911が、日本の国家主義者の出番をつくった

日本と西ドイツが戦後の経済成長を成し遂げ世界の中でその経済力を盤石にした。
しかし、ドイツは「東西ドイツの統一」というネックを抱え、「EU形成と其の後の運営の負担」によって余力を持ち得ない。
他方、一人、日本が経済力を発揮できる条件にあるだけに、卑屈な程に対米従属の対外政策をとってきたことと関連して、そこから反射的に国家主義が吹き出しているように思われる。
それは、911でとったアメリカの何でもありに進めた、傍若無人さが利用されたようでもある。
瞬間風速では、確かにあのとき、アメリカの謀略と強引なイラクへの侵略、アメリカに反対するものは敵だと言わんばかりの恫喝があったから、背筋に冷風を感じ、対応できる態勢にしておかなければとの思いを抱いたのも事実だった。
しかし、アメリカの良識もまた、歴史的にそのような「謀略」によって、アメリカ国民自身が多大な被害を被ってきたことにも目が向けられ、火を噴いている。
日本のよさは、「一神論」ではなく「多神論」であることなのである。「天皇教と国家主義」というのは、「一神論」なのである。そこのところを、またもや考え違いしているようだ。
憲法改正問題や、教育基本法問題の取り上げ方を見ても、戦後の成功が何処にあったのかの評価能力が欠如しているのではないかと思われる。
太古の昔から、日本は「いいものを取り入れ、自分たちにあった咀嚼をすること」で「世界に冠たる日本文明」が形成されてきたのである。
現憲法もまさにその「日本文明」のひとつなのである。
それなのに、一人『天皇教と国家主義者』達には、それが許せないようだ。
日本列島に共生する人々の安全を守るために必要なことであれば、みんなに真実をはっきり言えばいいのだ。
最初から、国民に隠し事をし、裏で何をしているかわからないような疑心を抱かせる。
そして、当の「大臣が自殺をした」ということで、有耶無耶にしようというのだろうか。
そもそも、「自殺」を信じるものは、客観的に見て信じる方がおかしいというものだろう。
あの国民を愚弄するような行為を、臆面もなく繰りかえして、反省の「は」の字もない「人」の「自殺」の因果関係を見いだすことの方が難しい。
ありていにいえば、「中川」氏や「新井」氏の「自殺」にされた時と「同じにおいがする」。
あれほど多くの国民に対しては、自信を持って、傲岸にも「法にもとずいて」をくり返してきた人が、何故自殺をする決断につながるだろうか。
あの人のために云えば、一つは、「傲岸な態度を取り続けていられた支え、がはずされたショックで自殺した」というものだろうが。
二つは、「あなたは、殺されたんですよ、あなたの、居直りが怖くてね」。
by kanakin_kimi | 2007-05-28 23:13 | 911 | Comments(0)


<< 日本の国民が幸せになることと、... 日本の零細農家が「世界の革命」... >>