32年目の8月12日 日航機123便撃墜事件を起こしたのはロスチャイルドイルミナティ

32年目の8月12日へ
1985年8月12日に発生した日本航空123便乗員乗客あわせて524+1人+自衛隊員3+αに対する「墜落事故」と見せかけた「殺人及び殺人未遂事件」とこの事件の真実を隠蔽するために「自殺」に見せかけた「殺人事件」をI T 世界に新設した「世界市民裁判所」に告発する事にした。
 それは、近年[公的機関や政府などが民間人の無防備につけ込んで「事故」や「自殺」と見せかけた「謀略的殺人」を「無政府的に行使」している事例が増加している]。それは、I T の進展によって、真相が速やかに知られるようになった事から事例の増大が認識されており、その反射として事例となる状態への抑止力が生じるとともに従来の報道機関や公的機関が権力構造に取り込まれて顕在化を見えなくしている状態と見られる。その一つに、「85・8・12日航機123便事件」があり、[この事件の真実を誰にでもわかるものに明らかにして、その犯罪責任を当時の総理大臣中曽根康弘らに取らせ、処罰する具体化こそが「民間防衛」の証明である]事を認識させられたからである。

123便は、いくつかの狙いの下に、ミサイルで撃墜された
『いくつかの狙い』は、ここでは省略する。ここでは、『ミサイルで撃墜された』証拠を提示する。
ミサイルが発射され始めた時間と、その時のコックピット内の音声状況は次のようなものである。
それは、1985年8月12日18時55分47秒から56分26秒の録音終了と57分「18時57分 高度2950メートル [ 機影消失 ] 」としるされている『最後の一分間』に示された『クルーの激闘』を見逃してはならないのである。
『最後の一分間』に示された『クルーの激闘』
ーーーーーーーーーーーーーー ① ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「55分45秒 あーっ( ? )」
「55分47秒 パワー(機長)、フラップ、みんなでくっついちゃあだめだ(同)、フラップアップ、フラップアップ、フラップアップ、フラップアップ(副操縦士)、フラップアップ(機長)、はい(副操縦士)」
「55分56秒 パワー(機長)、パワー(同)、フラップ(同)、あげてます(航空機関士)」
「56分04秒 頭上げろ(機長)」
「56分07秒 頭上げろ(同)」
「56分10秒 パワー(同)」
「56分12秒 [火災警報の音]」
「56分14秒 [GPWS=地上接近警報=の音] 
          ”シンクレイト=降下率注意=”
ーーーーーーーーーーーーーー ② ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「56分12秒(つづき) ”ウーウー、プルアップ=引き起こせ=、ウーウー、プルアップ、ウーウー、プルアップ
ーーーーーーーーーーーーーー ③ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「56分21秒 --------- (機長)、”ウーウー、プルアップ ”」
「56分23秒 [ 衝撃音 ]  ”ウーウー,プルアップ " 」
ーーーーーーーーーーーーーー ④ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「56分26秒 [ 衝撃音 ] 」
「56分26秒 ー 録音終了 ー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「18時57分 高度2950メートル [ 機影消失 ] 」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 ソフトランディング激闘中のもうひといきの・・・・JAL123便に
 襲いかかるミサイル
私は、何回も繰り返しこの一分間を凝視している。
私には、『高度2950メートル【機影消失】』からソフトランディングが始まる、と見えるのである。つまり、時間を逆転させているのである。これは「長明効果」であるのか。
それは、急降下し、その瞬間に ① がはじまる。ミサイルはNO2エンジンを打つ。それが「付図-3墜落現場の状況」に「NO2エンジン部品散乱」を見せ、「NO2エンジン」本体の落下の「軌跡」をのこすのである。それは、同時に「NO1エンジン」の落下と「右主翼」の二つに折れた落下の軌跡をも示し、「後部胴体」をソフトランディングに成功させたのである。  次は次回

by kanakin_kimi | 2017-08-04 22:23 | 告発・日航機123便事件 | Comments(0)


<< 32年目の8月12日 日航機... 太陽系システム 再録 >>