人気ブログランキング |

「アインシュタインシンドローム」 終章

「みんなが賢くなれば、全ての問題のほとんどは解決できます。」それが見え、手の届く時代になりました。

しかし、みんなを賢くしないようにしている「仕組み」や「システム」が、まだまだ、そこ、ここ、にあります。そして、1975年を「世界史の社会主義元年」としても、世界の全ての人々がそのことを認識できているわけでもない。

ただ、はっきりといえる事は、「変革の事実は、不可逆なものである」ということなのです。ですから、わたしたちの運動の課題は、「みんなが賢くなる」ための全ての方法を実行することなのです。

それを「押しとどめようとするものが何かを、社会に明らかにしていけばいい』のです。
by kanakin_kimi | 2010-03-28 23:31 | シンドローム | Comments(0)


<< 「太田薫」の遺言 「アインシュタインシンドローム」 結 >>