カテゴリ:告発・日航機123便事件( 26 )

日本の歴史は世界を救う役割を求められる歴史である 4

33年目の夏・激しいせみ時雨 4

JAL123便墜落事件は、撃墜事件であった。
-----------------------------------------------------------
機体E部位の2人とD部位のすべての乗員・乗客がその部分の機体や座席含めて扇状に破砕・吹き飛ばされた。(つぎにつづく)

これらの推測は、調査報告書の添付書類「付図 3 墜落現場の状況」http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/6d/de/9f661cf40905ef0cab1d05a5eb7943f0.jpg
「付図 14 残骸分布図ー墜落地点」http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/76/5e/65b84cd160b45fe2558bf04483dfe25f.jpg 
及び「座席別遺体の散乱状況図」http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/73/21/f874c72c86c83636ad65c01ff1c8114e.jpg
を「A3用紙」「A2用紙」にまで拡大コピーして使用している。
できればもっと大きくして使いたいのである。例えば、「座席別遺体の散乱状況図」の遺体をあらわす丸じるしの〇の直径が7ミリメートルほどに拡大できればいいのだが、私の持っている原本は「墜落遺体」の本からのコピーであるので薄くなってしまうのである。でこれが限界。
------------------------------------------------------------------

D部位を破砕された残りの機体は高浜機長の執念が乗り移っているかのように、予定のコースをたどっていった。
 

by kanakin_kimi | 2018-08-15 15:34 | 告発・日航機123便事件 | Comments(0)

日本の歴史は世界を救う役割を求められる歴史である 3

33年目の夏・激しいせみ時雨 2

『付図 3 墜落現場の状況』

 『付図14 残骸分布図』

  からの『証明』の経緯

 

 1985年8月12日18時12分に羽田飛行場を離陸した「日航123便(ボーイング式747SR-100JA8119)」が群馬県多野郡上野村山中に墜落するまでの経緯・経過・推移などからこの飛行機が単なる事故などではない事を見抜いた人々によって、様々な角度から『事故』ではなく、『事件』としての『性格』『因果関係』『犯罪性と犯人の特定推理』などが語られ、ネット上に記録されている。また、関係者からの出版による記録も積み重ねられている。

 2014年3月からわたしも「真相解明に参加」し、離陸から墜落までの経緯を秒刻みで点検する気持ちでチェックしていき、飛行距離と高度変化・航跡・それらと時間の関係をチェックし、これに対する羽田飛行場と横田基地の対応をチェックしたのである。そうすると次のような点が問題として浮かび上がってきた。

1)、18時12分に離陸後12分間のヴォイスレコーダー音が抹殺されている事。この12分間の音声に標的機の飛んでくる状況に関する会話が録音されていなければおかしいと思われる。そして、事実抹殺されるほどの音声がそこに録音されていたのであろう。

2)、標的機を振り切ろうとして急上昇している事実及び、通常の方向よりも北寄りに位置していると思われる。そもそも、民間旅客機を敵機と見なしての訓練こそ不届きな事である。

 従来の自衛隊・米軍共同訓練では標的機が飛ばされていたようであるが、自動追尾装置を装着したミサイルが使用された事はなかったので十分振り切ってこられたのである。

 ところが、1985812日の今回はじめて自動追尾装置を装着した標的ミサイルが使用されたようである。そのために従来の標的機が使用されていた高度3000メートルから7000メートルに上昇しているというのに、執拗に追尾して垂直尾翼五分の三以上をもぎ取り、相模湾に落下している。

 

3)、垂直尾翼を相模湾から引き上げた記録写真のすべてを公開すべきであるのに未だに公開しない。しかも、これにはこの写真の一部について公開しようとした自衛隊員が殺害され、自殺という処理をしている事がI T情報として浮上している。

4)、垂直尾翼を失った事による「不安定飛行」の原因を『自動追尾ミサイル』の標的機として明確にシンプルに証明できればよいのである。その証明できるものをことごとく隠滅し、抹殺してきているその事実である。状況証拠でもいいと思う。

5)、次に、1)〜4)の傍証となる事実である。それは、4)、に関わらず、520人の命を助ける事ができる状態であるにもかかわらずその『機会』を何回も・何回も、機長やクルーの努力を裏切りもぎ取っているという事実である。これは、『ホロコーストの犯行意思』を徹決(えぐり出し表白)する重要な証拠である。

 そしてそれは、18時24分から18時46分までのほぼ22分間は、横田基地と羽田飛行場への着陸許可を求めていた時間とその飛行距離の航跡を表し、18時46分から18時55分のほぼ9分間は横田基地と羽田飛行場への着陸許可を得られなかったために、山中に不時着する上での適地探索または、誘導機による誘導の時間とその飛行距離の航跡であったのであろう。

6)、さて、18時55分から18時56分28秒のヴォイスレコーダーの音が消えるまでのほぼ1分間を私は『最後の一分間』といっている。この『最後の一分間』の『ヴォイスレコーダーの声と対になった飛行距離の航跡資料』はない。しかし、これにつながる資料は現場検証した検証資料に残されているはずである。それが『昭和62年6月19日付運輸省航空事故調査委員会』作成の『航空事故調査報告書・日本航空株式会社所属・ボーイング式747SR-100JA8119群馬県多野郡上野村山中・昭和60年8月12日』添付の『付図』および元群馬県警本部長/元日航機事故対策本部長河村一男著作の『123便、捜索の真相・日航機墜落』などに添付された『座席別遺体散乱状況図』など、によって代替補強され得るものと考えている。

 ところで、『最後の一分間』で機長が『フラップアップ』を連呼しているところについて、インターネット上で見ると次のような質問とそれに対するベストアンサーが見られました。ここにメモして、参考にしたいと思う。ただ、アンサーは、『ミサイルを撃ち込もうとしている戦闘機がいるという予測は全くしないでいる事、またそういう事態の予測もしない状態での事故とした判断である事』をあらかじめ申し添えておきます。

——————————————————————————————————————————

[インターネット上で見る次の質問]


頭を上げるときは、フラップダウンでいいでしょうか?

なぜか、日航墜落では...

rennai5さん(プロフィール rennai5さんとは 参加日 2012/08/25 公開するID  rennai5

名前  年齢  非公開  性別  職業  自己紹介  サイト : ブログ

————————————————————————————————————————

2012/12/19/13:19:48

頭を上げるときは、フラップダウンでいいでしょうか?

なぜか、日航墜落では、頭上げろ!!!

フラップアップ!!! と言っています。

———————————————————————————————————————————

【ベストアンサーに選ばれた回答】


yngcs208さん(プロフィール:yngcs208さんとは 参加日 2009/02/14 

公開するID yngcs208 名前  年齢  非公開 性別  職業  自己紹介

サイト   ブログ

———————————————————————————————

2012/12/2012:22:32

123便事故で墜落直前の急降下の時ですね。


急降下直前にフラップを下げた際、フラップが左右同時に出ずにバラバラに出てしまったのです。

左側のフラップが先に展開してしまい、結果左翼側だけが急上昇する形で機体は右に大きく傾き、揚力を失って急降下したわけです。

もちろん、パイロット達は理由はともかく「フラップを下げた」事がこの「急降下」に繋がった事だけは理解したのでしょう。

もとの安定した飛行に戻すために、フラップを上げる必要があると判断し、「フラップアップ」と言ったのだと考えられています。

結果、フラップはなんとか上げましたが、機首を上げて高度を上げることはできませんでした。

なんとか姿勢を取り戻し急降下は止まりましたが、既に高度が落ちすぎたことと右への傾きが修正出来なかったこともあって、そのまま機体は墜落することになるのです


ヴォイスレコーダーの

「 最後の一分間 」の音声

18:54:55

55 (F/E)はい了解、 (F/E)はい了解 (F/E)はい了解  はい了解 

56 熊谷から25マイル 熊谷から25 (?) (コンタクト 129.4 129.4 横田アプローチ) 熊谷から25

57 ウエストだそうです。 マイルウエスト ※APCか?

マイルウエスト

58 だそうです だそうです

59 (YOKOTA)123便、123便、Guard Frequencyで呼び出ています。聞こえましたらスコーク5423を出し、横田に129.4でコンタクトして下さい)ラップオールね?

18:55:01

1 (CAP)フラップおりるね? フラップ・・・・・・ 音声> 

2

3

 (COP)はいフラップ  はいフラップ

4 (COP)はい、フラップ10  10  10

5 (APC)ジャパンエア123日本語で申し上げます。

6 こちらのほうは、あーアプローチいつでも

7 レディになっております。なお横田と調整して

8 横田ランディングもアベイラブルになっております。

9 

10(東京APC)JAL123、日本語で申し上げます。こちらの

 方はアプローチについても準備できています、

11 (ACC)TDA207便、シーパーチまで進んでください。以降のルート変更はありません

12 なお横田と調整して横田ランディングも可能になっております。よろしければ意図をきかせて下さい。オーバー。

 

13

14

       

15 (CAP)頭上げろ。 (CAP)頭上げろ 頭上げろ

16 (COP)はい、了解しました。(F/E)はい、了解しました (F/E)はい、了解しました はい、了解しました

17 (CAP)頭上げろ。(CAP)頭上げろ (APC)インテンション頭上げろ

18 聞かせて下さい、どおぞー

 

19 (CAP)頭上げろ。(CAP)頭上げろー 頭上げろー

20 (ACC)TDA207便、応答して下さい。

21 シーパーチまで進んで下さい。

22 以降のルート変更はありません)

23

24

25 (CAP)頭上げろ、ずっと前から

26

27 (CAP)頭上げろ 頭上げろ

28 (YOKOTA)123便、123便、Guard Freaquency

29 呼び出しています。聞こえましたら

30 (TDA207) … 

31

32

33

34(COP)ずっと前からささえてます (ACC)TDA207、それから周波数を ずっと前からささえてます

35 134.0に切り替えてください)

36

37

38 (TDA207) 130.4?

39

40

41 (ACC)134.0

42 (CAP)フラップ止めな、止めな (COP)パワー

パワー

43 (CAP)フラップ止めな (APC)JAPAN AIR 123

フラップ止めな

44 JAPAN AIR 123.

45 ()あーっ If reading, あーっ

46 your radar position

47 (CAP)パワー、フラップ

50 パワー、フラップ

48 (CAP)ああ フラップそんなに下げたらだめだ。

   みんなでくっついちゃだめだ miles,

  みんなでくっついちゃだめだ<音声>

49 フラップアップ、フラップアップ、フラップアップ。

 (COP)フラップアップ、フラップアップ correction

  フラップアップ、フラップアップ

50 (東京APC)JAL123、位置は50マイル訂正する。

  フラップアップ、フラップアップ 60 miles

  フラップアップ、フラップアップ

51 (?)フラップアップ (CAP)フラップアップ

    northwest フラップアップ (?)はい。

  (COP)はい of the HANEDA. はい

  (東京APC)60マイル羽田の北西。 Northwest

52 ah- 5 mile

53 50

54 nautical mile

55 (CAP)パワー northwest

56 パワー (CAP)パワー of HANEDA. パワー

57 フラップ パワー

  (123便、貴機の位置は、羽田から50マイル、

パワー

58 (COP)上げてます。 フラップ

  いや訂正します、60マイル北西

  フラップ

59 (F/E)あげてます (MAC60201)(管制東京、こちら   MAC60201あげてます

18:56:00  41000で飛行中。着陸許可を

1 要求します) ※18:55:46

2 (TDA207)(管制東京、MAC6020140100で飛行しています) <音声>

3  (※18:55:54)

 

4 (CAP)頭上げろ (ACC)207了解) (※18:55:58)

  頭上げろ

5 (ACC)ANA36便、管制東京に119.1

 

6 (CAP)頭上げろ、コンタクトせよ (※18:56:02)

 

7 (CAP)頭上げろ(ANA36)36了解。119.1ね) (※18:56:06) 頭上げろ

8 頭上げろ、

9 

10 (CAP)パワー (CAP)パワー パワー

11 パワー。

12 <火災警報>

13

14 [GPWS警報発動] <地上接近警報>

[シンクレイト]<シンクレイト> 降下率注意の人工合成音

15 [プルアップ]ひびく

16 <ウーウー>

17 <プルアップ> 引き起こし注意の人工合成音

18 <ウーウー>

19 <プルアップ> (MAC60201)(管制東京、こちら MAC60201

20 <ウーウー>41000で飛行中。着陸許可を要求します)

21 <プルアップ> もーだめだー<音声

22 <ウーウー>

23 [接触音][プルアップ]続く<プルアップ>(衝撃音)

24 <ウーウー>

25 <プルアップ>

26 [衝突音](衝撃音)(ACC)MAC60201便、こちら管制東京、了解。

27 (衝撃音) 25000まで降下して下さい)

28 [録音機能停止] 録音終了

29 

30 

31 

32 (MAC60201)MAC201です。41000から25000まで

33 降下します)

34 

35 

36 (ACC)ANA592便、スペンサーを通り、

37 16000まで降下して下さい)

38 

39 

40 

41 

42 (APC)JAL123…

43 (ANA592)(了解。16000まで降下し、16000

44 スペンサーを通過します)

45 

46 

47 

48 

49 

50 

51 (AF273)(エールフランス273便です。今晩は。

52 25000で飛行中)

53 (YOKOTA)123便、123便)

54 (ACC)AF273便、管制東京です。了解)

55 (YOKOTA)123便、123便、Guard Frequency

56 呼び出しています。貴機は現在、横田の

57 北西4…35マイルの地点にあります。

58 貴機は横田基地に最優先で着陸できます。

59 貴機は横田基地に最優先で着陸できます)

 18:57:00

1 

2 

3 

4 

5 

6 

7 

8 

9 

10 (ACC)JAL123JAL123、東京コントロール。

11 えー、もしできましたら、横田アプローチ

12 129.4129.4にコンタクトして下さい。

13

———————————————————————————————————————————————————————————————

【シンプルな証明

      へのアプローチ



 このヴォイスレコーダーの音声の拾い方には『作為と悪意を感じる』。すくなくとも、真実を見極めようと言う姿勢は私には受けとれない。しかし、一応当時の政府と同調する側の行動様式を前提としたものとして受け取ることができる。

 これらから、過去のこの事件に対する認識を払拭させる必要があるということだ。従って、911事件の『ビルの崩壊が自由落下であった事実』のような、『シンプルなファクター』がないかどうかを点検したい。

——————————————————————————————————————————————————————————————

 『序・破・急』の三段階の内『証拠づけられる事実・事象』は、やはり『最後の一分間』にあり、『検証資料』『付図』と『座席別遺体散乱状況図』や『残骸散乱状況図』にある事までは絞り込めた。

———————————————————————————————————————————————————————————————

 しかし、もっとシンプルなファクターに絞り込めないものであろうかと考えていた。しばらくは別の問題に集中していた。そうすると、二か月経って、これに集中し始めたときはたと気がついた。

———アキレスの詭弁に気づけ———

通り過ぎていたのだ。それが、【 NO2エンジン部品散乱』場所と『NO2エンジン』落下場所が示す『落下方向←』と『NO3エンジン部品散乱』場所と『NO3エンジン』落下場所が示す『落下方向→』が『真逆である』という点である。

———————————————————————————————————————————————————————————————

 以前考えたときには、ごく普通に事実の推移を見ていたから【ソフトランディングしている機体が後部胴体(E)を降ろして左へ旋回する瞬間に(D)を破砕され、広範囲に座席と遺体が分散された。その後150メートル離れたところへソフトランディングを継続していく、という状況描写の中で[証拠となるものを特定せずに通過]し、『見過ごし』していたのだ。】

———————————————————————————————————————————————————————————————

 『エンジン部品散乱』と記されている事が示している事実は、『エンジンに何らかの破壊力が働いて、エンジン部品をエンジン本体からもぎ取った』事実を示しているという事なのである。

 そして、『エンジン本体が重くそれにかかる破壊力』の方が大きいからエンジン本体は遠くへ落下し、もぎ取られた軽い『エンジン部品』は『破壊力を受けた』地点の近くへ先に落下分散するのである。

 しかも、その形状が示すものには『因果関係』の意味がきざみこまれるのである。

 この事がしっかり認識されれば、『NO2エンジン』と『NO3エンジン』の『落下方向は真逆』である事が認識されるであろうし、その事実が示すものは「ソフトランディングしている123便に破壊力を加えてエンジンを狙撃しているという『事実』そのものの『再発見』である。

 これがシンプルな証明の第一の起点である。

 つまり、調査報告の事実認定はもとより災害本部の主張する落下の仕方の認定は、明らかに間違っているという真実の発見になる。そして、これがその証明である。

———————————————————————————————————————————————————————————————

(1)、エンジン部品散乱場所とエンジン本体落

下場所が示す、ソフトランディングと狙撃の事実


 エンジンは、右主翼下にNO1NO2のエンジンがあり、左首翼下にNO3NO4の合計四つのエンジンがある。調査報告書が手に入らない段階で、『座席別遺体散乱状況図』だけで考えたときの

飛行機の落下状況・破壊状況についての推測を書いてきたが、調査報告書がやっと手に入るようになって、それを集中的に点検してみると添付されているいくつかの付図がきれいにこれを裏づけている事に気がついた。

 つまり、こういうことである。『機長たちクルーは、より多くの乗客の生命を助けるために、最後の方法として取ったのは「ソフトランディング」であった。約3000メートルの高度から一挙に1600メートルの山の峰に機体をそっとおろすために「急降下して寸前で頭を上げて、機体後部を降ろし、左へ切りながら約150メートル離れた峰へ全体を滑らせ緩やかに着地させていく」という事だったのであろう。』

—————————————————————————————————————————————————————————————————————————

(1)、 ところが『高度1800メートルほどのところで急降下寸前頭を上げてソフトランディングの体勢にある123便の右主翼NO2エンジンをF117とおぼしき飛行体がミサイルで狙撃したのである。』     

 右主翼は、車輪(G3)右ウィング・ランディングギアの位置までを機体に残し、それ以外をもぎ取られる形で機体後部とともに「ダックスフンドの鼻先」から樹木を倒しながら滑っていき、「ダックスフンドの胴体部を形成」している。NO2エンジンをもぎ取られた「右主翼半分」は「耳の部分」を形成滑っていった。もう一方の右主翼の半分は二つに分かれてNO1エンジンと「ダックスフンドの胴体部を形成」したその胴体部を滑って尻部付近へ落ちた。「前足」を形成落下した「NO2エンジン」は前足の肘を形成した後1490メートルからバウンドして1440メートルの「ダックスフンドの後ろ足下」に落下した。

(2)、 その少し前、『胴体部 (D) が狙撃された』 。「座席別遺体散乱状況図」は、この事を『遺体の散乱状況』によって証明した。また「残骸の散乱状況図」にはこの「狙撃」によって『胴体部(D)』が破砕された残骸が記載されている。

(3)、そして、『胴体部(C)』『胴体部(B )』『胴体部( A)機首』が150メートル離れた峰をすべり点在している。『毛なし鶏』の脚部を形成していったのであるが、胴体部(C)を分断するのと同時頃垂直に立ち上がっている左主翼のNO3エンジンが狙撃された。

 その事を示しているのが『付図3』である。長さ55メートルの『NO3エンジン部品散乱』を示し、そのすぐ後右へ10メートルに『 NO 3 エンジン』が落下している。『NO2 エンジン』の場合との違いは、高度と角度であろう。

(4)、ここで、触れておかなければならない問題がある。『NO3エンジン部品散乱』の地域の左端に、それと70度の角度で示している『別のエンジンの部品散乱』地域が交差していることである。これがそれとの明示はないけれども私は、『NO4エンジン部品散乱』地域であろうと考えている。従って、そこからその延長線上にそれほど離れていない地域に『NO4エンジン』が落下しているはずであると考えている。部品散乱地域の長さが短い事から考えても10メートルも離れていないと考えられる。このことは、『一本から松から U 字溝にいたるきわめて広域の航空機残骸落下地域』が『123便とは別の航空機の残骸』である事が証明され、『墜落現場を改ざんするために必要な時間が、自衛隊や警察の救助活動をさせない時間帯』として浮上してしまうのである。

 しかも、その責任を『自衛隊』や『群馬県警』に押し付けたまま闇に葬ろうとしてきたのである。

 『付図 3 墜落現場の状況』http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/6d/de/9f661cf40905ef0cab1d05a5eb7943f0.jpg

『付図-14-残骸分布図-墜落地点』から見た『証明』

(2)、ギヤ(車輪)の落下位置が示すもの

 『付図 – 14 – 残骸分布図 墜落地点』というものを見ていくと、ギヤがほぼ直線に落下している状況が示されているのが印象的である。

 『付図−3−墜落現場の状況』も同じであるが、この図面の地域の広さはおよそ9万平方メートルである。そしてこの地域に落下した飛行機の機体が山肌に形成した傷跡を『地肌露出区域』『樹木切損、倒壊区域』『焼損区域』『樹木の倒壊方向→』などで表示されている。

 『地肌露出区域』は大きく二つに分けられている。一つは図の上面に標高1450メートルから1550メートルの高さにかけて190メートルの長さになるちょうど『走行中のダックスフンド犬をひっくり返したような形状の地肌露出区域(以後ダックスフンドと云う)』がある。もう一つは、この「ダックスフンド」の鼻先20メートルほどのところから左下方に標高1550メートルから1600メートルの高さにかけて190メートルのながさになる見た目に『鶏の毛をむしったような形状の地肌露出区域(以後毛なし鶏という)』がある。

 この『毛なし鶏』の尾部に『機首下部』とともに『ノーズ・ランディングギア(G1)』が落下しており、そこから上方へ28メートルおいて『左ボディ・ランディングギア(G2)』10メートルおいて『右ウィング・ランディングギア(G3)』10メートルおいて『左ウィング・ランディングギア(G4)』があり、ここを起点に『左主翼ほぼ全体の40メートル』が直線状

に落下しており。その中程23メートルのいちに『右ボディ・ランディングギア(G5)』が『毛なし鶏』の背中上部にかけて落下している。

 問題は、このような状況ができるメカニズムがどのようなものなのかという事である。左主翼全体が落下しているその根元に『左ウィング・ランディングギア(G4)』がともに落下しているのは容易にその可能性を理解できるが、(G4)の23メートルほど上方に『右ボディ・ランディングギア(G5)』が落下しているというのはどのような事態があったのか理解に苦しむ(問題1)、また(G4)の10メートル下方に『右ウィング・ランディングギア(G3) が落ちているというのも理解し難い(問題2)、さらに(G3)から10メートル下方に『左ボディ・ランディングギア(G2)』が落ちているという事も理解できない(問題3)、またその下方28メートルのところ『毛なし鶏の尾部』に『機首下部とともにノーズ・ランディングギア(G1)』があるわけで(問題4)、この『わけのわからない落下状況』 これが第二の『シンプルな証拠の起点』である。

 (問題 左主翼全体が落下しているその根元に『左ウィング・ランディングギア(G4)』がともに落下しているのは容易にその可能性を理解できるが、(G4)の23メートルほど上方に『右ボディ・ランディングギア(G5)』が落下しているというのはどのような事態があったのか理解に苦しむ.

 少なくとも、群馬県警や対策本部・調査委員会は『毛なし鶏の頭部に墜落して、その足下までと「ダックスフンド」の後ろ足下までの扇形に広がり、機体客室A,B,C,D,Eの五つに分解分散したという考え方』である。

だから、このギア(車輪)の(G5)(G4)(G3)(G2)(G1)分解分散状況とは矛盾が甚だしいのである。

 右主翼のほとんどが「ダックスフンド」の地域に落下しているのに、何故(G5)が「毛なし鶏」の首背に落下している左主翼の裏側に回り込むのか、群馬県警や対策本部・調査委員会の云う落下の仕方ではあり得ない事である。

 調査報告書が示している真実、『調査報告書にあわせたために』公開されているのは少しだけれども対策本部の検証が記し残してくれた検証資料の真実を拾い上げる事だと考えている。そこで、『付図-14- の「毛なし鶏」の首背に次のような順位で『直列に並ぶ五つの車輪の「落下のメカニズム」』を明らかにしたい。

直列に並ぶ五つの車輪

—————————————————————————————————————————————————————————————————————————

位置| 落 下 部 位 |

(G5) 右ボディ・ランディングギア   

(G4) 左ウィング・ランディングギア   

(G3) 右ウィング・ランディングギア

(G2) 左ボディ・ランディングギア

(G1) ノーズ・ランディングギア

—————————————————————————————————————————————————————

そのまま落下した場合に想定されるのは次のような配置である。

—————————————————————————————————————————————————————

             (G3) 右ウィング・ランディングギア

             (G5) 右ボディ・ランディングギア

(G1) ノーズ・ランディングギア

(G2) 左ボディ・ランディングギア

(G4) 左ウィング・ランディングギア

—————————————————————————————————————————————————————

 以上から見えてくる問題は、

(G5)右ボディ・ランディングギアと(G2)左ボディ・ランディングギアの間を切り裂く力が働いた結果である事が明らかである。そして、なぜ(G1) ノーズ・ランディングギアが「毛なし鶏」の尾部に落下しているのかという事である。

 しかも、ノーズ・ランディングギア(G1)は「機首の底部」と共存しており、その「機首底部」の一部は25メートル上方(北東)にあり、(G2)の10メートル左にある。そして、その「機首底部」の上にあるべき「操縦室の前面計器盤の計器が散乱している場所(I1)」が左下17メートルの位置である。機首の右側は副操縦士席で、その後ろにある航空機関士計器盤の「計器散乱場所(I2)」が(I1)から30メートルはなれた上方の「毛なし鶏」の腹部にある。つまり、コックピットを真二つに切り裂く破壊力が入り込み、機首底部を切り裂き、 (G5)(G2)の右と左のボディ・ランディングギアをはね飛ばし(G4)(G3)の左と右のウィング・ランディングギアの後ろに回り込む形で二分した結果だと考えられるのである。

 しかし、これでもまだ、もう「いくつかの層の動き」がなければ説明がつかない。

どういうことかというと、(G5) (G4) (G3) (G2) (G1) という直列の並び方がどのようなメカニズムと力関係で生じているのか『シミュレーション』してみる必要があるということである。

 胴体 C 部位の『(F4)胴体部(L3ドア周辺及び上部)』を「毛なし鶏」足下に落とし、それから60メートル東の膝の位置に胴体 B 部位の『(F3)胴体(L2ドア周辺)』を落とした後の『機体の状態』を推測すると、次のようなものである。

-------------------------------------------------------------

コックピット狙撃前の機体の状況

—————————————————————————————————————————————————————

『胴体 A 部位の機首・胴体 B 部位の若干と(F4)(F3)の胴体底部・左主翼全体と車輪全部』を保持した状態で、『左主翼を上に向けて、胴体は半捻り右側面を下にしている状態で「(I1)(I2)を結ぶ直線の中点を左へ(Xメートル)、上へ(Yメートル)の位置にある。

————————————————————————————————————————————————————————————————

その状態の、『コックピットに向かって狙撃』した。と考えてみた。そうすると、『付図  14 』の示す状態を形成したのではないかと思うのである。

————————————————————————————————————————————————————————————————

少なくとも、「この狙撃」の前に『NO3 エンジン』『NO4 エンジン』を狙撃している。

NO3 エンジン』は、『胴体部 D 』狙撃後150メートル向かいの峰に回り込んだ瞬間に狙撃、『NO4 エンジン』はコックピット狙撃の前という事だと考えている。

 

狙撃を可能にする技術とは

 さて、このような瞬間の狙撃を可能にするものとは何だろうか。

F117 という飛行体は『ステルス機』と云われているが、飛行原理は全く秘密にされてきた。

1947年にロズウェルで『デルタUFO』が米軍とりわけ『エリア51』で乗員と機体について研究されてきた。アメリカという国をひとくくりに『アメリカ国』という事はできないという認識になったのは私にとってほんのつい最近の事である。建国当初はいざ知らず、『リンカーンが暗殺された』時からどうやら『アメリカ国』は『ロスチャイルド・イルミナティ』の支配下に入ったのだと思われる。従って、その後常に『国家』と思わせる『組織』と『ロスチャイルド・イルミナティ』の支配組織とが『二重組織として機能させる仕組み』になっている。そして、それが世界に展開しているから『日本の組織も二重組織』になっているのだ。それを『アメリカ派』などと表現している人がいたが、そうではなくて『ロスチャイルド・イルミナティ』の支配組織だと考えるべきだ。例えば『中曽根康弘』がその一人だ。だから、日本が独自外交をしようとするとその人物を暗殺したり、自殺に見せかけて殺したり、一服盛って病気にさせるし、技術者を暗殺してシステムを独占するので123便事件が起きているのである。今では、『デルタUFO』は『ロスチャイルド・イルミナティ』の支配下にある基地(エリア51とか、エリア52)に何千機もの『デルタUFO』を地下基地に収納していると思われる。

 1985年の当時既に F117 は実践配備されていた模様であり、飛行原理は離陸はジェットエンジンを使って上空にいくと UFO 原理で航行するという代物だったのであろう。ロシアの隕石落下に際して UFO が隕石を追尾一瞬前方に回り込み破壊している映像が、正に一瞬の出来事として見られた事はつい先頃の事である。F117 をそれと匹敵する飛行技術をパイロットが持っていたかという事にはあまり自信はないが、可能性はあると思っている。

付図 14 残骸分布図 墜落地点

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/76/5e/65b84cd160b45fe2558bf04483dfe25f.jpg

——————————————————————————————————————————————————


この事実が本当であるならば

    どういう事態が考えられるか

————————————————————————————————

 この状況は、重層的な要因があるという事である。つまり一回こっきりで通り過ぎて形成されたのではなく何回かの違った方向からの破壊力に動かされた事によって形成されている部分がある事である。

 この重層の『層』一枚一枚をはぎ取っていって、ひとつひとつその要因・因果関係を追究していくのである。付図に記された【印】は、多くの省略されたものの代表である事を思えば、一つたりともおろそかにはできない。

 とりわけ、現場で捜査指揮を行っていた責任者が「墜落遺体」という本を出して72ページに添付されている『座席別遺体の散乱状況図』がある。これは、提出されているはずであるのに、「調査報告書」には添付されていなかったものである。この『座席別遺体の散乱状況図』が示している『遺体の印』の位置が形態が様々な真実を語りかけてくるはずで、見れば見るほど乗員・乗客の声が聞こえてくる凄まじい図面である。

 『座席別遺体の散乱状況図』

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/73/21/f874c72c86c83636ad65c01ff1c8114e.jpg


by kanakin_kimi | 2018-08-12 16:47 | 告発・日航機123便事件 | Comments(0)

日本の歴史は世界を救う役割を求められる歴史である 2

33年目の夏・激しいせみ時雨
D191 と J123 はなぜ墜落させられたのか。
その共通項を調べてみた。私の頭にヒットしたのは、パーソナルコンピューターへの最初のOSである「DOS」が生まれるせとぎわであった。金の亡者ではない技術者は、自然の成り行きで情報交換が行われている。その技術を自分たちだけのものにする独占意識は金の亡者とは違うのである。それが、この事件を作った要因のようである。ビル・ゲイツがなぜこれほどの大金持ちになり、平気で世界の人口の95パーセントを殺すという考えになるのかを併せ考えれば歴然とすることである。

by kanakin_kimi | 2018-08-11 22:39 | 告発・日航機123便事件 | Comments(0)

32年目の8月12日 日航機123便撃墜事件を起こしたのはロスチャイルドイルミナティ

32年目の812


 日航機123便


撃墜事件を起こし


たのはロスチャイ


ルドイルミナティ

削除
32年目の8月12日へ
1985年8月12日に発生した日本航空123便乗員乗客あわせて524+1人+自衛
隊員3+αに対する「墜落事故」と見せかけた「殺人及び殺人未遂事件」とこの事
件の真実を隠蔽するために「自殺」に見せかけた「殺人事件」をI T 世界に新設し
た「世界市民裁判所」に告発する事にした。
 それは、近年[公的機関や政府などが民間人の無防備につけ込んで「事故」や「    自殺」と見せかけた「謀略的殺人」を「無政府的に行使」している事例が増加して    いる]。それは、I T の進展によって、真相が速やかに知られるようになった事から   事例の増大が認識されており、その反射として事例となる状態への抑止力が生じる    とともに従来の報道機関や公的機関が権力構造に取り込まれて顕在化を見えなくし    ている状態と見られる。その一つに、「85・8・12日航機123便事件」があり、   [この事件の真実を誰にでもわかるものに明らかにして、その犯罪責任を当時の総理   大臣中曽根康弘らに取らせ、処罰する具体化こそが「民間防衛」の証明である]事を   認識させられたからである。

123便は、いくつかの狙いの下に、ミサイルで撃墜された
『いくつかの狙い』は、ここでは省略する。ここでは、『ミサイルで撃墜された』    証拠を提示する。
ミサイルが発射され始めた時間と、その時のコックピット内の音声状況は次のよう    なものである。
それは、1985年8月12日18時55分47秒から56分26秒の録音終了と57分「18    時57分 高度2950メートル [ 機影消失 ] 」としるされている『最後の一分間』   
に示された『クルーの激闘』を見逃してはならないのである。
『最後の一分間』に示された  『クルーの激闘』
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
高度2950メートルから急降下し、1500メートルの峰にソフトランディングを実施。
ーーーーーーーーーーーーーー ① ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「55分45秒 あーっ( ? )」 (ミサイルがNO2エンジンを狙撃)
「55分47秒 パワー(機長)、フラップ、みんなでくっついちゃあだめだ(同)、フラ         ップアップ、フラップアップ、フラップアップ、フラップアップ(副          操縦士)、フラップアップ(機長)、はい(副操縦士)」
「55分56秒 パワー(機長)、パワー(同)、フラップ(同)、あげてます(航空機関士)」
「56分04秒 頭上げろ(機長)」
「56分07秒 頭上げろ(同)」
「56分10秒 パワー(同)」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この25秒間のいずれかの時、機体が立ち、最後部のE部位が樹木を滑って着
地、その瞬間(二発目のミサイルが機体D部位を狙撃)
「座席別遺体散乱状況図」に示されるようにD部位の機体とその中にあ
った乗員・乗客は破壊扇状に散乱された。
ーーーーーーーーーーーーーー ② ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「56分12秒 ”ウーウー、プルアップ=引き起こせ=、ウーウー、プルアップ、ウー          ウー、プルアップ 
[火災警報の音]」
「56分14秒 [GPWS=地上接近警報=の音] 
          ”シンクレイト=降下率注意=”
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
機体D部位を破壊されたことによる、その衝撃が機体最後部のE部位をそこに着陸
停止させた。


ーーーーーーーー ③ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「56分21秒 --------- (機長)、”ウーウー、プルアップ ”」
「56分23秒 [ 衝撃音 ]  ”ウーウー,プルアップ " 」
ーーーーーーーーーーーーーー ④ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「56分26秒 [ 衝撃音 ] 」
「56分26秒 ー 録音終了 ー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「18時57分 高度2950メートル [ 機影消失 ] 」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 ソフトランディング激闘中の
もうひといきのJAL123便に
 襲いかかるミサイル

私は、何回も繰り返しこの一分間を凝視している。
私には、『高度2950メートル【機影消失】』からソフトランディングが始まる、
と見えるのである。つまり、時間を逆転させているのである。これは「長明効果」
ではないかとかんがえる。
それは、急降下し、その瞬間に ① がはじまる。ミサイルはNO2エンジンを打
つ。それが「付図-3墜落現場の状況」に「NO2エンジン部品散乱」を見せ、「
NO2エンジン」本体の落下の「軌跡」をのこすのである。それは、同時に「NO1
エンジン」の落下と「右主翼」の二つに折れた落下の軌跡をも示し、そういう状況    の中で「後部胴体」のソフトランディングに成功させたのである。 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ロスチャイルド・イルミナティの傭兵(ようへいーイスラエル)の操縦する戦闘
機(F-117)と高高度偵察機(SR-71)などの編隊であったようで、
≪『けなし鶏の頭部地域』『一本カラマツから U 字溝にわたる地域』にそれらが落
下している。≫
 それらが、それぞれの役割分担をあらかじめ決めていたように『生存者は絶対出
させない』『ソフトランディングは絶対させない』ということ、と『墜落に見せる
ために、エンジンの落下を主に狙撃ポイント』にしていたことをうかがわせる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
①-------------------------------
 『 NO 2エンジン部品散乱地域と本体落下状況のメカニズム』
 『 NO 3エンジン部品散乱地域と本体落下状況のメカニズム』がシンプルに証明している。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
また ②----------------------------
 『走行車輪、G 1 / G 2 / G 3 / G 4 / G 5 の落下のメカニズム』

 『機体部品・計器部品・主翼などの落下のメカニズム』がシンプルに証明している。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そして ③ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 『座席別遺体散乱状況図』が、シンプルに『ソフトランディング』の成功と、『それを破壊するための狙撃の事実』を証明している。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「長明効果」を書き残してくれた捜査員の皆様に感謝する
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 このような『長明効果』を残すためには、味方をもだまして調査委員会とそれを監視しているもの(中曽根ら)を納得させる必要があったであろうから、そのような立場のものを含めて、見ておくことも大切だろう。
 なんにしても、これほどの基本資料作りをしているところは世界にもまずないだろう。この調査検証手法は、つい先ごろ『広島・長崎原爆投下が実験として行われていた』ことを示す資料が映像に映し出されていた。戦後ただちに米軍の検証部隊を上陸させて『原子爆弾の武器としての効果』を検証していたのだろう。その中に、人への被害・損壊状況の人名と所在図が資料として作られていたのが見受けられた。
 その検証技術・手法から習得していることがうかがえたのだが、複雑な気持であった。しかし、その本家米国では1985年8月2日に起きた『デルタ航空191便事件』についていかされていない実態が浮き彫りにされていた。
 いずれにしろ、あの大変な状況の中で、遺体の収容人定、救出、というその最中にも黙々と検証作業をされていたことに改めて感謝申し上げる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

by kanakin_kimi | 2017-08-05 19:24 | 告発・日航機123便事件 | Comments(0)

32年目の8月12日 日航機123便撃墜事件を起こしたのはロスチャイルドイルミナティ

32年目の8月12日へ
1985年8月12日に発生した日本航空123便乗員乗客あわせて524+1人+自衛隊員3+αに対する「墜落事故」と見せかけた「殺人及び殺人未遂事件」とこの事件の真実を隠蔽するために「自殺」に見せかけた「殺人事件」をI T 世界に新設した「世界市民裁判所」に告発する事にした。
 それは、近年[公的機関や政府などが民間人の無防備につけ込んで「事故」や「自殺」と見せかけた「謀略的殺人」を「無政府的に行使」している事例が増加している]。それは、I T の進展によって、真相が速やかに知られるようになった事から事例の増大が認識されており、その反射として事例となる状態への抑止力が生じるとともに従来の報道機関や公的機関が権力構造に取り込まれて顕在化を見えなくしている状態と見られる。その一つに、「85・8・12日航機123便事件」があり、[この事件の真実を誰にでもわかるものに明らかにして、その犯罪責任を当時の総理大臣中曽根康弘らに取らせ、処罰する具体化こそが「民間防衛」の証明である]事を認識させられたからである。

123便は、いくつかの狙いの下に、ミサイルで撃墜された
『いくつかの狙い』は、ここでは省略する。ここでは、『ミサイルで撃墜された』証拠を提示する。
ミサイルが発射され始めた時間と、その時のコックピット内の音声状況は次のようなものである。
それは、1985年8月12日18時55分47秒から56分26秒の録音終了と57分「18時57分 高度2950メートル [ 機影消失 ] 」としるされている『最後の一分間』に示された『クルーの激闘』を見逃してはならないのである。
『最後の一分間』に示された『クルーの激闘』
ーーーーーーーーーーーーーー ① ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「55分45秒 あーっ( ? )」
「55分47秒 パワー(機長)、フラップ、みんなでくっついちゃあだめだ(同)、フラップアップ、フラップアップ、フラップアップ、フラップアップ(副操縦士)、フラップアップ(機長)、はい(副操縦士)」
「55分56秒 パワー(機長)、パワー(同)、フラップ(同)、あげてます(航空機関士)」
「56分04秒 頭上げろ(機長)」
「56分07秒 頭上げろ(同)」
「56分10秒 パワー(同)」
「56分12秒 [火災警報の音]」
「56分14秒 [GPWS=地上接近警報=の音] 
          ”シンクレイト=降下率注意=”
ーーーーーーーーーーーーーー ② ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「56分12秒(つづき) ”ウーウー、プルアップ=引き起こせ=、ウーウー、プルアップ、ウーウー、プルアップ
ーーーーーーーーーーーーーー ③ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「56分21秒 --------- (機長)、”ウーウー、プルアップ ”」
「56分23秒 [ 衝撃音 ]  ”ウーウー,プルアップ " 」
ーーーーーーーーーーーーーー ④ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「56分26秒 [ 衝撃音 ] 」
「56分26秒 ー 録音終了 ー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「18時57分 高度2950メートル [ 機影消失 ] 」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 ソフトランディング激闘中のもうひといきの・・・・JAL123便に
 襲いかかるミサイル
私は、何回も繰り返しこの一分間を凝視している。
私には、『高度2950メートル【機影消失】』からソフトランディングが始まる、と見えるのである。つまり、時間を逆転させているのである。これは「長明効果」であるのか。
それは、急降下し、その瞬間に ① がはじまる。ミサイルはNO2エンジンを打つ。それが「付図-3墜落現場の状況」に「NO2エンジン部品散乱」を見せ、「NO2エンジン」本体の落下の「軌跡」をのこすのである。それは、同時に「NO1エンジン」の落下と「右主翼」の二つに折れた落下の軌跡をも示し、「後部胴体」をソフトランディングに成功させたのである。  次は次回

by kanakin_kimi | 2017-08-04 22:23 | 告発・日航機123便事件 | Comments(0)

32年目の8・12  日航機123便撃墜事件

32年目の8・2

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
デルタ航空191便墜落事故は果たして事故だったのか
真実は隠せない、必ず発掘される
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
https://youtu.be/Bo8B8HEOY3Q

https://youtu.be/5UplwxjzZkA

-----------------------------------------------------------------------------------

デルタ航空191便
Delta 191 wreckage.jpg
事故機の残骸
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
出来事の概要
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日付1985年8月2日
概要マイクロバーストとパイロットエラー
現場Flag of the United States.svg テキサス州ダラス・フォートワース
乗客数152
乗員数11
負傷者数
(死者除く)27
死者数135(高速道路走行中の車両運転者1名を含む)
生存者数29
機種ロッキード L-1011-385-1 トライスター
運用者Flag of the United States.svgデルタ航空
機体記号N726DA
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
デルタ航空191便墜落事故(デルタこうくう191びんついらくじこ)は、1985年8月2日、フロリダ・フォートローダーデール発テキサス州ダラス・フォートワース経由カリフォルニア州ロサンゼルス行き、デルタ航空191便(ロッキード L-1011-385-1 トライスター)が、着陸前に急降下・旋回し、滑走路手前の高速道路・空地に墜落。滑走路手前の空地のタンクに突っ込み、爆発炎上し、乗員乗客134名と高速道路を走行していた車のドライバー1名、計135名が死亡した事故である。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
目  次

1 概要
2 事故の経過
2.1 事故当日の191便
2.2 急降下
2.3 墜落
3 原因
4 この事故を題材にしたテレビ番組
5 関連項目
6 脚注
7 外部リンク
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
概   要

乗員乗客163名のうち、被害が少なかった機体後方の乗客など29名(乗員3名、乗客26名)が生存した[1]。予約した前方の座席が禁煙席だったことから、喫煙ができる後方に変更したことで難を逃れた乗客もいた。
この事故では、IBM PCの開発を指揮したドン・エストリッジ (Don Estridge) を始めとした開発チームのオリジナルメンバーの大多数が犠牲となっている。IBMはスタッフを補充したものの、それ以降はチームに活気が失われIBM PCの不振の一因となったと言われている。またこの事故を切っ掛けとして、IBMを始めとした多くの企業で同じ便に搭乗する従業員数に制限を設ける様になった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
事故の経過
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
事故当日の191便

デルタ航空の所有する同型機
フライトプラン:フロリダ・フォートローダーデール・ハリウッド国際空港→ダラス・フォートワース国際空港
運行機材:ロッキード L-1011-385-1 トライスター
航空会社:デルタ航空
機体記号:N726DA
コールサイン:Delta191
乗員
コックピットクルー(3名)
機長:エド・コナーズ
副操縦士:ラディー・プライス
航空機関士:ニック・ナシック
客室乗務員(8名)
乗客数:152名
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
急降下
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

着陸のため降下中、エド・コナーズ機長は進路前方に嵐を確認し管制官に進路の変更を要請した。一度は嵐を回避したものの再び発生していた嵐に突入してしまう。 着陸進入中、突然機体が急降下し始めた。パイロットはエンジンを全開にし、しばらくして急降下はおさまったものの、しばらくして右に傾きながら再び急降下し始めた。 墜落直前、コナーズ機長は着陸復航を指示したが急激に降下している中では不可能であった。
墜落[編集]
墜落直前、プライス副操縦士は機体を水平に戻すものの地上からわずか数メートルしかなく、空地に接地した後に高速道路に突っ込む。その際、右エンジンが走行していた乗用車を直撃した。その後機体はわずかに上昇したものの、再び空地に接地。コントロールを失った機体は空港敷地内にあった貯水タンクに激突、垂直尾翼を含む機体後部を残して大破、炎上した。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

下記アドレスに移動して、ユーチュウブを見てください。
https://www.youtube.com/watch?v=5UplwxjzZkA
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
原  因
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

雷雲から雲が地上に向かって落ちてくる、マイクロバースト現象により発生した追い風と下降気流で機体が急降下、一度は体勢を立て直したが、再び追い風に遭遇したことで機体が失速し、墜落した。原因となった雷雲は事故前より発生していたが(この時期のダラス空港は雷雨が頻繁に生じていた)、191便の直前に着陸進入中であったリアジェットが通常通り着陸していたこと、また当時空港にマイクロバーストを検知するドップラー気象レーダーが設置されていなかったことから、事故直前まで管制官・パイロット共に予測できなかった。
この事故を契機にダウンバーストを観測できるドップラー気象レーダーの空港への設置が急がれ、また機体の気象レーダーも強化が図られた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この事故を題材にしたテレビ番組
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『メーデー!5/航空機事故の真実と真相』第1話「大地への激突」

デルタ航空
航空事故
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

^ この事故の10日後に発生した単独機では史上最悪の航空事故である日本航空123便墜落事故においても、生存者の座席位置は機体後部に集中していた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
外部リンク
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

外山智士ホームページ(事故No,19850802a)

表・話・編・歴
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

← 1984年 1985年の航空事故 1986年 →

1月1日:イースタン航空980便
1月21日:ギャラクシー航空203便
2月16日:中華航空006便
2月19日:イベリア航空610便
5月3日:アエロフロート航空8381便(英語)
6月23日:インド航空182便
7月10日:アエロフロート航空7425便
8月2日:デルタ航空191便
8月12日:日本航空123便
8月22日:ブリティッシュ・エアツアーズ28M便
12月12日:アロー航空1285便(英語)
執筆の途中ですこの項目は、航空に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(航空CP/航空PJ)。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

I B M を奪いトロンを奪う
MS-DOS
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

フィーチャー コンピューティングソフトウェア

ビル·ゲイツは、DOSのハートを盗むでしたか?

小さな会社によるCP / Mの噂盗難の謎は、Microsoftが最終的に調査し、使用してできるソフトウェアフォレンジックツールと呼ばれます

ボブZeidmanによる投稿2012年7月31日に|午前12時30 GMT


イラスト:Gluekit
編集者注:出版されると、この記事は適切にその著者、ボブZeidman、およびMicrosoft社、物語の重要な対象との間の接続を開示することができませんでした。氏 Zeidmanが現在の専門家証人としてMicrosoftによって保持されたモトローラ·モビリティのV。マイクロソフト。 IEEEスペクトラムは省略を後悔します。

コンピュータ業界の歴史は実質的に空から落ちるように見える富の魅力的な物語で満たされています。

富の物語が勝ったと一緒に、逃したチャンスの話があります。スティーブ·ウォズニアックとスティーブ·ジョブズとアップルコンピューターを共同設立するが、単に米国2300ドルのための彼の株を売却ロナルド·ウェイン、のそれを取ります。と誇らしげにジョン·モークリー-後でENIACをcodesignedに自分のデジタルコンピュータの設計を示したジョンAtanasoffは、しばしばAtanasoffに信用せずに、最初の電子計算機のように定義しました。

しかし、これまで見逃した名声と富の最も有名な物語はゲイリーKildallのものです。コンピュータのオペレーティングシステムのパイオニア、Kildallはマイクロコンピュータの制御プログラム(CP / M)、そのようなMITSアルテア8800、IMSAI 8080、およびIBMの前オズボーン1、早けれ趣味の多くのパーソナルコンピュータ上で使用されるオペレーティングシステムを書きました自機、PCを導入しました。Kildallは、事実上、パーソナルコンピュータのオペレーティングシステムのビジネスを所有していた彼は、IBMにそのシステムを販売していたことがありました。彼はしませんでした。なぜ投機、世俗的なゴシップ、都市伝説の問題です。我々はそれに取得します。

Microsoftのビル·ゲイツは、しかし、IBM-と刈り取ら当時想像を絶する報酬へのオペレーティングシステムを販売しました。投機の雲にも物語の一部に掛けています。大きな問題:オペレーティングシステムゲイツが販売するIBMに彼を売却しましたか?またはKildallから盗まれ、それの重要な部分でしたか?

マイクロソフトは、その手が清潔だったと述べています。KildallはQDOS、その後、MS-DOSは、直接CP / Mからコピーされ、したがって、彼の著作権を侵害されたと主張しました。しかし、今までのCP / Mの指紋のためにMS-DOSの内部を見るために、ソフトウェア自体の信頼性の高い検査を実施し、一度、すべての問題を解決する方法がありませんでしだ。

私の会社のCodeSuiteフォレンジックソフトウェアは、私たちは他のプログラムの指紋のためのオペレーティング·システムおよびその他のソフトウェアの内部を見ることができます。ビル·ゲイツは、DOSの心を盗むでした:私はそれが最終的に質問に答えるために適用されますか?

しかし、最初に、ここではイベントのシーケンスは、既知の一部で、一部のみを推測しました。1980年にIBMは、IBMのPCを作成するには、ボカラトン、フロリダ州にskunkworksプロジェクトを開始しました。IBMの典型的だったとして、同社は、社内でソフトウェアを開発することではなく、を決めた、それはすでにマイコン用のコードを生成する小企業の一つと提携代わりでしょう。IBMの最初のピットストップはワシントン州ベルビューでMicrosoft当時小さかった。、BASICプログラミング言語のそのバージョンの知られています。そこでは、若いゲイツ氏は、Microsoftがオペレーティングシステムを持っていなかったことが、Kildallが持ってなかったので、同社は、彼の会社、パシフィックグローブ、カリフォルニア州でのデジタルリサーチ社(DRI)でKildallに連絡する必要があることIBMに語ったオペレーティングシステム- CP / M。

のはここだ話は、変化することを伝えるのは誰に応じて。1バージョンでは、IBMの幹部は、パーソナルコンピュータのカウンターカルチャーのメンバーとして、「ビッグブラザー」IBMを信頼しなかった人、Kildallを満たすためにダウンして飛びました。むしろケリダウンIBMの幹部と会うよりも、Kildallは無謀な行動のための彼の飛行機で離陸しました。IBMの幹部が現れた場合、それらはIBMの機密保持契約、またはNDA、ディスカッション秘密にしているだろうとDRIが作ることは許されないであろう標準的なビジネス文書に署名することを拒否したKildallの妻やビジネスパートナー、ドロシーマッキュアン、によって満たされましたIBMが提示した機密情報の使用。NDA上で値切りの数時間後に、IBMの幹部は、フラストレーションだと左。

物語の別のバージョンでは、KildallとDRI従業員トムRolanderは、顧客にソフトウェアを提供するために飛行機でオフに行って、通常はそれらの問題を扱うMcEwenの、とのライセンス交渉を残しました。McEwenのはNDAが厳しすぎると感じたとKildallが戻るのを待つために彼女に助言し、その弁護士、ジェリー·デイビス、に話を聞きました。Kildallは、その日後に戻りました。アカウントが再び彼はNDAを締結し、あるいはIBMとの議論に参加したかどうかで異なります。

いずれにせよ、それは契約に署名しなかったということです。Kildallは後に、彼は、その日の夕方フロリダ行きの航空券でのIBMの交渉ジャックサムスに会ったフライトで契約を交渉し、その上に手を振っていると述べました。サムスはKildallを満たし、これまで否定しました。実際には、IBMの交渉担当者は、まだオペレーティング·システムを必要とし、その日-ないフロリダ-し、再びシアトルに飛んだビルゲイツ氏と会見しました。

IBMとゲイツの最初の会議以来、彼は便利な、Kildallのと同様のマイクロコンピュータのオペレーティングシステムの上に手を得ていた近くのシアトル·コンピュータ·プロダクツから。マイコンボードを販売SCPは、新しいIntel 8086プロセッサ上で実行されたオペレーティングシステムを必要としていました。DRIは、そのプロセッサへのシステムの移植に遅かったので、SCPは、プログラマ雇っティム·パターソンを 1を作成します。それは、このシステムQDOSと呼ばゲイツ氏は75ドルのために000 QDOSの権利を買って、MS-DOSにそれを修正するためにパターソンを雇っ「間に合わせオペレーティングシステム。 "; それは彼がPC-DOSとしてのPCのためにIBMに使用許諾するものです。

IBM PCは大成功となり、Microsoftがすぐに大手マイコン·オペレーティング·システム会社としてDRIを変位します。Kildallはゲイツとマイクロソフトの成功に憤慨し、彼は最終的に戻ってIBMに行って、IBMのPC上でCP / Mを提供する契約を交渉しました。しかし、Kildall IBMはCP / Mのコピー当たり240ドルではなく、それはPC-DOSに課金コピー当たり40ドルを請求しなければならなかったという意味、MS-DOSのそれよりはるかに高い非常に高いライセンス料を、交渉しました。少数の人々は、CP / Mを購入し、PC-DOSの売上高は増加し続け。

KildallはQDOS、その後、MS-DOSは、直接CP / Mからコピーされ、したがって、彼の著作権を侵害されたと主張しました。DRI弁護士デイビスは法医学の専門家は、MS-DOSはCP / Mからコピーされていたことを証明していたと主張するが、1981年に著作権侵害の上に裁判所に行くと判断力を取得する方法はありませんでしたこと。後者は、少なくとも、真ではありませんでした。一年以前では、議会は、ソフトウェアの著作権保護を明示的に作られた1980年のコンピュータソフトウェア著作権法を通過したので、DRIは、一度に裁判所に戦いをしていない理由は明らかではありません。

法医学的証拠についての主張にも、おそらく偽でした。当時は、ソフトウェアフォレンジックツールは、既製の逆アセンブラおよびさまざまなユーティリティから構成され、典型的にはデバッグのために使用され、研究者、彼らは非常に効果的ではなかったことで一緒に石畳。しかし今日では、フォレンジックツールは、はるかに洗練され、彼らは独立して比較するために、様々な要素にプログラムを分割することができ、そして、彼らは、余分な情報を追加したり、コードの要素を失うことができるプロセスを分解したり、それを逆コンパイルすることなく、オブジェクトコードを直接比較することができます。ソフトウェアのソースコードを比較し、現在利用可能なツールは、ドイツでのカールスルーエ大学のスタンフォード大学とJPlagからソフトウェアの類似性(MOSS)の測定を含みます。私の会社、ソフトウェア分析とフォレンジックエンジニアリング株式会社(SAFE)から販売されてCodeSuiteと呼ばれるツールは、同様にソースコードとオブジェクトコードの比較します。

だからCodeSuiteと手に、私は、私の鹿猟師を着たロックスターエナジードリンクを撃墜、私海泡石·アンド·マホガニーのひょうたんパイプを取り出して、一度、すべてのゲート/ Kildallの質問に答えるために着手しました。

調査はに開始非公式CP / Mのウェブサイト私はCP / Mのソースコードファイルをダウンロードし、。これらのファイルは、彼はDRIを設立した直後に、1975からゲイリーKildallによる著作権の通知が含まれています。それらは、彼がインテルで使用している間にKildallはマイクロプロセッサ用に開発されたPL / Mプログラミング言語で書かれました。同じサイトから私は1981年からであったが、1977年、1976年からの著作権表示を含んでいて、1978年これらのファイルは、PL / Mおよび低レベルのアセンブリコードの両方で書かれたCP / M 2.0のソースコードファイルをダウンロードしました。私はまた、1981年9月5日を通じて1979年3月22日の日付から3つのソースコードファイルが含まれてCP / M 1.4の実行可能なバイナリファイルをダウンロードしました。

手がかりを収集するために続けて、私はから86-DOS(QDOS)ソース·コード·ファイルと実行可能なバイナリファイルをダウンロードしたハワードのシアトルコンピュータ製品SCP 86-DOSリソースウェブサイトのソースコードファイルは、アセンブリ言語で記述された4月1981年改訂の日付を含んでいました。

MS-DOSのソースコードの初期のコピーはそう簡単ではありませんでした取得。それは進行中の会社からの市販品ではなく、オープンソースだか今は亡き会社によって開発されたため、理解している、オンラインの周りに座っていません。私はヴィンテージのコンピュータを収集するので、私は最初のPCのクローンの一つ、コンパック「やっと持ち歩けるほどの「コンピュータとそれのためにMS-DOS 1.11を含むフロッピーディスクを持つことが起こりました。

まず、私はQDOSからコピーまたはCP / Mの派生であったという証拠があったかどうかを確認するために、CP / MのソースコードにQDOSのソースコードを比較しました。これは、CP / Mのソースコードは、アセンブリ言語で記述されたファイルだけでなく、PL / Mプログラミング言語で書かれたファイルが含まれるため、二段階で行わなければなりませんでした。

私たちの容疑者のソフトウェアは、低レベルのアセンブリ言語に、このようなPL / Mのような高レベル言語からコピーされ、変換されたコードを含んでいませんか?それはそうではありません。言語は、英語に古代エジプトの象形文字から話を翻訳するようになるように異なっています。それはなんとかだが、それだけで最初から話を書くことが簡単です。私はとにかく、とファイルを比較ほら:私は2つのプログラムでのプログラミング·ステートメントの間の一致を発見しました。

これらの一致ステートメントが共通であるように見えたので、私は、しかし、私の冷静を保って、簡単な文は。たとえば、「CALL」、「MAKE」、および「BOOT」の相関ビットについて同じ手持ちのような文は、私はいくつかのコメントに見られますと文字列; このような「トラックあたりのセクタ、 "としてこれらのコメントや文字列は、おそらく多くのプログラムで見つけることができる一般的なオペレーティングシステムの用語とメッセージです。それがソフトウェアであった、特に不足しているのと同様に、場合によっては、コピー機能の部分を示すだろう一致した命令の実際の喫煙ガン系列。

私は、ソースコードの私の検討を続けました。ここでも、いくつかの相関関係が明るみに出たが、この場合にはそのほとんどが部分的にマッチングされた識別子-、作品が、全体ではないから来ました。変数や関数の名前。私は道を発見しましたか?部分的に一致する識別子は賢いプログラマはいくつかのコードをコピーされますが、まだいくつかの意味を保持しながら、異なる表示されるように十分な名前を変更したことを手がかりとすることができます。たとえば、変数名の姓はFNAMEに変更される場合があります。

私はもう少し近くに見えたが、歩道を蒸発させました。私は明らかに部分的に一致する識別子は、単に一般名またはランダムな文字を使用したことを見ることができました。例えば、CP / Mのソースコード内の識別子ENDMODは、部分的にQDOSのソースコード内の識別子MOD5とMOD6に一致しました。





CodeSuiteツールがコピー以外の理由に起因する相関を除去するためにインターネット検索に依存しています。要素は二つのプログラムで発見され、また、インターネット上で何度も発見された場合、それはほとんどの一般的に使用される用語です。それは二つのプログラムではなく、どこにも、インターネット上で発見された場合、それがコピーされたので、それはほぼ確実に存在します。

通常、私はすべてインターネット上の任意のヒットを持っていたすべての一致する要素を除外することになります。この場合、私はもう少しリベラルであることと、インターネット上で100回以上発見された一致する要素を除外することにしました。このように、インターネット上でいくつかの他のプログラムやドキュメントで発見されたとしても、物事をろ過されないであろう。私は手ぶらで来ませんでした。何の識別子が残っていないとコメントまたは文字列が残っていないが、1つのプログラミング文がやった: "JNZ comerrを。」

なるほど!私は思いました。"JNZ comerrは「最終的にはDOSはCP / Mからコピーされたことを示し喫煙銃だろうか?これは、このステートメントは、インターネット上の唯一の場所で見つけることができる判明します。それは、コードの両方のセットで登場していることを単に単なる偶然だろうか?

"。そうでない場合は、ジャンプゼロ"ダウンこのステートメントを壊し、私は「JNZ ""のための標準的なプログラムのアセンブリ言語文をしたComerrは「両方のプログラムは、いくつかのルーチンの先頭を指定するために使用するラベルであると判断しました。それは、典型的には、エラーを意味する「誤る」通信ポートやコマンドを参照してください可能性が「COM」の組み合わせであるように見えた、と。私の推測:「Comerrは「通信エラーまたはコマンドのエラーのいずれかを処理するルーチンでした。「JNZ comerrは「両方のプログラムで同じ機能と呼ばれる場合には、大きく開いこのケースを壊す可能性があります。

私は、コード内の実際のルーチンを見になって、これらが大幅に異なるルーチンであったことを言うことができます。QDOSルーチンは、入力と出力を処理し、ファイルの読み取りに問題がある場合に呼び出されるファイルでした。CP / Mルーチンは、より複雑であり、コマンドの処理に問題を扱うファイルにあった、コマンドに問題があるときに呼び出さ取得します。これらのルーチンは、相互に関係がないので、コピーを意味しません。

私は、古いMS-DOS 1.11フロッピーディスクを使用して、MS-DOS用のオブジェクトコードを比較しようとする上で行ってきました。私はCP / MのバージョンのコピーからCP / Mバージョン2.0およびソースコードファイルの雑多な不完全なセットからCP / Mのソースコードファイルと一緒にいた1.4およびそれ以前のバージョンをMS-DOS 1.11のバイナリコードを比較することBitMatch呼ばCodeSuiteツールを使用します非公式CP / MのWebサイトで入手可能。

比較でバイナリファイルを使用することは誰にでもできるではありません。それはバイナリへのソースコードのコンパイルが証拠となる要素を排除することができるので、コピーが表示されないことが可能です。マッチがあっても、フィルタリングの後に表示された場合、ファイルはほぼ確実にコピーされています。一致するものが表示されない場合は、それが検出されないになったばかりのこと、そのコピーが起きていないという意味ではありません。

それでも、実行している価値がテストしました。そして、確かに、ソースコードとバイナリを比較すると、私は80マッチング識別子を発見しました。しかし、例外のカップルと、これらの識別子は、オペレーティングシステムやプログラミングからか、単に英語からすべての一般的な単語でした。私はまた、11一致する文字列を発見したが、やはり、これらの文字列は、すべての一般的な単語やフレーズでした。そして、私は、共通の識別子を排除するために整合素子をろ過した後、インターネット上で100回以上を発見し、すべての一致を蒸発させました。

次に私は、CP / Mのバイナリコードで、MS-DOS 1.11のバイナリコードを比較しました。唯一のマッチング識別子がありました: "comが。「これは確かに共通のシリアルポートまたはプリンタポートなどの通信ポートの省略形ではなく、コピーのサインです。そこに65一致する文字列もあったが、それらは多くのオペレーティングシステムで使用されるすべての一般的な単語やフレーズでした。

これまでのところ、すべての道は寒さまで来ていました。しかし、私は私の袖をもう一つのトリックを持っていました。伝説は、私たち自身が、CP / Mで秘密のメッセージを埋設し、メッセージは、MS-DOSで見つけることができることをKildall伝えます。

2006年には、サイエンスフィクション作家と技術レポータージェリーパーネルは、上に述べた「テックでは今週、「インターネットラジオ番組、この秘密コマンドはDRIとKildallのフルネームの著作権通知の表示をトリガすることを。プールネルによると、KildallはDOSにそれを入力することで、彼には、このコマンドを示していました。それは通知を生成し、したがって、DOSはCP / Mからコピーされたことを証明しました。

年間の循環この物語は、いくつかの問題を抱えています。まず、誰もが秘密のコマンドを知っています。パーネルは、彼がコマンドを書いたが、誰にも示されたことはないと主張しています。また、このようなメッセージを簡単にメッセージが暗号化されていない限り、単純なテキストエディタでバイナリファイルを開くことで見られます。CP / Mのみ160キロバイトを開催し、フロッピーディスクに収まる必要がありました。Kildallの成果は、小さなフットプリントに、オペレーティングシステム全体を圧迫しました。しかし、それは、彼がこれを行うことが想像しても検出不可能な暗号化ルーチンに絞ることは困難です。私たちは頻繁に保護されたコンピュータに侵入ハッカーの時代に、今だもののそして、誰もこの秘密のコマンドを見つけるためにDOSを割れませんでした。

しかし、私はとにかくそれを探すために着手しました。私は、バイナリファイルからテキスト文字列を抽出しても安全で開発されたユーティリティプログラムを使用していました。Kildallの名前は任意のQDOSまたはMS-DOSのテキスト文字列に表示されませんでしただけでなく、それがいずれかのCP / Mに表示されませんでした。用語「デジタルリサーチは、「CP / Mバイナリ·ファイルではなく、MS-DOSまたはQDOSバイナリファイルに著作権表示に表示されました。

ジェリー·パーネルが実際に秘密のコマンドによって明らかにされた隠されたメッセージが表示されなかった場合は、MS-DOSではありませんでした。

そして、それはそれです。すべてのリードがないビルゲイツにするが行き止まりに私をもたらしました。QDOSは絶対にCP / Mからコピーされていないし、MS-DOSは、いずれかのコピーの徴候を示さありませんでした。ビル·ゲイツは約Kildallの非難は全く事実無根でした。

ゲイリーKildallの運命は悲しかったです。彼は彼の死の状況は、IBMと逃した会合として汚れたと議論されているように52歳で1994年に死亡しました。彼はカリフォルニアのバイカーバーいくつかの報告が椅子からか、階段下の秋には、他の人が乱闘を説明し、まだ他の人が心臓発作をレポートに頭部外傷を負いました。いくつかはKildallが自殺し、彼の家族はそれをカバーしていることを主張しています。ほとんどがアルコール依存症、何らかの形で、彼の死につながったことに同意します。

Kildallは確かに最初のパーソナルコンピュータのオペレーティングシステムを作成するための信用に値するが、彼 のオペレーティングシステムは、どこからともなく出て来ませんでした。それは本質的に含む時に使用されている他の多くのオペレーティングシステムのシンプルなバージョンであった1969年に開発され、Unixの、およびVAX / VMSは、1978年に導入され、。そしてKildallは時々のために貧困者として記憶されている間、「ビル·ゲイツによってだまされています「DRIは、長年にわたって、実際に成功した会社であり、Kildall 120ドル万ドルで、1991年にノベルに売却しました。Kildallは紛れもなく、非常に創造的で革新的だったが、彼 はまた、それにもかかわらず、非常に成功した悪いビジネスマンでした。彼はビル·ゲイツのように成功しなかった場合は、MicrosoftがCP / Mのソースコードを盗んだので、そうではありませんでした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

著者について

ボブZeidmanは、社長兼創業者であるZeidmanコンサルティング、シリコンバレーで最高の委託研究と開発会社。彼はまたの社長兼創業者であり、ソフトウェアの分析とフォレンジックエンジニアリング株式会社、ソフトウェアの知的財産解析ツールの提供。Zeidmanはに取り組み、係争知的財産に数十億ドルを含む100以上の場合に証言しています。最新の著書があるソフトウェアIP探偵ハンドブック(プレンティスホール、2011)。そして、その鳥打ち帽子?彼はロンドンで221Bベーカーセント、シャーロック·ホームズの架空の自宅でそれを購入しました。








by kanakin_kimi | 2017-07-31 10:14 | 告発・日航機123便事件 | Comments(0)

32年目の812 日航機123便撃墜事件

32年目の8・12
 日航機123便撃墜事件

1985年8月2日から12日にかけて2機の旅客機が墜落した。この2機の旅客機に搭乗している乗客の共通性の一つが『コンピュータープログラマーなどの技術者』で、前者はアメリカIBMで、後者は松下電器産業である。これによって、マイクロソフトの絶対的基礎を作るきっかけになっている。言い換えれば、『マイクロソフトの絶対的基礎をつくるために二つの航空機事故が仕組まれた』と私は考えている。

32年経って、それは明確な軌跡と結果を見事に描き出しているという事実を否定できないからである。そして、ビル・ゲイツはNWOの300人委員会の一員である。

その目的が一般人には覗き見ることもできないほど巨大であり、そして巨大な組織のバックアップによってなされていることである。

いま、911の仕掛け人たちが追い詰められている。それゆえに、トランプ大統領の引きずりおろしの手練手管はあからさまである。

それと同じくらいの比重で安倍首相引きずりおろしの手練手管に必死になっている連中が後ろから尻を叩かれているのだ。

いずれも、『ロスチャイルド・イルミナティ』なのである。アメリカでは散々甘い汁を吸い尽くして、借金漬けにして責任逃れをうまくしようとしているのだ。
それに対して、黄金の日本列島支配を確立しようとして、政府権力をわがものにするために在日韓国・朝鮮を利用して『政党の買い占め』を徹底しているのだ。

32年目の8月12日に『日航機123便墜落事故』と『日航機123便撃墜事件』とする者のはざまにある問題を考えてもらいたい。

ほんとうの乗客数は何人だったのか。

公称では、乗員15人・乗客509人・合わせて524人が日航機123便に乗っていたことになっている。
報告書に示されている、『付図-5 胴体ステーション及び座席配置図』という図面があり、それに『座席配列-R10 旅客 528名』の記述がある。
座席配列は、機体に装着されている座席の配列である。
つまり、座席が528人分あるということである。そうだとすると、『528-509=19』となるこの『19』の座席が空席だということである。それで、念のためにどこの座席が空席であったのかを点検することにした。

装着座席の部位 ( 脚   注 ) 座席数 公称着席数 差引き(空席A) 空席 B
A部位 2階 (ファーストクラス) 16席   16人   0        0
A部位 1階 (ビジネスクラス ) 48席   48人   0        0
B部位    (エコノミークラス)   78席   81人  +3       
C部位     (エコノミークラス) 126席  127人  +1       
D部位    (エコノミークラス) 102席   89人  -13      14
E部位     (エコノミークラス) 158席  148人 -10      13
全部位合計            528席  509人 -19       -31

公称の着席乗客人数は、509人だとされている。しかし、遺族に配布されたと思われる『日航123便の座席表』は各座席に乗客名が記載されており、生存者の座席は白抜き、空席の座席には斜線が書かれている。『空席 B』は、この『日航123便の座席表』の空席を示す座席の数を数えたものである。
従って、この記載が正しいのであれば、ほんとうの乗客数は『528-31=497』人ということになる。
そうだとすると、『509-497=12』人はどういうことなのであろうか。
わたしは、①四つのエンジンの落下状況が示しているのは、ミサイル狙撃の証拠。であること、また②五つの車輪の落下状況が示しているのは、ソフトランディングを阻止するためにしたミサイル狙撃の証拠、である。と判断して明示してきたが、再度提示する予定である。この乗客数異常が示すものは、上記①と②の証拠を補強する三つ目の証拠③である。そして、12人はミサイル狙撃を行った戦闘機などを操縦していたパイロットの数である。









by kanakin_kimi | 2017-07-25 21:23 | 告発・日航機123便事件 | Comments(0)

引き取り手のない遺体-遺体の数は多かった - 


524-4=520
引き取られず埋葬された遺体はだれか

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『付図ー5 胴体ステーション及び座席配置図』によると、座席配列ーR10 旅客 528名 となっている。したがって、これによる機体各部位の座席数は次のようになっている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 A部位 1階  48席
 A部位 2階  16席
 B部位    78席
 C部位    126席
 D部位    102席
 E部位    158席
 合 計    528席  である。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ところが、『座席別遺体散乱状況図』に示されている乗客数は次のようになっている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 A部位 1階   48席  48名 差し引き 0
 A部位 2階   16席  16名 差し引き 0
 B部位     78席  81名 差し引き+3
 C部位     126席  127名 差し引き+1
 D部位     102席  89名 差し引き-13
 E部位     158席  148名 差し引き-10
 合 計     528席 509名 差し引き-19   である。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
つまり、座席装着数よりも乗客数が多い、B 部位の+3と C 部位の+1 というのはどのような意味を暗示しているのか。また、『座席別遺体散乱状況図』が示す乗客数509-19=490 という数字がでてくるが、これを後に出てくる数字 497-490=7 という数字が出てくる。これもなんらかの暗示なのであろうか。
さらに、これに加えて空席の存在とその位置が問題になってくる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
A 部位の2階16席と1階48席の合計64席は満席であるから空席はない。
B 部位の、            78席には, 空席は、1席あった。
C 部位の、 126席には、  空席は、 3席あった。
D 部位の、           102席には、  空席は、14席あった。
E 部位の、           158席には、  空席は、13席あった。
空席の合計数は、1+3+14+13=31席 である。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この数字が正しいとすれば、528-31=497 となる。これが本当の乗客数なのであろうか。
そうだとすると、509-497=12 は何を暗示するのか。
そして、乗客数は本当は何人だったのであろうかという問題が浮き彫りにされてくる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
乗客数が示した狙撃事件の核心証拠
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この問題は、私の洞察では、
自衛隊誘導機の1機又は2機・
U 字溝に墜落した高高度偵察機・
ハナシ鶏の頭部に落下または集められた、ミサイル狙撃をしたステルスF117が3機+α
計(5機+α)×2人=10+2α人の遺体を乗客数に紛れ込ませる意図がそこにあると考えられる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そして、生存者4人以外にまだ生存者が3人あったとしても、ひた隠しにする理由はそこにあるのではないかと考えるのである。

by kanakin_kimi | 2016-04-26 19:10 | 告発・日航機123便事件 | Comments(0)

告発・ホロコースト日航機123便事件 3

戦争終焉のマニュアル
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1、第一のマニュアル
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
戦争を作り出すメカニズムを事前に崩壊させる事

「戦争の終焉」とは、戦争を作り出そうとする者の行動やその情報を素早く見抜き、それを把握して世界市民に公開する事によって「戦争を工作する意図をくじき、事後に戦争責任を裁判で問うため、損害賠償を負担させる事が出来る状態にする事である。そして、何よりも人身災害にいたる戦争を起こさせない、戦争を作り出すメカニズムを事前に崩壊させる事である。」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2、第二のマニュアル
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
世界市民のみんなが賢くなるシステムをつくる事

「民族や国家や階級といった差別のシステムが当たり前のように思わされてきた。ゆとりのあるものが努力をすれば、ゆとりのないものがそれ以上に努力しても勝れない必然がある。それが環境である。紛争や戦争は、ゆとりのないもののやっと出来た微かな、そのゆとりの環境を破壊するのである。紛争や戦争を作り出すメカニズムを事前に崩壊させる事によって世界市民みんながゆとりのある環境を共有できるようにする事である。」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3、第三のマニュアル
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
地球は地球に生存するもの全ての共有場である事

「森羅万象の精霊を敬い、生きとし生くるもの・死にとし死ぬるものの八百万の神々を尊崇する。」ことを、日本では「縄文人以来持ち続けている生き方である。」世界の原住民・アボリジニ・他多数の呼び名があるがそれらはほぼ同じ発想であろう。新しくもたらされた文化に驚かされ、翻弄されてきたけれど、それを学び吸収してみると、最後に「森羅万象の精霊を敬い、生きとし生くるもの・死にとし死ぬるものの八百万の神々を尊崇する。」生き方に勝るものはない事がわかる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ITCCS 報告
祝カナタ共和国建国
e0011938_1241221.jpg

by kanakin_kimi | 2014-08-13 09:13 | 告発・日航機123便事件 | Comments(0)

ホロコースト・日航機123便事件を告発する 5

民間防衛の基礎捜査
 群馬県警察本部が「123便墜落」の報を受け、救難体制を整えていた。と本部長河村一男氏は「123便、捜索の真相」に書いている。土地勘のあるM氏らがバイクを走らせ、現地に到着したのが午前4時前後頃といっている。そのとき、既に自衛隊員らが50人程いてヘリコブターに荷物を上げている。所と遭遇したという。しかし後に、自衛隊はその時刻には行っていないとの公式発言がある。結局、現地には公式上自衛隊も警察機動隊も8月12日19時から翌日13日7時34分まで行っていない。という事になっている。そこでこの問題は、他の人にお願いするとして、群馬県警が現地にはいって、救助活動とともに、現場検証を行ったとしている資料が河村一男氏の「日航機墜落123便、捜索の真相(1)」「日航機遺体収容123便、事故処理の真相(2)」に掲載されているのでそれを使って検証しようと思う。なお、これらの資料について遺族の方々に正していただくとありがたい。 

座席別遺体散乱状況図





 表題の資料は、(2)の96ページに「図1、座席別遺体散乱状況図」がある。これを基礎資料として、
B4を二枚つなぎ合わせた大きさに拡大コピーする。それに蛍光カラーペンで色分け塗色する。機内座席別の区分がされているので、前部から後部までの乗員15人を緑色・次の1階48人と2階16人を黄色・
次の81人を青色・127人をピンク色・89人をそのまま半黒・144人をそのまま黒色・生存者4人を橙色に塗色する。そうすると、この座席別遺体散乱状況図の全体を眺めるとすげの沢に黒色のほとんどが固まるように分布しており、中心部に生存者4人が位置している。最後部の乗員2人が見えるのでほぼ最後部の乗員2人と乗客144人のうち142人がほぼ座席位置のままソフトランディングで着地したと考えられる。左回りに旋回下降して着地寸前にプルアップでフワッと浮いた最初に、後部より二番目の半黒89人と乗務員3人の位置にミサイルが撃ち込まれた。これにより乗員2人と半黒89人のほとんどが爆殺離断分散させられている。続いて、左旋回の慣性を保ちながら110メートル離れた北西斜面に機体胴部が爆破によりちぎれて主翼片面を落としながら地面をはい滑る形で南斜面へと進んでいく。その過程で、北西斜面で西から二発目のミサイルが、北から三発目のミサイルが撃ち込まれた。そして、南斜面から四発目のミサイルがコックピットに撃ち込まれた証拠であり、いずれも遠心力を凌駕する爆発力で吹き飛ばされているものと推察できる。座席別遺体の散乱状況と遺体の損壊状況がそれを証明しているのである。これは、乗客・乗員が自分の体で真実を伝えているのである。あだやおろそかにしてはならない。遺体の真実の声を徹底的に聞き取る事である。
 そして、遺体の損壊状況が示す中に「二度焼き」の状況があれば、ソフトランディング墜落とミサイル攻撃による「墜落破壊と爆発破壊」があって、なおかつその後に「高熱で破壊する隠滅工作」があった事を示しているのである。
 したがって、座席別遺体散乱状況図から123便は「左旋回下降している事」と「ソフトランディングを成功させている事」および、その瞬間しゅんかんに「ミサイル攻撃があった事」を如実に示している。そこから、123便の墜落地点への航跡がどのようなものかも明らかになる。また同時に、最後迄執拗に追跡しミサイル攻撃を加えた戦闘機とその攻撃からの救助のために自衛隊機2機がこの瞬間で交戦した痕跡が戦闘機の撃墜された跡として残骸が散乱しているはずで、それが第一現場の一本から松・第二現場・第三現場のU字溝・第五現場の水平尾翼としているものなどである。このことから、墜落点としている場所の状況が「激突」を示すものであれば、戦闘機の激突の可能性をも考えるべきである。
 ともかく、その墜落地点を「日航機123便が墜落激突した地点」だとしている判断はもはや破綻しているのである。

フライトレコーダの解析による航跡の推定図




 表題の資料は、(2)の257ページの「フライトレコーダの解析による航跡の推定図」である。墜落地点への航跡を「第一現場の一本から松・第二現場・第三現場のU字溝・第四現場の墜落地点というルートを某大学教授がフライトレコーダの解析から導き出した右旋回の航跡と合体させて、逆行的構成をした推定図」である。
 ところが、これは「123便単独の墜落激突事故」に結論づけるためだけの、「関係者が奮闘努力した検証結果のひとつである座席別遺体散乱状況図そのものが示す事実とも矛盾する」ものであった。
 これらを見ると、高村一男氏が知ってかしらずか、事実認定上の「内部分裂による破綻」を起こしているのである。あるいは、これは「座席別遺体散乱状況図」を提出する事にこだわった人々が示した「長明効果」なのかもしれない。

ホロコーストは凍思させる
 「ユダヤ人大虐殺」というホロコーストが、ロスチャイルド・イルミナティによる「ドイツ民族凍思」の手法であった。「南京大虐殺や慰安婦問題、強制連行問題」もまたロスチャイルド・イルミナティによる「日本民族凍思」の手法である。それとおなじで、「ホロコースト・日航機123便事件」もまた「日本民族凍思」の手法に陥らせられていたのであろう。
 残虐な光景は、人を凍らせてしまう。そして真実を見極める事すらも凍らせてしまうのである。それをわたしは「凍思」ということにした。

「長明効果」とは、抵抗の証

 真実を述べる事が許されない組織、真実を記述する事が出来ない立場や事態において、真実を書き残そうとした人々が歴史上に多く見られる。それらはその時点においては命がけの事もあったであろう。
 「方丈記」を書いた「鴨長明」の名前を使わせてもらった。「方丈記」を文学作品としてみていない。森羅万象のできごとの本質を見極めようとし、本質を伝えようとしている長明をそこに見たのである。堀田善衛氏の「方丈記私記」からの受け売りになろうが、下級官吏のやるせない想いの中に何ごとか真実を見いだし伝えたいとしているその効果を後の人に見いだしてもらいたいという期待が込められている。そう考えて、さまざまな手法をこらして「真実の証明効果」の「記」であるものを「長明効果」と名付けたのである。
 「告発・袴田事件」でも書いたが、「告発・日航機123便事件」でも書いていくうちに、それらしいものに遭遇している。そのひとつが、「座席別遺体散乱状況図」である。 
by kanakin_kimi | 2014-07-17 16:20 | 告発・日航機123便事件 | Comments(0)