<   2014年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

告発・日航機123便事件 9

戦争終焉のマニュアル
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
戦争を作り出すメカニズムを事前に崩壊させる事
「戦争の終焉」とは、戦争を作り出そうとする者の行動やその情報を素早く見抜き、それを把握して世界市民に公開する事によって「戦争を工作する意図をくじき、事後に戦争責任を裁判で問うため、損害賠償を負担させる事が出来る状態にする事である。そして、何よりも人身災害にいたる戦争を起こさせない、戦争を作り出すメカニズムを事前に崩壊させる事である。」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日航機123便事件・・・・・・・・告発の目的
 1985年8月12日に発生した日本航空123便乗員乗客あわせて524+1人(母胎児)に対する「墜落事故」と見せかけた「殺人及び殺人未遂事件」とこの事件に対する人命救助活動をしていた自衛隊員2人を殺した事件、その事実の証拠を保管した自衛官を真実を隠蔽するために「自殺」に見せかけた「殺人事件」などを I T 世界に設置されるであろう「世界市民裁判所」に告発する事にした。
 それは、近年[公的機関や政府などが民間人の無防備につけ込んで「事故」や「自殺」と見せかけた「謀略的殺人」を「無政府的に行使」している事例が増加している] 。それは、I T の進展によって、真相が速やかに知られるようになった事から事例の増大が認識されており、その反射として謀略の事例となる状態に対する抑止力が生じる一方で従来の報道機関や公的機関が権力構造に取り込まれて、情報を公開するべき仕事をしないために見えなくしている状態と見られる。それらの全てを顕現させた「85・8・12日航機123便事件」が発生したのである。従って、[この事件の真実を誰にでもわかるものに明らかにして、その犯罪責任を当時の総理大臣中曽根康弘らに取らせ、処罰することこそが「民間防衛」の実現とその証明である]事を認識させられたからである。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
急の事件 3
 
 「真実」は「実態真実」と「仮想真実」に大別できる。私たちが通常扱っている「真実」というのは、情報やデータなどで再構成した「仮想真実」である。何故なら「実態真実」は時間・空間に連続しているので、それをリアルタイムに認識する事は出来ないからである。
 「仮想真実」は、「実態真実」の一部でしかない。だから「仮想真実」を有効に連結して「実態真実」により近い「統合仮想真実」として認識を形成するのである。
 一方、証拠の隠滅や証拠のねつ造というのは、すべてを隠滅したりねつ造する事はかえって虚構そのものが発見されやすくなるので、限度を超えた「隠滅・ねつ造」はできないのである。
 この事件では、証拠そのものを隠滅したり、ねつ造したりする事に躊躇していない。現場検証すらしていない。或は秘匿している。これほどの大事件に対して、大胆ですらある。これが出来るのは、日本国の国家権力を総動員できるものが関与しているからである。現場の検証をしていないし、事故調も真相を究明しようとせず、はじめから「圧力隔壁事故」に結論づける以外の何ものでもなかった。しかも、それを最初から準備していたのが NTSB( 国家運輸安全委員会 )であるようである。Wikipediaから抜粋すると次のようになっている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
アメリカの国家運輸安全委員会について[国家運輸安全委員会 US-NTSB-Seal.svg
組織の概要 設立年月日1967年4月1日 継承前組織米国民間航空委員会 管轄 アメリカ合衆国連邦政府
本部所在地490 L'Enfant Plaza, SW, Washington, D.C.
人員359 (2006) 年間予算7670万米ドル (2006) 行政官デボラ・ハースマン(委員長)
クリストファ·ハート(副委員長) ウェブサイト www.ntsb.gov
国家運輸安全委員会(こっかうんゆあんぜんいいんかい、National Transportation Safety Board、NTSB)は、アメリカ合衆国における輸送に関連する事故を調査し、原因を究明し対策を研究し将来の事故を防止する目的で勧告等を行う独立国家機関。
強い独立した権限を有し、航空機操縦士、航空機関士、整備士、船舶乗組員等のための海難審判庁や裁判所に類似する機能も有する。

歴史ーアメリカ運輸省と強く結びついているが1967年に独立組織として設立された。これらの結びつきは1975年に成立した独立安全委員会法(Independent Safety Board Act)の下で解消され、完全な独立機関となった。設立されて以来、12万4000件以上の航空事故の調査を行っている。
任務ー事故調査の対象は以下の通り。
米国における民間航空機および事業用航空機の事故全て
高速道路事故のうち、調査する必要があると認められるもの
旅客を輸送する鉄道事故全て、および重大な鉄道事故(死者発生または損害額が大きいもの)
全ての海難事故
重大なパイプライン事故(死者発生または損害額が大きいもの)
輸送中の危険物・有害廃棄物の漏洩・排出等全て
自然環境により繰り返し発生する輸送機関事故のうち、調査する必要があると認められるもの
ただし、司法長官が犯罪に関連していると判断した事案については、調査を捜査機関に引き継ぐ事が出来るとされる。
また、下記項目も所掌する。
米国が関係する航空事故への調査員派遣(全世界・米国製の機体による事故の場合で、主に現地の事故調査委員会への調査協力など)
民間航空事故データベースの維持
輸送の安全性に関する研究調査
航空機操縦士・航空機関士・整備士・船舶乗組員等のための裁判所
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 では何のために123便を撃墜する必要があったのか、つまり「目的」がなんであるか。これから浮かび上がってくるだろう。


 ソフトランディングを成功させた・・・・JAL123便に
 襲いかかるミサイル
by kanakin_kimi | 2014-06-09 19:09 | 告発・日航機123便事件 | Comments(0)

告発・日航機123便事件 8

戦争終焉のマニュアル
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
戦争を作り出すメカニズムを事前に崩壊させる事
「戦争の終焉」とは、戦争を作り出そうとする者の行動やその情報を素早く見抜き、それを把握して世界市民に公開する事によって「戦争を工作する意図をくじき、事後に戦争責任を裁判で問うため、損害賠償を負担させる事が出来る状態にする事である。そして、何よりも人身災害にいたる戦争を起こさせない、戦争を作り出すメカニズムを事前に崩壊させる事である。」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日航機123便事件・・・・・・・・告発の目的
 1985年8月12日に発生した日本航空123便乗員乗客あわせて524+1人(母胎児)に対する「墜落事故」と見せかけた「殺人及び殺人未遂事件」とこの事件に対する人命救助活動をしていた自衛隊員2人を殺した事件、その事実の証拠を保管した自衛官を真実を隠蔽するために「自殺」に見せかけた「殺人事件」などを I T 世界に設置されるであろう「世界市民裁判所」に告発する事にした。
 それは、近年[公的機関や政府などが民間人の無防備につけ込んで「事故」や「自殺」と見せかけた「謀略的殺人」を「無政府的に行使」している事例が増加している] 。それは、I T の進展によって、真相が速やかに知られるようになった事から事例の増大が認識されており、その反射として謀略の事例となる状態に対する抑止力が生じる一方で従来の報道機関や公的機関が権力構造に取り込まれて、情報を公開するべき仕事をしないために見えなくしている状態と見られる。それらの全てを顕現させた「85・8・12日航機123便事件」が発生したのである。従って、[この事件の真実を誰にでもわかるものに明らかにして、その犯罪責任を当時の総理大臣中曽根康弘らに取らせ、処罰することこそが「民間防衛」の実現とその証明である]事を認識させられたからである。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
真相解明の手法 
 出来るだけシンプルにする事であり、争点を絞り込む事だと考える。したがって、「安定飛行機能を喪失させた事件」が第一の「序の事件の問題」である。その「原因を明らかにせず、ねつ造した事件」が第二の「破の事件の問題」である。そして「真実を隠蔽するために工作した口封じ事件」が、第三の「急の事件の問題」である。
 この三つの事件が重層的にあり、上記の三つの問題に対応する三つの「真実の流れと虚構の流れの分かれ目となる分水嶺」があると考えた。
 通常の「事件」は「一定の狭い場所」に限られた狭い範囲での「隠蔽」「ねつ造」が行われるが、「航空機事件」の犯行現場が「多国籍が混在する」事にともなう広域な権力構造が支配する、重層的な「隠蔽」「ねつ造」が行われるためにそれに対応する多様重層的な事件が発生している。他方、国際権力(ロスチャイルドイルミナティ)が強引に介入して起きている事件であるのに自虐的に国内問題として処理するために訳の分からない問題となっているのである。 1997年5月に発生した「A 少年事件」では、5月24日昼食直後に事件が発生しているのに、5月27日に校門門柱上に少年の切断された首が発見された事によって、あたかもそこから事件が発生したかのような「酒鬼薔薇錯覚」をさせることによって「冤罪」へ誘導していった手法と一緒なのである。何故かというと「謀略機関の作為事件」だからである。「謀略機関の作為」に二通りが考えられる。「序」について、本事件のように最初から作為がある場合と、偶然に起きた事件を利用する場合(A少年事件)のそれである。 そこで「序」の原因を訳の分からないものに破壊する「破」を持ってきて、後は「急」いで、さらさらと逃げようとしているので、それに対峙して「真相事実を整理」して、この事件の本質を明らかにするつもりである。 真相解明は既にほとんど I T 上に詳しく研究されていると判断している。したがって、さらに屋上おくを重ねる情報を収集する時代は過ぎたのだと思う。これからは、この事件の本質を多くの人に知らせ、認識を深める時であると考えている。
 この事件の周辺で、さまざまな事件が起きていた。わたしは、冤罪事件を追究する中で学んだのは、核心事件と周辺事件がある事である。市民の目をかく乱するために、周辺事件を工作し核心事件を忘れさせ、見えなくさせるのである。しかし、この事件の周辺事件は逆にもみ消されている。つまり、周辺事件が核心事件を補強している場合もある事である。123便の乗客乗員の命を助けようとしていた人々が周辺事件に消し去られていたようである。わたしは、核心事件をシンプルにその因果関係を明らかにし、真犯人が誰で・その目的は何かを抉り出していきたい。
http://hyouhei03.blogzine.jp/photos/uncategorized/2010/08/03/p1010281_convert_20100603234849.jpg
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
告発・・・・・・・・・日航機123便事件 8
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 本質を見極めるために、序・破・急 という「謀略のシナリオ」に沿って「事件のシナリオ」を大別して「序の事件」「破の事件」「急の事件」に分けた。この三つの事件それぞれの虚構と真実の分水嶺を発見する事にした。何故そうするかというと、せっかく真実に近づきながら最後の詰めを間違えて無駄にしないためである。「分水嶺」は、今迄の経験則で云えば「時間の分水嶺」と「場所の分水嶺」があると考えているのであるが、この事件は何か別の要素があるような気がするので、それにこだわらずに検討する事にしている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

急の事件 2

 プロの間で重大な事に当たらざるを得ない問題を共有し、それを共通の認識にした時余分の言葉はいらないかもしれない。また、東京ACCや東京APCとの交信に信をおけなくなった時、余計な言葉を出さなくなったとしてもおかしくはない。しかし、最後の決意をした「ソフトランディング」を成功させるための最小限の会話はあったはずである。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「53分58秒 やろうか?(航空機関士)、はい(副操縦士)」「53分59秒 [社用無線呼び出し音鳴り出す]」「54分03秒 はい左、レフトターン(機長)、はい(副操縦士)、はい119(航空機関士)、レフトターン(機長)、119てん7です(航空機関士)」「54分18秒 [社用無線呼び出し音止む]」「54分19秒 ジャパンエアー123、えー119てん7、セレクトしました(航空機関士)、リクエストポジション=機の位置をきけ=(機長)、リクエストポジション(航空機関士)」「54分25秒 ジャパンエアー123、リクエストポジション?(同)」「54分38秒 ノースウエストオブハネダ=羽田の北西=えー(同)-----あーえー、何マイルですか?(同)」「54分46秒 頭下げろ(機長)、------(?)、舵いっぱい(副操縦士)」「54分55秒
はい了解。熊谷から25マイル、ウエスト=西=だそうです(航空機関士)」「55分01秒 フラップおりるね?(機長)、はいフラップじゅう(10)=10度、ややフラップを出した状態=(副操縦士)」「55分15秒 頭上げろ(機長)、はい、了解しました(航空機関士)、頭上げろ(機長)」「55分19秒 頭上げろ(同)」「55分27秒 頭上げろ(同)」「55分34秒 ずっと前から支えてます(副操縦士)」「55分36秒 -----からの交信はちゃんとつながっております。えーその他-------(スチュアーデス)」「55分42秒 パワー(副操縦士)、フラップとめな(機長)」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「53分58秒のときには高度は3500〜4000メートルである。位置を確認して「熊谷から25マイル西」の時高度は3400メートルである。三国山上空に近い。
ー ①、降下中の123にミサイル発射 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「55分45秒 あーっ( ? )」ー[この時、何が起きたのか、思わずくっついちゃう事態の原因は何か?]
「55分47秒 パワー(機長)、フラップ、みんなでくっついちゃあだめだ(同)、フラップアップ、フラップアップ、フラップアップ、フラップアップ(副操縦士)、フラップアップ(機長)、はい(副操縦士)」
 [機長がみんなを落ち着かせている様子がうかがわれる。   ]
「55分56秒 パワー(機長)、パワー(同)、フラップ(同)、あげてます(航空機関士)」「56分04秒 頭上げろ(機長)」「56分07秒 頭上げろ(同)」「56分10秒 パワー(同)」「56分12秒 [火災警報の音]」「56分14秒 [GPWS=地上接近警報=の音] 
          ”シンクレイト=降下率注意=”
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 わたしは、ミサイルを発射したのを目撃した機長の声であり、降下している機体に直撃している。それが火災の原因だろう。ボイスレコーダーはこの衝撃音をとらえているはずである。
ー ② さらに、ミサイルが発射されるーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「56分12秒(つづき) ”ウーウー、プルアップ=引き起こせ=、ウーウー、プルアップ、ウーウー、プルアップ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 わたしは、ソフトランディングのためのプルアップをする必死の機長の激闘の声をここに聞いている。副操縦士の声、航空機関士の声はどうしたのか?
ー ③ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「56分21秒 --------- (機長)、”ウーウー、プルアップ ”」「56分23秒 [ 衝撃音 ]  ”ウーウー,プルアップ " 」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 わたしは、ミサイルの衝撃音を聞いている。それでも機長のソフトランディングへの執念のプルアップの声が続いている。そしてソフトランディングに成功した。機体はコックピットをもたげふわっと浮いた。
ー ④ そこへコックピットめがけてミサイルを撃ったーーーーーーーーーーーーー
「56分26秒 [ 衝撃音 ] 」「56分26秒 ー 録音終了 ー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「18時57分 高度2950メートル [ 機影消失 ] 」 これは、最後のミサイルを撃った戦闘機が失速して墜落したのであろう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 ソフトランディングを成功させた・・・・JAL123便に
 襲いかかるミサイル

 




 
by kanakin_kimi | 2014-06-08 22:05 | 告発・日航機123便事件 | Comments(0)

告発・日航機123便事件 7

戦争終焉のマニュアル
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
戦争を作り出すメカニズムを事前に崩壊させる事
「戦争の終焉」とは、戦争を作り出そうとする者の行動やその情報を素早く見抜き、それを把握して世界市民に公開する事によって「戦争を工作する意図をくじき、事後に戦争責任を裁判で問うため、損害賠償を負担させる事が出来る状態にする事である。そして、何よりも人身災害にいたる戦争を起こさせない、戦争を作り出すメカニズムを事前に崩壊させる事である。」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日航機123便事件・・・・・・・・告発の目的
 1985年8月12日に発生した日本航空123便乗員乗客あわせて524+1人(母胎児)に対する「墜落事故」と見せかけた「殺人及び殺人未遂事件」とこの事件に対する人命救助活動をしていた自衛隊員2人を殺した事件、その事実の証拠を保管した自衛官を真実を隠蔽するために「自殺」に見せかけた「殺人事件」などを I T 世界に設置されるであろう「世界市民裁判所」に告発する事にした。
 それは、近年[公的機関や政府などが民間人の無防備につけ込んで「事故」や「自殺」と見せかけた「謀略的殺人」を「無政府的に行使」している事例が増加している] 。それは、I T の進展によって、真相が速やかに知られるようになった事から事例の増大が認識されており、その反射として謀略の事例となる状態に対する抑止力が生じる一方で従来の報道機関や公的機関が権力構造に取り込まれて、情報を公開するべき仕事をしないために見えなくしている状態と見られる。それらの全てを顕現させた「85・8・12日航機123便事件」が発生したのである。従って、[この事件の真実を誰にでもわかるものに明らかにして、その犯罪責任を当時の総理大臣中曽根康弘らに取らせ、処罰することこそが「民間防衛」の実現とその証明である]事を認識させられたからである。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
真相解明の手法 
 出来るだけシンプルにする事であり、争点を絞り込む事だと考える。したがって、「安定飛行機能を喪失させた事件」が第一の「序の事件の問題」である。その「原因を明らかにせず、ねつ造した事件」が第二の「破の事件の問題」である。そして「真実を隠蔽するために工作した口封じ事件」が、第三の「急の事件の問題」である。
 この三つの事件が重層的にあり、上記の三つの問題に対応する三つの「真実の流れと虚構の流れの分かれ目となる分水嶺」があると考えた。
 通常の「事件」は「一定の狭い場所」に限られた狭い範囲での「隠蔽」「ねつ造」が行われるが、「航空機事件」の犯行現場が「多国籍が混在する」事にともなう広域な権力構造が支配する、重層的な「隠蔽」「ねつ造」が行われるためにそれに対応する多様重層的な事件が発生している。他方、国際権力(ロスチャイルドイルミナティ)が強引に介入して起きている事件であるのに自虐的に国内問題として処理するために訳の分からない問題となっているのである。 1997年5月に発生した「A 少年事件」では、5月24日昼食直後に事件が発生しているのに、5月27日に校門門柱上に少年の切断された首が発見された事によって、あたかもそこから事件が発生したかのような「酒鬼薔薇錯覚」をさせることによって「冤罪」へ誘導していった手法と一緒なのである。何故かというと「謀略機関の作為事件」だからである。「謀略機関の作為」に二通りが考えられる。「序」について、本事件のように最初から作為がある場合と、偶然に起きた事件を利用する場合(A少年事件)のそれである。 そこで「序」の原因を訳の分からないものに破壊する「破」を持ってきて、後は「急」いで、さらさらと逃げようとしているので、それに対峙して「真相事実を整理」して、この事件の本質を明らかにするつもりである。 真相解明は既にほとんど I T 上に詳しく研究されていると判断している。したがって、さらに屋上おくを重ねる情報を収集する時代は過ぎたのだと思う。これからは、この事件の本質を多くの人に知らせ、認識を深める時であると考えている。
 この事件の周辺で、さまざまな事件が起きていた。わたしは、冤罪事件を追究する中で学んだのは、核心事件と周辺事件がある事である。市民の目をかく乱するために、周辺事件を工作し核心事件を忘れさせ、見えなくさせるのである。しかし、この事件の周辺事件は逆にもみ消されている。つまり、周辺事件が核心事件を補強している場合もある事である。123便の乗客乗員の命を助けようとしていた人々が周辺事件に消し去られていたようである。わたしは、核心事件をシンプルにその因果関係を明らかにし、真犯人が誰で・その目的は何かを抉り出していきたい。
http://hyouhei03.blogzine.jp/photos/uncategorized/2010/08/03/p1010281_convert_20100603234849.jpg
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
告発・・・・・・・・・日航機123便事件 7
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 本質を見極めるために、序・破・急 という「謀略のシナリオ」に沿って「事件のシナリオ」を大別して「序の事件」「破の事件」「急の事件」に分けた。この三つの事件それぞれの虚構と真実の分水嶺を発見する事にした。何故そうするかというと、せっかく真実に近づきながら最後の詰めを間違えて無駄にしないためである。「分水嶺」は、今迄の経験則で云えば「時間の分水嶺」と「場所の分水嶺」があると考えているのであるが、この事件は何か別の要素があるような気がするので、それにこだわらずに検討する事にしている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

急の事件 1

 機長達に残された手段は、もはや「自力のソフトランディング」しかなかった。
 運輸省官僚がねつ造し、公表した、「事故機と地上(東京ACCと東京APC)との無線交信記録」の三つの「アンコントロール」を発したとしている時刻、18時47分17秒と53分31秒から「ボイスレコーダーやフライトレコーダー」に残されたとされる最後の「衝撃音」の時刻18時56分26秒までの残された時間は「2分55秒」である。その凄まじいコックピットの激闘を伺ってみよう。「アンコントロール」がいかに違和感を発しているかを浮かび上がらせるだろう。少し遡行して見よう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「46分44秒 ちょっと----(機長)、はい(副操縦士)、もっとノーズダウン下げ(機長)、はい(副操)」「47分01秒 ----------しますから。エルロン-------(副操縦士)」「47分16秒 ハイドロクオンティ=油量=がオールロスしてきちゃったですからなあ(航空機関士)」「47分25秒 高度はだいぶ降りてます。もうすぐ酸素はいらなくなります(スチュワーデス)」「47分28秒 [客室高度警報音いったん止む]「47分39秒 おい山だぞ(機長)、はいどうぞ(航空機関士)、ターンライト(機長)、山だ(機長)、はい(副操縦士)、コントロールとれ右、ライトターン(機長)、赤ちゃんづれの方、背に、頭を、座席の背に頭をささえて------にしてください。赤ちゃんはしっかり抱いてください。ベルトはしてますか? テーブルは戻してありますか? 確認してください(スチュアーデス)」「47分52秒 ライトターンですね?(副操縦士)、山にぶつかるぞ(機長)、はい(副操縦士)、ライトターン(機長)」「47分58秒 [客室高度警報音再び鳴り出す]」「47分59秒 マックパワー=出力最大=(同)、マックパワー(副操縦士)、がんばれー(航空機関士)、あー二人でやらなくていい(機長)」「48分05秒 レフトターンだ(同)
」「48分08秒 レフトターン(同)、はい(副操縦士)、パワーあげろ(機長)、レフトターン、今度は(機長)、-----の際は、あのー予告しないで着陸する------(スチュアーデス)」「48分12秒 レフトターン(機長)」「48分18秒 パワーちょっと絞って(同)」「48分19秒 あー右、右、あったまさげろ(同)、いま舵いっぱい(副操縦士)」「48分28秒 [客室高度警報音止む]」「48分32秒 じゃ---できる?(機長)、ききません(副操縦士)、あったまさげろ(機長)、よし(同)」「48分40秒 山いくぞ(同)、肺(副操縦士)、出ない(機長)」「48分51秒 ふかしましょうか?(副操縦士)、パワーパワー(機長)」「48分53秒 [客室高度警報音鳴り出す]」「48分54秒 ハー、ハー、ハー、ハー、ハー(機長の荒い呼吸音)」「48分59秒 パワー(機長)」「49分00秒 ハー、ハー、ハー、ハー(機長の呼吸音)」「49分03秒 [社用無線呼び出し音鳴り出す]」「49分11秒 ふかしましょう、ふかしましょう(航空機関士)、ライトターン(機長)、----( ? )」「49分39秒 あーだめだ-----(機長)、ストール(同)、マックパワー、マックパワー、マックパワー(同)、ストール(同)」「49分46秒 [失速警報]、はい高度落ちた(機長)」「50分06秒 スピードが出ていますスピードが出ています、スピードが(副操縦士)」「50分09秒 どーんといこうや(機長)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  運輸省官僚がねつ造し、公表した、「事故機と地上(東京ACCと東京APC)との無線交信記録」の三つの「アンコントローラブル」を発したとしている時刻、18時47分17秒のものは、ボイスレコーダー・フライトレコーダーには出てこない。その近辺には[「47分01秒 ----------しますから。エルロン-------(副操縦士)」「47分16秒 ハイドロクオンティ=油量=がオールロスしてきちゃったですからなあ(航空機関士)」「47分25秒 高度はだいぶ降りてます。もうすぐ酸素はいらなくなります(スチュワーデス)」]というものがあり、副操縦士の「47分01秒 ----------しますから。エルロン-------(副操縦士)」という、意味不明の箇所があるが高度も下がりマスクも外せると希望を持たせる状況が語られている。
 だから、ボイスレコーダーなどからも「クルー達のやり取りがカットされている節がある」とわたしは判断しているけれども、それでも公表されている部分からでも「クルー達が、高浜機長の判断に信頼を寄せて一致団結して「ソフトランディング」を受け入れ協力していく様子が浮き彫りにされている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「50分27秒 がんばれ(機長)、はい(副操縦士)、マック(航空機関士)」「50分30秒 頭下げろ(機長)、はい(副操縦士)、がんばれがんばれ(機長)、いまコントロールいっぱいです(副操縦士)、マックパワー(航空機関士)」「50分36秒 スピードが減ってます、スピードが(副操縦士)」「パワーでピッチ=ピッチング、縦ゆれ=はコントロールしないとだめ(機長)、パワーコントロール=出力調整=がいいです、パワーコントロールさしてください(航空機関士)、はい(機長)、スピード、220ノット(副操縦士)、はい(航空機関士)、頭下げるな、下がってるぞ(機長)、はい(副操縦士)」「51分04秒 下がってるぞ (機長)、はい(副操縦士)、あったま上げろ、上げろ(機長)」「51分08秒 フラップは?(副操縦士)、下げましょうか(航空機関士)、おりない(機長)、いや、えー、あのオルタネートで(航空機関士)、オルタネートかやはり(機長)、えーオルタネートです(航空機関士)」「51分23秒 頭下げろ(機長)、他はいい、あんたは自分とこやれ(機長)、両手で(機長)、はい(副操縦士)、頭下げろ(機長)、はいパワー(同)、パワーふかします(航空機関士)」「51分38秒 フラップ出てますから、いま(同)、はい(機長)、頭下げろ(機長)」「51分48秒 つっぱれ(同)」「52分11秒 [社用無線呼び出し音止む]」「52分26秒 いまフラップ、オルタネートで出てますから(航空機関士)、ラジャー(副操縦士)、あったま下げろ(機長)、はい(副操縦士)」「52分39秒 頭下げろ(機長)、はい(副操縦士)」「52分51秒 かわりましょうか?(副操縦士)、かわってやって(機長)」「53分15秒 頭上げよ(機長)」「53分20秒 パワー(機長)、いれます(副操縦士)」「53分31秒 えーアンコントロール、ジャパンエアー123、アンコントロール(機長)」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 どうでしょう、やはり「取ってつけた入れかたではないだろうか」。クルーの生死をかけた緊張感が満ち満ちて、もはや「どこでソフトランディングするかというイメージを共有」しているクルーのやり取りの中で、「アンコントロール=操縦不能」というフレーズは、全く意味をなさないのではないだろうか。この「アンコントロール=操縦不能」というフレーズを入れる必要を感じているものの意図は何であろうか。すでに「危険物として処理をする」というその根拠を「証拠づける」意味でしかないのである。
 クルーの激闘は「ソフトランディング」に向けて集中していく。ソフトランディングのやり方は、わたしの考えでは、紙飛行機を飛ばせば分かる事であるが「着地寸前にふわっとさせるために少し上昇させる」のである。着地点を探し、少しずつ降下していく、左なり右なり旋回しながら降下していって、その降下速度に対する「着地寸前にふわっとさせる効果を得るためにプルアップする」タイミングを見計らって、「プルアップ」するのである。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「53分51秒 はいはい119てん?(機長)、あっ、はい、えーナンバー12(副操縦士)、119てん7(機長)、はい(副操縦士)」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「53分58秒 やろうか?(航空機関士)、はい(副操縦士)」「53分59秒 [社用無線呼び出し音鳴り出す]」「54分03秒 はい左、レフトターン(機長)、はい(副操縦士)、はい119(航空機関士)、レフトターン(機長)、119てん7です(航空機関士)」「54分18秒 [社用無線呼び出し音止む]」「54分19秒 ジャパンエアー123、えー119てん7、セレクトしました(航空機関士)、リクエストポジション=機の位置をきけ=(機長)、リクエストポジション(航空機関士)」「54分25秒 ジャパンエアー123、リクエストポジション?(同)」「54分38秒 ノースウエストオブハネダ=羽田の北西=えー(同)-----あーえー、何マイルですか?(同)」「54分46秒 頭下げろ(機長)、------(?)、舵いっぱい(副操縦士)」「54分55秒
はい了解。熊谷から25マイル、ウエスト=西=だそうです(航空機関士)」「55分01秒 フラップおりるね?(機長)、はいフラップじゅう(10)=10度、ややフラップを出した状態=(副操縦士)」「55分15秒 頭上げろ(機長)、はい、了解しました(航空機関士)、頭上げろ(機長)」「55分19秒 頭上げろ(同)」「55分27秒 頭上げろ(同)」「55分34秒 ずっと前から支えてます(副操縦士)」「55分36秒 -----からの交信はちゃんとつながっております。えーその他-------(スチュアーデス)」「55分42秒 パワー(副操縦士)、フラップとめな(機長)」
ーーーーーーーーーーーーーー ① ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「55分45秒 あーっ( ? )」「55分47秒 パワー(機長)、フラップ、みんなでくっついちゃあだめだ(同)、フラップアップ、フラップアップ、フラップアップ、フラップアップ(副操縦士)、フラップアップ(機長)、はい(副操縦士)」「55分56秒 パワー(機長)、パワー(同)、フラップ(同)、あげてます(航空機関士)」「56分04秒 頭上げろ(機長)」「56分07秒 頭上げろ(同)」「56分10秒 パワー(同)」「56分12秒 [火災警報の音]」「56分14秒 [GPWS=地上接近警報=の音] 
          ”シンクレイト=降下率注意=”
ーーーーーーーーーーーーーー ② ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「56分12秒(つづき) ”ウーウー、プルアップ=引き起こせ=、ウーウー、プルアップ、ウーウー、プルアップ
ーーーーーーーーーーーーーー ③ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「56分21秒 --------- (機長)、”ウーウー、プルアップ ”」「56分23秒 [ 衝撃音 ]  ”ウーウー,プルアップ " 」
ーーーーーーーーーーーーーー ④ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「56分26秒 [ 衝撃音 ] 」「56分26秒 ー 録音終了 ー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「18時57分 高度2950メートル [ 機影消失 ] 」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 ソフトランディング激闘中のもうひといきの・・・・JAL123便に
 襲いかかるミサイル
 
 
by kanakin_kimi | 2014-06-05 16:45 | 洗い出せ・そして公開せよ | Comments(0)

ロスチャイルド・イルミナティを洗い出せ W

戦争終焉のマニュアル

ITCCS 報告
2014年6月2日、特別なお知らせをITCCS
:アムネスティは、教会と国家の犯罪者を保護する人々に提供される
掲示された 2014年6月2日 ブリュッセル:
国際司法裁判所コモンロー裁判所は本日、教皇フランシス、ホルヘBergoglioを含め、これらの団体の首長による犯罪の証拠を提供していますイギリスのバチカンやクラウン/教会のすべての従業員に大赦と報酬を提供した。

「これは前方に来て、ちょうどある何をすべきか、これらの殺人組織の内部者へのアピールであり、右の「ケビンアネット、テレビ放送され、放送中の裁判所に特別補佐、今日は説明した。

「我々はあなたが名前を付け、子どもに対すると教皇、王族や他人が犯した人道に対する罪の確かな証拠を提供する場合は、一般的な恩赦を付与され、これらの中で、あなたの関与で起訴されることはありません、これらの男性と女性に言う犯罪。このアムネスティはまた、内側と検証可能な知識を持つ市民にも及ぶ。 " また、裁判所の検察官は万ユーロまでの報酬は人道に対する罪のトップバチカンや政府関係者の訴追につながる情報のために提供されることを発表しました。
 報酬は、特にホルヘBergoglio(「教皇フランシス」)、アドルフォパッション(イエズス会総長)とジャスティン·ウェルビー(カンタベリー大主教)による子どもの拷問と殺害への関与の証拠を誰に提供されています。
 アムネスティの提供や報酬のどちらかを利用したい人はitccscentral@gmail.comを通じて、または米国内386-323-5774または250-591-4573でフィールド長官ケビンアネットと秘密のメッセージを残すことによって検察に接触することができるカナダで。

これらのオファーおよび裁判所の放送の全文を以下に示します。

シチズン検事局の広報機関によって発行された、正義、ブリュッセルの国際慣習法裁判所
2014年6月2日・www.iclcj.com ・ www.itccs.org

アムネスティ買付けのテキスト:
 こんにちは。私の名前はケビンアネットであり、私は以下の発表を行い、世界のどこに、バチカンとイギリスの王冠のすべての従業員、エージェントに提供することを国際司法裁判所コモンロー裁判所によって承認されています:

 私が話すように、あなたが提供している団体のトップ役員は拷問、人身売買や子供の殺害のために試みられている。教皇フランシス、イエズス会のリーダーアドルフォ·パッション、カンタベリー大主教および他のトップクラウンと教会役員は、すでにこれらの犯罪で起訴されています。彼らは法律の我々の共通の裁判所で証明された後に、バチカン市国や英国の王冠と教会のすべての従業員は、これらの犯罪での合法的に加担とみなされます。と自分にこれらの犯罪で独自の関与の検察と露出を割いて - これは前方に来て、ちょうど、右で何をすべきか、これらの殺人組織の内部者へのアピールです。
裁判所はそのため、あなたの・それぞれ・は1時間だけ提供を行っています。
を名前に名前を付け、これらの犯罪の責任者の証拠を提供し、教皇フランシスと第九サークルカルトやその他の犯罪の残忍な行動で他の関与を確認できた場合は、一般的な恩赦が与えられますし、あなたへの関与またはこれらの犯罪についての知識で起訴されません。この一般アムネスティはまた、内側などで検証可能な知識とあらゆる市民にも及ぶ。
 また、裁判所は、あなたの証拠と文のための万ユーロにこのようなインサイダーの知識を上にしてあなたがたのうちに報酬を与えるでしょう。
この放送の最後に記載されている電子メールや電話番号で裁判所検察庁に連絡することができます。あなたの文は、完全な機密性に保たれます。
 これを知っている:あなたが仕え、従うことを誓った人々は彼らの手に罪のない子供たちの血を持っている巨大な犯罪者である。彼らの犯罪の真実が明らかにされています。
 あなたは正義と無実と立っていない場合は、教会と国家の有罪判決を受けたヘッドを分類されます。
あなたがした忠誠の誓いから解放された。裁判所の合法的な布告は、これらの犯罪者のサービスから降り立つように命じている。あなたが正しいことを行うことは自由なのです。今日では、その自由に関する法律。私たちは、あなたの答えを待っています。  2014年6月2日に発行 
・連絡先:itccscentral@gmail.com ・386-323-5774(米国)・250-591-4573(カナダ)
掲示される アクション:何をすべきか、オーストラリア、カナダ、教会法、カトリック教会、児童売買、イングランドChuch、ローマ教会、コベントリーコモンロー裁判所、Crimen Solicitationas、英国の王冠、イギリス、大量虐殺、カナダの大量虐殺、歴史背景、ローマ法王庁、アイルランド、イエズス会、ジョニー·ビンゴドーソン、ホルヘBergoglio、ジョセフ·ラッツィンガー、ケビンアネット、法的背景、カナダのマスグレイブス、メディアは、バチカン占拠、教皇の欺瞞、ベネディクト、教皇フランシスまず、ハーパー首相を、司法公共国際司法裁判所、公共召喚状、エリザベス女王、カナタ共和国、牧師 ケビンアネット、儀式レイプ、儀式レイプや児童の拷問、ローマ·カトリック教会、悪魔的儀式拷問、生存者や目撃者の証言、国際司法裁判所コモンロー裁判所、TOOS Nijenhuis、カナダ合同教会、バチカン
インタビュー:バチカン、イエズス会は、コモン·ロー裁判所の裁判への対応を余儀なくさ
掲示された 2014年5月30日
教皇フランシス、バチカン、イエズス会は密かにコモン·ロー裁判所の裁判への対応、公共の行為とメディア文を作成 - ケビンアネットとの別れのインタビュー

バンクーバー、BC:2014年5月30日 - 教会と国家の犯罪へのRadioWarrior.caのジョシュアJD LemmensとExopoliticsTVのアルフレッドLambremontウェブレ、ケビンアネット、国際裁判所のフィールド長官との幅広いインタビューで、どのように教皇フランシスを議論、バチカンとイエズス会の階層は密かに彼らが被告である、一般的な法律裁判所の裁判への対応、公共の行為とメディアのステートメントを作成している。・www.iclcj.com ・www.itccs.org
掲示される アクション:何をすべきか、カナダ、教会法、カトリック教会、追加料金公報、児童売買、イングランドChuch、ローマ教会、Crimen Solicitationas、イギリス、大量虐殺、カナダの大量虐殺、歴史的背景、ローマ法王庁、イエズス会、ジョセフラッツィンガー、ケビンアネット、法的背景、カナダのマスグレイブス、メディア、バチカン占拠、ベネディクト、教皇フランシスまず、ハーパー首相、司法公共国際司法裁判所、公共召喚状、エリザベス女王、カナタ共和国、牧師を ケビンアネット、子供の儀式殺人、儀式レイプ、児童の儀式レイプや拷問、ローマ·カトリック教会、悪魔的儀式拷問、生存者の証言や目撃者、国際司法裁判所コモンロー裁判所、TOOS Nijenhuis、拷問、カナダ合同教会、アメリカ合衆国、バチカン
カトリック児童レイプに関連する「悪魔の質量」に教皇の参照は、そのような犯罪の "彼の暗黙知」を《構成:コモン·ロー裁判所...激怒生存者は「サディスティック鈍感」のための教皇の即時辞任を要求
《掲示された 2014年5月27日
ITCCS特別ブレイキングコミュニケ- 2014年5月27日(火曜日) ニュース項目:BBCワールドニュースホルヘBergoglio( "別名"教皇フランシス」)は、悪魔マス」の実行にカトリックの司祭による子どものレイプを比較した」ことを今日報告

ブリュッセル:公に非難し、見かけ上の悪魔的儀式を伴う子どもの人身売買や殺人に参加するために起訴された後、ホルヘBergoglioは、今日、彼は応じカトリック司祭による子どものレイプに関連付けて、彼の教会のような悪魔的実践の「暗黙知」を有することが示された裁判所に今彼を起訴する。

国際司法裁判所コモンロー裁判所の市民検察官は、ブリュッセルにて、言った
「我々の立場は、ホルヘBergoglioの奇妙な発言は偶然ではありませんが、彼は彼の教会内での子どものレイプは、彼自身が参加している悪魔の儀式にリンクされていることを理解していることを明らかにしていることである。私たちは、教皇の発言罪悪感と、この巨大な犯罪の彼の介入のより多くの証拠の暗黙の承認を検討してください。 "
 ルースレオポルド、裁判所への遺族代表団を率いて、カトリックの儀式拷問やレイプの51歳のアメリカ人の生存者は、教会のテロとの彼女のネットワークの他のメンバーへの声明の中で、今日言った
「任意の馬鹿は「悪魔の塊」のようにも言及し、トリガーワードが悪魔の拷問の犠牲者を再傷つけることを知っている。だから我々は法王の発言サディスティック鈍感の最低種類を検討してください。たぶん、彼の言葉は、意図的に、私たちのより多くが、今、私たちは第九サークル儀式殺人に参加している彼を非難していることを、自分自身を殺すように設計されていた。それは彼が辞任時間です。 "
 正義のコモンロー裁判所は、多数の目撃者とアーカイブ文書が明らかに2010年のように、最近の儀式レイプや児童の殺害に教皇フランシス、カンタベリージャスティンウェルビーとイエズス会のヘッドアドルフォ·パッションの大司教をリンクする第3閉じられたセッションの真っ只中にある。パッションは先週辞任を発表し、教皇はまた、彼は「早期退職」を検討していると述べました。
 悪魔の慣行についてBergoglioの発言は、第九サークル活動を隠蔽し、ひそかな手段を通じて裁判所を破壊する教皇の最近の努力を詳述バチカン源からの新たな証拠と一緒に、彼に対する検察の場合には含まれています。この証拠は、検察庁から今後の情報公開のセキュリティ情報で説明される。
 ITCCS中央裁判所の総局が発行した・2014年5月27日・ブリュッセルで掲示される 市民の検察協会、オーストラリア、カナダ、教会法、カトリック教会、特料金、児童売買、イングランドChuch、ローマ教会、コベントリーコモンロー裁判所、Crimen Solicitationas、英国の王冠、イギリス、大量虐殺、歴史的背景、ローマ法王庁は、イエズス会、ホルヘBergoglio、ジョセフ·ラッツィンガー、ケビンアネット、法的背景は、カナダでのミサグレイブス、バチカン占拠、教皇の欺瞞、ベネディクト、教皇フランシスまず、司法公共国際司法裁判所、エリザベス女王、牧師を ケビンアネット、子供の儀式殺人、儀式レイプ、児童の儀式レイプや拷問、ローマ·カトリック教会、悪魔的儀式拷問、生存者の証言や目撃者、国際司法裁判所コモンロー裁判所、TOOS Nijenhuis、拷問、カナダ合同教会、バチカン
ITCCS最新ニュース - 2014年5月25日:被告チャイルドキラートップバチカンオフィスから辞任:彼は人道に対する犯罪で欠席裁判を現状のままでイエズス会のヘッドアドルフォ·パッションは驚くべき発表を行い掲示された・ 2014年5月25日
ローマ:教皇フランシス、ホルヘBergoglioは、理由児童売買と殺人のための彼の公訴の彼のオフィスから辞任することが噂の中、彼の仲間の被告の1だけそうしています。
 イエズス会総長アドルフォ·ニコラスパッションは、彼はイエズス会の次の一般的な大会で彼のオフィスから辞任することを、今週、突然発表した。
 カンタベリージャスティンウェルビーの大司教とともに、Bergoglioとパッションは2014年4月7日に開始ブリュッセル国際司法裁判所コモンロー裁判所で行われている歴史的な刑事訴訟の主な被告である。裁判所のクレームへの沈着を与えているいくつかの目撃者彼らはウェルビー、Bergoglioとパッションが2009年と2010年の間に、悪名高いイエズス会経営の第九サークルカルトに接続されている児童レイプ犠牲の儀式に参加して目撃した。
 一般的に世界のメディアで報告されていない文では、パッション、彼はその理由を与えることなく、彼のオフィスから辞任したことを5月20日に発表した。イタリアのテレビの報道機関ローマレポートは「教会でも有数の高位聖職者の1のために···珍しい「パッションの辞任と呼ばれる。
 パッションは人道に対する犯罪でICLCJで起訴された後、オフィスにいる間に辞任する第三のトップバチカンの公式である。かつてのベネディクト、ジョセフラッツィンガーは、ICLCJ陪審は子どもの人身売買や殺人共犯の彼を有罪とかろうじて2週間前に、2013年2月11日に退位。他の主な被告は同じケースで、バチカン国務長官タルシジオベルトーネは、また判決後に辞任した。

《ITCCSフィールド長官ケビンアネットは、カナダから今日コメントしました
 "これは、ローマ教皇の中で最も強力な男性のいくつかによって罪のさらに別の巨大な入場です。明らかに彼らはアンタッチャブルではなく、彼らの全体の腐敗した組織暴力団が下がってきている。我々は、すべてこのことから希望を取り、人々の手に法律が最悪の暴君を倒すことができることがわかります。 "

https://www.youtube.com/watch?v=CCX_oujvuMg&feature=youtu.be:ICLCJ裁判やその他のニュースについてケビンアネットとの最近のインタビューに掲載されている。それはwww.itccs.org、2014年5月24日に転記(下記)にアクセスすることができる。

裁判所からのさらなる更新が続きます。 ICLCJ総局が発行した2014年5月25日(GMT) www.iclcj.com・掲示された 2014年5月24日
ケビンアネット·インタビュー:バチカン悪魔の第九サークル殺人の証拠を避けるために、教皇Bergoglioの体調不良に関する噂を循環させる - 2014年5月23日


バンクーバー、BCは - 教会と国家の犯罪へのアルフレッドLambremontウェブレ、ケビンアネット、国際裁判所のフィールド長官との幅広い紹介のテレビのインタビューでは、証拠からdivserionsとして教皇フランシス「体調不良」のバチカン内紛との噂を明らかにした教皇第九サークルの儀式における悪魔の子犠牲の。これらの儀式の証拠は、児童売買と大量虐殺のための教皇ホルヘBergoglio(「教皇フランシス」)、カンタベリー大主教、イエズス会、その他の優れた一般のブリュッセル裁判で目撃者から記録されています。試験は、現在、その第三セッションでは、限り年と続くと予想されます。

面接の過程で、ケビンアネットはITCCS.ORGブリュッセルトライアルベルギーのMPローランルイの支持を議論した。彼はまたITCCSと国際慣習法司法裁判所とカナダの米国での事業拡大のための継続的なコモン·ロー保安官や執行役員研修を議論し、共通の法律保安官は、報告された第9回サークル子供を防ぐために訓練され、展開されているで計画儀式を生け贄に捧げる2014年8月15日のためのモントリオール大聖堂マリーレーヌ·デュ·モンド。

証人の証拠の写し
彼のインタビューで、ケビンアネットはリンカーンパーク空軍基地に駐留旧ドイツのSS将校が関与するプログラムの中で1950年代に犯した子の犠牲、大量虐殺や拷問を接続するブリュッセルの裁判で与えられた証拠のサンプル転写物から読み取る他の場所でカナダのカルガリー、アルバータ州、および。カナダの武装勢力によって新しいアイデンティティで提供されていたSS将校は、闇の騎士団、教皇ヨセフラッツィンガーがメンバーだったそのうちの悪魔の子の犠牲組織に接続されていた。カナダ政府と教皇ラッツィンガーの両方が被告だったと国際司法裁判所コモンロー裁判所前の試験では、子の大量虐殺で有罪。

英国ロンドン&ローマ:施行アクション2014年6月29日から7月2日まで
7月2日、2014年コモン·ロー裁判所施行アクションは、ロンドン、英国とイタリアローマで開催されます-ケビンアネットは、6月29日の間にあることを改めて表明した。

ケビンアネットエリザベスウィンザーに対して教皇ヨセフラッツィンガーと既に人道に対する犯罪で正義のコモンロー裁判所で有罪判決を受けた他の人に対する裁判所の逮捕状を執行するために英国に、ローマに共通の法律保安官や支援者を伴うITCCS執行委任をリードします。これらの強制措置は、ライブメディアを経由して中継されます。

英国でローマに住んでいて、など、ITCCS委任を伴うし、スマートフォンにおける手続をvideoingによって正義のアクションのコモン·ロー裁判所を支援したい人の個人がhiddenfromhistory1@gmail.comでケビンアネットに連絡することを奨励されていますか国際司法裁判所コモンロー裁判所のセントラルオフィス、ブリュッセル・itccscentral@gmail.com・www.itccs.org ・www.iclcj.com

ケビンアネット:バチカン噂教皇Bergoglioの体調不良と悪魔第九サークル殺人の証拠を避けるために辞任

http://exopolitics.blogs.com/exopolitics/2014/05/kevin-annett-vatican-rumors-pope-bergoglios-bad-health-and-resignation-to-avoid-satanic-9th-circle-murder-evidence.html

で掲示される 「真実和解委員会」、アクション:何をする、カナダ、教会法、カトリック教会、特料金、児童売買、イングランドChuch、ローマ教会、コベントリーコモンロー裁判所、Crimen Solicitationas、英国の王冠、イングランド、民族浄化、ジェノサイド、カナダの大量虐殺、歴史的背景、ローマ法王庁、アイルランド、イタリア、イエズス会、ジョセフ·ラッツィンガー、ケビンアネット、法的背景、カナダのマスグレイブス、メディア、モホーク·ネーション、オランダ、バチカンを占拠、教皇欺瞞、教皇ベネディクト、教皇フランシスまず、ハーパー首相、司法公共国際司法裁判所、公共召喚状、エリザベス女王、カナタ共和国、牧師 ケビンアネット、子供の儀式殺人、儀式レイプ、児童の儀式レイプや拷問、ローマ·カトリック教会、悪魔的儀式拷問、生存者の証言や目撃者、国際司法裁判所コモンロー裁判所、TOOS Nijenhuis、拷問、カナダ合同教会、アメリカ合衆国、バチカン
コモンロートレーニング更新:復元することで、正当な裁判所の確立やソブリン共和国の作成
掲示された 2014年5月21日
国際司法裁判所コモンロー裁判所からのコモンロートレーニング更新(ICLCJ) -

ソブリン共和国の復元または作成による正当な裁判所を設立・2014年5月21日(水曜日)
ブリュッセルとニューヨーク:今日現在、9カ国で200以上のボランティアがコモン·ロー上の平和役員としてダイレクトアクションユニットのメンバーとしての訓練を受けている。これらの研修の三以上4分のアメリカ合衆国、イギリス、カナダに拠点を置く。
 アメリカでは、研修生の最大濃度は、中西部の州である。この事実は、北と南ダコタ州、ネブラスカ州、アイオワ州、ミネソタ州、イリノイ州とミシガン州を受け入れる地域の北平原コモンロー裁判所を確立するために、地元の主催者で動作するように私たちを余儀なくされています。研修生のクラスターは、特にテキサス州、モンタナ州、アイダホ州とミズーリ州、フロリダ州、ニューヨークとペンシルベニア州、およびすべてのニューイングランド州とカリフォルニア州の上、そこにどこにいても、同様の地域評議会が奨励されています。
 慣習法の強い伝統だけでなく、ローカルに選出された保安官を持つ、私たちの運動のアメリカ人は明確な頭部を開始し、他のほとんどの国で楽しんではないに有利持っています。アメリカのコモン·ロー上の陪審裁判所は、彼らはすでに合法的かつ正当である理由である、憲法が保証されています:私たちはすでに我々のネットワークに5サービング郡保安官を募集することができましたことを。
 カナダとイギリスでは、ジョブは多くの点でより困難である。アメリカ人は単純に、法律と政府の独自の共和党のシステムを再利用している間、私たちの英国とカナダのメンバーは、そのような永続的なシステムを持っていたことがないし、コモンロー裁判所と平和役員の合法と憲法の基礎を作成するためにそれを確立する必要があります。このステップは、実際には現在、英国の王冠と国家のその有罪判決を受けた頭が合法的に法律上の権限としてdisestablishedされていることに必要である。
 英国とカナダには合法的な政府や法律のシステムがあるため、イングランドとローマでその親の体の王冠の犯罪者と任意の性質のものはもうありません。これらの国の国民は、したがって、クラウンに代わる新しい憲法と共和党の政府を作成して、合法的に記録し、その役員のコモンロー裁判所を確立する必要があります。
 カナダでは、このステップはすでに始まっている。昨年、カナタ共和国のための暫定評議会は、主権共和国を形成するために、憲法制定会議を整理するためにウィニペグ、マニトバ州に設立されました。その体は、最初の共和党の議会の憲法カナダの慣習法とその裁判制度のルールを保証する今秋開催される。
 この一年間、暫定評議会のエージェントは「カナダの裁判官、警察、兵士、公務員や政治家に、そして亡きの他のすべてのエージェントに合法的なダウンスタンド命令を出すためにブリュッセルで国際司法裁判所コモンロー裁判所と協力イギリスの王冠」。これらの受注及び新共和国とそのコモンロー裁判所は、遅くとも2014年9月15日より、カナタ共和国のための最初の憲法制定会議で批准されません。
 これは、同様にイギリスなど、カナダのコモンロー活動家や研修生のために何を意味するのでしょうか?簡単に言えば、これらの国での研修は、各国の共和党政府と憲法の制定と手をつないで進まなければならない。そうすることで、 "あなたの権限を得るのですかどこにいるの?"、質問に答えるためにあなたに合法的なパワーが、法的、道徳的信頼性だけでなく、を与える。
 アメリカの共和国ではと自然法の下で、人々は彼らの上のない支配者とのソブリンです。神は、人々が神の下にあり、法律であり、すべての政府は、すべての最終的な権限を行使人、下にあります。「米国」の事実上の、法人の存在違法ルールにもかかわらず、Inc。は、共和党のモデルはまだアメリカで唯一の合法的なものです。ソブリンいる人々の非常概念は、世界のほとんどにではなく、事実上の支配者の「対象者」として自分自身を見るために幼い頃から洗脳されてきた「クラウン」の国の人々にと驚くべきアイデアです自己ソブリンを支配するよう。
 大規模な公教育は、したがって、私たちの共通の法律の仕事、訓練を受けた保安官と直接動作ユニットのメンバーの主要な仕事の一つの重要な側面である。しかし、その仕事は、合法的にチャーターコモンローに接続されており、カナダでは共和党の動きの一部であるグループ、およびイギリスから最初に進まなければならない。
 このため、カナダでは、すべてのチャーターコモンローグループは、国のために憲法制定会議に少なくとも1デリゲートを選出、共和党の動きについて、そのメンバーを教育し、積極的にrepublicofkanata@gmail.com・を通じて、ウィニペグ暫定評議会と連絡をとり必要があります。
 イギリス、オーストラリアおよび他のすべての「クラウン」の国では、コモン·ロー裁判所に対する同様の共和党の枠組みを確立する必要があります。これは、今後のセキュリティ情報の対象となります。役員クラウン桁ダウンスタンド発行するときに、今のところ、受注が神と主権者の権限に基づいて発行された合法的な商品であることを彼らにそれを明確にし、状態を確認します。
 英語活動家がそうすることで持っている一つの重要な武器は、時間、議会での意味、英国の君主と人での既得権益のすべての権威規約に集まって溶解し1649年1月22日の高等裁判所宣言です。このバインディング宣言のコピーは、かつての「クラウン」のエージェントとの取引に使用するために私たちの英語活動家に送信されます。


1。 ICLCJで有罪判決を受けた犯罪者に、児童強姦や地域社会への明確な危険であり、有罪判決を受けた犯罪組織の所有物を押収他人に逮捕を実行します。
2。コモン·ロー裁判所のために、このような大量の墓サイトや犯罪現場におけるようICLCJ調査、セキュリティを提供し、
3。ICLCJおよび現地コモンロー裁判所の仕事について公教育を実施し、新メンバーを募集し、代理に任命。

 
by kanakin_kimi | 2014-06-05 13:05 | 洗い出せ・そして公開せよ | Comments(0)

告発・日航機123便事件 6

戦争終焉のマニュアル
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
戦争を作り出すメカニズムを事前に崩壊させる事
「戦争の終焉」とは、戦争を作り出そうとする者の行動やその情報を素早く見抜き、それを把握して世界市民に公開する事によって「戦争を工作する意図をくじき、事後に戦争責任を裁判で問うため、損害賠償を負担させる事が出来る状態にする事である。そして、何よりも人身災害にいたる戦争を起こさせない、戦争を作り出すメカニズムを事前に崩壊させる事である。」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日航機123便事件・・・・・・・・告発の目的
 1985年8月12日に発生した日本航空123便乗員乗客あわせて524+1人(母胎児)に対する「墜落事故」と見せかけた「殺人及び殺人未遂事件」とこの事件に対する人命救助活動をしていた自衛隊員2人を殺した事件、その事実の証拠を保管した自衛官を真実を隠蔽するために「自殺」に見せかけた「殺人事件」などを I T 世界に設置されるであろう「世界市民裁判所」に告発する事にした。
 それは、近年[公的機関や政府などが民間人の無防備につけ込んで「事故」や「自殺」と見せかけた「謀略的殺人」を「無政府的に行使」している事例が増加している] 。それは、I T の進展によって、真相が速やかに知られるようになった事から事例の増大が認識されており、その反射として謀略の事例となる状態に対する抑止力が生じる一方で従来の報道機関や公的機関が権力構造に取り込まれて、情報を公開するべき仕事をしないために見えなくしている状態と見られる。それらの全てを顕現させた「85・8・12日航機123便事件」が発生したのである。従って、[この事件の真実を誰にでもわかるものに明らかにして、その犯罪責任を当時の総理大臣中曽根康弘らに取らせ、処罰することこそが「民間防衛」の実現とその証明である]事を認識させられたからである。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
真相解明の手法 
 出来るだけシンプルにする事であり、争点を絞り込む事だと考える。したがって、「安定飛行機能を喪失させた事件」が第一の「序の事件の問題」である。その「原因を明らかにせず、ねつ造した事件」が第二の「破の事件の問題」である。そして「真実を隠蔽するために工作した口封じ事件」が、第三の「急の事件の問題」である。
 この三つの事件が重層的にあり、上記の三つの問題に対応する三つの「真実の流れと虚構の流れの分かれ目となる分水嶺」があると考えた。
 通常の「事件」は「一定の狭い場所」に限られた狭い範囲での「隠蔽」「ねつ造」が行われるが、「航空機事件」の犯行現場が「多国籍が混在する」事にともなう広域な権力構造が支配する、重層的な「隠蔽」「ねつ造」が行われるためにそれに対応する多様重層的な事件が発生している。他方、国際権力(ロスチャイルドイルミナティ)が強引に介入して起きている事件であるのに自虐的に国内問題として処理するために訳の分からない問題となっているのである。 1997年5月に発生した「A 少年事件」では、5月24日昼食直後に事件が発生しているのに、5月27日に校門門柱上に少年の切断された首が発見された事によって、あたかもそこから事件が発生したかのような「酒鬼薔薇錯覚」をさせることによって「冤罪」へ誘導していった手法と一緒なのである。何故かというと「謀略機関の作為事件」だからである。「謀略機関の作為」に二通りが考えられる。「序」について、本事件のように最初から作為がある場合と、偶然に起きた事件を利用する場合(A少年事件)のそれである。 そこで「序」の原因を訳の分からないものに破壊する「破」を持ってきて、後は「急」いで、さらさらと逃げようとしているので、それに対峙して「真相事実を整理」して、この事件の本質を明らかにするつもりである。 真相解明は既にほとんど I T 上に詳しく研究されていると判断している。したがって、さらに屋上おくを重ねる情報を収集する時代は過ぎたのだと思う。これからは、この事件の本質を多くの人に知らせ、認識を深める時であると考えている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
告発・・・・・・・・・日航機123便事件 6
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 本質を見極めるために、序・破・急 という「謀略のシナリオ」に沿って「事件のシナリオ」を大別して「序の事件」「破の事件」「急の事件」に分けた。この三つの事件それぞれの虚構と真実の分水嶺を発見する事にした。何故そうするかというと、せっかく真実に近づきながら最後の詰めを間違えて無駄にしないためである。「分水嶺」は、今迄の経験則で云えば「時間の分水嶺」と「場所の分水嶺」があると考えているのであるが、この事件は何か別の要素があるような気がするので、それにこだわらずに検討する事にしている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

破の事件 3

分水嶺は、東京・神奈川・山梨三都県が交わる位置の上空4100メートルで18時46分

 二度目の「スコーク77」を(18時24分46秒)高度7200メートルから発信し「トラブル発生、直ちに羽田に帰る事を要求する。220(22000フィート)へ降下し維持する事を要求する。」という主張をつづけ18時46分33秒高度4100メートルあたりでクルーに対して一人ごちた「これはだめかもわからんね」ということばまでの間ひたすら、羽田への着陸や横田基地への着陸許可を得ようとしている。そして、なんとか乗客の命を守ろうとして悪戦苦闘している姿が浮き彫りにされている。それを、高度変化と平面航跡変化を図で見ていくと18時32分に焼津市上空7600メートルから波打ち運動をこらえながら右旋回して少しずつ降下し始めている。そして、18時40分ごろ6500〜7000メートルの波打ちしながらもさらに右旋回をしながら横田基地方向に下降している。ところがこれを断念させられて大月上空6000〜6500メートルで直径15kmのループを描いてもとの位置に戻り、さらに降下しながら右旋回して羽田空港を目指している。しかし、東京ACCも東京APCも羽田や横田基地への着陸許可を出さない。その絶望感の中で「これはだめかもわからんね」とつい一人ごちたのだろう。そこからは、何か強烈な誘導が始まっている。左旋回を切らした。3000メートル迄降下しているのである。
 ここらあたりの「盗人猛々しい」状況を示しているのが後に運輸省が公表した「東京ACCと東京APCが123便との間で行った無線交信記録」である。そこには「46分09秒・東京ACC JA123,羽田にコンタクトしますか。」「46分16秒・JAL123 このままでお願いします。」「46分20秒・東京ACC コンタクトしますか。 JAL123  こ、このままでお願いします。」「46分27秒・東京ACC はい、了解しました。スタンバイ、お待ちください。」「47分07秒・JAL123 あー、羽田、木更津へのレーダー誘導を要求する。 東京ACC 了解(日本語で)了解しました。ランウェイ(羽田の使用滑走路)22(番)なのでヘディング(磁方位)090をキープしてください。 JAL123 (英語で)了解。
 「はずかしくもなく、死人に口無しの態度でよく書けるよ。この時、既に左へ舵を切らせていたではないか。盗人猛々しいとはこの事だ。」
 機長達は、自分たちを見守ってくれるはずの者たちからさんざんな仕打ちを受けながらこの後も機内の生命をなんとか自力で守ろうと努力している。機長達に残された手段は、もはや「自力のソフトランディング」しかなかった。
 他方、地上の生命を守るためにという大義のもとに、しかるべき方向へ強烈な誘導(こんなの横田にあったのか、二機か三機かみたこともないUFOのような動きの滞空戦闘機だ)があった。機長はそれに応じる以外になかった。
そして「自力のソフトランディング」を成功させて、一人でも多くの機内の生命を救う事に全精力をかけていこうとしていた。
 中曽根康弘の指示を受けた運輸省の官僚はさらに次のようなフレーズを挿入した。「47分17秒・東京ACC (日本語で)現在コントロールできますか。 JAL123 アンコントローラブル(操縦不能)です。 東京ACC  了解。」「47分30秒・東京ACC(英語で)日本航空123便、こちら東京アプローチ、周波数119、7でコンタクトせよ。 JAL123 1197、了解。」「53分27秒・東京ACC 日本航空123便、日本航空123便、こちら東京、」「53分31秒・JAL123 (日本語で)エー、アンコントロール、ジャパンエアー123、アンコントロール。 東京ACC 123、了解しました。」
 この「アンコントロール」というフレーズを、機長はずっと使わないできたし、死んでも使いたくなかったのではないだろうか。このフレーズは地獄への切符のように受け取っていた。だから、この三つの「アンコントロール」はねつ造だと思っている。「破の事件 2」で「分水嶺」として扱ったのにはこれを云ってしまえば全てがそこで破壊されると感じていたからである。なんとしても最後迄自力で「ソフトランディングしてやるぞ」、ベテランの洞察力は冴えていた。
by kanakin_kimi | 2014-06-04 14:14 | 洗い出せ・そして公開せよ | Comments(0)