊には絶対に行かない。行かなくてもいいようなシステムを作らせているのである。
 だから、「戦争終焉のマニュアル」はそれらを「ひっくり返す事」である。

世界の市民を黙らせる仕組み
 「戦争を起こすもの」は、世界の市民同士で殺し合いをさせて、「利益を追求するもの」である。
「世界市民」全体ががもう少し賢くなれば、「何故世界市民同士で殺し合いをしている」のか、その不自然さに気がつくだろう。だから、「戦争を起こすもの」は「世界市民」がその事に気がつかないように「いろいろな仕組み」を作っているのだ。その一番効果的なものが「賢くさせない仕組み」である。
 「戦争を起こすもの」は、「世界市民が賢くなる」事に歯止めが利かなくなってきたから、世界中の支配層の連携を進めてきた。それが、「世界政府」とか「300人委員会」とか「ビルダーバーグクラブ」とか、要するに「ロスチャイルド・イルミナティ」と一括りに、わたしは云っているのだが、これが「戦争を起こすもの」なのである。
 ロスチャイルド・イルミナティと云うのは誰なのかを実名を挙げて世界市民に明らかにする事である。出来れば所在地など全てを明らかにさせる事である。それが、「戦争終焉のマニュアル」である。
 こいつらが、世界市民を分断し、いがみ合わせているという事が世界市民にわかるようにするのである。
 ウクライナ問題でも同じで、「クリミア問題」でうまくいかないもんだから、「マレーシア航空機撃墜問題」をねつ造して「プーチンの撃沈」を狙ったが、これもうまく行くどころか「ロスチャイルド・イルミナティ」の終焉が近づいてきた事を見せてくれている。
 
by kanakin_kimi | 2014-07-31 17:32 | 戦争終焉のマニュアル | Comments(0)

ロスチャイルド・イルミナティを洗い出せ

戦争終焉のマニュアル・・・・I T C C S報告
(Google翻訳ですので、ご判読ください)
保安官は、有罪判決を受けた教会の指導者Bergoglio、パッションとウェルビーを逮捕するために移動します。
バチカン - クラウンプラン反撃
掲示された 2014年7月24日
「価格がNdranghetaでアネットの頭に置かれているという噂があります」

ブリュッセルの国際司法裁判所コモンロー裁判所からのアップデート

2014年7月24日、午後3時GMT(一般的な原因はニュースサービスと著作権)

ブリュッセル、ローマ、ロンドン:

7月18日に教皇フランシス、ホルヘBergoglio、イエズス会のヘッドアドルフォ·パッションとカンタベリージャスティンウェルビーの大司教の裁判所の刑事上の有罪判決をきっかけに、逮捕令状で武装裁判所認定保安官は、ロンドンとローマで今日「3人の有罪判決を受けた男性を拘束」しようとしている。

[Bergoglio]、[パッション]と[ウェルビー]は先週の金曜日裁判所の5-治安判事の全会一致の決定によって、子どもの人身売買や殺人で有罪と仮釈放のない終身刑を宣告された。

裁判所の広報担当者は本日述べた、

"我々の保安官は、信念について、イングランド、イタリア、バチカン市国の警察当局に通知しており、有罪当事者を逮捕に彼らの支援を求めている、評決を遵守するため、裁判所の命令が発行されている人、そして自分自身を放棄する保安官 "

応答では、ローマ、ブリュッセルでの情報源は、バチカンが裁判所とケビンアネットを攻撃ブラインドメディアの記事が含まれる評決に対するカウンター攻撃を開始していることを裁判所に通知しています。

"あなたはバチカンのお金を得る、いわゆる代替メディアから含めて、彼と裁判所に対するヒステリーと塗抹標本でのエスカレーションを期待することができます。今日イタリアの急進党のメンバーを述べ、今 "あなたの評決を霧のためもう一つの大きな気晴らしのための時間です。

ローマの政治家や教会のソースは、裁判所の判決は、教皇が「極めて心配」していることを確認してください。また、裁判所から有罪判決を受けたイエズス会のリーダーアドルフォ·パッションは、すでに彼は次のイエズス会の会議で辞任すると発表した。

ロンドンでは、大司教ウェルビーは英国国教会の最近のロンドン会議の間に、裁判所のケースを議論するために7月14日にアドバイザーと自分を内緒。ウェルビーは明らかにランベス宮殿、ロンドンでの彼の官邸を残さないことを決定した、と警察の保護を要求しました。

しかし、公的に児童売買とカトリック教会に接続殺人の主要な俳優としてのケビンアネットと裁判所によって公開されたNdrangheta、として知られている組織暴力団は、明らかにもっと致命的な対応を計画している。

ベルギーの警察署内のソースによると、

「価格がNdranghetaでアネットの頭に置かれているという噂があります。私の連絡先は、神聖同盟」(バチカンスパイや暗殺機関)で計画されてだと言う。

裁判所は、常設委員会は児童売買や儀式犠牲に中Ndranghetaや大手銀行の役割に深く掘るために設立され2014年9月1日、遅くとも3教会関係者を有罪と重要な証拠の一部を解放していないことを計画している麻薬マネーロンダリング、児童売買や殺人。

コモンロー裁判所、メラニーVritschan、フィールド長官ケビンアネットの欧州代表は、証拠を詳しく説明し、これらの新たな脅威に対応するためにすぐに世界的なメディアのインタビューを開催します。さらにアップデートし、指示を待機。

正義、ブリュッセルの国際慣習法裁判所の広報室から発行された

2014年7月24日、午後3時GMT

www.iclcj.com、www.itccs.org

で掲示される アクション:何をする、カナダ、教会法、カトリック教会、特料金、児童売買、イングランドChuch、ローマ教会、コベントリーコモンロー裁判所、Crimen Solicitationas、英国の王冠、イングランド、民族浄化、ジェノサイド、歴史的には、背景、ローマ法王庁、イタリア、イエズス会、ホルヘBergoglio、ジョセフ·ラッツィンガー、ケビンアネット、法的背景、カナダのマスグレイブス、メディアは、バチカン占拠、教皇の欺瞞、ベネディクト、教皇フランシスまず、プレス、テレビ、公共国際司法裁判所に正義、公共召喚状、エリザベス女王、牧師 ケビンアネット、子供の儀式殺人、儀式レイプ、児童の儀式レイプや拷問、ローマ·カトリック教会、悪魔的儀式拷問、生存者の証言や目撃者、国際司法裁判所コモンロー裁判所、TOOS Nijenhuis、拷問、カナダ合同教会、バチカン
裁判所判決と教皇フランシスらに対する逮捕オーダ
掲示された 2014年7月22日
親愛なるコモン·ロー上の労働者、

あなたの集合的な使用のために以下のPDF文書は、が取り付けられている。

1 Bergoglio、パッションとウェルビーの罪悪感に関するブリュッセルコモン·ロー裁判所判決と秩序を。

2これら3に対する市民の逮捕状裁判所の。;

3ザ·裁判所の注文は3に準拠すること;

4。コモンロー憲章、地元の慣習法の章の形成を許可する;

5ダウンスタンドオーダクラウン(カナダ、イギリス、オーストラリアの警察、政治家、裁判官など)のすべてのエージェントに対して発行された。

6受注バチカンのすべてのエージェントに対して発行されたダウンスタンド; そして、

7。クラウン、バチカン市国や犯罪組織もカナダ政府/教会を宣言元の順序。

市民逮捕、職業やコモン·ロー裁判所のアクションを実行するためにこれらの文書を使用してください。手に受注ダウンスタンド
地元警察や裁判官。

また、最新のYouTubeのブロードキャストは裁判所の評決と共和国につきましては、添付されています。



(判定)

https://www.youtube.com/watch?v=rbewaA-0_5g&feature=youtu.be(最新ケビンアネットインタビューおよび更新)

もっと来て、おかげで、

ケビンアネットIMG-722105823

で掲示される アクション:何をする、カナダ、教会法、カトリック教会、特料金、児童売買、イングランドChuch、ローマ教会、コベントリーコモンロー裁判所、Crimen Solicitationas、英国の王冠、イギリス、大量虐殺、カナダの虐殺は、歴史的背景、ローマ法王庁、アイルランド、イタリア、イエズス会、ホルヘBergoglio、ジョセフ·ラッツィンガー、ケビンアネット、法的背景、カナダのマスグレイブス、メディア、オランダは、バチカン占拠、教皇の欺瞞、教皇フランシスまず、プレステレビ、公衆インターナショナル司法裁判所、公共召喚状、エリザベス女王、カナタ共和国、牧師 ケビンアネット、子供の儀式殺人、儀式レイプ、儀式レイプや児童の拷問、悪魔の儀式拷問、生存者や目撃者の証言、国際司法裁判所コモンロー裁判所、TOOS Nijenhuis、カナダ合同教会、バチカン
GUILTY:歴史的な場合には、有罪教皇、イエズス会
掲示された 2014年7月19日
人々の問題でV. Bergoglioら(ケース整理番号18072014から002)での

1反対意見を持つとの多数決を含む裁判所の判事の判決、

チェンバース2014年7月18日(金曜日)に発行された



裁判所の全員一致判決は3主要な被告ホルヘBERGOGLIO、アドルフォ·パッションとジャスティンウェルビーは有罪となり支援や人道に対する犯罪を教唆、殺人や人身売買を含め、それらの犯罪個人的な関与のの帯電として有罪であるされていることである。彼らの罪悪感は巧みに提示し、検察の任意の合理的な疑いを超えて証明されています。

、合法的な召喚に対応するためにそれら告発を否定するか、反論したり、自分自身の防衛のためにカウンターのケースを提示するために被告の拒否は、事実上のプロconfesso嘆願での罪悪感のような彼らの沈黙を検討することを裁判所に強要嘆願を入力するために彼らの拒否によって設立されました。深遠な重要性の場合には抗弁する被告の拒否で - - 教会と国家の支配者と責任あるヘッドの合法的信念と蒸着する方法の基礎を提供する前例はプロconfessoがあることを確立しています。(チャールズ·スチュアート、1649年1月3日V.議会の人々)

この先例では、英国の議会によって設立高等裁判所は、1月22日(自国民に対する犯罪で告発、教会と国家元首の沈黙が彼らに対して行われた電荷のすべての被告人による自白にのぼるとの判決を下した1649)。

私たちの同僚の一人は反対意見を提供しています。

すべての3被告が充電として有罪である判断に賛同しながら、反対奉行プロconfessoがそうだったように、他の手段が、自国民とその自由に侵略専制との戦争を犯しからそのような支配者を防ぐために存在しない場合にのみ適用されていることを主張している歴史的な場合に引用された。

反対同僚は、主にプロconfesso先例の下で被告を有罪で、引用された犯罪の実際の罪は、法的専門性に応じて設定されたと解釈されることができると主張している。私たちの同僚の発言を引用し、

「言いようのない犯罪のためにこれらの指導者たちの圧倒的な罪悪感は、自分の罪が世界にして後世にクリアクリスタルになるように我々は、専門的に基づいて、単純にそれをしない有罪が、一人での証拠によることを要求する。 "

裁判所は、その最終的な判断を処方する際に考慮に入れ、この反対意見を取っている。

したがって、その裁判所の全員一致の判断です。

1被告ホルヘBERGOGLIO、アドルフォ·パッションとジャスティンウェルビーは2カウントに仕込み有罪以下のとおりです。殺人と人身売買を含め、人道に対する罪を、整理支援と教唆の、と個人的に日常的儀式レイプ、拷問と殺人の参加の子供たちの。

2。被告は仮釈放や恩赦の可能性を伴うものではなく、その資産、財産や権威の没収に終身刑を宣告されています。

3。コート、2014年6月1日に裁判所が設立され、その傘下の直接行動ユニットの宣誓保安官は、直ちに逮捕し、投獄被告を裁判所が提供する施設であり、自分の財産と資産を押収するよう命じている。公共は、このタスクで保安官を支援するよう求めている。オープンエンド国際市民逮捕令状は、この判断の48時間以内の有罪判決を受けた者に対し裁判所が発行されます。

4裁判所は、それを明確に被告のその信念の根拠が自分の罪の確かな証拠に完全に横たわっていること、および嘆願ため、プロconfesso判決への拒否は、寄与因子であることを行う完全な公式声明を生成しますはなく、有罪宣告を基。

5。また、この信念だけ残忍な政権の最船首を目的とした限られたものではないことを強調するために、2014年9月1日のように、裁判所は、実績のある犯罪に関与して他の人を調査し、起訴するための継続的な恒久的なあなたのメッセージを確立しますこの場合は、恒久的な裁判所の記録に含まれている。この問い合わせは、児童売買や儀式犠牲に常設委員会を受ける権利を有すると召喚し、逮捕する権限を持つことになりますし、裁判所に事件を裁く。委員会は、スコープ内で国際的になり、時間的な制限がなく、子どもの人身売買、儀式拷問や殺人を起訴し、永久に停止することを目的として政府、国際機関、警察の協力を求めます。

6。この委員会は、その証人、役員および証拠を保護するために、人V. Bergoglioらすべての例から裁判所の記録は、その例外として、証人や裁判所の役員の身元とともに、今のところは密封されたままになります裁判所の特別で全会一致の承認で認められて。これまでの訴訟に関与していたジュリーメンバーは、その職務から解放し、彼らの努力のために感謝している。

7。これは、人々V. Bergoglioらの場合は終了です。

国際司法裁判所コモンロー裁判所の司法評議会、ブリュッセルから発行された
2014年7月19日



で掲示される 「真実和解委員会」、アクション:何をする、オーストラリア、カナダ、教会法、カトリック教会、追加料金が発生する公報、児童売買、イングランドChuch、ローマ教会、コベントリーコモンロー裁判所、Crimen Solicitationas、イギリスの王冠、イギリス、民族浄化、ジェノサイド、カナダの大量虐殺、歴史的背景、ローマ法王庁、アイルランド、イタリア、イエズス会、ジョセフ·ラッツィンガー、ケビンアネット、法的背景、カナダのマスグレイブス、メディア、占有バチカン、教皇の欺瞞、教皇ベネディクト、教皇フランシスまず、プレス、テレビ、司法公共国際司法裁判所、公共召喚状、エリザベス女王、牧師 ケビンアネット、子供の儀式殺人、儀式レイプ、児童の儀式レイプや拷問、ローマ·カトリック教会、悪魔的儀式拷問、生存者の証言や目撃者、国際司法裁判所コモンロー裁判所、TOOS Nijenhuis、拷問、カナダ合同教会、バチカン
by kanakin_kimi | 2014-07-30 21:11 | 洗い出せ・そして公開せよ | Comments(0)

日航機123便ホロコースト事件 1

戦争終焉のマニュアル

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
戦争を作り出すメカニズムを事前に崩壊させる事
「戦争の終焉」とは、戦争を作り出そうとする者の行動やその情報を素早く見抜き、それを把握して世界市民に公開する事によって「戦争を工作する意図をくじき、事後に戦争責任を裁判で問うため、損害賠償を負担させる事が出来る状態にする事である。そして、何よりも人身災害にいたる戦争を起こさせない、戦争を作り出すメカニズムを事前に崩壊させる事である。」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

世界に広がる123便ホロコースト事件
 日航機123便ホロコースト事件が最初というわけではないが、世界のあちこちで旅客機墜落事件があまりにも多い。最近の「ウクライナにおけるマレーシア航空MH17撃墜事件」にいたっては、「あからさまなロシアへの戦争を仕掛ける謀略事件」である事があまりにも明白であり、それでもそれをごり押ししようとして「EUの制裁措置」を決行しようというのであるから、
これはもう「ITCCSの国際裁判所へ提訴した方がよい」
 日航機123便事件では、通常の基礎捜査が行われたのかどうかすらもわかりません。なかなか基礎情報にたどり着けないのです。ボイスレコーダーの一部を削除したり、垂直尾翼が相模湾に落下して回収されたはずのものが写真の公開もされていない。
 このことは、もう最初から警察権力をも圧殺する大きな権力が働いている事を示しているのです。ですから、この事件の全体像がはじめから「事故で処理する」という「巨大権力の強い意志」が働いており、その力に怯えて全てが動いている事。そして、それを知られないようにする「権力の発動」が行われている事を明らかにしている事件である。その事を承知した上で、「真相解明にのぞむ姿勢が必要だと認識させられています。」ということは、この事件は、政府自体が犯罪者側にあり、「無政府状態」にあるわけですから「基礎捜査を民間防衛として行う視点」に立たなければなし得ないということなのです。
 従って、第一に真相を解明する迄は終わらない民間防衛であること。
第二に、そこから「民間防衛の基礎捜査」を行い「基礎捜査資料を自分たちで造る」事、なのです。
全てはそこから始まります。
 このような事態が放置されたままであるから、世界中に、この種の事件が頻繁に起きているものと考えなければならないでしょう。再発防止のためには、彼らのお為ごかしにいつまでもおつきあいしている時間はありません。「民間防衛基礎捜査の実行」こそが世界を突き動かしていく事でしょう。
 彼らが「捜査権」の有無をいう資格はないのです。むしろ自らが「無政府状態」を宣言して責任を放棄し、「捜査権を放棄」したのである。それを、誰が代弁したかしらないが、「あの時は、ああするより方法がなかったのだ。」などというのを「おためごかしというのだ。」
by kanakin_kimi | 2014-07-27 22:00 | 洗い出せ・そして公開せよ | Comments(0)

ロスチャイルド・イルミナティの終焉 1

戦争終焉のマニュアル
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
戦争を作り出すメカニズムを事前に崩壊させる事
「戦争の終焉」とは、戦争を作り出そうとする者の行動やその情報を素早く見抜き、それを把握して世界市民に公開する事によって「戦争を工作する意図をくじき、事後に戦争責任を裁判で問うため、損害賠償を負担させる事が出来る状態にする事である。そして、何よりも人身災害にいたる戦争を起こさせない、戦争を作り出すメカニズムを事前に崩壊させる事である。」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ヴァチカンの終わり
1700年から今日迄の300年余にわたって近現代の全ての戦争に、利益を上げるために関わってきたのが「ロスチャイルド・イルミナティである。」そういう確信をえるまでに、「うっそう」とか「まさかー」とか何回繰り返してきたであろうか。「ロスチャイルド・イルミナティ」というのは、単に「ロスチャイルド一族を」いうのではない。使えるものは何でも使う。そのために投資するのである。学問であろうが、宗教であろうが、王族であろうが、どのような産業でも利益が見込めるものに対する先行投資は「戦争利益」で全て回収してきたのである。戦争での生死の分かれ目をしっかり見極めているのである。だから、戦争を作り出す因果関係を知り尽くしており、それを学問として成立させるところにも投資しているのである。人の金を運用して自分の金にする。人の土地を掠奪させて自分のものにする。人が積み上げてきたものを掠奪させて自分のものにする。「所有権の法律を作る」のである。自分を守るための法律を作る・作らせてきたのである。そのための政府に投資をしてきたし、そのための政党に投資をしてきたのである。対立する政党にそれぞれ目をつけた利用できる人物を育てて、利用できる迄投資してきたのである。
 だから、ヴァチカンも利用できる限りは投資してきたのである。投資効率が悪くなれば簡単に切るのである。
by kanakin_kimi | 2014-07-26 20:46 | 洗い出せ・そして公開せよ | Comments(0)

ロスチャイルドイルミナティを洗い出せ B

戦争終焉のマニュアル
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これもひどいが・・・
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
集団レイプに抵抗した女性射殺、インド
2014年06月05日 12:12 発信地:シロン/インド事件
集団レイプに抵抗した女性射殺、インド ×インドの首都ニューデリー(New Delhi)で、北部ウッタルプラデシュ(Uttar Pradesh)州で起きた少女2人の集団レイプ殺害事件に抗議する女性団体のメンバーら(2014年5月31日撮影、資料写真)。(c)AFP/RAVEENDRAN 写真写真拡大をみる 写真購入のお問合せはこちら
【6月5日 AFP】インド北東部メガラヤ(Meghalaya)州の村で3日夜、反政府武装集団が集団レイプに抵抗した女性を射殺する事件が起きた。地元警察当局が4日発表した。

 警察によると、被害者は4児の母親(35)で、自宅で家族と一緒にいたところを襲われた。民家に押し入った反政府組織「ガロ民族解放軍(Garo National Liberation Army)」の武装集団は、まず夫と子どもたちを別室に閉じ込め、それから女性を暴行しようとしたという。女性は抵抗し、射殺された。

 ガロ民族解放軍は、メガラヤ州の一部を「ガロランド(Garoland)」として分離独立させようと活動する5つの反政府組織の1つ。

 インドでは先週、北部ウッタルプラデシュ(Uttar Pradesh)州で少女2人が集団レイプされた上に殺害される事件が起き、国内外で怒りの声を生んだばかりだった。(c)AFP
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こいつはもっとひどい
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2014-07-10 02:48:19
ローマ法王フランシスコがバチカン祭司の「悪魔崇拝」を公に謝罪。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ごめんなさいですむなら警察はいらない
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ローマ法王フランシスコがバチカン祭司の「悪魔崇拝」を公に謝罪した模様です。しかも、今年5月にはバチカン内で「悪魔崇拝のミサ」が行われていたことを公に認めていたようです。

法王がそんな発言をしていたとは私は知りませんでした。そんなニュースは見たことがありません。恐らくこれまで大手マスメディアはそれをひた隠しにしていたのでしょう。

昨日のAFPBBニュースでこう報道されました。(以下、AFPBB News より転載)

法王が性的虐待被害者と初面会、教会の「共犯行為」を謝罪

【7月8日 AFP】ローマ・カトリック教会のフランシスコ(Francis)法王は7日、聖職者による児童性的虐待の被害者らと初めて面会し、犠牲者の自殺に深く胸 を痛めていると吐露するとともに、教会にはびこる「恐るべき闇」を白日の下にさらしてくれたことに対する謝意を表した。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
くいうよ、ヴェネディクトの時に、困苦ラーヴェでやれよ!!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 長く待ち望まれていたこの面会で法王は、世界中で数万人規模に上るとされる犠牲者らに心を寄せ、児童虐待という「甚大な犯罪行為」と、隠蔽(いんぺい)を図った教会の共犯行為について謝罪した。

被害者らの代表として英国とドイツ、アイルランドから訪れた男女各3人は、サンピエトロ大聖堂(St Peter’s Basilica)に近い法王の住居で一夜を明かし、翌朝法王と朝食を共にした。その後法王と1人1時間ずつ個別の面会を行った。

バチカン(ローマ法王庁)のフェデリコ・ロンバルディ(Federico Lombardi)広報局長は、今回面会が実現したことで「傷を癒やす」ための「建設的な道が開かれる」ことを期待していると述べた。

過去10年にわたりカトリック教会に影を落としてきたこの問題について、法王の対応の遅さを批判してきた犠牲者らの支援団体にとって、今回の面会は待ちに待ったものだった。

法王は5月、聖職者による児童の性的虐待を「悪魔崇拝のミサ」に通じる犯罪だと断じ、「一切容赦しない」と誓っていたが、被害者らからは、情の厚さで知られる法王がなぜ面会に応じないのか、疑問視する声が上がっていた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
しらべてみると、これらは1700年代には組織化されていたようだ。イエズス会が何故世界に展開しているのかという事、今迄、わたしはキリスト教の高邁な部分を担ってきた人々の言葉や行動力に、その裏側でもっとひどい事が行われていた事を見抜く事が出来ないでいた。「神隠し」も実はイエズス会の手で行われてきていた「人身売買」をためにするおとぎ話であった。今、巨大権力にかにの穴がいくつもあけられた。崩壊の寸前の状況に悪あがきしている様が見えている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
by kanakin_kimi | 2014-07-24 21:29 | 洗い出せ・そして公開せよ | Comments(0)

ロスチャイルドイルミナティを洗い出せ A

戦争終焉のマニュアル
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
次のようなブログを見つけました。これは、ITCCS報告です
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2014年07月23日12:40
フランシスコ法王に有罪判決が下されました。


国際普通法裁判所でフランシスコ法王に対する判決が下されました。昨年はエリザベス女王にも有罪判決が下されています。
それでも世界の権力を握るこのような輩たちは何食わぬ顔で暮らしていることでしょう。それにしても、世界を自由に支配してきた偉そうな人たちが、いかに薄汚い犯罪者かということが分かります。
彼らに有罪判決が下っても彼らの生活に何の支障がないなら。。。これほど理不尽なことはありません。つまり、この世界は極悪非道のキチ害集団によって支配、統制されているということです。本当に。。。考えれば考えるほど、反吐が出てしまうほどうんざりします。ただ、このように、良識ある人々(団体)による訴訟が頻繁に起これば、メディアも隠し通すことができなくなるのではないでしょうか。
このような情報が流れることで、世界を牛耳ってきた連中は、悪魔にささげるために、数えきれないほどの人々(その多くが子供たち)を拉致・虐待・殺害してきたのだということが分かります。身の毛がよだつほど恐ろしいことをする連中です。このような連中にこの世界は支配されてきたのです。犯罪者・精神異常者に支配される体制は今すぐに破壊されるべきですね。彼らは完全にサイコパスです。魂を持っていません。人間の姿をした邪悪なエイリアンでしょう!

http://beforeitsnews.com/celebrities/2014/07/pope-francis-found-guilty-of-child-trafficking-rape-murder-2465728.html
(概要)
7月20日付け
Pope Francis Bergoglio, Getty Images
7月19日に、被告である、フランシスコ・ローマ法王、イエズス会総長のアドルフォ・ニコラスそして英国教会カンタベリー大主教のジャスティン・ウェブリーは、強姦、拷問、殺人そして児童の人身売買の罪で有罪判決が下されました。
ブリュッセルにある国際普通法裁判所の5人の判事は、彼らの手でこれらの犯罪が2010年まで行われてきたことを事実と判断しました。
昨年の3月以来、裁判所は48人による目撃証言を得ました。彼らは、子供たちを犠牲にした悪魔の生贄儀式を執り行うカルト=第9サークルのメンバーとして被告らがどのような犯罪を行ってきたかを証言しました。
第9サークルの悪魔カルトは、モントリオール、ニューヨーク、ローマ、スコットランド、ロンドンにあるローマ・カトリック寺院や、ウェールズのカーナボン城、オランダにある秘密のフレンチシャトーそしてカナダのカムループ、ブリティッシュコロンビア、ブラントフォード、オンタリオにあるカトリック系の学校と先住民の学校で子供たちを犠牲にした生贄儀式を行ってきたとのことです。
第9サークルの悪魔生贄儀式カルトメンバーは、欧州王族を含むグローバル・エリートのために、アメリカ、カナダ、フランス、オランドにある個人所有の森林地帯で人間狩りのパーティを行っていました。マフィアによって調達された(拉致されてパーティ会場に連れてこられた)十代の若者たちは、パーティで裸にされ、強姦され、追いかけられて捕まえられ、最後には殺害されました。
主任検察官は、カトリック教会は、世界中のマフィア、政府、警察、裁判所と結託した世界最大の犯罪組織であると述べました。
2人の若い女性は、「フランシスコ・ローマ法王は子供の生贄儀式中に、彼女たちを強姦した。」と裁判所で証言しました。さらに8人の目撃証言によって、ローマ法王が子供の生贄儀式中に女性を強姦していたことが証明されました。2009年と2010年の春にオランダとベルギーで第9サークルによる悪魔の生贄儀式が執り行われていたとのことです。
フランシスコ法王は、バチカン関係者が提出したバチカンの公文書の記録から、アルゼンチンでカトリック司祭を務めていたときにも、子供の生贄儀式に参加していたことが明らかになっています。そこでは新生児を使った生贄儀式(新生児の血を飲むなど)が行われていました。

 先月には、アイルランドの警察部隊が裁判所で、アイルランドのローマ・カトリック教会の修道女の汚水処理タンクの中に796人の子供の骨が見つかったと証言しました。犠牲になった子供たちは生贄儀式中に殺害されたことが分かりました。
BBCのドキュメンタリー番組で、スペインのカトリック教会による児童の人身売買が明らかにされました。
1990年代までに、30万人の赤ちゃんが拉致され、生贄儀式で殺害された後、集団墓地に埋められたのです。カトリック教会は恵まれない子供たちを引き取ることで(=人身売買を行う目的で子供たちを引き取る)200億ドルもの利益を得たのです。
さらに、他の証言者は、1970年代にアルゼンチンで勃発した汚い戦争で、フランシスコ法王が軍事政府と会合していたことを証言しました。フランシスコ法王は、当時、消息を絶った30万人の政治犯の子供たちを拉致しバチカンが運営する児童人身売買組織に子供たちを売るという活動に参加していました。
ABCの特別ニュース番組で、バチカンには悪魔がいると伝えました。バチカンの秘密公文書には、何世紀にもわたりイエズス会は、生贄儀式に使うために新生児を拉致・殺害し、さらに新生児の生血を飲んでいたことが記されていました。純真な赤ん坊の生血を飲むことで霊的パワーを得、法王やバチカンの政治的地位を維持してきたのです。1773年以来、このような儀式がローマ・カトリック教会、イエズス会、各ローマ法王によって執り行われてきました。
48人の目撃証言により、これらの犯罪に関わった加害者が特定されました。
特定された加害者とは:
ローマ法王(フランシスコ法王、ヨハネパウロ2世、ベネディクト16世)、カナダの英国教会及びイエズス会総長のアドルフォ・ニコラスと教会職員、エリザベス女王、エジンバラ公、英国教会カンタベリー大主教、オランダとベルギーの枢機卿及び王族(オランダのAlfrink Bernhard皇太子、Hendrick王、Wilhelmina of Holland,女王、Beatrix女王、女王の父親、Johan Friso 王子とその妻など。。。)、元公使達、オランダ軍のトップ達、さらに。。。カナダ、オーストラリア、イギリス、アメリカの軍高官達やら政府高官達。さらに。。。米CIA職員達そして。。。アメリカ、ベルギー、オランダ、カナダ、オーストラリア、フランス、アイルランド、イギリスの有名な大臣達、判事達、政治家達、ビジネスマン達です。

<font size="5">2014年7月19日に上記加害者たちに対する逮捕状が出されました。
カナダで行方不明となっている5万人のネイティブの子供たちを殺害した罪で、昨年、40人のグローバル・エリートとエリザベス女王は有罪判決を下されています。
教皇フランシスは児童売買、レイプ、殺人で有罪
2014年7月20日(日曜日)7時28分

 教皇フランシスBergoglio、ゲッティイメージズ昨日の被告教皇フランシスBergoglio、カトリックのイエズス会総長アドルフォ·パッションとカンタベリージャスティンウェルビー大司教は強姦、拷問、殺人と子どもの人身売買で有罪とされた。ブリュッセルの国際司法裁判所コモンロー裁判所の五裁判官は犯罪は2010年のように、最近発生したと判断した。昨年3月以来 48以上の目撃者は、 第九サークル悪魔の子のメンバーとして被告の活動について、このICLCJ法廷で証言するために先に来ていますカルトを生け贄に捧げる。 第九サークル悪魔的カルトは、モントリオール、ニューヨーク、ローマ、スコットランド、ロンドン、ウェールズのカナーボン城、オランダの非公開フランスのシャトーやカナダのカトリックと聖公会のインドの住宅学校にローマカトリック大聖堂での子の犠牲を行うと言われたカムループス、ブリティッシュコロンビア州とブラントフォード、オンタリオ州、カナダ。第九サークル悪魔児童犠牲カルトは、欧州の王室のメンバーを含むグローバルエリートのために彼らの「人間狩りパーティー」のために、米国、カナダ、フランス、オランダの個人所有林の木立を使用するように考えられていた。十代の若者たちは、マフィアによって得られた後、裸、強姦、追い詰めて殺されると言われました。検事正は述べています。「カトリック教会は、世界最大の企業であり、世界中マフィア、政府、警察や裁判所と共謀であるように思われる。「 二つの思春期の女性が子どもの犠牲に参加しながら、教皇フランシスがそれらをレイプしていることをICLCJ裁判所に語った。他の8つの目撃者は、強姦や児童犠牲の証人であることの彼らの主張を確認した。第九サークル悪魔カルトは地方オランダとベルギーの2009年と2010年のスプリングの間に起こると言われていた。 教皇フランシスも密閉された文書によると、アルゼンチンの司祭や司教として動作している悪魔の子の犠牲の儀式での加害者であることが判明したバチカンのアーカイブから得た。1967年12月25日付けの第二のレコードは呼ば 権威権限は 、すべての新しい教皇が彼らの血を飲むなど、新生児の第九サークル悪魔カルトの儀式の犠牲に参加するために必要とされたことを示していると言われた。文書は、著名なバチカン当局者や元バチカン教皇庁の従業員がICLCJ裁判所に提示された。 先月アイルランドガルダ警察部隊のための研究者は5裁判官とで見つかったほぼ796の子供の骨のマーク27陪審員証言アイルランドのローマカトリック修道女の浄化槽は、彼らが儀式殺されたことを示した。証人は法医学の専門家が集団墓地にある赤ちゃんの断頭し、四肢切断の儀式的な殺人や児童犠牲の通常の兆候に似ているが確認されていたと証言した。BBCのドキュメンタリーは、 スペインのカトリック教会で子どもの人身売買の50年のスキャンダルを暴露した。30万人以上の赤ちゃんが、1990年代までは、両親から盗まれた。母親は、自分の赤ちゃんが死んだと質量の墓に埋葬されたと言われた。カトリック教会は、養子縁組に200億ドルドルを作ったと言われていた。 もう一つの証人は、彼らがアルゼンチンの1970年のダーティー大戦中に軍事政権と教皇フランシス「会議中に存在していたと証言した。目撃者によると、教皇フランシスは、トラフィックのバチカンでの事務所が運営する国際児童搾取リングに政治犯が不足して30,000の子供を助けた。 ABCニュースのスペシャル 悪魔がバチカンに住んでいることを示唆した。「バチカンの秘密のアーカイブからの文書は明らかに裁判所に提示し、何世紀にもわたってイエズス会の儀式誘拐新生児を殺害する計画的な計画を持っていたし、自分の血液を消費することを示して、「ICLCJ裁判所主任検察官は5国際判事と27陪審員に語った。「計画は、それによってローマ教皇の政治的安定を確保する、無実の生命線から霊的な ​​力を引き出すためにねじれた概念から生まれた。これらの行為は、大量虐殺、全身や自然の中で制度化されていないだけである。少なくとも1773年以来、彼らはローマ·カトリック教会、イエズス会とすべての教皇によって行われてきたように見える。「 継続的かつ恒久的な問い合わせがICLCJコートで覆われていない可能性犯罪に関与して他の人を調査し、起訴するために組織されました。2014年9月1日に問い合わせが児童売買や儀式犠牲に常設委員会と題しを開始する予定であった。さらに訴訟が従うように期待されていた 48目撃者は、カトリックの教皇フランシスBergoglio、ヨハネ·パウロ二世とヨーゼフラッツィンガーとしての加害者を特定しました。カージナルスとカトリックイエズス会総長アドルフォ·パッション含め聖公会、カナダ合同教会とカトリック教会関係者; 英国のエリザベス女王とフィリップ殿下、カンタベリージャスティンウェルビーと高裁判事裁判官フルフォードの聖公会大主教; オランダ:オランダ皇太子Alfrinkベルンハルト、キングヘンドリック、オランダの女王ウィルヘルミナ、ベアトリクス女王、彼女の父と副ロイ、王子ヨハンFrisoと彼の妻メイベルWisseスミット、かつての大臣への配偶者を含むオランダとベルギーの枢機卿とロイヤルズ、オランダ軍の力とラードバン国務長官の下でのトップの男; カナダ、オーストラリア、英国、米国の軍事の関係者や各国政府など、 アメリカのCIA、プラス著名な政府の大臣、裁判官、政治家、米国、ベルギー、オランダ、カナダ、オーストラリア、フランス、アイルランド、英国のビジネスマン。 逮捕状について人V. Bergoglioらはすべて、2014年7月19日に発行された。裁判所の記録は昨日のITCCSのプレスリリースによると、今の密閉されたままになります。最初ICLCJコート50,000欠落しているカナダのネイティブの子供とみなす。裁判所は2013年2月にエリザベス女王を含む40グローバルエリートのための有罪判決を終了しました。

 5万ネイティブの子供たちは、これらのカナダの、主にカトリックの所有住宅の学校から行方不明になった。34人以上の子供の墓のサイトは、カナダ全土もの80ネイティブ住宅の学校の一部で確認されている。2008年からエリザベス女王とカナダ政府は継続的に発掘するためITCCSの要求を拒否している。

考えられる理由は驚くべきことではなかった。エリザベス女王とフィリップ殿下は1964年10月10日にブリティッシュコロンビア州カムループス、住宅、学校から10ネイティブの子供たちの消失で有罪判決を受けた。親は以来、子供たちを見ていない。訴訟はまた、教皇ラッツィンガーの辞任につながるように見えた。これらの例から得られた証拠は、 "ケビンアネット年代に見つけることができなかったもはや隠れた」。

ICLCJ国際司法裁判所は 51ローカルチャーターグループが動作して、13カ国で450以上のコモン·ロー上の平和の役員を持っています。整理する資金が適用を希望するコモン·ロー上のグループに利用可能であった。連絡する ITCCS、ブリュッセル、その現地法人でICLCJコートや、ボランティア、電子メールまたはお電話する:itccscentral@gmail.com、hiddenfromhistory1@gmail.com、386-323-5774(米国)または250-591-4573(カナダ。)著者について ジュディByington、引退MSW、LCSW、「二十二つの顔:ジェニー·ヒルと彼女の二十二多重人格の素晴らしい人生インサイド」の著者(www.22faces.comは)、引退療法士、演説者であるその記事の国際児童搾取環上のブログやウェブサイトの数百人に引用されている活動家や調査ジャーナリスト。元スーパーバイザー、アルバータ州精神保健局長プロボ家族カウ ​​ンセリングセンターでは、児童虐待の回復とスピーカー局(最高経営責任者(CEO)であるwww.ChildAbuseRecovery.com)。あなたは児童虐待の問題に関するニュースのヒントをお持ちの場合ジュディのinfo@22faces.comにメールしてください。あなたは、クリックすることにより、子どもたちのCIAのマインドコントロールの調査のために議会に私達の嘆願書に署名するために招待されています
by kanakin_kimi | 2014-07-23 14:10 | 洗い出せ・そして公開せよ | Comments(0)

ロスチャイルドイルミナティを洗い出せ Z

戦争終焉のマニュアル
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
戦争を作り出すニメカズムを事前に崩壊させる事
「戦争の終焉」とは、戦争を作り出そうとする者の行動やその情報を素早く見抜き、それを把握して世界市民に公開する事によって「戦争を工作する意図をくじき、事後に戦争責任を裁判で問うため、損害賠償を負担させる事が出来る状態にする事である。そして、何よりも人身災害にいたる戦争を起こさせない、戦争を作り出すメカニズムを事前に崩壊させる事である。」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
次のようなブログを見つけました。前のマレーシア航空機が行方不明のままですが、わたしは「エリア52」(パイン・ギャップというオーストラリアのエアーズロックに隣接する広大な敷地を原住民から掠奪している)に掠奪収容しているものと考えています。だから、それと連動しているものと思っていましたが、少し様子が違うようです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日本や世界や宇宙の動向
日本が崩壊すれば、世界が崩壊する。それを知らない人たちが世界には多すぎる。日本が蘇れば世界が変わる。宇宙も地球も世界も日本列島も、みんなつながっている。
日々感じたこと、また、目に入った印象深い情報などをUPしています。
< イスラエルがガザで行っている虐殺素晴らしいワン子がブラジルにいます。 >
2014年07月22日12:14

マレーシア航空機を撃墜したのはウクライナ政府。。。を示す証拠のまとめ


以下のビデオ記事は、マレーシア航空機を撃墜したのは、どうみてもロシアや親露派ではないということを示す証拠(これまでネット上で伝えられたもの)をリストアップしたものです。私がこれまでお伝えした情報と同じですが。。。このように証拠をまとめてみるとなるほど、この事件は造り上げられたものだということが良く分かります。
結局、世界で起きている欧米シオニスト勢力とBRICS勢力の戦いの中で、犠牲になっているのが一般市民だということです。そしてどちら側にも悪い連中がいるということです。

http://beforeitsnews.com/conspiracy-theories/2014/07/boom-mh17-smoking-guns-emerge-kiev-did-it-complete-compilation-of-all-the-evidence-as-mh17-false-flag-falls-apart-2464194.html
(概要)
7月21日付け:
Youtubeに投稿された以下の最新情報により、マレーシア航空機撃墜事件は偽旗事件であり、ウクライナ政府の仕業であることが証明されました。これで彼らによる、偽旗の航空機撃墜工作が崩れ落ちることになります。おどろくべきことに、ウクライナ政府は自分達がやったことを示す証拠を提示してしまったのです。今回の偽旗事件はウクライナのナチス暫定政府とウクライナを支援しているアメリカのナチス政府と国連のナチスの連中の仕業だったのです。ただし、彼らは完全犯罪を実行するほど賢くはないようです。
以下のビデオでは、ウクライナ、アメリカ、国連が関与したことを示す完璧な証拠が示されています。そして事件の一部は完全にねつ造された事も分かりました。この事件は第三次世界大戦を勃発させるための偽旗攻撃だったのです。

(重要な点のみ)
マレーシア航空機(MH17)の撃墜事件に関して、欧米メディアはウクライナ東部を拠点とする親露派勢力が航空機を撃ち落としたのだと主張しています。
しかし、このビデオに、この事件が100%偽旗であり、欧米が背後にいるウクライナ政府に仕業であることを示す証拠をリストアップしたいと思います。
メディアが報道する情報の一部は完全にねつ造されたものだということが証明されました。

最初の証拠は。。。。欧米とウクライナ政府が背後にいるウクライナ諜報部員がリークした、ロシア軍の司令官と親露派勢力のメンバーとの会話を録音したものについてです。欧米やウクライナ政府は、航空機が撃墜された直後に録音した彼らの会話をYoutubeを介して世界中に流し(しかも各国の言語に訳したものを流した)、ロシアの仕業であると主張しました。ちなみに、ロシア語に訳したビデオを調査すると、ビデオの作成日が7月16日なのです。つまり撃墜事件が起こる1日前です。このようにこのビデオは完全にねつ造されたものでありロシアのせいにするために前もって作成されたものだということが分かります。

次の証拠は。。。。キエフの国際空港で働いているスペイン人(カーロスさん)の管制官が発信したとされるツイッターの情報についてです。彼は、ウクライナ政府は航空機が撃墜されたことを即座に認識したと伝えています。さらにウクライナ空軍の戦闘機(3機)が航空機が撃墜される3分前まで航空機を紛争地帯に向かうようにエスコートしていたことがレーダーで分かったと伝えています。しかしこのような情報を流した直後に、彼のツイッターのアカウントが削除されてしまいました。RTがこの男性にインタビューしています。またフォックスニュースも彼が発信した情報をネット上で報道しましたが、そのページはすぐに削除されてしまいました。

次の証拠は。。。撃墜された航空機は最後の瞬間で航路を変更し、ウクライナ東部の紛争地帯の上空を飛ぶことになったのです。その時、パイロットは、非常に不安である、とメールで伝えていたそうです。
(4:50辺り~)これはフライトを追跡したデータです。撃墜された航空機の航路が示されています。白い点線が撃墜された航空機が飛んだ航路です。その下に2本の緑のライン見えますが、それらは7月17日以前にマレーシア航空機(ボーイング777)が飛んだ通常航路です。撃墜された航空機は紛争地帯に直接向かっています。
なぜ、そのような危険な航路をパイロットが選ぶことになったのでしょうか。これは異常事態です。常識的に考えてもパイロットがこのような航路を選ぶはずがありません。ウクライナ空軍の戦闘機がエスコートしたのでしょう。

このように、欧米が背後にいるウクライナ政府がこの事件をでっち上げたことが分かります。ウクライナ政府はこの航空機を実際に撃ち落した可能性があります。そしてそれをロシアと親露派勢力のせいにしようとしているのです。

更なる証拠があります。。。。(7:21辺り~)この映像はウクライナの新聞社が公開したものです。ウクライナ軍の関係者が現場に置かれたジープの後ろで見つけた複数のパスポートを手に取っています。これらのパスポートはみな新品です。表面に傷や汚れが全くありません。航空機が撃墜され爆発したにもかかわらず、パスポートが新品のままなのです。他の破片がそこら中に散らばっているにもかかわらず、これらのパスポートは無傷のままで一か所に落ちていたのです。

しかも。。。親露派勢力の目撃証言では、発見された遺体の多くが事件前に既に死亡していたようだということです。なぜなら撃墜された直後に発見された遺体が既に腐敗していたからです。これは普通では考えられません。

さらに。。。この事件には数霊術が使われています。この航空機はMH17便でした。しかもボーイング777です。17には7が含まれており、2014年7月17日に事件が起きました。2+1+4=7です。この事件は、丁度10年前の1996年7月17日に起きた航空機墜落事故(TWA800)と同じ日に起きました。1+9+9+6=25となり2+5=7です。ひょっとしたら、TWAの墜落事故と今回の撃墜事件は何等かのつながりがあるのかもしれません。
撃墜された航空機は17年前の7月17日に初飛行をしました。これは単なる偶然とは考えられません。このような事件を起こしている連中(欧米エリート=シオニスト)はオカルト信者です。彼らはオカルトを通して宇宙と数霊術がどように機能するのかを熟知しています。
彼らは、様々なオカルトの知識を活用して、偽旗事件を起こし我々を騙しています。

今回の事件で295人が犠牲になりました。2+9+5=16であり、6+1=7です。今回の事件では7と言う数字が沢山組み込まれているのが分かりでしょう。しかも、今年1月の会見でIMFのラガルドは7という数字を強調していたのです。7はオカルトの重要な数字なのです。

なぜこのような事件が起きてしまったのでしょうか。この航空機は、欧米が背後にいるウクライナ政府が撃墜し、それをロシアや親露派勢力がやったと主張しているのです。
欧米エリートが何か事件を起こすときには必ず1つだけではなく複数の理由があります。
今回の主な理由の1つは、7月16日、ブラジルで開催されていたBRICS首脳会議にて、BRICS諸国は世界銀行を回避するために新たな開発銀行を創設するということを決定したからです。ロシアと中国が主導的にこれを推し進めています。つまり、BRICSは、開発銀行を介して開発途上国に資金を提供しインフラを改善させようとしています。彼らはIMFの反対勢力を作っているということです。これまではブレトンウッズ協定により、IMFが途上国を支援してきました。

さらにBRICSは準備通貨の米ドルを無視して彼らの通貨で取引を開始することになりました。これは米ドルを支配している欧米エリートにとっては最悪なことなのです。

さらに、7月16日に、イスラエルは、ガザを侵略したと発表しました。イスラエルは欧米エリート(シオニスト)が支配しています。欧米エリートはイスラエルとパレスチナの両国を支配し両国に同時に武器を供給しイスラエル・パレスチナ戦争を促しています。
戦争を起こす目的は、全て彼らの利益のためです。しかも彼らはパレスチナの民族浄化を行っているのです。それを世界に知られたくないためにウクライナで航空機撃墜事件を同時期に起こしイスラエルから注意をそらそうとしています。

さらに。。。。撃墜された航空機には、オーストラリアで開催されるエイズ会議に出席するために、100人以上のエイズ科学者が乗っていました。彼らはエイズを治す方法を見つけ出したようです。しかし欧米エリートはエイズが完治されては困るのです。人口削減計画を邪魔され、エイズの治療薬(これは病気を治す薬ではない。症状を緩和する薬である)を製造販売することで多額の利益を得ているのですから。

このような証拠を並べるだけでも、今回の撃墜事件は全て欧米エリートによって造り上げられたものだということが分かります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
以上が引用です。
 削除された情報の中に、「MH17は、アムステルダム空港から離陸していない。」事を示す情報だったのであるが、彼らシオニストが「何をするかわからない、危険人物達であるのでそっとしておいたのかもしれない。」
 また、連動しているとすれば、撃墜されたとしているマレーシア航空機は、MH17ではなく、MH370であるとする向きもある。そうだとすればそれを人質にしている懸念があり、既に死亡している人物達はその一部の人たちではないかと見られる。そしてそれがわかるようにしていて、それを脅しの材料にして、生存者達の生命が人質に使われているという具合である。

by kanakin_kimi | 2014-07-22 21:11 | 洗い出せ・そして公開せよ | Comments(0)

ホロコースト・日航機123便事件を告発する 5

民間防衛の基礎捜査
 群馬県警察本部が「123便墜落」の報を受け、救難体制を整えていた。と本部長河村一男氏は「123便、捜索の真相」に書いている。土地勘のあるM氏らがバイクを走らせ、現地に到着したのが午前4時前後頃といっている。そのとき、既に自衛隊員らが50人程いてヘリコブターに荷物を上げている。所と遭遇したという。しかし後に、自衛隊はその時刻には行っていないとの公式発言がある。結局、現地には公式上自衛隊も警察機動隊も8月12日19時から翌日13日7時34分まで行っていない。という事になっている。そこでこの問題は、他の人にお願いするとして、群馬県警が現地にはいって、救助活動とともに、現場検証を行ったとしている資料が河村一男氏の「日航機墜落123便、捜索の真相(1)」「日航機遺体収容123便、事故処理の真相(2)」に掲載されているのでそれを使って検証しようと思う。なお、これらの資料について遺族の方々に正していただくとありがたい。 

座席別遺体散乱状況図





 表題の資料は、(2)の96ページに「図1、座席別遺体散乱状況図」がある。これを基礎資料として、
B4を二枚つなぎ合わせた大きさに拡大コピーする。それに蛍光カラーペンで色分け塗色する。機内座席別の区分がされているので、前部から後部までの乗員15人を緑色・次の1階48人と2階16人を黄色・
次の81人を青色・127人をピンク色・89人をそのまま半黒・144人をそのまま黒色・生存者4人を橙色に塗色する。そうすると、この座席別遺体散乱状況図の全体を眺めるとすげの沢に黒色のほとんどが固まるように分布しており、中心部に生存者4人が位置している。最後部の乗員2人が見えるのでほぼ最後部の乗員2人と乗客144人のうち142人がほぼ座席位置のままソフトランディングで着地したと考えられる。左回りに旋回下降して着地寸前にプルアップでフワッと浮いた最初に、後部より二番目の半黒89人と乗務員3人の位置にミサイルが撃ち込まれた。これにより乗員2人と半黒89人のほとんどが爆殺離断分散させられている。続いて、左旋回の慣性を保ちながら110メートル離れた北西斜面に機体胴部が爆破によりちぎれて主翼片面を落としながら地面をはい滑る形で南斜面へと進んでいく。その過程で、北西斜面で西から二発目のミサイルが、北から三発目のミサイルが撃ち込まれた。そして、南斜面から四発目のミサイルがコックピットに撃ち込まれた証拠であり、いずれも遠心力を凌駕する爆発力で吹き飛ばされているものと推察できる。座席別遺体の散乱状況と遺体の損壊状況がそれを証明しているのである。これは、乗客・乗員が自分の体で真実を伝えているのである。あだやおろそかにしてはならない。遺体の真実の声を徹底的に聞き取る事である。
 そして、遺体の損壊状況が示す中に「二度焼き」の状況があれば、ソフトランディング墜落とミサイル攻撃による「墜落破壊と爆発破壊」があって、なおかつその後に「高熱で破壊する隠滅工作」があった事を示しているのである。
 したがって、座席別遺体散乱状況図から123便は「左旋回下降している事」と「ソフトランディングを成功させている事」および、その瞬間しゅんかんに「ミサイル攻撃があった事」を如実に示している。そこから、123便の墜落地点への航跡がどのようなものかも明らかになる。また同時に、最後迄執拗に追跡しミサイル攻撃を加えた戦闘機とその攻撃からの救助のために自衛隊機2機がこの瞬間で交戦した痕跡が戦闘機の撃墜された跡として残骸が散乱しているはずで、それが第一現場の一本から松・第二現場・第三現場のU字溝・第五現場の水平尾翼としているものなどである。このことから、墜落点としている場所の状況が「激突」を示すものであれば、戦闘機の激突の可能性をも考えるべきである。
 ともかく、その墜落地点を「日航機123便が墜落激突した地点」だとしている判断はもはや破綻しているのである。

フライトレコーダの解析による航跡の推定図




 表題の資料は、(2)の257ページの「フライトレコーダの解析による航跡の推定図」である。墜落地点への航跡を「第一現場の一本から松・第二現場・第三現場のU字溝・第四現場の墜落地点というルートを某大学教授がフライトレコーダの解析から導き出した右旋回の航跡と合体させて、逆行的構成をした推定図」である。
 ところが、これは「123便単独の墜落激突事故」に結論づけるためだけの、「関係者が奮闘努力した検証結果のひとつである座席別遺体散乱状況図そのものが示す事実とも矛盾する」ものであった。
 これらを見ると、高村一男氏が知ってかしらずか、事実認定上の「内部分裂による破綻」を起こしているのである。あるいは、これは「座席別遺体散乱状況図」を提出する事にこだわった人々が示した「長明効果」なのかもしれない。

ホロコーストは凍思させる
 「ユダヤ人大虐殺」というホロコーストが、ロスチャイルド・イルミナティによる「ドイツ民族凍思」の手法であった。「南京大虐殺や慰安婦問題、強制連行問題」もまたロスチャイルド・イルミナティによる「日本民族凍思」の手法である。それとおなじで、「ホロコースト・日航機123便事件」もまた「日本民族凍思」の手法に陥らせられていたのであろう。
 残虐な光景は、人を凍らせてしまう。そして真実を見極める事すらも凍らせてしまうのである。それをわたしは「凍思」ということにした。

「長明効果」とは、抵抗の証

 真実を述べる事が許されない組織、真実を記述する事が出来ない立場や事態において、真実を書き残そうとした人々が歴史上に多く見られる。それらはその時点においては命がけの事もあったであろう。
 「方丈記」を書いた「鴨長明」の名前を使わせてもらった。「方丈記」を文学作品としてみていない。森羅万象のできごとの本質を見極めようとし、本質を伝えようとしている長明をそこに見たのである。堀田善衛氏の「方丈記私記」からの受け売りになろうが、下級官吏のやるせない想いの中に何ごとか真実を見いだし伝えたいとしているその効果を後の人に見いだしてもらいたいという期待が込められている。そう考えて、さまざまな手法をこらして「真実の証明効果」の「記」であるものを「長明効果」と名付けたのである。
 「告発・袴田事件」でも書いたが、「告発・日航機123便事件」でも書いていくうちに、それらしいものに遭遇している。そのひとつが、「座席別遺体散乱状況図」である。 
by kanakin_kimi | 2014-07-17 16:20 | 告発・日航機123便事件 | Comments(0)

ロスチャイルドイルミナティを洗い出せ Y

ITCCS 報告
(Google翻訳です。ご判読ください。)
カテゴリーアーカイブ:イングランドCHUCH

誰が本当に子どもの人身売買の後ろですか?世界中で大きなお金を次の
掲示された 2014年7月14日
ケビン·D.アネットによる独占レポート

「カルテルは、自称国境crossersを投獄高率の充電、または薬物ラバや売春婦として働くように国境crossersを必要とする、人間の密輸ビジネスに移動しました···旧ワコビア銀行(現ウェルズ·ファーゴ)、バンク·オブ·アメリカ、および西組合がすべて行われ、米国で収集され、送信されるか、戻ってメキシコへ、洗濯麻薬資金から何百万人を作り続ける...ゼネラルダイナミクス、モトローラ、レイセオンは(人身売買が促さ)国境警備の蓄積によりよくやっている」 - 。ワシントン観客は、2014年7月1日

"'Ndranghetaと呼ばれる犯罪組織は、「人間狩猟パーティー」などオランダの殺害に使われた犠牲の子どもたち、私が目撃したものを提供しています。これは、オランダの「タコ」と呼ばれています。それらは深く人身売買に警察や政治家 "の彼らのコントロールのおかげで関与している。 - 国際司法裁判所コモンロー裁判所、ブリュッセル、2014年6月に沈着で与えられた「ジョセフィーヌ」、引退弁護士や目撃者の証言

"'Ndranghetaは古いスタイルコーザノストラを交換した、イタリアのマフィアのスタイル犯罪組織である。'Ndranghetaは麻薬密売、恐喝およびマネーロンダリングから得られた少なくとも53億ユーロ(72米ドル億ドル)の推定年間収入」で、現在、イタリア、おそらくヨーロッパで最も強力で、最も豊かな犯罪組織である。 - Wikipedia.org

.....................

犯罪の支払い:それが続く理由です。何も人間、特に子供を販売するだけでなく、払わない。

子どもの人身売買は、単にいくつかの病気の病気ではありません:それは、グローバルな、収益性の高いビジネスです。この単純な事実は、あまりにも頻繁に罪のない人の膨大な数の体系的な虐殺のために、「トカゲに似たロイヤルズ」や子どもに強姦司祭や教皇かどうか、邪悪な人々を非難するスクランブルによって見過ごされている。

その世界的な業界の詳細は「教皇フランシス」ホルヘBergoglioと子どもの人身売買のため他人のブリュッセルを拠点とする国際慣習法裁判所の裁判の過程で、ほとんど偶然に、表面化している。

オンと:子どもを傷つけるか、何人を助けるのに彼らの文書化された関与のカトリックと聖公会教会の指導者の訴追として開始し、ブリュッセルのケースは月が強姦、拷問や殺害のために子どもたちを提供し、企業のカルテルに関するかなりの内部情報を発掘するので持って現在、裁判所による起訴の下で、男性へのネクタイ。

先月、私はその前夫ベルギーの儀式 "狩猟パーティ」で使用されている子供や若者を提供し、犯罪シンジケートのメンバーで引退したオランダ人の弁護士から連絡した。私は彼女のジョセフィーヌと呼ぶことにします。私たちは、Skypeで3回話した、と彼女の記録されたステートメントは、国際司法裁判所コモンロー裁判所のアーカイブになりました。

ジョセフィンによると、彼女の元夫と「タコ」の他のメンバー - にある裕福な男性が、追い詰めて殺し、その後バラバラにした10小児および青年を提供 - Ndranghetaのローカル俗語、今日新たに生まれたマフィア2000年と2004年の春にOudergem、ベルギーの近くの森。

「私はそこにいた、私は全部を見ました。私は、彼らがブリュッセルで少年拘置所からの子供だったと言われました。これらは、森の中に緩んで裸で聞かせて追い詰めて撮影された。殺人はプリンスオランダのFrisoと彼の妻の友人、億万長者ジョージ·ソロス、オランダ首相マークRutte、ベルギーのアルバート王子が含まれていた。彼らは若いものを撃墜した後、彼らは少年のペニスを切断し、歓声と拍手喝采、トロフィーのようにそれらを開催しました。 "

他のインサイダーによって確認されますが、これらの陰惨なアカウントは、犯罪の背後にある大きなストーリーと動機からそらすことができます。'Ndranghetaシンジケートは、例えば、子供連れにひったくりローマ·カトリック教会とトップバチカン関係者との深い関わりを通して、その子飼料を得る。マッテオMacceo、イタリア議会の急進党のメンバーによると、

「現代のマフィアは、カトリック教会とイタリア政府が実行したのと同じ人々である。彼らはすべて同じクラブにいる、区別がつかないね。そして、彼らの主な関心事は、彼らの組織犯罪から来る資産、次のとおりです。薬、および武器の取引、人身売買」(ローマ、2010年4月に行わ著者の文から)

カトリック教会は孤児院、里親機関や非開示当事者にカトリックの新生児を売って、毎年数十億を作る、明らかに人間の歴史の中で最大の赤ちゃんの密売人である。一人でスペインでは30万の子供は200億ドルを享受、1940年から1980年の間、教会で売買された。(アントニオ·BarreroのICLCJのコメントを参照)。そして本アンダー起訴教皇フランシス自身が1970年代と80年代にそこ軍事政権のフロントマンとしての彼のスティントの間に30,000人以上のアルゼンチンの政治犯の子のようなマーケティングを組織した。(証人番号32のICLCJ証言)

直接多くの場合、シンジケート制御隠れ家を通して赤ちゃんを販売し、そのバチカンの仲間に政治的、法的な保護を提供する、カトリックの人身売買のためのコンセントを提供 'Ndrangheta、様犯罪グループに、この公式の奴隷貿易関係。

「司祭や赤ちゃんを扱う尼僧を強姦ひとつひとつの子供のために、それらを保護する10他の人々はそれをすべてがスムーズに動作し、ビューから隠さ保つためにペイオフを作る、車輪を給脂がある。と 'Ndrangheta "は、この全体のビジネスでその醜い頭を飼育ホルヘBergoglioなどに対する訴訟を行っているブリュッセル裁判所の検察庁のメンバーを記載し続けている。

そして、まださえ 'Ndrangheta自体が、暴徒のための麻薬資金の彼らの日常的ロンダリングを介して結ば大手銀行が融資広大な現代人の奴隷貿易を専門に大きな世界的なカルテルの一部です。これらの銀行は最近、メキシコの犯罪組織のための麻薬資金で20億ドルを超える洗濯に入院バンク·オブ·アメリカ、JPモルガンとHSBCが含まれる。

薬物や人身売買がそのように密接に結合したこのような経済帝国は、政治家や指導者を脅迫し、制御するために、国内スパイ機関による児童買春の継続的な使用によって政治的に補強されている。(ロッククリークフリープレス、ワシントン)」のバンコクとソウルで、その議会の相手をスネアにする「CIAはベトナム戦争以来、彼らは児童買春 '捕捉リングを操作していることを彼らの2008年の開示で児童売買での既得権を認め」。

すべては子供の犠牲の儀式のロイヤルと教会の関与の最近の露出が高い場所での犯罪のことわざの氷山にさらに別のチップのようです、と語った。しかし、そのように子どもに対するこれらの犯罪の多くは、とバチカンへのシンジケート自身の直接的な関係にあるNdrangheta」の一般的な存在の事実は、ニュルンベルクでナチスの被告のように、教皇フランシスなどの訴追に新たな弾みを与えている降りてくる必要があります腐敗と死のシステム全体の象徴である。

..............

ブリュッセル裁判所からの新たな証拠やアップデートのリリースは今後になります。

2014年7月14日

www.itccs.org / www.iclcj.com

で掲示される アクション:何をする、カナダ、カトリック教会、特料金、児童売買、イングランドChuch、ローマ教会、コベントリーコモンロー裁判所、Crimen Solicitationas、英国の王冠、イングランド、民族浄化、ジェノサイド、カナダの虐殺は、歴史的背景、ローマ法王庁、アイルランド、イタリア、イエズス会、ホルヘBergoglio、ジョセフ·ラッツィンガー、ケビンアネット、法的背景、カナダのマスグレイブス、メディア、オランダは、バチカン占拠、教皇の欺瞞、ベネディクト、教皇フランシスまず、プレステレビ、司法公共国際司法裁判所、公共召喚状、エリザベス女王、牧師 ケビンアネット、子供の儀式殺人、儀式レイプ、児童の儀式レイプや拷問、ローマ·カトリック教会、悪魔的儀式拷問、生存者の証言や目撃者、国際司法裁判所コモンロー裁判所、TOOS Nijenhuis、拷問、カナダ合同教会、バチカン
解説:虐殺、全く重要私達の罪:海外難読化で運ぶ - そして、次に来るかについていくつかの考え
掲示された 2014年7月6日
特にカナダのすべてのコモン·ロー上の労働者と愛国者のためのケビン·D.アネットによる解説、



日常レイプや拷問された子供たちは、公式写真のために着る必要があり、空白しかめっ面にもかかわらず、笑顔はありません。それは私が、私はバンクーバーのニューススタンドに昨日出くわしリリースされたばかりの本を知っていた理由です単にでたらめが、うまく細工もの、陽気な顔をした、よく手入れの行き届いた若者の表紙画像と完全ではありませんでした。本はインドの住宅、学校としなければならなかったので、しかし、嘘ではないだけ許容されるが、ここカナダでは、今まで以上に必要とした。

私たちのグレートホワイト北朝鮮はそれが私がもっと誰より公開されている事実に対処するために苦労したように、簡単に言うと、不安な時代を経て:リトル·ブラウン·キッズの集団墓地の墓を掘っ目撃者、および統計のボリュームと50,000以上の罪のない人が意図的に「インド問題」を取り除くために教会と国家によって一掃されたことを証明する手紙。ジル·Duceppeような国家の政治家は「謝罪と和解」についての通常のナンセンスと並んで「大規模な死亡」を公に言及開始、およびG単語があっても「学校」にメディアの参照の間に巻き起こっ。しかし、それは限り物事が行ったようだ。その期間は終わった。

私たちの記憶とその理由は、彼の手に血よりも多くのビッグブラザーで再び攻撃を受けているように今日では、クロックが意図的に、急速に背を向けて、されています。今、私たちは、犯罪とその出席カバーアップを担当する教会の指導者たちが公にインディアンに関する彼らの動機は純粋だったという結果なしに主張することができたときに戻って日しようとしている。そして子どもたちの集団墓地は、もちろん、未開封のまま。

細心の注意を払ってそれを文書化し、「メインストリーム」カナダに直面し、それを押し込んだ人私のようなものがそうであるよう自家製の殺人の歴史全体をもう一度正式に、消去している。それが予想されるすべてなので、私は1のどちらかだけですべてを笑ったり、再び剣を拾う必要があることを仮定します。

率直に言って、それは人々が自分の裏庭での犯罪について聞くのは好きではない自称「進歩」をはじめ、現在では一般的には愚かであるため、私はもう一度、カナダのホロコーストについての古いバナーをホイストするのは難しくなります。カナダの企業メディア内に立って編集方針私の名前を言及していないか、私の仕事を引用することは、その致命的な影響を与えている。高い場所での児童の拷問に対する我々のキャンペーンは、世界的に広がってカナダの大量虐殺の我々の成功の曝露によって直接インスピレーションを得ているようにし、そうであっても、それは責任がある人たちには何の影響がなかったためにその犯罪が発生しなかったかのようである。NOR常に存在するカナダの配置の下で、あるでしょう。

その彼らが言うように問題の核心には、私たちをもたらします。

私たちは、犯罪と一緒に生きていかなければならないか、資金を提供しないでください。それはちょうど、共通の良識だ。しかし、法律はさらに進んで、そして我々が持っていないと、このような間違っていると共謀してはならないと言っている。そして、その単純な真理は私たちの支配者と私たちの教会は彼らの過ちによってそれらに私達の忠誠を無効化しているだけでなく、存在するまさにその権利を剥奪されていること、すなわち、カナダのハード頭蓋骨に浸透し始めている。カナダは、我々はそれを知っているように、終わった。

私は彼に人道に対する罪の女王彼女自身を呼び出すロンドンで彼の上司に有罪判決を受けたコモンロー裁判所が、彼と彼の同類に発行されたダウンスタンド順序を示したとき、私は、最近、地元の騎馬のいずれかにあることを語った。

「あなたが犯罪者にサービスを提供する義務はないのだ「私は警官に伝えた。彼は問題を抱えたかに見えたが、彼は私を争っていたし、彼と一緒に注文すると奪った。

その積極的な再利用彼方の国と呼ばれる新しい国家の旗の下、:単なる抗議は私たちの土地で完全に新しい何かに道を与えているとして波紋のこれらの種類の詳細は、変化の波に参加している。

この運動の新たな明るい魂の中にはありがたいことに、私よりずっと若いです。そのうちの一つは、「クラウン」裁判所は、カナダではもうどちらも正当性も合法的な地位を持っていることを示すために私達の証拠を使用して、彼女の土地をつかむために彼らの努力から降りて立って、政府の詐欺主導のカナダ歳入庁に語っているサスカチュワン州の若い農家です。

私たちの運動の別のそのようなジャイアントキラー、キッチナー、オンタリオ州のスティーブ·フィニーは、子ども人​​身売買実践からバックオフすること、さらには、彼らは事実上のではなく、合法的な公共裁判所として動作していることを確認するために現地の裁判所を余儀なくされた。

スティーブと若手農家と彼らのような数十人は助ける犯罪や汚職の過去の国がフリーになったため10月27日にウィニペグに集まっています。カナタの共和国はグレートカナダにあるように私達の答えの一つであり、まだ地面に横たわっているもの虐殺すべての子になり、人身売買、我々は裕福な、保護された男性が話すように侵害さ​​れている。

子供を殺​​すの教会の前でプラカードを保持するための時間が終わるかもしれないがそう、それらの教会をつかむための時間が到着しました。そして、それはあまりにも、裁判所の住宅や議会のために行き、はい、シルバーとゴールドのすべての銀行が私たちの土地の富を離れて排出される。

1ドアが閉じている場合、別の1は常に開い:それは大量虐殺になっても。限り共和国は...前線からの複数のレポート用にチューニング滞在、生活し、ボードに乗る!



10月27日にウィニペグに憲法制定会議を創設カナタ共和国の詳細については、republicofkanata@gmail.comに書き込む

www.itccs.org / www.iclcj.com
www.hiddennolonger.com

で掲示される 「真実和解委員会」、アクション:何をする、APTN、市民の検察の協会、カナダ、教会法、カトリック教会、追加料金公報、児童売買、イングランドChuch、ローマ教会、Crimen Solicitationas、イギリスの王冠、イギリス、民族浄化、ジェノサイド、カナダの大量虐殺、歴史的背景、ローマ法王庁、イエズス会、ジョニー·ビンゴドーソン、ホルヘBergoglio、ジョセフ·ラッツィンガー、ケビンアネット、法的背景、カナダのマスグレイブス、メディア、モホーク·ネーション、教皇の欺瞞、教皇ベネディクト、教皇フランシスまず、ハーパー首相、司法公共国際司法裁判所、公共召喚状、エリザベス女王、カナタ共和国、牧師 ケビンアネット、リッキーLavallee、子供の儀式殺人、儀式レイプ、儀式レイプや児童の拷問、ローマ·カトリック教会、悪魔的儀式拷問、スカーミッシュ国家、スティーブ·フィニー、生存者や目撃者の証言、国際司法裁判所コモンロー裁判所、拷問、カナダ合同教会、バチカン、ウィリアム·ザコームス
by kanakin_kimi | 2014-07-15 16:58 | 洗い出せ・そして公開せよ | Comments(0)

ホロコースト・日航機123便事件を告発する 3

民間防衛の基礎捜査
 
「座席別遺体散乱状況図」と「ボイスレコーダの声」を統一的把握
 ボイスレコーダの最後の一分間を、コックピットのクルーの激闘によって「ソフトランディング」に持ち込んだ。左へ旋回しながらフラップアップで下降し、頭をもたげてはまたフラップアップで下降していく。恐怖でつい身を寄せ合う。ミサイルを撃とうと襲いかかる、戦闘機。下降し、ゆるめ、下降し、緩め。状況が許せば何回か繰り返してソフトランディングにもっていきたかったであろう。
 徐徐の下降がゆるされない、一挙に下降しプルアップで頭をもたげた。成功だ!。左旋回しながら後部を「すげの沢に降ろした」この瞬間から、「座席別遺体散乱状況図」が描いていった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
 
ソフトランディングを成功させたJAL123便に襲いかかるミサイル

「53分58秒のときには高度は3500〜4000メートルである。位置を確認して「熊谷から25マイル西」の時高度は3400メートルである。三国山上空に近い。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
①、降下中の123にミサイル発射 ーーー
「55分45秒 あーっ( ? )」
「55分47秒 パワー(機長)、フラップ、みんなでくっついちゃあだめだ(同)、フラップアップ、フラップアップ、フラップアップ、フラップアップ(副操縦士)、フラップアップ(機長)、はい(副操縦士)」
「55分56秒 パワー(機長)、パワー(同)、フラップ(同)、あげてます(航空機関士)」
「56分04秒 頭上げろ(機長)」
「56分07秒 頭上げろ(同)」
「56分10秒 パワー(同)」
「56分12秒 [火災警報の音]」
「56分14秒 [GPWS=地上接近警報=の音] ”シンクレイト=降下率注意=”

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ② さらに、ミサイルが発射されるーーー
「56分12秒(つづき) ”ウーウー、プルアップ=引き起こせ=、ウーウー、プルアップ、ウーウー、プルアップ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ③ ここでもミサイルが ーーー
「56分21秒 --------- (機長)、”ウーウー、プルアップ ”」
「56分23秒 [ 衝撃音 ]  ”ウーウー,プルアップ " 」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ④ そこへコックピットめがけてミサイルを撃った
「56分26秒 [ 衝撃音 ] 」
「56分28秒 ー 録音終了 ー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「18時57分 高度2950メートル [ 機影消失 ] 」 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「座席別遺体散乱状況図」
・前部から後部までの乗員15人を緑色 
・次の1階48人と2階16人を黄色・
・次の81人を青色
・127人をピンク色
・89人をそのまま半黒
・144人をそのまま黒色
・生存者4人を橙色に塗色する
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 この座席別遺体散乱状況図の全体を眺めると
・すげの沢に黒色のほとんどが固まるように分布しており、中心部に生存者4人が位置している。最後部の乗員2人が見えるのでほぼ最後部の乗員2人と乗客144人のうち142人がほぼ座席位置のままソフトランディングで着地したと考えられる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ② さらに、ミサイルが発射されるーーー
「56分12秒(つづき) ”ウーウー、プルアップ=引き起こせ=、ウーウー、プルアップ、ウーウー、プルアップ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・左回りに旋回下降して着地寸前にプルアップでフワッと浮いた最初に、
・後部より二番目の半黒89人と乗務員3人の位置にミサイルが撃ち込まれた。これにより乗員2人と半黒89人のほとんどが爆殺離断分散させられている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ③ ここでもミサイルが ーーー
「56分21秒 --------- (機長)、”ウーウー、プルアップ ”」
「56分23秒 [ 衝撃音 ]  ”ウーウー,プルアップ " 」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 続いて、左旋回の慣性を保ちながら110メートル離れた北西斜面に機体胴部が爆破によりちぎれて主翼片面を落としながら地面をはい滑る形で南斜面へと進んでいく。その過程で、北西斜面で西から二発目のミサイルが、北から三発目のミサイルが撃ち込まれた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ④ そこへコックピットめがけてミサイルを撃った
「56分26秒 [ 衝撃音 ] 」
「56分28秒 ー 録音終了 ー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そして、南斜面から四発目のミサイルがコックピットに撃ち込まれた証拠であり、いずれも遠心力を凌駕する爆発力で吹き飛ばされているものと推察できる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「18時57分 高度2950メートル [ 機影消失 ] 」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
高高度偵察機「SR-1] が低空飛行で情報把握をしていたものと見え、失速したものらしい。機体は第三現場としている U字溝に激突しているのである。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
座席別遺体の散乱状況と遺体の損壊状況がそれを証明しているのである。これは、乗客・乗員が自分の体で真実を伝えているのである。あだやおろそかにしてはならない。遺体の真実の声を徹底的に聞き取る事である。
 そして、遺体の損壊状況が示す中に「二度焼き」の状況があれば、ソフトランディング墜落とミサイル攻撃による「墜落破壊と爆発破壊」があって、なおかつその後に「高熱で破壊する隠滅工作」があった事を示しているのである。
 したがって、座席別遺体散乱状況図から123便は「左旋回下降している事」と「ソフトランディングを成功させている事」および、その瞬間しゅんかんに「ミサイル攻撃があった事」を如実に示している。そこから、123便の墜落地点への航跡がどのようなものかも明らかになる。また同時に、最後迄執拗に追跡しミサイル攻撃を加えた戦闘機とその攻撃からの救助のために自衛隊機2機がこの瞬間で交戦した痕跡が戦闘機の撃墜された跡として残骸が散乱しているはずで、それが第一現場の一本から松・第二現場・第三現場のU字溝・第五現場の水平尾翼としているものなどである。このことから、墜落点としている場所の状況が「激突」を示すものであれば、戦闘機の激突の可能性をも考えるべきである。
 ともかく、その墜落地点を「日航機123便が墜落激突した地点」だとしている判断はもはや破綻しているのである。
by kanakin_kimi | 2014-07-08 22:39 | 告発・日航機123便事件 | Comments(0)