告発・日航機123便事件 基礎捜査

戦争終焉のマニュアル
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
戦争を作り出すメカニズムを事前に崩壊させる事
「戦争の終焉」とは、戦争を作り出そうとする者の行動やその情報を素早く見抜き、それを把握して世界市民に公開する事によって「戦争を工作する意図をくじき、事後に戦争責任を裁判で問うため、損害賠償を負担させる事が出来る状態にする事である。そして、何よりも人身災害にいたる戦争を起こさせない、戦争を作り出すメカニズムを事前に崩壊させる事である。」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日航機123便事件・・・・告発の目的
 1985年8月12日に発生した日本航空123便乗員乗客あわせて524+1人(母胎児)に対する「墜落事故」と見せかけた「殺人及び殺人未遂事件」とこの事件に対する人命救助活動をしていた自衛隊員2人を殺した事件、その事実の証拠を保管した自衛官を真実を隠蔽するために「自殺」に見せかけた「殺人事件」などを I T 世界に設置されるであろう「世界市民裁判所」に告発する事にした。
 それは、近年[公的機関や政府などが民間人の無防備につけ込んで「事故」や「自殺」と見せかけた「謀略的殺人」を「無政府的に行使」している事例が増加している] 。それは、I T の進展によって、真相が速やかに知られるようになった事から事例の増大が認識されており、その反射として謀略の事例となる状態に対する抑止力が生じる一方で従来の報道機関や公的機関が権力構造に取り込まれて、情報を公開するべき仕事をしないために見えなくしている状態と見られる。それらの全てを顕現させた「85・8・12日航機123便事件」が発生したのである。従って、[この事件の真実を誰にでもわかるものに明らかにして、その犯罪責任を当時の総理大臣中曽根康弘らに取らせ、処罰することこそが「民間防衛」の実現とその証明である]事を認識させられたからである。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
真相解明の手法と序破急 
 出来るだけシンプルにする事であり、争点を絞り込む事だと考える。したがって、「安定飛行機能を喪失させた事件」が第一の「序の事件の問題」である。その「原因を明らかにせず、ねつ造した事件」が第二の「破の事件の問題」である。そして「真実を隠蔽するために工作した口封じ事件」が、第三の「急の事件の問題」である。
 この三つの事件が重層的にあり、上記の三つの問題に対応する三つの「真実の流れと虚構の流れの分かれ目となる分水嶺」があると考えた。
 通常の「事件」は「一定の狭い場所」に限られた狭い範囲での「隠蔽」「ねつ造」が行われるが、「航空機事件」の犯行現場が「多国籍が混在する」事にともなう広域な権力構造が支配する、重層的な「隠蔽」「ねつ造」が行われるためにそれに対応する多様重層的な事件が発生している。他方、国際権力(ロスチャイルドイルミナティ)が強引に介入して起きている事件であるのに自虐的に国内問題として処理するために訳の分からない問題となっているのである。その混乱を・経緯の絡み合いと捉えて、それを解きほぐしていく事なのです。これほど大きな事件なのに、警察の基礎捜査がされていないのはどうしてか、何故群馬県警に一元化しているのかという事に現れている。当時の群馬県警本部長河村一男氏の「日航機123便事故処理の真相・遺体収容」を見てよくわかりました。山口県出身で外務大臣の安倍晋太郎氏と同郷であり、群馬県出身の中曽根康弘総理大臣なのである。
 この著書には「日本航空株式会社」批判が盛りだくさんであるが、基礎捜査をさせない警察の自己批判は全くないのである。はなから、事故原因の真実を明らかにするつもりがないのである。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
被害者遺族しかやれない真相解明
 わたしは、静岡県藤枝市前島3-8-36(kanakin_kimi@mac.com)在住の金澤忻二と申します。1980年から関わってきました「袴田事件」について、後もう一歩の詰めが残っていますが、とてもよい「再審決定」を出してくださったので、最後の詰めのわたし個人の仕事を準備しながら、1985年の角南記者との不思議な取材旅行に灯されていた「日航機123便事件」に比重を移して「真相解明のマニュアル」の研究をする事にしました。
 関係書籍を購入して、わたし流の整理の仕方をして真相解明の作業をしています。真実と虚構とを振り分けてくれる「分水嶺」を見いだしました。分水嶺を見いだす事が出来ると、真相解明の作業のテンポは速くなります。いまわたしが気になっている問題は、「墜落遺体」を書かれた「飯塚訓」氏のしごとの最後の詰めになろうかと想いますが、ソフトランディングした場所の遺体か、そこからだれかが移動した遺体か、発見された時の場所と、機体の座席位置その遺体が誰であるかという事、そしてその損壊状況がどのようなものかを「全体図を作成」する作業をお願いしたいのです。遺族だからこそ知り得ている情報があるのだと想います。その情報を持ち寄って全体図のそれができると、ソフトランディングを妨害してきたものそのものが浮かび上がってくるはずですし、ミサイルを発射したものが何かという事、その発射状況がわかってくるはずです。
 そして、520人を殺したのは誰かという事が浮き彫りにされるはずです。被害者自身に語らせる事というのは「殺された状態を示す事実のすべて」を生きているものが聞き耳を立てて聞き取り、刮目して読み取り、それを代弁する事なのだと思っている。
 被害者の無念の想いを、「文学的タブーの中に埋もれさせてはならない」と考えています。文学は、真実を押し隠してしまう。「abさんご」は「文学の終焉を突きつけた」のだと思っています。ですから、事故調の関係者の中にも警察関係の人の中にも管制関係の人の中にも自衛隊の人々の中にも「真実を伝えるために体を張っている人々がいるのです。」
by kanakin_kimi | 2014-06-22 21:52 | 告発・日航機123便事件 | Comments(0)


<< 告発・日航機123便事件 民間... 告発・日航機123便事件 番外編3 >>