再審開始で初めて事件の真相が公的に明らかになる

袴田さんを守れ!
 検察の「即時抗告方針」は、「真犯人側に袴田さんを殺させるつもりのようだ」
 わたしは、弁護団と違って事件の真相解明を行ってきた。そこから見えるものは、真犯人側が動きを見せるという事である。「再審開始」によって、裁判のやり直しになるわけである。つまり、いままで出された全ての証拠を使って審理をやり直す事になるわけである。そうなると、いままで明らかにされなかった真実が公的に明らかになる。それは、私がいくら口を酸っぱくして真実をブログで公開しても、インパクトが全然違うのである。私が実名を出して公開しても、無視してきたのである。
 味噌工場で働いてきた従業員の口を塞ぐために、何度も会合を持ってきたのである。それを望月倶輔さんからは、「いまでも従業員が集まって交流しているよ」とお聞きした事があったが、その望月さんがどういうわけかしらないけれども、しばらくしてから亡くなったという事を聞いた。このような口を塞ぐ見えない圧力があるように思われるのである。だから、再審開始・死刑と拘置の即時停止は画期的でいいのだけれども、「真犯人側が検察と連携している事を懸念している」のである。だから、「検察が即時抗告を出したらその間に袴田さんを殺して事件を闇に葬るのではないか」という恐れを心配しているのだ。
by kanakin_kimi | 2014-03-28 10:38 | 告発・袴田事件 | Comments(1)
Commented by A at 2014-03-29 11:46 x
28日に長女さんが死亡しましたね。

これで確実に迷宮入りな感じになってしまい、残念でなりません。


<< 大接近映像 327・再審開始決定出るー即時... >>