もう勝負はついた、いずれ断頭台の恐怖を味わうことになる

日本の歴史は、二度にわたって『進駐軍の支配を受けた』経験を持っている。

その都度、進駐軍に抵抗したものがいた。そして殺され、抹殺されたものもいる。その進駐軍はいずれも安定した・平和を破壊してやってきた。
それぞれの地域の原住民の主体的な抵抗がなければ『安定した平和のつながりによる統合』は破壊されていく。
その統合は、主体的な自律的統合であるから、そこにある不満や欠陥は自律的修復機能がなければ『破壊の温床となる』のである。
『支配の核心』は『圧倒的少数』である。
その『圧倒的少数』が『圧倒的多数』を支配するための『理論武装』と『テクニック』と『組織機能』を保有し、常に『新陳代謝』を怠らない。
しかし、『支配』することは『非情であり、情け容赦はない』立場に立たされる。普通の人間なら『精神の異常と破壊』を免れない。
したがって、『精神的ケア』と『それをバックアップする執事』が必要となる。
それが、『イルミナティ』と『サタニズム』である。



by kanakin_kimi | 2017-09-01 11:10 | 戦争終焉のマニュアル | Comments(0)


<< ロスチャイルド・イルミナティの仕業 アプト式戦争終焉のマニュアル >>