超法規的措置に超法規的対処するほかない

戦争終焉のマニュアル

       2017年6月26日     金 澤 忻 ニ

戦争を起こして利益を上げてきたものを絞り込んでいくと『ロスチャイルド・イルミナティ』になる。

そして、彼らが創ろうとしている・・・・

未來プランの一つが『現在の世界人口70億人を10億人に削減する』

もう一つが、『統一政府=NWOO・・の支配の下で、向こう400年間戦争を起こさない』

というものであるらしい。今、日本で繰り広げられている『安倍首相引きずりおろし劇』は、『ロスチャイルド・イルミナティ』が次期首相に小泉進次郎を擁立させる約束で『安倍首相』擁立を許したが安倍が譲ろうとしないで、しかも『ロスチャイルド・イルミナティ』と縁切りしたプーチンやトランプと連携をとっていることに業を煮やしたのだ。

だから、今、『安倍首相引きずりおろし劇』を展開している政党や議員・マスコミはまず『ロスチャイルド・イルミナティ』の息のかかったものばかりだと考えて間違いない。

トランプ大統領引きずりおろし劇を演じている輩も同じである。『ロスチャイルド・イルミナティ』が、アメリカを支配するためにアメリカの中央銀行=FRB、を乗っ取り際限もなくドルを発行して借金大国にしてしまったのである。

アメリカを愛する国民は、『ロスチャイルド・イルミナティ』の支配から独立するために体を張って戦うトランプを大統領に選んだのである。

他方では、『ロスチャイルド・イルミナティ』に支配されている報道企業などは今までの悪行が白日の下にさらされることを嫌って抵抗しているのだ。70億人から10億人に減らそうとしている『ロスチャイルド・イルミナティ』の意図がわかっていないらしい。自分たちが削減の対象になっていないと思っているようだ。

このことは、日本でも同じで『安倍引きずりおろし劇』に合従連衡して追随している輩は、『ロスチャイルド・イルミナティ』の日本支配に協力しているが、いずれお払い箱なのだ。

安倍首相は、体を張って『日本の独立を樹立』するために戦っているのだ。

私も、国民の一人として『ロスチャイルド・イルミナティ』の支配と闘い、日本の独立を樹立するつもりだ。

そのために、『ロスチャイルド・イルミナティ』があらゆる手段を使って『世界人口を70億人から10億人に削減』するために、超法規的な殺人ホロコーストを実施させてきたのである。もう、何億人が殺されたであろうか。


その殺されてきた人々の『かたき討ち』をすることにした。


いままでは、合法的な民間防衛の方法を考えてきたが、『ロスチャイルド・イルミナティ』は、世界のすべての銀行を牛耳り、世界のメディア報道機関を牛耳り、ロシアを除く世界の国家機能を牛耳るところまで来ているのであれば、もはや日本国家の権能や警察権力すらもが『ロスチャイルド・イルミナティ』に対しては、制止・抑止の力がはたらいていない。


『911がそもそもその一つであり、117・311もその一つである』世界に人工災害を起こして大量殺人をしている。


また、『ジョージ・ソロスがオランダの王子を連れ立って「人間狩り」をし、殺した少年の陰茎を切り取って雄たけびを上げていることすら国際裁判所に訴えられているのにいまだに逮捕されていない。』


カナダの原住民の子供が5万人以上教会などで殺され・生血を吸われ・食われてきた事件も、ヴァチカンや英国王室のエリザベス女王らは未だに逃げ回っている。このエリザベス女王が統一政府=NWOのトップなのである。


ピザのなかに人肉を入れたものを食わせて、サタニズムの結束や引き締めをして、NWOの権威を不動のものにしようとして、世界の指導者や王室関係者を招待しているのである。レセプションでは、人体まるごとを料理した姿焼き・姿煮を陳列しているし、それを切り分けて皿に盛り、食いまわしているのである。まさに、人肉食の解体ショーをやっているのだ。


こんな悲惨・非業な犯罪事実を見過ごしていて、放置していいのか!

これらの犯罪事実の証明を尽くし、民主的に裁くという当然の手続きが妨害されて、元凶である犯人たちの裁判すら行うことができずにいる。このような状態では、もはや彼らの『金力・権力の発動による世界的超法規的措置』が講じられている事態が継続するのみである。


だとするならば、『『ロスチャイルド・イルミナティ』が削減する予定の60億人が、一人ひとりの自覚にもとずいて自己防衛として行う、民間防衛としての超法規的対処で身を守り、殺された人々のかたき討ちをするほかはない。』


それは、『ロスチャイルド・イルミナティ』のトップに当たる『300人委員会』を対象にすることで解決できるのだ。


もはや、予知予測の時代は過ぎた。

世界に戦争を起こさせないためには、その戦争を作っている元凶の者たち『ロスチャイルド・イルミナティ』を『超法規的対処で削除する』方法しかないのだ。

そこで、『ロスチャイルド・イルミナティ』の中心、300人委員会がその責任を負うことになる。

次に、300人委員会のメンバーの名簿を照会する。ここに照会したメンバー自身が『300人委員会』のメンバーではないとか、その趣旨に賛成しているわけではないとか、勝手に強引に名簿に連ねられているとかの理由があるならばそれを公開してもらいたい。

―――――――――――――――――――――――――

Illuminati Leak: Current Membership of ‘Committee of 300’  http://worldtruth.tv/illuminati-leak-current-membership-of-committee-of-300/

An ex-Illuminati member who is vowing to tell the world everything about the secret society has posted a list of the elite members of the Illuminati and the Committee Of 300 leadership.

秘密の社会について世界にすべてを伝えることを誓っている元イルミナティメンバーは、イルミナティのエリートメンバーと300人のリーダーシップ委員会のリストを掲示しています。

After spending 47 years as a high-ranking illuminati member, the anonymous insider says that he wants to reveal everything about the secret society’s plans after it all became “too much to bear” for him.

匿名の内部関係者は、47年間高等教育機関の一員として過ごした

後、秘密結社の計画が「負担が大きすぎる」とのことを明らかにしたかったという。

In his first post the insider revealed the process you have to go through in order to become a member, as well as in-depth information about the ‘Space flights’ program, and shocking revelations about who Obama really is – he is much more evil than anyone realizes apparently.

彼の最初の記事では、インサイダーはあなたがメンバーになるために必要なプロセスと、「宇宙飛行」プログラムに関する深い情報、そしてオバマが本当に誰であるかについての衝撃的な啓示を明らかにした - 彼ははるかに悪い 誰もが明らかに実現するよりも。

Now, in his highly anticipated second post the ex-Illuminati member continues to lift the lid on the secret society by revealing the names of the senior leadership.

今度は、非常に予期された2番目の記事で、元イルミナティメンバーはシニアリーダーシップの名前を明らかにして秘密結社の蓋を引き上げています。

THE BRITISH MONARCHY AND THE COMMITTEE OF 300 (AS OF SEPTEMBER 2016)       ブリティッシュ・モナークと300の委員会      (2016年9月現在)――――――――――――――――

CURRENT MONARCH AND SUPREME LEADER OF THE NWO: Queen Elizabeth II         現在のモナークとNWOの最高指導者:エリザベス2世

Abdullah II of Jordan        アブドゥッラー2世 ヨルダン国王

Kerry, John Forbes

Abramovich, Roman Arkadyevich                            ロマン・アブラモヴィッチ オリガルヒ

King, Mervyn

Ackermann, Josef

Kinnock, Glenys

Adeane, Edward

Kissinger, Henry

Agius, Marcus Ambrose Paul

Knight, Malcolm

Ahtisaari, Martti Oiva Kalevi

Koon, William H. II

Akerson, Daniel

Krugman, Paul

Albert II of Belgium       アルベール2世 元ベルギー国王

Kufuor, John

Alexander – Crown Prince of Yugoslavia                             ユーゴスラビア王国最後の王太子

Lajolo, Giovanni

Alexandra (Princess) – The Honourable Lady Ogilvy                     アレクサンドラ王女 イギリスの王族

Lake, Anthony

Alphonse, Louis – Duke of Anjou                               フランスの王位請求者

Lambert, Richard

Amato, Giuliano

Lamy, Pascal

Anderson, Carl A.

Landau, Jean-Pierre

Andreotti, Giulio

Laurence, Timothy James Hamilton

Andrew (Prince) – Duke of York                              ヨーク公爵(英国王室チャールズの弟)

Leigh-Pemberton, James

Anne – Princess Royal                                   アン王女(英国王室チャールズの妹)

Leka, Crown Prince of Albania

Anstee, Nick

Leonard, Mark

Ash, Timothy Garton

Levene, Peter – Baron Levene of Portsoken

Astor, William Waldorf – 4th Viscount Astor

Leviev, Lev

August, Ernst – Prince of Hanover

Levitt, Arthur

Aven, Pyotr

Levy, Michael – Baron Levy

Balkenende, Jan Peter

Lieberman, Joe

Ballmer, Steve

Livingston, Ian

Balls, Ed

Loong, Lee Hsien

Barroso, José Manuel

Lorenz (Prince) of Belgium, Archduke of Austria-Este                 ベルギーの王族 最後のオーストリア皇帝

Beatrix (Queen)    オランダ女王

Louis-Dreyfus, Gérard

Belka, Marek

Mabel (Princess) of Orange-Nassau

Bergsten, C. Fred

Mandelson, Peter Benjamin

Berlusconi, Silvio

Manning, Sir David Geoffrey

Bernake, Ben

Margherita – Archduchess of Austria-Este

Bernhard (Prince) of Lippe-Biesterfeld

Margrethe II Denmark   デンマーク女王

Bernstein, Nils

Martínez, Guillermo Ortiz

Berwick, Donald

Mashkevitch, Alexander

Bildt, Carl

Massimo, Stefano (Prince) – Prince of Roccasecca dei Volsci

Bischoff, Sir Winfried Franz Wilhen “Win”

McDonough, William Joseph

Blair, Tony

McLarty, Mack

Blankfein, Lloyd

Mersch, Yves

Blavatnik, Leonard

Michael (Prince) of Kent    エリザベス2世の従弟(英国王室)

Bloomberg, Michael

Michael of Romania     ミハイ1世 ルーマニア王

Bolkestein, Frits

Miliband, David

Bolkiah, Hassanal       ブルネイ国王

Miliband, Ed

Bonello, Michael C

Mittal, Lakshmi

Bonino, Emma

Moreno, Glen

Boren, David L.

Moritz – Prince and Landgrave of Hesse-Kassel

Borwin – Duke of Mecklenburg                               ドイツの旧諸侯メクレンブルク家の家長

Murdoch, Rupert

Bronfman, Charles Rosner

Napoléon, Charles

Bronfman, Edgar Jr.

Nasser, Jacques

Bruton, John

Niblett, Robin

Brzezinski, Zbigniew

Nichols, Vincent

Budenberg, Robin

Nicolás, Adolfo

Buffet, Warren

Noyer, Christian

Bush, George HW (ジョージ・H・W・ブッシュ)

Ofer, Sammy

Cameron, David William Donald

Ogilvy, David – 13th Earl of Airlie

Camilla – Duchess of Cornwall                               チャールズの元愛人で後妻(英国王室)

Ollila, Jorma Jaakko

Cardoso, Fernando Henrique

Oppenheimer, Nicky

Carington, Peter – 6th Baron Carrington

Osborne, George

Carlos – Duke of Parma                                 イタリアの旧諸侯パルマ公爵家の家長

Oudea, Frederic

Carlos, Juan – King of Spain                               フアン・カルロス1世 スペイン国王

Parker, Sir John

Carney, Mark J.

Patten, Chris

Carroll, Cynthia

Pébereau, Michel

Caruana, Jaime

Penny, Gareth

Castell, Sir William

Peres, Shimon

Chan, Anson

Philip (Prince) – Duke of Edinburgh                           エディンバラ公フィリップ(英国王室)

Chan, Margaret

Pio, Dom Duarte – Duke of Braganza

Chan, Norman

Pöhl, Karl Otto

Charles – Prince of Wales     チャールズ皇太子(英国王室)

Powell, Colin

Chartres, Richard

Prokhorov, Mikhail

Chiaie, Stefano Delle

Quaden, Guy Baron

Chipman, Dr John

Rasmussen, Anders Fogh

Chodiev, Patokh

Ratzinger, Joseph Alois (Pope Benedict XVI)           第265代ローマ教皇ベネディクト16世  (フランシスコ法王)

Christoph, Prince of Schleswig-Holstein

Reuben, David

Cicchitto, Fabrizio

Reuben, Simon

Clark, Wesley Kanne Sr. (General)                          ウェスリー・クラーク元アメリカ陸軍大将

Rhodes, William R. “Bill”

Clarke, Kenneth

Rice, Susan

Clegg, Nick

Richard (Prince) – Duke of Gloucester

Clinton, Bill

Rifkind, Sir Malcolm Leslie

Cohen, Abby Joseph

Ritblat, Sir John

Cohen, Ronald

Roach, Stephen S.

Cohn, Gary D.

Robinson, Mary

Colonna, Marcantonio (di Paliano) – Prince and Duke of Paliano

Rockefeller, David Jr.

Constantijn (Prince) of the Netherlands   オランダ王子

Rockefeller, David Sr.

Constantine II Greece      ギリシャ最後の国王

Rockefeller, Nicholas

Cooksey, David

Rodríguez, Javier Echevarría

Cowen, Brian

Rogoff, Kenneth Saul “Ken”

Craven, Sir John

Roth, Jean-Pierre

Crockett, Andrew

Rothschild, Jacob – 4th Baron Rothschild

Dadush, Uri

Rubenstein, David

D’Aloisio, Tony

Rubin, Robert

Darling, Alistair

Ruspoli, Francesco – 10th Prince of Cerveteri

Davies, Sir Howard

Safra, Joseph

Davignon, Étienne

Safra, Moises

Davis, David

Sands, Peter A.

De Rothschild, Benjamin

Sarkozy, Nicolas

De Rothschild, David René James

Sassoon, Isaac S.D.

De Rothschild, Evelyn Robert

Sassoon, James Meyer – Baron Sassoon

De Rothschild, Leopold David

Sawers, Sir Robert John

Deiss, Joseph

Scardino, Marjorie

Deripaska, Oleg

Schwab, Klaus

Dobson, Michael

Schwarzenberg, Karel

Draghi, Mario

Schwarzman, Stephen A.

Du Plessis, Jan

Shapiro, Sidney

Dudley, William C.

Sheinwald, Nigel

Duisenberg, Wim

Sigismund (Archduke) – Grand Duke of Tuscany                   ハプスブルク=トスカーナ家の現在の家長

Edward (Prince) – Duke of Kent                           エリザベス2世の従弟(英国王室)

Simeon of Saxe-Coburg and Gotha  ブルガリア王国最後の国王

Edward (The Prince) – Earl of Wessex                         エドワード王子(英国王室チャールズの弟)

Snowe, Olympia

Elkann, John

Sofía (Queen) of Spain                               スペインの前国王フアン・カルロス1世の王妃

Emanuele, Vittorio – Prince of Naples, Crown Prince of Italy

Soros, George   (ジョージ・ソロス)

Fabrizio (Prince) – Massimo-Brancaccio

Specter, Arlen

Feldstein, Martin Stuart “Marty”

Stern, Ernest

Festing, Matthew

Stevenson, Dennis – Baron Stevenson of Coddenham

Fillon, François

Steyer, Tom

Fischer, Heinz

Stiglitz, Joseph E.

Fischer, Joseph Martin

Strauss-Kahn, Dominique

Fischer, Stanley

Straw, Jack

FitzGerald, Niall

Sutherland, Peter

Franz, Duke of Bavaria    バイエルン王家の家長

Tanner, Mary

Fridman, Mikhail

Tedeschi, Ettore Gotti

Friedrich, Georg – Prince of Prussia

Thompson, Mark

Friso (Prince) of Orange-Nassau

Thomson, Dr. James A.

Gates, Bill

Tietmeyer, Hans

Geidt, Christopher

Trichet, Jean-Claude

Geithner, Timothy

Tucker, Paul

Gibson-Smith, Dr Chris

Van Rompuy, Herman

Gorbachev, Mikhail

Vélez, Álvaro Uribe

Gore, Al

Verplaetse, Alfons Vicomte

Gotlieb, Allan

Villiger, Kaspar

Green, Stephen

Vladimirovna, Maria – Grand Duchess of Russia                         ロシア大公ロシア帝位請求者

Greenspan, Alan

Volcker, Paul

Grosvenor, Gerald – 6th Duke of Westminster

Von Habsburg, Otto

Gurría, José Ángel

Waddaulah, Hassanal Bolkiah Mu’izzaddin

Gustaf, Carl XVI of Sweden                               カール16世グスタフ スウェーデン国王

Walker, Sir David Alan

Hague, William

Wallenberg, Jacob

Hampton, Sir Philip Roy

Walsh, John

Hans-Adam II – Prince of Liechtenstein                          リヒテンシュタイン公

Warburg, Max

Harald V Norway

Weber, Axel Alfred

Harper, Stephen

Weill, Michael David

Heisbourg, François

Wellink, Nout

Henri – Grand Duke of Luxembourg  現ルクセンブルク大公

Whitman, Marina von Neumann                              ジョン・フォン・ノイマンの娘

Hildebrand, Philipp

Willem-Alexander – Prince of Orange   オランダ国王

Hills, Carla Anderson

William (Prince) of Wales    ウィリアム王子(英国王室)

Holbrooke, Richard

Williams, Dr Rowan

Honohan, Patrick

Williams, Shirley – Baroness Williams of Crosby

Howard, Alan

Wilson, David – Baron Wilson of Tillyorn

Ibragimov, Alijan

Wolfensohn, James David

Ingves, Stefan Nils Magnus

Wolin, Neal S.

Isaacson, Walter

Woolf, Harry – Baron Woolf

Jacobs, Kenneth M.

Woolsey, R. James Jr.

Julius, DeAnne

Worcester, Sir Robert Milton

Juncker, Jean-Claude

Wu, Sarah

Kenen, Peter

Zoellick, Robert Bruce

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー――――

source: yournewswire.com       以上

この名簿には既に死亡しているものが存在する。300人委員会のメンバーからすでに離れた者も存在し、新たにメンバーに就任した者もいるだろう。世界から注目される『犯罪者』であることに自信や覚悟があるならば公開に名乗り出よ。



# by kanakin_kimi | 2017-06-30 22:06 | 戦争終焉のマニュアル | Comments(0)

自然というものは、実はない。一定の原理や法則で規定された一定の領域がある。

真実を見極めるために考え出した『ものの見方・考え方』それが『特殊相対場論』である。
わたしたちは、自分が生きている現実を正しく認識することができているだろうか。
『現実』は、絶え間なく、次から次へと事象が現れ、その一瞬一瞬の全てを認識することが不可能であるのに、次から次へと続いていくのである。
この、絶え間なく、『次から次へと現れる事象』の全てを認識しようと頑張り続けた人は、生きていくことができない状況に追いやられる。精神的混乱を招き、思考回路の破壊をすることによって、生命を守るという方法をとるか、生命を断つかの岐路に立たされる。
だから、大方の人は自分の限界を見越して、『次から次へと現れる事象の全てを認識しようと頑張り続ける』ことを辞めるのである。
その『自分の限界を見越して辞めるやめ方』の違いが様々な人を生み出している。

写真のような風景画を『一瞬にして記憶し、描き切る』能力は、『サヴァン症候群』といわれている。



# by kanakin_kimi | 2017-05-25 11:00 | 特殊相対場論 | Comments(0)

太陽系システムが実現した時、原初地球が誕生した

その時、弥勒は生まれた。
56億7千万年前『太陽系システムができた』。そして、それから56億7千万年後の今『弥勒が生まれている』ということだ。釈迦やキリストやヤハヴェなど現在の宗教の源流をなすものは多寡だか1万年以内のものであるので、この中に含まれているのだ。だから、こまごまと『異をつくるな』ということである。

弥勒とは『森羅万象の精霊を敬い、生きとし生けるもの・死にとし死ぬるものすべてを八百万の神々として尊崇する生き方をする者である。』

人類は、先人・先達のおかげで、太陽系システムが創られ、各惑星に『地底生活環境をつくって、生きてきた。』
しかし、認識形成の相違・齟齬・発達過程の未熟さが『諍い・戦争』を克服することができずに幾たびか戦禍を作る結果になった。認識形成のアンバランスが戦争をもたらしていた。

みんなが弥勒になることが戦争終焉のマニュアルなのである。
つまり、みんなが『森羅万象の精霊を敬い、生きとし生けるもの・死にとし死ぬるものすべてを八百万の神々として尊崇する生き方をする者』になることである。

地球の地表生活環境はいつから可能になったのか
20数億年前に、大陸移動が始まったと考えられているところから、
海洋底拡大・潮流の全体化・潮汐の全体化・気候変動と四季循環・海水浄化・大気浄化などが行われてゆき、生命の地表における生活環境が徐々に整っていったようである。
これまで地底生活環境にいた人々が、地表に出ていく準備を始めていく。
南米大陸各地に巨大地底都市空間があるといわれている。近年各地でピラミッドが発掘されてきている。それもエジプトのピラミッドよりも古いようである。
ピラミッドの地下深くに地底都市に通じる地底回廊がつながっているかもしれない。というのは、地底から地表に出ていく過渡期にピラミッドが創られているのではないかと考えるのである。
つまり、ピラミッドは地底都市回廊と地表生活空間を結ぶ出入り口であり、UFOとの連絡標識であり、ピラミッドの機能が何を示すのかわからないけれども、ピラミッドエネルギーとフリーエネルギーが連結されているかもしれません。
もしそうだとすれば、ピラミッドの意味合いも建造年代もはるかに古くなるのではないかと考えられる。
それは、地底生活システムから地表生活システムへの移行を行うための準備のシステムではなかろうかと考えるのである。




# by kanakin_kimi | 2017-05-06 22:54 | 特殊相対場論 | Comments(0)

太陽系システムが実現した時・・・・・

45億年前に地球システムができた・

それが実際に動き始めるには25億年も経過している。それは、地球の地表生活環境がととのうためには、大気圏で守られ・生きた水ができ・その水の中で生命が誕生し・生活している様々な生命体が生まれなければならない。大気もそれを呼吸して生きられる大気でなければならない。

地球の地表環境に『呼吸できる大気・生命を維持できる活きた水が常時保障されなければならない。』それが常態として維持されるシステムが形成されるためには『自然の成り行きを待ってはいられない。いや自然にはできない。』ことであったのである。

太陽の熱エネルギーが生命を維持するために必要なものと不必要なものとを、自然が都合よく選択してくれないのである。地球表面のすべての環境が、自然という概念でのコントロールがされているわけではなかったのである。

そのことを認識させられたのが『月は誰が創ったのか=WHO BUILT THE MOON』によってであった。

地球の地表生活環境が自然にできているものと思っていたことが、全くの誤解であったという事実を突きつけられたのである。

例えば、太陽の周りに巨大なUFOがいることが最近の太陽観測で分かってきている。それは、常時太陽の適切な管理をしてくれなければ今日まで地球システムは維持されてこなかったのである。

愚か者が地球を破壊するのではないかと恐れているようだが、地球よりも大きなUFOを作り太陽のそばまで行ける技術力を持っている先人・先達のしていることを地球の破壊ということしか考えられないのはお粗末ではないか。おっと失礼、つい先ごろまでは私も恐れていたかもしれない。

 <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/l-bEMdN8gGo" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

地球システムの歴史と人類の歴史


         2017年5月3日   金 澤 忻 二


地球は、地質学的な分析から、45億年という年齢を仮定されている。

それが正しいとすれば、月も45億年の年齢だ。


ただし、原初地球の年齢は別にある。したがって、原初地球の年齢+地球の年齢=X億年+45億年 ということになる。


それは、太陽系システムができたときに、同じころ原初地球はできていたのであろう。だとすれば、56億7千万年前にはできていた太陽系システムの一部としてできていたと考えられる。

地質学的分析による45億年という年齢との差がX億年= 56億7千万年-45億年=11億7千万年 は、『原初地球の寿命』ということになるのであろうか。


それはさておき、太陽系システムを創り、地球システムを創ったものは太陽系人類であり、もっと広く言えば宇宙人類であった。それを、地球人類だけで見るのは片手落ちである。当然ながら、それらの歴史も同じことである。


そういう意味で、『宇宙史観』が正されなければ『人類史』や『世界史・日本史』もまた大きなあやまちを克服できないのではないだろうか。


『日本史』は、『縄文人の歴史を統一的に見なければ成り立たない』というか、いつまでも矛盾を抱えたままの出来損ないになるのである。


現在の公の『日本史』にはもはや日本史といえないほどの矛盾を露呈している。それは、『日本書紀』や『古事記』の時点を出発点にしているからである。そして、その桎梏が『考古学日本史』をも閉塞状況に貶めている。その原因を取り除かなければ前に進めることはできないかの如くである。調査報告や研究資料が積み重ねられて行っても、実際の『日本史に書き改められることがない』状況が続いている。


その原因は何であろうか。もはや明らかになっている。それを自覚しているものが、みづからの意志で退位できない程周りのぶら下がりの大金持ちや権力者たちの閨閥門閥のものたちに影響されているのである。


これを克服するためには、『地球システム誕生史』はうってつけである。


なぜなら、『地球システム誕生史』から見れば、日本の700年以降に成立した天皇制などと云うものは取るに足りない代物だからである。しかも、それはそれ以前の一万年に及ぶ歴史につながる『言葉や文字』を抹殺するという暴挙に支えられた天皇制なのである。


そして、なおかつみすぼらしいと思えるのは、明治維新という多寡だか 160年前の事柄がさらに歴史を複雑にして、『天皇制に背乗りして、新たな支配体制に転換している』ことである。


さらに、準備段階を経て今新たな背乗り部隊が現れた。NWOのトップグループ『ロスチャイルドイルミナティ』である。


このことで、幸か不幸か日本の歴史は根本的なところへとブーメラン現象を起こすことになった。世界各地の歴史発掘が見せた遺物に刻まれた『超古代文字』が『地球システムの歴史と地球人類史の空白』その空白の一部を埋めてくれるだろう。



# by kanakin_kimi | 2017-05-04 22:07 | 戦争終焉のマニュアル | Comments(0)

人間のいないところに災害は起こらない 3

犯罪は災害であり、戦争は犯罪である
ロスチャイルド・イルミナティ』=『一万人の悪魔』が世界支配をするために、様々な仕掛けを作ってきた。その仕掛けが相互に対立することもある。否、『対立そのものを演出するために仕掛けていることがたくさんあるのだ』。部分だけにとらわれていると、真相を見失うのである。その一番はっきりしている顕著な例を示すと、『イスラエルを建国したのもロスチャイルドであり、イスラム国(ISIS)を作ったのもロスチャイルドだということに示されている。』

イスラエルが『中性子爆弾を作り使用してきた』。これにロスチャイルドが関与していることは『核心証拠』となるだろう。そして、その中性子爆弾を『イスラエルがISISに提供しようとした時、まさにその時ロシアのミサイルがその場所を狙撃したのだ。』だから、この時点で事実上のISIS崩壊が起きたのである。私の洞察では、この時ネタニヤフとロスチャイルドの誰かそしてブレジンスキー、キッシンジャーなどが同席していたのだろうとみている。つまり、ネタニヤフはもう死んでいる。今出てきたネタニヤフの映像は影武者と過去の映像の編集したものだろう。

したがって、ISISの残渣が動いているのは、複雑に絡み合ったものになっていると考えられる。ISISの内部での対立も起きており、『ISISの崩壊を公表しない限り、人命救助の活動も単なるテロリストの戦術としか見られない。』

# by kanakin_kimi | 2016-10-05 10:49 | 戦争終焉のマニュアル | Comments(0)

世界平和を望むなら、それを追求することだ!!

戦争終焉のマニュアル
戦争は、人間が起こす最大の犯罪であり、最大の災害である。
しかし、その戦争を誰がどのようにして起こしているのか、誰にでもわかるものにしなければならない。つまり、その仕組みをシンプルなものにしたいと考えている。なぜなら、戦争を起こしている張本人たちがだれにでも悟られるようなことをしていないし、二重三重に仕掛けを作っているものだからである。たとえば、圧倒的多数の人々(世界市民)は、誰一人戦争をして殺し合いをしたいと思っている人はいないだろう。その世界市民を戦争に巻き込むためにどうしたらいいかを研究させているのである。そのための研究所がある。タヴィストック研究所がその一つである。

さらに、生活が苦しくなるとどうなるであろうか。一つの国に人種差別があったり、民族差別があったりするとどうなるであろうか。そこにひび割れを起こさせるためにくさびを打ち込むのである。つまり、世界市民を豊かにさせず、生活程度に階層を設けて差別させあうのである。そうするとどうであろうか、世界市民同士の間に憎しみや嫉み・恨みを生み出すシステムになって、本当の敵がだれだかわからなくなるのである。それが分裂支配である。
日本は幕藩体制の中で、教育・地方自治の萌芽をはぐくんでいた
反日暴動や在日問題がある原因は中韓の背後に『ロスチャイルド・イルミナティ』=『一万人の悪魔』がおり、もう一つは階級差別の残渣が残っているからである。日本人の間に階級差別のひび割れがあるから、そのひび割れにくさびが打たれているのである。貴族・金持ち・軍閥階層の一般市民に対する対応はどうであったかを真摯に反省するべきであり、それが桜井らの説得力に限界がある原因なのである。世界的に見れば、日本の役割は大きなものであるのに、様々な付けを一般市民に振り向けてきたのであるという事実を忘れてはなるまい。そして、、そのしわ寄せの貧困が日本の世界史的役割を果たしてきた意味合いを認識するゆとりがもてなかったからに他ならないのである。あたらしくは、安保闘争の中で学生運動をしていた者を『ロスチャイルドイルミナティが目をつけ、それを利用していた残渣も今に引き継がれている。新左翼右翼・宗教団体はいいように利用されてきたから、その桎梏が今噴き出している。
みんなが賢くなると、だましきれなくなるだろう
『ロスチャイルド・イルミナティ』は、常に分裂支配をしてきた。王政権力体制にはそれに対峙する勢力に支援し、それが覆されると、次の支配体制に対峙する勢力に支援するというようにである。世界の王政国家がいまだに残っているのを見れば明らかだろう。利用できる王国を残しておくのである。様々な手法を使い、大金を使い、そして大胆とも思える手段を繰り出してきた。だから、だれもがそんなことをロスチャイルドがやっているとは思われなかったのであろう。今も、デービッド・ロックフェラーは悪い人間だがロスチャイルドは我々に金を貸してくれ、英国の技術を教えてくれ、技術者の派遣すらしてくれた。おかげで、『大和や武蔵ができた』と、思っている人もいるだろう。お人よしもいいとこだ。『大和や武蔵は、金食い虫で、日本を借金漬けにする手段だったのだ』今の原子力発電と同じだから、彼らはいつまでも学習ができていない。
# by kanakin_kimi | 2016-08-21 21:14 | 戦争終焉のマニュアル | Comments(0)

災害は自然には起こらない 2

人間のいないところに災害はない

『森羅万象の精霊を敬い、、死にとし死ぬるもの・生きとし生るもののすべてを八百万の神々として尊崇する生き方に勝るものはない』という考えです。四方八方360度のまわりに敬意と尊崇する気持ちを表して生きるということは、まるで神様ですね、そうなんですみんなが神様なんですから。

いまは、品の悪い神様かもしれないけれど、明日にはひんよくなっているのです。そのことを読み込み済みで助け合い・教えあおうということなんです。ちがいをりかいしあうこと・自立を助け合うこと・、(つづく)
# by kanakin_kimi | 2016-07-06 16:42 | 戦争終焉のマニュアル | Comments(0)

災害は、自然には起こらない

戦争は人がつくる災害である

災害は人の世界では自然に起こるものと思わせられている。しかし、地・水・火・風・空の森羅万象は、そこに人が共存するとき災害が概念づけられ、そこにまた精霊が生まれる。人がいなければ、災害はない。問題は、人の中で『共存』という概念の中には『災害は解決されるもの』であるのに、『支配・被支配』の中では『災害は永久に解決されないもの』となっている。それは何故かというと、支配するものが支配するために災害を起こしているのである。だから、自然の『災害』にしておきたいのである。『支配する』というのは、人の頭の中まで支配しているのであるからいうことを聞かせる頭の中身にしておきたいのである。


戦争も災害だから、起きてから対策してはダメなのである。起きないようにすることが災害を起こさせない秘訣である。

ロシアに隕石が落下している映像が流された。大気圏に突入している隕石は真っ赤な炎の尾を引きながら落下している。その大きさが大きければ、間違いなく大惨事が起きている。そんな思考回路も維持できないほどの瞬間なのである。映像は、真っ赤な炎となっている隕石の痕から小さな光の点が猛スピードで追い越して流星を破壊したのだ。爆発した際の衝撃波が隕石落下の道筋の町々に被害をもたらしたとはいえ、死亡者は出ていない。隕石落下の地点でも隕石が小さくなったせいで災害はない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<ウィキペディアには次の記述がある。>
2013年2月15日、直径17mの小惑星が地球の大気圏に突入した。現地時間9時15分(協定世界時3時15分・日本時間12時15分)、強い閃光を放ち、煙の尾を曵きながら落下する火球がチェリャビンスク州などウラル山脈中南部一帯で観測された。隕石の落下の痕跡で見られる煙のようなものは、隕石の表面が大気との断熱圧縮で高温となり蒸発し[6]、それらが冷却凝固した細かい粒子が見えている隕石雲と考えられている。隕石雲は、低空では大気中の水蒸気が微粒子に結露して水滴化し、まるで雲のように見える[7]。火球はその後9時20分26秒[1]に、上空15kmから50kmで爆発し、複数の破片に分裂して落下した。
隕石は主にチェリャビンスク州から、スヴェルドロフスク州、オレンブルク州の上空で目撃されている[8][9]。また、ウラル中南部と国境を接するカザフスタン北部でも目撃されている。目撃例から、隕石はカザフスタン側からロシアへと侵入していったと見られている。カザフスタン側のロシアとの国境付近で約70km、隕石が分裂する直前の高度で約30kmであったと見られている。
隕石衝突が発生して程なく数多くの動画がインターネットにアップロードされ、その一部は当時路上を走っていた車両のダッシュボード上のカメラが捉えたものであった[10][注釈 2][11]。撮影された動画では、火球が光を曵きながら空を横切り、その後に大きな爆音が残されている。物体は一時的に太陽より明るくなり、朝の地上に影を作り出すほどに輝いていた[12][13]。
調査[編集]
「チェリャビンスク隕石」も参照


https://youtu.be/ydhKd83ZwUM

隕石と地球への侵入[編集]

今回の隕石の元となった小惑星の想像図と人の大きさ比較。(スペイン語)
分解直前の隕石の推定される大きさは発表した機関によって異なるが、直径は数mから15mと見られている[3][14][15]。ロシア科学アカデミーの解析によれば、隕石の質量は10トン、落下速度は秒速15km以上で、隕石が分解したのは高度30kmから50kmではないかと見られている[16][17]。RIAノーボスチは、公式発表として空中爆発が高度10kmで発生したことを探知したと報道した[18]。また、アメリカ航空宇宙局 (NASA) の解析では爆発した高度は15kmから25kmとしている。落下方向は東から南への方角と見られている[15]。また、大気圏に突入しても燃え尽きず地上まで落下したことから、組成は鉄隕石に近い、鉄などの硬い物質で構成されていると考えられている[19]。NASAの推定によれば、大気圏突入前の小惑星の大きさは直径17m、質量1万トン、大気圏突入前の地球に対する相対速度は秒速18km、衝突角度は20度未満としている。仮に地球に対してより垂直に近い角度で落下した場合、大気から受ける熱と圧力が大きく、高度80km前後で燃え尽きてしまい、今回のように地表まで達しなかったと考えられている[20]。包括的核実験禁止条約機関 (CTBTO) は、小惑星の直径は17mとNASAと同じ推定であるが、質量は70万トン、分裂した時点での落下速度は秒速18kmと推定している[21]。
2013年11月には、オリガ・ポポーヴァら世界中の59名の研究者の共著でサイエンス誌に落下を詳細に分析した論文が掲載された[22]。 それによると、突入した隕石の元の質量は1.3万 トン(不確かさは2倍程度)で直径は15~25 mあったとされる。 高度97 kmにあったときの火球の速度はおよそ秒速19 kmで、地表面と約18°の角度をなしていた。 撮影された映像などを詳細に分析したところでは、隕石が高度90 kmに達したとき大気中に最初の衝撃波が生成され、83 kmで隕石が分解し始めチリが形成された。 この過程は高度54 kmで加速し、高さおよそ30 kmまで降下したとき火球は最も輝いた。 このときの火球は、火球から100 km以内で太陽よりも明るくなり、火球からの紫外線により屋外にいた人のいくらかは日焼けを負った。 最後の爆発は高度27 kmで起きた。 経路全体では元の運動エネルギーのうちの4~10%が放射に変わったとみられる。 経路に沿って熱を帯びたチリの雲が形成され、火球の通過後、チリの雲が徐々に平行な2つの雲に分裂した[22]。 これは、熱の浮力によって2つの円柱状の渦が形成されたことによる[23]。
また隕石となった小惑星の太陽周回軌道は、近日点を地球と金星軌道の間、遠日点を火星軌道の外側と推定されている[24][25]。この小惑星はもともと小惑星帯を起源としており、木星の重力による摂動で軌道が変化したか、小惑星帯にある小惑星同士の衝突で飛び出した破片が地球横断小惑星となって衝突直前までの太陽周回軌道に変化したと考えられている[20]。後の分析の結果、小惑星自体は太陽系の年齢と一致する約46億年前に生成されたものであるが、もっと新しい年代に融解し形成された鉱脈が存在し、3000万年前から5000万年前に小惑星が何らかの衝突を起こした痕跡であると考えられている。また、隕石は比較的大きな小惑星の中心部で生成されたことを示す5型である[26]。したがって、隕石の元となった小惑星は、母天体から飛び出した破片である可能性がある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
このことが示しているのが、災害を起こさせない方法なのである。

私たちが、真摯に『真実を追求する姿勢があるならば』、『戦争や災害を起こさせないで済む』方法がある。そのヒントや実例が私たちの目の前にあるのだ。『真摯に真実を追求する姿勢があるならば』それがはっきりと見えるはずである。
地球がどうして、このような奇跡的な環境を維持し得てきたのか。そのことを『真摯に真実を追求する姿勢があるならば』みえてくるはずである。

WHO BUILT THE MOON?


『月はだれが創ったか?』を書いてくれた『クリスファー・ナイト、と、アラン・バトラー』、訳出してくれた『奥山宏』各氏に感謝している。この本の末尾の「訳者あとがき」に『ソ連版啓蒙雑誌(スプートニク)1970年7月号にー「月は知性の創造物か?」-、と題する記事で、発表者はソ連科学アカデミー会員ー「ミハイル・ワーシン、と、アレクサンドル・シチェルバーコフという天文学者である。」

『月は、自然の天体ではなく、高度の科学技術レベルに達した宇宙文明生物が、巨大小惑星の内部をくりぬいて、自給自足の人工世界をまるごと収容する超巨大宇宙船に作り替えたもので、そこに乗り組んだ知的生物たちは、長年月にわたる宇宙旅行ののち、はるか太古の地球に到達し、その周回軌道上に船体を駐めて、安定させた。』
# by kanakin_kimi | 2016-07-05 22:40 | 戦争終焉のマニュアル | Comments(0)

引き取り手のない遺体-遺体の数は多かった - 


524-4=520
引き取られず埋葬された遺体はだれか

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『付図ー5 胴体ステーション及び座席配置図』によると、座席配列ーR10 旅客 528名 となっている。したがって、これによる機体各部位の座席数は次のようになっている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 A部位 1階  48席
 A部位 2階  16席
 B部位    78席
 C部位    126席
 D部位    102席
 E部位    158席
 合 計    528席  である。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ところが、『座席別遺体散乱状況図』に示されている乗客数は次のようになっている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 A部位 1階   48席  48名 差し引き 0
 A部位 2階   16席  16名 差し引き 0
 B部位     78席  81名 差し引き+3
 C部位     126席  127名 差し引き+1
 D部位     102席  89名 差し引き-13
 E部位     158席  148名 差し引き-10
 合 計     528席 509名 差し引き-19   である。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
つまり、座席装着数よりも乗客数が多い、B 部位の+3と C 部位の+1 というのはどのような意味を暗示しているのか。また、『座席別遺体散乱状況図』が示す乗客数509-19=490 という数字がでてくるが、これを後に出てくる数字 497-490=7 という数字が出てくる。これもなんらかの暗示なのであろうか。
さらに、これに加えて空席の存在とその位置が問題になってくる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
A 部位の2階16席と1階48席の合計64席は満席であるから空席はない。
B 部位の、            78席には, 空席は、1席あった。
C 部位の、 126席には、  空席は、 3席あった。
D 部位の、           102席には、  空席は、14席あった。
E 部位の、           158席には、  空席は、13席あった。
空席の合計数は、1+3+14+13=31席 である。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この数字が正しいとすれば、528-31=497 となる。これが本当の乗客数なのであろうか。
そうだとすると、509-497=12 は何を暗示するのか。
そして、乗客数は本当は何人だったのであろうかという問題が浮き彫りにされてくる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
乗客数が示した狙撃事件の核心証拠
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この問題は、私の洞察では、
自衛隊誘導機の1機又は2機・
U 字溝に墜落した高高度偵察機・
ハナシ鶏の頭部に落下または集められた、ミサイル狙撃をしたステルスF117が3機+α
計(5機+α)×2人=10+2α人の遺体を乗客数に紛れ込ませる意図がそこにあると考えられる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そして、生存者4人以外にまだ生存者が3人あったとしても、ひた隠しにする理由はそこにあるのではないかと考えるのである。

# by kanakin_kimi | 2016-04-26 19:10 | 告発・日航機123便事件 | Comments(0)

『ロスチャイルド・イルミナティ』=『一万人の悪魔』の名簿 2

2016年3月10日 BY SURUGASEIJI編集
『ロスチャイルド・イルミナティ』=『一万人の悪魔』の名簿2

300人委員会

イルミナティMEMBERS.COM
TIMELINE:ANGLO ISRAELISMのROOTS&THE NEW WORLD ORDER(CONDENSED)パートIV
PART I
PART II
PART III
パートIV
イルミナティのメンバーリストビルダーバーグNWOイルミナティイルミナティのメンバーNWO

BRITISH MONARCHYと300人委員会
(2010年9月現在)


* CURRENT MONARCHとNWOの最高指導者:クイーンエリザベスII
アブドゥッラー2世
アブラモビッチ、ローマArkadyevich
アッカーマン、ヨーゼフ
Adeane、エドワード
アギウス、マーカス・アンブローズポール
アハティサーリ、マルッティOivaカレビ
Akerson、ダニエル
ベルギーのアルベール
アレクサンダー – ユーゴスラビアの皇太子
アレクサンドラ(プリンセス) – 閣下レディオグルヴィ
アルフォンス、ルイ – アンジュー公
アマート、ジュリアーノ
アンダーソン、カール・A.
アンドレオッティ、ジュリオ
アンドリュー(プリンス) – ヨーク公
アン – プリンセスロイヤル
Anstee、ニック
アッシュ、ティモシー・ガートン
アスター、ウィリアム・ウォルドーフ – 第四子爵アスター
8月、エルンスト – ハノーバーの王子様
アヴァン、ピョートル
Balkenende、ヤンペーター
バルマー氏、スティーブ
ボール、エド
バローゾ委員長、ホセ・マヌエル・
ベアトリクス(クイーン)
ベルカ、マレク
バーグステン、C.フレッド
ベルルスコーニ、シルビオ
Bernake、ベン
ベルンハルトリッペ-Biesterfeldの(王子)
バーンスタイン、ニルス
ベリック、ドナルド
ビルト、カール
ビショフ卿WINFRIEDフランツWilhen “勝利”
ブレア、トニー
ブランクフェイン、ロ​​イド
Blavatnik、レナード
ブルームバーグ、マイケル
Bolkestein、フリッツ
ボルキア、ハッサナル
Bonello、マイケル・C
Bonino、エマ
BOREN、デビッドL.
Borwin – メクレンブルク公爵
ブロンフマン、チャールズ・ロスナー
ブロンフマン、エドガー・ジュニア
ブルートン、ジョン
ブレジンスキー、ズビグニエフ
Budenberg、ロビン
ビュッフェ、ウォーレン
ブッシュ大統領、ジョージHW
キャメロン、デヴィッド・ウィリアム・ドナルド
カミラ – コーンウォール公爵夫人
カルドーゾ、フェルナンド・エンリケ
Carington、ピーター – 第六バロン・キャリントン
カルロス – パルマ公
カルロス、フアン – スペイン王
カーニー、マークJ.
キャロル、シンシア
カルアナ、ハイメ
カステル、サー・ウィリアム
チャン、アンソン
チャン、マーガレット
チャン、ノーマン
チャールズ – プリンスオブウェールズ
シャルトル、リチャード
Chiaie、ステファノ・デッレ
チップマン、ドクター・ジョン
Chodiev、Patokh
クリストフ、シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州のプリンス
Cicchitto、ファブリツィオ
クラーク、ウェスリーKanneのシニア(一般)
クラーク、ケネス
クレッグ、ニック
クリントン、ビル
コー​​エン、アビー・ジョセフ
コー​​エン、ロナルド
コー​​ン、ゲイリーD.
コロンナ、マルカントニオ(ジパリアーノ) – パリアーノの王子と公爵
オランダのコンスタン(王子)
コンスタンティンIIギリシャ
Cooksey、デビッド
コー​​ウェン、ブライアン
クレイブン、サー・ジョン
クロケット、アンドリュー
Dadush、ウリ
D’Aloisio、トニー
ダーリン、アリステア
デイヴィス、サー・ハワード
ダビニョン、エティエンヌ
デイビス、デビッド
デ・ロスチャイルド、ベンジャミン
デ・ロスチャイルド、デビッド・ルネ・ジェームズ
デ・ロスチャイルド、イヴリンロバート
デ・ロスチャイルド、レオポルドデービッド
Deiss、ジョセフ
デリパスカ、オレグ
ドブソン、マイケル
ドラギ、マリオ
デュ・プレシス、ヤン
ダドリー、ウィリアム・C.
デューゼンベルク、ヴィム
エドワード(プリンス) – ケント公爵
エドワード(プリンス) – ウェセックス伯爵
エルカーン、ジョン
エマヌエーレ、ヴィットリオ – ナポリの王子、イタリアの皇太子
ファブリツィオ(プリンス) – マッシモ・Brancaccio
フェルドスタイン、マーティン・スチュアート「マーティ」
Festing、マシュー
フィヨン、フランソワ
フィッシャー、ハインツ
フィッシャー、ジョセフ・マーティン
フィッシャー、スタンリー
フィッツジェラルド、ニール
フランツ・フォン・バイエルン
フリードマン、ミハイル
フリードリヒ、ゲオルク – プロイセンの王子様
オレンジ・ナッソーのFriso(王子)
ゲイツ、ビル
Geidt、クリストファー
ガイトナー、ティモシー
ギブソン・スミス、博士クリス
ゴルバチョフ、ミハイル
ゴア、アル
ゴットリーブ、アラン
グリーン、スティーブン
グリーンスパン、アラン
グロブナー、ジェラルド – ウェストミンスターの第六公爵
Gurría、ホセ・アンヘル
グスタフ、スウェーデンのカール16世
ハーグ、ウィリアム
ハンプトン、サー・フィリップ・ロイ
ハンス・アダム2世 – リヒテンシュタインの王子様
ハラルドVノルウェー
ハーパー、スティーブン
Heisbourg、フランソワ
アンリ – ルクセンブルク大公
ヒルデブラント、フィリップ
ヒルズ、カーラ・アンダーソン
ホルブルック、リチャード
Honohan、パトリック
ハワード、アラン
イブラギモフ、Alijan
Ingves、ステファン・ニルス・マグナス
アイザックソン、ウォルター
ジェイコブス、ケネスM.
ジュリアス、ディアン
ユンカー、ジャン=クロード
ケネン、ピーター
ケリー、ジョン・フォーブス
キング、マーヴィン
キノック、グレニス
キッシンジャー、ヘンリー
騎士、マルコム
クーン、ウィリアム・H・II
クルーグマン、ポール
クフォー、ジョン
ラヨロ、ジョバンニ
湖、アンソニー
ランバート、リチャード
ラミー、パスカル
ランダウ、ジャン=ピエール
ローレンス、ティモシー・ジェームズ・ハミルトン
リー・ペンバートン、ジェームズ
レカ、アルバニアの皇太子
レナード、マーク
レーベン、ピーター – Portsokenの男爵レーベン
レビエフ、レフ
レビット、アーサー
レヴィ、マイケル – バロン・レヴィ
リーバーマン、ジョー
リビングストン、イアン
ルーン、リー・シェンロン
ベルギー、オーストリア=エステ家の大公のローレンツ(王子)
ルイ・ドレフュス、ジェラール
オレンジ・ナッソーのメイベル(プリンセス)
マンデルソン、ピーター・ベンジャミン
マニング、デイヴィッドジェフリー
マルゲリータ – オーストリア=エステ家の大公妃
マルグレーテIIデンマーク
マルティネス、ギジェルモ・オルティス
Mashkevitch、アレクサンダー
マッシモ、ステファノ(王子) – ロッカセッカデイウォルスキ族の王子
マクドナー、ウィリアム・ジョセフ
McLarty、マック
メルシュ、イヴ
ケントのマイケル(王子)
ルーマニアのマイケル
ミリバンド、デビッド
ミリバンド、エド
ミタル、ラクシュミ
モレノ、グレン
モリッツ – 王子とヘッセ – カッセル方伯
マードック、ルパート
ナポレオン、チャールズ
ナセル、ジャック
ニブレット、ロビン
ニコルズ、ヴィンセント
ニコラス、アドルフォ
ノワイエ、クリスチャン
オフェル、サミー
オグルヴィ、デビッド – エアリーの第13伯爵
オリラ、ヨルマJaakko
オッペンハイマー、ニッキー
オズボーン、ジョージ
Oudea、フレデリック
パーカー、サー・ジョン
パッテン、クリス
ペブロー会長、ミシェル
ペニー、ガレス
ペレス、シモン
フィリップ(プリンス) – エディンバラ公
ピオ、ドムドゥアルテ – ブラガンサ公爵
ポール、カール・オットー
パウエル、コリン
プロホロフ、ミハイル
クォーデン、ガイ・バロン
ラスムッセン、アンダースFogh
ラッツィンガー、ジョセフ・アロイス(ベネディクト16世)
ルーベン、デビッド
ルーベン、サイモン
ローズ、ウィリアム・R.「ビル」
ライス、スーザン
リチャード(プリンス) – グロスター公爵
リフキンド、サー・マルコム・レスリー
Ritblat、サー・ジョン
ローチ、スティーブンS.
ロビンソン、メアリー
ロックフェラー、デビッドジュニア
ロックフェラー、デビッド・シニア
ロックフェラー、ニコラス
ロドリゲス、ハビエルEchevarría
ロゴフ、ケネス・サウル “ケン”
ロス、ジャン=ピエール
ロスチャイルド、ジェイコブ – 第四バロン・ロートシルト
ルーベンスタイン、デビッド
ルービン、ロバート
ルスポリ、フランチェスコ – チェルヴェーテリの第10回プリンス
Safra、ジョセフ
Safra、モイセス
サンズ、ピーター・A.
サルコジ、ニコラス
サスーン、アイザックSD
サスーン、ジェームズ・マイヤー – バロンサスーン
サワーズ、ロバート・ジョン
Scardino、マージョリー
シュワブ、クラウス
シュヴァルツェンベルク、カレル
シュワルツマン、スティーブンA.
シャピロ、シドニー
Sheinwald、ナイジェル
ジギスムント(大公) – トスカーナ大公
ザクセン=コーブルク=ゴータ公国のシメオン
Snowe、オリンピア
スペインのソフィア王妃芸術センター(女王)
ソロス、ジョージ
スペクター、アーレン
スターン、アーネスト
スティーブンソン、デニス – Coddenhamのバロン・スティーブンソン
シュタイアー、トム
スティグリッツ、ジョセフ・E.
・ストロスカーン、ドミニク
わら、ジャック
サザーランド、ピーター
タナー、メアリー
テデスキ、エットーレ・ゴッティ
トンプソン、マーク
トムソン、博士はジェームズA.
総裁、ハンス
トリシェ、ジャン=クロード
タッカー、ポール
ヴァンRompuy、ハーマン
ベレス、アルバロ・ウリベ
Verplaetse、アルフォンス・ヴィコント
ビリガー、カスパー
Vladimirovna、マリア – ロシアの大公妃
ボルカー、ポール
フォン・ハプスブルク、オットー
Waddaulah、ハサナル・ボルキアMu’izzaddin
ウォーカー、デイヴィッドアラン
バレンベリー、ジェイコブ
ウォルシュ、ジョン
ウォーバーグ、マックス
ウェーバー、アクセルアルフレッド
ワイル、マイケル・デビッド
ウェ、数Nout
ホイットマン、マリーナ・フォン・ノイマン
ウィレム・アレクサンダー – オレンジの王子
ウェールズのウィリアム(王子)
ウィリアムズ博士ローワン
ウィリアムズ、シャーリー – クロスビーのバロネス・ウィリアムズ
ウィルソン、デビッド – Tillyornのバロン・ウィルソン
ウォルフェンソン、ジェームズ・デビッド
ウォーリン、ニールS.
ウルフ、ハリー – バロン・ウルフ
ウルジー、R.ジェームズ・ジュニア
ウスター、ロバート・ミルトン
呉、サラ
ゼーリック、ロバート・ブルース

PART I
PART II
PART III
パートIV


1550 ADフリーメーソン:自由の女神像(ISIS)フランスのグランドオリエント寺石工:A.キルウィニングロッジは、最初のフリーメーソンのロッジだったとアイルランドGaelsが最初にスコットランドに定住エリアの近くキルウィニング、スコットランドに位置していました。カナンの血統は、多くのフリーメーソンのancestoryを通じて維持されています。このようなエレウシスの謎のような古代の謎の宗教と同様にB.、フリーメイソンのメンバーは最初から秘密結社の謎のすべてを語っていません。最大の謎が明らかにされる前に、一つは、複数のレベルを通過しなければなりません。ほとんどのメンバーは最高レベルを達成することはありません。レッサーのメンバーは、一般的に、彼らは開始時でbelived至高に信じ続けます。石積みの最高レベルでC.は、ハイブリッドカナン/エジプトの神々を崇拝されています。フリーメーソンの観点によると、女神イシスはパンテオンの先頭にあります。1.自由の女神像は女神イシスです。2.ワシントンモニュメントは、行方不明の男根を表す オシリス(イシス’夫を)。【オシリスとイシスの神話を参照してください]この巨大なペニスは、イシスに関する神話をどうするのセックスやペニスを崇拝し、より多くのとはほとんどがあります。カトリックと正教会のユダヤ人、トップ石工とは異なり3.エジプトの神アメン(エル、ヤハウェ)は、最高神であることを考慮していません。むしろそれは女神イシスです。4.高位メーソンの大多数はファラオカエサリオン(イエス)を崇拝するか、いずれかの畏敬の念で彼を保持していない。 1586 ADサンピエトロ広場(バチカン):セントピーターズ広場でのA.オベリスクは、指示の下にドメニコ・フォンターナによって建立されました教皇シクストゥスV.シクストゥスの聖ヨハネラテランの教皇Archbasilicaでバチカン市国の外に配置された別のオベリスクを建てました。このオベリスクは、カルナックにあるアメン神殿から輸送されました。これはorginally人の名前聖書でモーセに変更されたファラオトトメス3世によって建てられました。B.は、両方のオベリスクは、エルが発音するにはあまりにも神聖と考えられていたため、それ以降のヤハウェ(神)と呼ばれていたカナン人の神エルと同一である神アメン・ラの住まいを表します。多くのカトリック教徒は、彼らが崇拝する神の本質に気づいていないが、それらはタナハの神(ヘブライ語聖書)を崇拝するすべての宗教がそうであるように、アメン神(エル)を崇拝実際にあります。C.ファラオカエサリオン(イエス)、キリスト教の創始者はまた、神の選ばれた息子としてカト ​​リック教徒によって崇拝されています。カエサリオンの血統が、その後フェニキアアルゴスの入植者とマケドニアからorginatesことを覚えておいてください。彼はまた、カエサルを通じてローマ帝国への正当な後継者であり、彼が見たことがないが、それは、神聖ローマ帝国を結実します。フリーメーソンのオベリスクであるワシントン記念塔とは異なりD.は、サンピエトロ広場に位置した試料は、陰茎を表し、フリーメーソンの解釈にcompletly無関係であるしません。カトリック教会はフリーメーソンは、罪の重大な状態にあると考えています。フリーメーソンは、カトリック教徒との反目の長い歴史を持っています。E.歴史的な違いにもかかわらず、フリーメーソンとCathloic教会は現在、一つの世界政府を形成するために、イスラエル、英国の君主制と彼らの血関係と一緒に作業しています。カナンの血統は、それらすべてを結びつけます。英国の君主は、多くの場合、それらの目標を達成するための方法を競合好む他のグループとの間の仲介者としてだけでなく主導的な役割を果たしている。 *興味深い事実を:中世を通じて、金属、地球は今、サンピエトロに位置オベリスクの頂点に取り付けました平方。これは、一般的にガイウス・ユリウス・カエサル(Caserionの父)の灰を含んでいると考えられました。それの現在のlocactionにオベリスクを起立を担当した建築家ドメニコ・フォンターナは、球を開いただけでほこりを見つけました。1870 AD THE BLACK貴族:イタリア王国の軍隊がローマに入ったし、ローマ教皇を打倒した後A.は、教皇は、 ​​一種の囚人としてバチカン市国にとどまりました。イタリアのロイヤルファミリーの数は教皇によって立って、彼の懲役刑を悲しみました。これらの男性と女性は、黒い貴族と呼ばれていました。 B. 黒貴族はすでに英語君主や他のヨーロッパの家族との関係を維持WELFの家、のメンバーでした。その後、黒貴族のメンバーは、カトリック教会内で高いランクの位置のために選択しました。教皇XIIは、黒い貴族のメンバーでした。C.は別に宗教の関係から、英語君主は、カトリック教会内の黒い貴族で重要な結合を偽造。 REAL ANGLO-ISRAELISM(POWER構造)。注:アングロIsraelism半ばにトラクションを得るために始めた比較的新しい概念であり、 1600年代。この非常に単純化した図は、次のグループを統一認識のリンクを示しています。明らかではないすべてのイスラエル人はフリーメーソンであるが、あるものはリンクを維持します。同じことが、いくつかのWELFの子孫のために言うことができます。同様に、すべてではないフリーメーソンは、カナン人の血統である、まだ選択された数は、リンクを維持します。権力構造をベースに 、そのようなリンクの強さに。NWOの電力ランク(GREATEST LEAST TO):1 BRITISH MONARCHY 2.イスラエル3. WELF RELATIONS 4.フリーメーソン5.カトリック教会

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
# by kanakin_kimi | 2016-03-11 20:21 | 洗い出せ・そして公開せよ | Comments(0)